• HOME
  • 転職
  • 【2020年1月更新】マイナビ薬剤師の評判を口コミ共にご紹介

【2020年1月更新】マイナビ薬剤師の評判を口コミ共にご紹介

2020年のマイナビ薬剤師の評判の最新情報を詳しく知りたくはないでしょうか。マイナビ薬剤師は大手人材会社のマイナビが手掛ける薬剤師特化の転職エージェントで、丁寧なサポートに定評があります。今回はそんな2020年9月に更新したマイナビ薬剤師の評判と利用するメリット・デメリットについてご紹介します。ぜひご参考にしてください。

マイナビ薬剤師とは

マイナビ薬剤師とは、株式会社マイナビが運営する薬剤師のための転職エージェントです。

厚生労働大臣認可の転職支援サービスのため、費用が一切かからないのが特徴です。

さらに、職業紹介優良事業者として認定されているため、実績と信用のある転職エージェントだといえます。

マイナビ薬剤師は、特に面談に注力しています。
親身になってアドバイスをくれるサポート体制は評価が高いです。

マイナビ薬剤師の基本情報

会社名 株式会社マイナビ
本社所在地 〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
代表者 代表取締役社長 中川信行
設立 1973年8月15日
資本金 21億210万円
求人数 7829件(2020年1月27日時点)
事業所数

16社

  • 東京(新宿)オフィス
  • 北海道支社
  • 宮城支社
  • 神奈川支社
  • 千葉支社
  • 埼玉支社
  • 信越エリア
  • 名古屋支社
  • 石川支社
  • 大阪支社
  • 京都支社
  • 兵庫支社
  • 岡山支社
  • 広島支社
  • 福岡支社
  • 鹿児島支社 
WEBサイト http://pharma.mynavi.jp/
会社PR

薬剤師転職支援サービスのご利用者満足度NO.1(※)の実績を誇るマイナビ薬剤師は、薬剤師資格を活かせる一般企業のほか、調剤・病院・ドラッグストアの求人も多数扱っております。

自慢は情報量の多さ、全国に15事業所を構えるエリア幅の広さだけではありません!

スピーディな対応
応募書類の添削
面接対策や同行
勤務条件や個人では聞きにくい質問をあらかじめ交渉・確認する

など、事務的な作業に陥らず「フェイス・トゥ・フェイス」をモットーとするマイナビ薬剤師ならではのサービスを提供しております。

また、引っ越しなど地域をまたいでの転職でも、ネットワークを最大限に駆使して満足いただける情報を用意します。

皆さんが「本当に知りたかった情報」を提供できるよう、一同、心よりお待ちしております。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)。

 

マイナビ薬剤師の総評

  評価 内容
求人量・質 普通 求人量は多い方ではない。
条件にこだわりがある方の転職にはやや不向き。
提案力 普通 勤務地や時間などの条件のヒアリングは非常に丁寧。
そこから求人提案への流れがやや見劣り。
サポート体制 非常に良い

応募者との面談サポートが強み。
親身なアドバイスが良いとの評価。


マイナビ薬剤師の特徴

  • 企業毎に担当者がつき、足を運んで情報収集している
  • エピソードを用いて企業の内情を話してくれる
  • 担当者のレスポンスが早く、フォローを忘れない体制


マイナビ薬剤師のメリット・デメリット

マイナビ薬剤師のメリット・デメリットをまとめると、以下の表のようになります。

メリット
  • コンサルタントによる丁寧なサポート
  • 豊富な非公開求人
  • 現場の様子がわかる「職場カルテ」という独自コンテンツ
  • 薬剤師をサポートするサービスがある
  • ドラッグストアの求人が豊富
  • ブランク薬剤師向けの復職支援コンテンツが充実している
デメリット
  • 派遣の求人が少ない
  • 他エージェントに比べて給料の高い求人が少ない
  • 条件ヒアリングが中心で提案力が低め
  • 他の転職サイトを利用しないように薦めてくる
  • 早期の転職を薦めてくる

 

▶︎ マイナビ薬剤師公式ホームページ
https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師の評判とメリットについて

