【外資系企業の仕事とは】日系企業との違いや種類の違いについての画像

【外資系企業の仕事とは】日系企業との違いや種類の違いについて

外資系企業に就職や転職をしようとする人は会社の雰囲気や仕事のやりやすさが気になります。日系企業から外資系への転職を考えている人は特に気になるでしょう。日系と外資系の違いや、外資系ならではの仕事の種類についてご紹介します。外資系企業ならではの仕事内容とは?

外資系企業が定める採用基準とは

外資、日系と問わず転職の場合は「即戦力」の人材として期待されます。

しかし、外資系は日系企業と違い、更にシビアに求める人材を定める傾向にあります。

例えば、営業担当となった製品やサービスについての資料や提案書の雛形、ターゲットリストなどは社内ネットワークのどこにあるかを教えてもらったらあとは自分で勉強しなければなりません。

わからないことは自分で聞き、誰に聞けばよいかも自分で調べないといけません。

「わからない」と言わなければ順調に理解していると思われます。

そして結果を求められるのが外資系ならではの特徴です。

そして、大手の外資系は担当や役割が明確に決まっているので、自分の仕事に専念しやすいです。

その分、成果を1年目から求められるので自己管理能力が問われます。

例えば、受注の目標額を達成できない場合はインセンティブ(ボーナス)もありませんし、次年度以降の固定部分の給与の査定も厳しくなります。目標未達成が続けば、担当業種の変更や配置換えの可能性もあります。

逆に予算達成をした場合や伸び率が高かった場合などは特別ボーナスとして本社でのセレモニーや研修旅行への招待などの特典があります。

実力主義、結果重視の外資系企業の特徴です。それが日系企業との大きな違いでしょう。

関連相談

外資系企業に向いている人の特徴とは

多くの外資系企業では、個人の意見や行動を尊重し、社員一人ひとりの役割と仕事を明確に区分しています。

そのため、外資系企業は日系企業と違い、個人個人での仕事のスピードについても尊重されています。

個人は仕事に集中することができます。その分、仕事に対する責任は大きくなります。日系企業にはない仕事のやりがいもあるでしょう。

外資系企業の中でも違いは多少ありますが、どちらかというと「個人事業主の集まり」というイメージです。

外資系企業は日系の企業の社員よりも専門性が高く、スピード感をもって仕事に臨むため業績は伸びていく傾向にあります。

ただ、いくら個人事業主の集まりといっても会社は組織ですので上司への報連相は最低限必要です。

関連相談

外資系企業と日系企業の違いって?

では、実際に外資系と日系企業のそれぞれの違いについて質問をしているQAがありましたので確認してみましょう。

外資系あるあるや、日系あるあるといったことはあるのでしょうか。

日系企業と外資系企業とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

大学1年生のものです。

自分の兄が就職活動を終え、先日内定式も終えたみたいです。

今後就職活動をする時に、大きく企業を日系と外資系で分けることができるということを知り、では日系と外資系とではどのような違いがあるのかが気になり、調べていました。

特に、大きな違いはないようで、日本に長くある外資系企業ともなると日系企業の社風と大差がない等のコメントも見受けられたのですが、、

実際に、日系企業と外資系企業とではその他にどのような違いがあるのでしょうか?

会社によりますよ。

あまり気にしても意味がありません。

英語が話せるのは日系でもいるところはいるし、外資でも仕事内容では日本語で問題ないところもあります。

その会社が外資かどうかとか上場してるとか、など見た目で決めるのではなく、自分が社会で何を成し遂げたいのか、何を仕事にしたいのか、何を仕事に求めるのかなどを考えて実現できそうな会社を選ぶと良いです。

