Webエンジニアになるために資格は必要?仕事内容・資格をご紹介!

Webエンジニアになるために資格は必要?仕事内容・資格をご紹介!

みなさんはWebエンジニアという仕事についてご存知ですか?Webエンジニアとは、Webサイトやモバイルサイトで使用するWebアプリケーションを開発する仕事です。では、Webエンジニアになるために資格は必要なのでしょうか?今回はwebエンジニアの仕事内容やWebエンジニアとして働く上であると役立つ資格について、その難易度や勉強方法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

Webエンジニアの仕事内容について

Webエンジニアとは、Webサイトやモバイルサイトで使用するWebアプリケーションを開発する仕事です。

 

Webエンジニアに必要なスキルとは?

WebエンジニアはWebアプリケーションを開発するためのプログラミングができる必要があります。

どのような開発を行うかによって必要なプログラミング言語が変わってきますが、最近ではRubyやPythonといった言語の人気が高いようです。

HTMLやCSSといったWebで欠かせない言語に関しては確実に使用できる必要があり、Javascript、Ruby、PHPといった応用力の高い言語も開発する際に必要になります。

 

Webエンジニアに向いている人は?

Webプログラミング言語を使用して、物を作ることが好きな人や、何か新しいシステムを考えてコードを書くことが好きな人に向いていると言われています。

プログラミングが好きであることが最も重要です。

その上で、物作りや地道な作業が好きであるという人はWebエンジニアにとても向いているでしょう。

そして、プログラミングは1文字でも違えばエラーが出ます。そのためトライアンドエラーが地道にできてかつ、素直で実直な性格の人も多いようです。

 

Webエンジニアになるためには?

Webエンジニアになるためには、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

Webサイトを作るために必要なHTML/CSS、JavaScriptといった基本的な言語に加え、Webアプリケーションを作成するためのRubyやPHP、Pythonといった言語も必要となります。

プログラミング言語を操ることができる上、共同で開発するためのコメントアウトやデザイン力、企画力も必要になります。
 

Webエンジニアになるために資格は必要?


Webエンジニアとして働くためには資格は必要なのか。紹介していきます。

Webエンジニアに絶対に必要な資格はない

Webエンジニアには接待に必要な資格というものはありません。

現在のプログラミング言語別資格はその指標にならないとされていることが多いことからきているようです。

ですが、そもそも情報リテラシー力やインターネットについての知識は必要とされるので、そのための資格を持っておくと就職が有利になるようです。

 

就職に有利な資格とは?

ITパスポート、基本情報処理技術者、応用情報処理技術者というこの3つの資格に加え、各プログラミング言語のエキスパート資格は就職に有利になるようです。

特に、応用情報処理技術者は就職にかなり有利なようです。

 

未経験からWebエンジニアになれるの?

未経験からWebエンジニアになることは可能です。

プログラミング言語を使用したWebアプリケーションを個人で開発したり、ポートフォリオを作成する、上記の資格を取得するなどすれば十分に可能です。
 

資格取得のための勉強法は?

独学で学ぶ場合

ITパスポートや情報処理技術者に関しては多くの参考書が出版されており、比較的独学で取得しやすいです。

基本情報技術者の資格は特に参考書が多く出版されており、独学で受験しやすい環境が整えられています。

過去問を解き、正答率の低い分野を徹底的に学ぶことを繰り返す勉強法が最も効率出来だと言えるでしょう。

ですが、資格を取得してもプログラミングができないとWebエンジニアになることはできないので、資格の取得はプログラミングを学んでからで十分でしょう。

 

スクールに通う場合

スクールでは、プログラミング言語とともに個人でのアプリケーション開発や資格取得に力を入れたコースを販売している場合が多いです。

スクールに通う場合は、時間をとってしっかりと学ぶことが要求されます。

資格試験の難易度はどれくらい?

資格別難易度

ITパスポートは理系コースがある高校では取得が義務付けられたり、文系大学でも取得を推奨している場合があるなど、かなりインターネットの初歩的、基礎的な知識を問う資格になっています。

合格率も60%以上であり、筆記試験のみのため、難しい試験ではないでしょう。

基本情報処理技術者の資格は、専門性が高く、インターネットの歴史や進化の過程などを問われます。

インターネットがどのようにして通信しているのか、インターネットの仕組みについての理解度を問う資格です。

合格率は30%〜22%と比較的難しい視点であると言えるでしょう。

応用情報処理技術者試験は、基本情報処理技術者と同じく合格率は30%~22%となっており、かつかなり専門的な知識を要求される試験なので、かなり難しい試験だと言えるでしょう。

基本情報処理技術者の資格がないと受験ができないことからもその難易度の高さが伺えます。
 

Webエンジニアの将来性

IT業界は11年以上右肩上がり

IT業界は普及してきてまだ20年ほどのかなり若い業界であり、インターネットの性質上変化が非常に早い業界でもあります。

そのため深刻な人不足問題がありますが、技術の向上やインターネットの普及の影響で急成長している業界です。

Webエンジニアの将来性はかなり高いと言えますし、高い技術を持っていればいるほど上に行くことができる完全実力主義的な業界であることも否めません。
 

まとめ

Webエンジニアは外から顔が見えない分、何をどんなクオリティーで作ったかが重要な職業です。

ですので、技術が物を言います。

これからまだ進化していく業界ですので、プログラミングを勉強して資格を取得し、Webエンジニアになることは将来性が高いと言えます。
 

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す