マイナビ薬剤師公式HP
マイナビ薬剤師を利用した場合のメリットを見ていきましょう。


コンサルタントによる丁寧なサポート

マイナビ薬剤師では、積極的に幅広く求人を提案してくれるという強みがあります。

転職希望者との面談に力を注ぎ、しっかりと希望や状況を把握した上で提案してくれるため、自分にあった転職先を見つけやすいでしょう。

さらに、電話やメールのレスポンスも素早く、安心したサポートを受けることができます。

初めての転職だったので、調剤薬局に強いと評判のサイトに登録しましたが、メールの返信が遅く不安になったので、マイナビに登録することにしました。

求人数は多くはありませんでしたが、スピーディ電話・求人メールを頂け、無事に転職することができました。


豊富な非公開求人

マイナビ薬剤師には、非公開求人が常時およそ30,000件存在します。

非公開求人の中には、人気がありすぐに埋まってしまう求人もあるため、転職活動を行う際には、早めに登録し、素早くコンサルタントとの面談をすることをおすすめします。


現場の様子がわかる「職場カルテ」という独自コンテンツ

マイナビ薬剤師には、職場の様子がわかる「職場カルテ」という独自のコンテンツがあります。

企業ひとつひとつの特徴をまとめ、転職希望者に分かりやすいように記載しています。

現場の写真だけではなく、動画も一緒に添付されており、よりリアリティのある情報を見ることができるようになっています。

薬剤師をサポートするサービスがある

マイナビ薬剤師には、薬剤師をサポートするサービスもあります。

いくつかあるマイナビ薬剤師サービスは転職用のものでは無いようですが、日常的に使っている利用者も多いようです。

人気なものの一つに、マイナビの「薬+読(やくよみ)」という薬剤師のための情報コラムがあります。

情報収集や、悩みの共有・相談、その他新しい薬のデータなど、薬剤師をやっていく上で役に立つ情報が満載です。

これ以外にも、様々なサービスがマイナビ薬剤師には存在します。

転職活動とは違いますが、マイナビの薬+読はよく拝見しています。

流し読みでも、以外と自分が知らない情報があり、重宝しています。

周りの薬剤師も、結構読んでいる人は多いです。

ドラッグストアの求人が豊富

ドラッグストアは、薬剤師の転職先としてメジャーな職場です。

しかし、ドタラッグストアと一口に言っても、大手チェーンと個人商店では年収や福利厚生に大きな違いがあり、働き方も様々です。

数ある中から、自分に合ったドラッグストアを見つけることは難しいと言えるでしょう。

マイナビ薬剤師では、ドラッグストアの求人数と企業求人数の種類が豊富で、ドラッグストアだけでも常時約13,000件もの求人が掲載されています。

非公開求人も多く、コンサルタントは求人先のドラッグストア1件1件を訪問して情報を把握しています。

アットホームな職場なのか、研修制度は充実しているか、といった細かいポイントまで絞り、自分に合った職場を紹介してくれます。

ドラッグストア求人数比較表

マイナビ薬剤師 約15,600件
薬キャリ 約1,560件
リクナビ薬剤師 約11,750件

※2019年6月5日時点ココファーマ調べ
 

ブランク薬剤師向けの復職支援コンテンツが充実している

薬剤師は出産や育児などで一時期職場を離れていても、資格さえあれば職場復帰が可能です。

そのため、主婦をしながら薬剤師として働いている人も多くいます。

しかし、ブランクが長かったり、調剤未経験だったりすると、薬剤師としての知識やスキルに不安があり、復帰して働くことをためらってしまう人もいるようです。

マイナビ薬剤師は、そういった不安を解消するためのコンテンツが充実しています。

そのうちの一つが、全国で開催されている転職セミナーです。

職場復帰相談会

出産や育児明けでブランクがあり知識に不安がある、仕事と家事・育児を両立させられるかわからないといった悩みを解決するためのセミナーです。

転職成功事例セミナー

実際にどういった流れで転職を成功させていくのか、実際の事例をもとに紹介してくれるセミナーです。

様々な職種の紹介をしてくれるので、自分に向いている職場を見つけるためにも、是非受けておきたいセミナーです。


数ある転職サイトの中でも、このようなセミナーを定期的に行っているのは大手の転職サイトに限られます。

特に、マイナビ薬剤師は全国各地の会場で行っていますので、コンサルタントのサポートと併用してこのようなセミナーに足を運んでみると良いでしょう。

▶︎ マイナビ薬剤師公式ホームページ
https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師の評判とデメリットについて