外資ならではの良さや日系ならではの良さはもちろんありますし、自分のバックグラウンドを活かす事ができる職場がどこにあるかを考えるのが吉でしょう。


上記であげた以外にさまざまな違いはありますが、日系企業にはない外資系企業で働くメリットは「やりがいと収入」です。

個人事業主の集まりといわれるほど、日系企業に比べて動きやすく、責任も大きくなります。

プレッシャーはありますが目標をクリアした時の達成感は大きなものとなります。

その結果、収入は高くなりますのでやりがいがとても大きなものとなりえるでしょう。

関連相談

外資系と日系の仕事の取り組み方の違いとは

ビジネスの間では、基本的に製品やサービスの計画や保守サービスの期間、料金については意見を言っても本社から「No」と言われることがほとんどです。

本社の意向で製品やサービスの供給が急に止まることもありますし、保守料の増額が通知されることもあります。

上司や日本支社の上層部を巻き込みながら、特例措置を依頼してもNGな場合があります。

また、見積を提出する際の値引率の限度も明確にルール化されていて、これを超える場合には本社に申請をとらなければなりません。

もちろん、なぜ特別な値引きをしないとだめなのか理由をしっかり書かなければなりません。

これをせずに見積の提出や客先への価格提示をすると受注できとしても自分の成績にならないということもあります。

社内ルールに対してはとてもシビアです。

日々のレポートや週報の提出、そして交通費の精算など外資系企業でも事務処理はあります。

社内のシステムで手続きや事務処理を行うのですが基本的に本社が採用したシステムを利用することになります。日系企業の事務処理になれているとこういった外資のシステムは使いづらいのですが慣れるしかありません。

営業職であれば社外からリモートで入力できたりするので少しは楽かもしれませんが。

関連相談

意外と人間関係が難しいのが外資系企業

外資系企業は個人プレーが多いということなので、案外人間関係がドロドロとしているということを良く噂で聞いたことが有ります。

実際に、外資系企業で就労経験がある方はそのように感じているのでしょうか。確認してみましょう。

外資系は日系企業より人間関係ドロドロって本当ですか?

親戚が外資系の銀行に勤めています。

仕事内容としては、お金持ちの人のお金を運用したり、M&Aの仲介のようなことをしているみたいです。

週に3回程度飲み会があって、人間関係がドロドロで、上司に嫌われたらおしまいと言っていました。

また、ネットで調べてみると、外資系は、「日系企業よりコネ文化」とありました。

外資系は組織図的にはフラット(役職が日系に比べて少ない)でも、人間関係はドロドロなんでしょうか?

>役職が日系に比べて少ない

まずこれは必ずしもそうではないかと思われます。

例えば、下から順にトレーニー、アナリスト、ジュニアアソシエイト、アソシエイト、シニアアソシエイト、ヴァイスプレジデント、シニア・バイスプレジデント、ディレクター、エグゼクティブ・ディレクター、マネージング・ディレクター…みたいに役職的な名称の数でいえば普通の日系企業より多いことさえありますね。

で、「人間関係がドロドロで、上司に嫌われたらおしまい」というのは外資系なら全般的に正しいです。

というのも、外資系企業では人事部に日系企業のような人事機能はなく、いわゆる「人事」業務についてはただただ現場の責任者に従うという仕組みになっているのです。

平たく言えば、現場の責任者が、気に入らない奴をクビにすることができるのです。(日本の会社だったら気に入らなくてもせいぜい他の部署に飛ばす、とか人事の方が社内のどこかや子会社・関連会社出向とかで活躍できるのではないかと考えてくれることもあり、いきなりクビということは無いですよね)

そういった弱みを握られた形になるので、業務上の無茶ぶりは当然で、上に就く人が人格者でない限りはパワハラ・セクハラも普通です。結果として人間関係もドロドロとしたものとなってしまいます。

年俸も高いケースが大きいですが、それを次のキャリアステップのために上記のようなことを耐える「我慢料」と捉える人も多いです。


というように、案外と人間関係がシビアなのもまた外資系の特徴のようです。

外資系企業の責任者は、自分のチームの成果を出さなければ行けないという責任があるからこそ、人事並に採用の決定権を持っている事が多く、責任者レベルになると自分でチームを作っていくこともまた仕事となります。

それ故に上下関係は日系企業よりもシビアになることも多いようで、今回のQAにもあるように日系企業以上に上下関係が厳しい企業があるのもまた事実のようです。

関連相談

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は、外資系企業と日系企業の違い、特に仕事の取り組み方に関する違いについて確認していただきました。

外資系は日系企業にはないメリットがありますが、逆に日系にはないデメリットもあるのもまた事実です。

自分のキャリアを考えた時にどちらの企業の方がいいかを考えるのも大事ですが、仕事そのもののやりがいから企業を選ぶこともまた重要ですよね。

この記事に関連する転職相談

IT業界で問い合わせの仕事エンジニアの仕事の範囲に入りますか?

