【WEBエンジニアになるには?】仕事内容や資格についてなどご紹介します

【WEBエンジニアになるには?】仕事内容や資格についてなどご紹介します

皆さん。「WEBエンジニア」についてご存知でしょうか?Web エンジニアとはパソコンや携帯電話で利用するWebアプリケーションを開発するエンジニアのことを指し、主にホームページの画面構成や商品購入システムの構築、データベースの利用など多岐に渡る仕事をしています。今回は、Webエンジニアになるための勉強方法やHTMLやCSSとプログラミング言語についてなど、詳しくご紹介します。

Webエンジニアとは?仕事内容は?

近年Webエンジニアという言葉をよく耳にします。

ITが仕事には欠かせないものになっているためにWebエンジニアの需要が増しています。

ここではWebエンジニアの仕事内容や必要なスキル、勉強方法についてご紹介します。
 

仕事内容

Web エンジニアとはパソコンや携帯電話で利用するWebアプリケーションを開発するエンジニアです。

主にホームページの画面構成や商品購入システムの構築、データベースの利用など多岐に渡ります。

プロジェクト自体は小規模で予算がコンパクトなものを数多く取り扱う傾向にあります。

またプロジェクト期間も短いものが主ですので、複数のプロジェクトを同時に進行していく能力が必要になるでしょう。

会社によっては企画から設計、デザイン、webマーケティングに至るまで全般の仕事を任されることもあります。
 

就職先や働く場所

就職先としては一般企業のIT部門があります。特に商品を販売する小売業やメーカーはホームページ作成が重要になりますので求人が多いです。

またWebアプリケーションを開発するIT企業も就職先として有力です。

働く場所としては東京や大阪など大都市がメインになるでしょう。

大多数の企業が本社を置いている大都市での打ち合わせや会議が多いためです。

最近ではテレビ会議や電話会議が一般化してきているので勤務先も地方に拠点を構える会社も徐々に増えてはきています。

Webエンジニアになるには?


>

資格や学歴は必要ない

Web エンジニアになるには資格や学歴は特に必要ありません。

一方でIT関連にもいくつか国家資格がありますのでそれを取得しているとWebエンジニアになる近道になります。

ここで以下の通りいくつかIT関連の資格をご紹介します。

ITパスポートという経済産業省が実施している情報処理技術者試験があります。

ITエンジニアになりたい人にとって基礎知識を学べるとあって大変人気のある資格の一つになっています。

また試験自体も難易度はそれほど高くない試験になっており、合格点は1000点中600点が合格の目安になっています。

全体の合格率は約50%がここ数年の傾向のなっています。

一方学生の合格率は30%台になっていて学生には若干難しい試験になっているようです。

社会人になってある程度のITスキルが習得できていると簡単に内容が理解できるために社会人の方が高い合格率になっています。

他にはIT関連で働く人の間で人気のある基本情報技術者や応用情報技術者資格です。

IT業界で働くために必要なハードウェア、ソフトウェアの基本的仕組みな動作、プログラミングの考え方を学べる国家資格になります。

さらに専門的な資格というとシステム監査技術者というものがあります。

システム監査技術者は、企業の情報ネットワークが体系化され管理されているか監査を行ったり、企業の情報ネットワーク部門で勤務してシステムネットワークの構築、管理、監査をすることができるようになります。

企業は情報ネットワーク強化に力を入れているので、ITの専門知識を得ているシステム監査技術者の優秀な人材を探しています。

転職などでもこの資格を持っていることで大きなアドバンテージを持つことができます。
 

IT企業に就職する

Webエンジニアになる近道としてIT企業に就職することも選択肢の一つです。

近年は多くのIT企業が事業を拡大するために求人が増加しています。

こちらは競争率が高く専門的な知識も求められるため給与もよく、内定するにはハードルが高めになるでしょう。

Webエンジニアになるために必要なスキルは?


>

HTMLやCSSとプログラミング言語

HTMLとはHyperText Markup Language の省略語になっていてWeb作成の用語になります。

またCSSはCascading Style Sheetsの略語でも文字のサイズや色などを指定するための言語になります。

これらを含めたプログラミング言語を習得しているとWebエンジニアとしての強みになります。
 

データベースとWebの仕組み

Webエンジニアはデータベースを取り扱いますのでデータベースの知識が必要になります。

データベースとは企業などが蓄積したデータを指し例えばユーザー登録の際に利用するメールアドレスやパスワードなどです。

またWebの仕組みも大切です。サーバーやネットワーク、TCP/IPなど知識を持っているとWebエンジニアとしての武器になります。
 

その他

昨今はセキュリティが大きな注目となっています。

理由としては大企業がハッカーに攻撃されて重要な顧客情報などが漏洩してしまい大きな事件としてニュースになっています。

各社ともセキュリティ強化を図るためITエンジニアに専門知識を求めてきますのでWebエンジニアも学んでおくことが大切になります。

Webエンジニアになるための勉強方法は?


>

独学で勉強する

インターネットには無料で勉強のできるサイトも多く存在します。

これらを有効活用して独学で勉強する方法もあります。

ほかの人が作成したプログラミングを参考にしながら学んでいく方法もあります。独学は自分自身で時間とスケジュールを管理する必要があります。

忙しかったり疲れている時にはどうしても手付かずになってしまいそのまま勉強をしなくなってしまうこともよくあります。

独学にて学ぶ場合には自分自身の性格とこれまでの経験を踏まえて計画的にスケジュールを組んでいくように心がけましょう。
 

スクールに通って勉強する

時間的、金銭的に少しでも余裕がある人には専門学校などのスクールに通うこともお勧めします。

専門講師もいますので自分自身で独学で進めるよりも効率が良いでしょう。

また、Webエンジニアについて体系的に教えてくれるので、実務をしていて困った時に初心に戻って基礎から考え直す場合、スクールで学んだことから解決口を見つけられることもあるからです。

まとめ

Webエンジニアの仕事内容や必要なスキル、勉強方法についてご紹介してきましたが、さらに詳しいことを知りたい場合、あるいはWebエンジニアに転職したい場合は転職エージェントに連絡してみましょう。

転職エージェントはIT業界の最新情報を持っていますし、多くの求人情報もあります。

登録は無料ですので気軽に連絡してみてください。

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す