転職エージェント
マイナビ薬剤師には、派遣の求人が少ない、他の転職エージェントに比べて給料の高い求人が少ないなどのデメリットがあるようです。

このような、デメリットをきちんと把握した上で、転職活動に有効的に利用することをおすすめします。


派遣の求人が少ない

マイナビ薬剤師の場合、企業の方針として、長く働ける正社員求人を多く取り扱っているため、派遣の求人がほとんど存在しません。

つまり、派遣での転職を考えている転職者は、他の転職エージェントを利用する事をおすすめします。


他エージェントに比べて給料の高い求人が少ない

最近では、年収600万円以上の求人も入ってきているようですが、他の転職エージェントに比べ、給料の高い求人があまりないようです。

年収面にこだわりをもっている転職者の方には、やや不向きと言えるでしょう。

条件ヒアリングが中心で提案力が低め

面談等をしっかり実地している一方で、最初の電話ヒアリングでは「希望エリアのヒアリング」に偏っているような印象を受けます。

応募者のキャリアや特性を踏まえた提案力が期待されます。

子供が少し大きくなったので、保育所から近い薬局に転職しようと登録しました。

最優先は確かに勤務地でしたが、にしても保育所から近い薬局を手当たり次第に提案していただき、私のキャリアを考えて頂いていた感じはしませんでした。

他の転職サイトを利用しないように薦めてくる

他の転職エージェントにも言えることですが、特にマイナビ薬剤師の場合は強く言ってくる傾向にあります。

会員登録後の電話や、実際にエージェントと対面した面談時にも念を押されるようです。

理由として、複数の企業と面接を行う場合に、他のエージェントと契約していると日程調整が難しくなってしまう可能性があるためです。

もちろん、エージェント側も営業であるため、他のエージェントに人材を取られたくないという気持ちはわかります。

しかし、転職者を縛ってしまうことになるため、デメリットの一つであると言えるでしょう。

複数のエージェントを利用していましたが、それを伝えると他のエージェントの悪口まではいかないですが、あまり良くない内容のお話をされていました。

その話をされた瞬間に、一気に営業感を感じてしまい、信用することができなくなってしまいました。

早期の転職を薦めてくる

早期の転職を強く推薦される傾向にあります。

誘い文句として、

  • 良い求人は早めに無くなってしまう
  • 来週なら、面接の日程はいつが空いているか
  • 1日で同時に面接を受けることも可能

など、考慮前の段階で転職を薦めてくることがあります。

早めの転職を考えている方であれば問題はありませんが、キャリアの見直しや、自身の市場価値をじっくりと見極めたい方にとっては、不満に感じる点でしょう。

全ての担当者が上記のように転職を急かしてくる、というわけではないですが、社風的にエージェントの営業職が強い特色があるようです。

マイナビ薬剤師がおすすめな転職希望者とは

薬剤師
転職が初めての薬剤師の方

マイナビ薬剤師は、コンサルタントによる高いサポート力が期待できるため、転職が初めてで何から初めて良いかわからない薬剤師にとっては心強い転職エージェントです。


すぐに電話対応してもらいたい忙しい方

まだ仕事を続けていて忙しくまとまった時間が取れないような方でも、マイナビ薬剤師はコンサルタントによる電話対応やメール対応が他の転職エージェントに比べ素早く、利用しやすい転職エージェントだといえます。


求人の提案をして欲しい薬剤師の方

マイナビ薬剤師では、担当のコンサルタントが積極的に豊富な求人の中からあなたにあった転職先を紹介してくれます。

薬剤師に特化した転職の専門家のアドバイスが欲しい方はおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。
 

▶︎ マイナビ薬剤師公式ホームページ
https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師以外におすすめの転職エージェント