IT業界の客先常駐の会社で働いてます。私の周りは、問い合わせ対応がメインの仕事で働いている人が沢山います。プログラミングの技術というよりは、コミュニケーション能力が重要だったり、こういう仕事は技術的なスキルになりますか。問い合わせ対応は、...

SierとSEは仕事内容やスキルにどのような違いがあるのでしょうか

IT業界への就職を検討している学生です。 大変初歩的な質問で申し訳ないのですが、SierとSEって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 仕事の内容や必要とされるスキルなどに違いがあるように思うのですが、SierとSEの違いについて伺いたいで...

金融業界の営業は辛いと聞きますが、どんな仕事内容なんですか?

金融業界での仕事を希望している者です。 特に金融業界の営業として働きたいのですが、仕事が辛いと聞きますが、どんな仕事内容なのでしょうか。 営業の仕事が辛いとよく聞くことが多い要因はなんでだと思いますか? 志望は金融業界の営業である...

ゲームクリエイターになりたいのですが、一日の仕事の流れはどうですか?

ゲームクリエイターになりたいと考えている大学生です。 中学生時代から、プログラミングを独自に学んでいて、自作のゲームを作ったりしています。 そのまま、ゲームクリエイターに仮になれたとして、気になるのはゲームクリエイターの一日の仕事の...

社労士の仕事は大変だと聞きますが本当でしょうか?

社労士の資格を取得した者です。 社会保険労務法人のようなとこで働こうと考えています。 良く仕事が無くなるのではないかと言われていますが、逆に仕事はどんどん増えてくるのではないかと思っています。 それは労働人口が足りないという点で...

司法書士の仕事がこれから減少するって本当ですか?

会社勤めをしている者です。 転職を考えており、司法書士の資格を取得して他の企業か、税理士事務所などで働きたいと考えていました。  ただ、司法書士の仕事がこれからの時代、人工知能によって無くなるかもしれないと言われています。  これ...

税理士と公認会計士の仕事の違いとは何でしょうか?

税理士か公認会計士になりたいと考えています。 どちらの資格を取得しようか迷っているのですが、イマイチ仕事の違いが分かりません。  公認会計士と税理士どちらの仕事もこなしているという方もいるらしく、正直同じ業務内容なのではと思っていま...

個人営業と法人営業とで仕事の難易度はどちらのほうが難しいですか?

就職活動中の学生です。 就職先では営業職を希望しているのですが、個人営業と法人営業とではどちらの仕事の方が難しいのでしょうか。 友達は、個人営業の方が法人営業よりも圧倒的に難しいと言っていたのですが、法人営業の方が案件で動く金額が大...

社内での勤務経験がない人でもお問い合わせ業務はできますか?

システム運用の仕事で未経験でお客様とのお問い合わせ業務をします。お問い合わせの業務は、社内でしか働いた事がない人でも出来るのでしょうか。

就活生ですが、マーケティングと広報の違いって何ですか?

就職活動をしています。 将来、広報関連の仕事をしたいと考えているのですが、広報とマーケティングって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 イメージ的には、マーケティングの中に広報という仕事があるようにも思うのですが、実際はそれぞ...

この記事に関連する記事

【制御設計の仕事内容とは?】設計手順や組み込み方法まで詳しくご紹介

制御設計とは何でしょうか?制御設計とは工作機械やロボット系などエンジニアの役割をする職種です。仕事内容は幅広く、専門...

【企画管理業務とは】仕事内容や職種についてご紹介します

企画系管理者の仕事内容といった場合、生産業務や、営業業務、財務業務など、その職種は多岐にわたります。そこで今回は、企...

【制作進行管理の仕事内容とは】やりがいや必要となるスキルにもご紹介

たくさん仕事がある中で制作や技術という分野が存在します。実際に制作進行管理はどんなお仕事をしているか知っていますか。...

【セールスエンジニアの転職事情】未経験でも本当になれるのか

セールスエンジニア(プリセールス)とは、顧客との商談や打ち合わせなど営業現場で活躍するエンジニア職種です。営業に同行し...

テレマーケティングの仕事内容とは?向いてる人やキャリアプランまでご紹介

テレマーケティングとは、電話や電子メールなどの通信手段を使って顧客とコンタクトを取り、商品やサービスの販売促進活動を...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー