会社の嫌いな同僚とどう付き合っていくべき?さまざまな対処法をご紹介!

会社の嫌いな同僚とどう付き合っていくべき?さまざまな対処法をご紹介!

みなさんは会社に嫌いな同僚はいますか?人間なら誰しも苦手な人はいると思います。しかし、仕事上全く関わらないというのも不可能です。では、嫌いな同僚と上手に付き合っていくにはどうしたらよいのでしょうか?今回は、嫌いな同僚とうまく付き合っていくための様々な対処法をいくつかご紹介していきます。会社での人間関係をよりよいものにして、働きやすくしていくためにも、ぜひ参考にしてみてください!

嫌いな同僚への対処方法その1

 

嫌いな同僚との距離の取り方

嫌いな同僚との距離の取り方ですが全く話さないということは仕事をするうえで不可能になります。

周りの目からも印象が良くないため無視をすることはやめましょう。

仕事上のお付き合いということで会議や打ち合わせでは普通に対応をして必要に応じて質問をしたり、回答をすることが程よい距離を維持できるはずです。

 

嫌いな同僚より話し合える同僚を増やす

嫌いな同僚を意識するよりも自分自身が話し合える同僚を増やすと自然に和やかになります。

また自分自身を理解してくれる同僚が増えると会社に行くことも楽しくなり気持ちが落ち着いてきます。

話し合える同僚が増えるとそちらの人たちとの付き合いによって嫌いな同僚のことを考える時間も少なくなり、自然と嫌いだという意識も和らいでいくこともあります。

一方で気の合う同僚との会話でも愚痴ばかり言わないように気をつけましょう。

気を許すとどうしても愚痴が出てきてしまうかもしれませんが、マイナスなことを話題にするよりもプラスのことを話題にすると仲間の和も和やかになります。

愚痴を言っているとふとしたところから情報が漏れて嫌いな同僚に伝わってしまうこともあるので気をつけることが大切です。
 

嫌いな同僚への対処方法その2



嫌いな理由を考える

嫌いな同僚だと思い始めたきっかけを今一度振り返るようにしてみましょう。

その際にお互い感情的になっていて思い込みから嫌いになっていることもあります。

また自分自身にも勘違いをしていた可能性があります。

時間が経ってもう一度考えると嫌いではないのではと思い始めるかもしれません。

また、嫌いな同僚の長所を考えてみることも大切です。

人間ですから悪い部分もあれば良い部分もあります。

嫌いと思い込むとどうしても悪い部分に目が向いてしまいますが、長所もあるはずです。

その長所に気づくことで実はそれほど嫌な同僚ではないと思うこともあるかもしれません。

周りの同僚にも嫌いな同僚のことをどう思っているのか聞いてみることも参考になるかもしれません。

周りの同僚、特に上司や部下からの意見は参考になると思います。

実は自分自身で気づいていなかった良い面を持っていて、自分自身に誤解があったと気づくこともあります。

あるいは周りの同僚も自分自身と同じ理由で嫌いになっていることもあるはずです。

 

嫌いな同僚を気にかけないようにする

嫌いな同僚を気にかけないようにするコツとしては、その人が話しかけてきたり問題提起をしてきても心では対応したくないと感じるかもしれませんが、表面上だけでいいので落ち着いて対応をすることです。

嫌いな同僚に対し不服や嫌な顔をすると余計関係がこじれます。

自分自身が大人になって対応することで相手も何も思わなくなり自然に距離感ができてくるはずです。
 

嫌いな同僚への対処方法その3

嫌いな同僚に直接話す

嫌いな同僚に直接話してみることも一つの方法です。

気は進まないかもしれませんが無難な仕事のことから声をかけてみることをおすすめします。

プライベートの話でもいいですが、嫌いと思っている人にプライベートの話をすると噛み合わない場合もあるので仕事の話の方が無難です。

実は話してみると自分自身が思っていたよりも嫌な印象が薄れていくということもよくあります。

あるいはやはり思っていたとおり嫌いになる理由が改めてわかる場合もあります。

いずれにしても嫌いな同僚とのコミュニケーションによって自分自身の気持ちを再確認することができます。

 

嫌いな同僚と同じ次元にいない

嫌いな同僚と同じ次元のにいないように心がけることもできます。

顔を合わせたり打ち合わせで一緒になることはなかなか避けることはできませんが、同じ空間にいても自分自身は嫌いな同僚と同じ次元にはいないと思い込むことで同僚のことが気にならなくなります。

特に仕事の中で大きな目標を立ててそれに向かって邁進するということは嫌いな同僚と別次元になる方法の一つです。

大きな目標、例えば営業で受注数を1.5倍にすると計画を立てた場合、普段以上に仕事に追われ忙しい状態になります。

仕事に没頭し嫌いな同僚を考える時間もほとんど無くなりますし、気にもならなくなるでしょう。
 

嫌いな同僚への対処方法その4



嫌いな原因による対処方法

嫌いな原因を調べてそれに対処する方法もあります。

例えば仕事を丸投げしてばかりしてくるから嫌いだという理由だったとします。

嫌いな同僚自身に仕事をきちんとやってもらうように、次回頼みに来たら「上司を通して依頼をしてください」など、時前に回答を用意しておくといいかもしれません。

うるさくて性格が気に入らないから嫌いだということが理由だったとします。

その場合なるべく会ったり会話をする時間を少なくするようにして、仕事の話があったら「はい」「わかりました」程度のコミュニュケーションにとどめます。

出来るだけ接触する時間を少なめにするようにするといいでしょう。

 

自分が嫌われていないかの反省

実は自分自身の態度や発言に問題があり、自分が嫌われているということもあります。

今一度自分自身の行動や振る舞いを振り返ってみて嫌われるようなことをしていないか思い返してみましょう。

自分自身では気づくことが少ないので、相談できる同僚や仲間がいればその人たちに聞いてみることもいいでしょう。

客観的な意見が的を得ていることが多々あります。

相談できる同僚や仲間がいない場合は家族に聞いてみることもおすすめです。

特に自分自身の親や配偶者は自分自身のことをよく分かっています。

他人では言ってくれないようなアドバイスをしてくれることが多いので耳を傾けるようにしましょう。

自分自身を見つめ直す良い機会になると思います。
 

まとめ

仕事場での同僚との関係では色々と思い悩むことが多いかと思います。

ここでは嫌いな同僚の対処方法についてご紹介しましたが、一新して新たな職場を探したい場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは豊富な求人を取り揃えていますし、職場雰囲気の評判のいい会社の情報も良く知っています。

登録は無料なので是非連絡してみてください。
 

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す