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ公式HP
非常に満足度の高い薬剤師専門の転職エージェントとして有名なファルマスタッフ。

全国15拠点を構えており、広範囲でサービスを提供しています。

地方在住の薬剤師の方はこちらのファルマスタッフを利用すると良いでしょう。

ファルマススタッフの公式HP
https://www.38-8931.com


ジョブデポ薬剤師


ジョブデポ薬剤師は、with Career株式会社が運営する薬剤師のための転職エージェントです。

全国各地の求人があり、その数は、およそ37,000件にもなります。そのため、自分に適した転職先を見つけることができるでしょう。

さらに、平日9時~21時まで相談ができるため、現在も仕事をしている薬剤師にとって利用しやすい転職エージェントだといえます。

ジョブデポ薬剤師の公式HP
https://nekozukiroad.org

マイナビ薬剤師の評判についてのまとめ

マイナビ薬剤師は、正社員雇用での転職を希望する薬剤師にとって利用する価値のある転職エージェントだとお分かり頂けたのではないでしょうか。

コンサルタントによるサポートが充実しているので、初めて転職活動を行う薬剤師はもちろん、全ての転職希望者にとって、心強い転職エージェントだといえます。

キャリアアップや環境改善を目指し、第一歩を踏み出すために、マイナビ薬剤師のような転職エージェントを上手く利用しましょう。
 

▶︎ マイナビ薬剤師公式ホームページ
https://pharma.mynavi.jp/

登録しておきたい無料転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
ビズリーチ 5

ハイクラス転職に強い

リクルートエージェント 4.8

国内最大級の求人数

doda 4.2 医療業界も幅広く対応


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら

・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・doda:https://doda.jp/

本記事の初回公開日は2019年09月24日です。

この記事に関連する転職相談

転職口コミサイトはどういう心づもりで見ればよろしいでしょうか?

「カイシャの評判」のような転職の口コミを見ているとナーバスになってきますね..。 たまにポジティブなコメントもありますがそれは業者なんですかね..? それかその人にたまたま訪れた幸運か。大企業...

転職エージェントとの面談はスーツと私服ならどちらがいいですか?

転職エージェントとの面談はスーツと私服ならどちらがいいのでしょうか。 性別は女性です。 転職エージェントを利用するとしたら、仕事帰りに利用することになると思うので、スーツではなく私服...

転職の気持ちが定まっていないのに転職エージェントに登録をしてもいいんですか?

転職をしようかどうか悩んでいる者です。 前向きに転職は検討しているのですが、未だ気持ちに決心出来ていません。 ただ、話は聞いてみたいと思い転職エージェントへの登録を検討しているという...

転職エージェントって月に何人と接触して何人を決めるんですか?

エージェントって月平均何人と接触して、何人を決めるんですか?

転職エージェントは給与交渉をしてくれるのですか?

転職エージェント経由で転職活動をして内定をもらった場合、給与交渉をしてくれるのでしょうか。 自分で給与交渉をするのは気がひける思っているのですが、どうなのですか? また、自分で給与交...

ブロックチェーン業界の求人を扱っている転職エージェントはありますか?

大学を中退予定の方でも未経験でも断られない、外資系企業(IT系)、もしくはブロックチェーン業界の仕事を取り扱ってる転職エージェント紹介サービスはどういったものがありますでしょうか。

障害者や発達障害者におすすめの転職エージェントはどこですか?

障害を持っている人も転職エージェントを使うことはできますか。 転職の条件に、正社員や年収、待遇などを細かく希望すると障害者が応募できる求人が少ないではないかと考えていています。 障害...

転職エージェントを利用すると企業への書類選考が厳しくなりますか?

転職エージェントを通すと、書類の通過しません。 転職エージェントを使用すると、書類選考が厳しくなるのでしょうか。直接応募したら、3社面接に行けました。

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

転職エージェントから不採用の連絡が来た時の返信はどうすれば良いですか?

転職エージェントから不採用の連絡来た時の返信はどうすれば良いのでしょうか。 転職エージェントの連絡は、電話かメールならどちらが良いのでしょうか。 また、不採用になった理由も聞きたいの...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す