素材業界への就職で気をつけることとは?就職活動のコツについてご紹介の画像

素材業界への就職で気をつけることとは?就職活動のコツについてご紹介

就職活動をしている学生からも根強い人気があるのが、素材業界です。人気の業界であり、特に理系の学生を中心に人気があるといえるでしょう。なので、しっかりと就職の準備をする必要があります。志望動機や自己PRを企業側に語るとき、そこの会社の強みや現在の素材業界の現状をしっかりリサーチしてないといけません。そこで今回は素材業界についての就職情報をご紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

437

素材業界とは?就職先としての素材業界

私たちの生活を根底から支えているといってもいいのが、素材業界であるといえるでしょう。

就職活動をしている学生からも根強い人気があるのが、素材業界です。人気の業界であり、特に理系の学生を中心に人気があるといえるでしょう。

素材業界は、生活をする上で、なくてはならない業界ですが、知名度がそれほど高くない面があります。なぜなら、消費者のもとには、加工された状態で製品が届いているため、実際に何をしているのかを知らない学生も多く、会社によっての違いも知らない方が多いからです。

素材業界の中でもガラス、鉄鋼、繊維などの業界は、非常に人気で、特にトップ企業である、旭硝子・新日鐵住金・東レなどは、非常に難易度が高くなります。

しかし、それだけ待遇や会社の経営も安定していることから、給与面でも期待が出来るため、優秀な学生からは非常に人気が高く、憧れの企業としても知られています。

関連相談

素材業界への就職!社風について

一言で素材業界と言っても、その社風は会社によって異なるといえるでしょう。

まず、旭硝子などは、産休後の復帰率が100%の企業であり、多様性などを生かす職場をモットーにしていることから、非常に風通しがよく、女性でも活躍しやすい環境が整っているといえるでしょう。

新日鐵住金に関しては、老舗の企業であることからも、古き良き日本の伝統が残っている企業であるといえるでしょう。

このため、社風は体育会系の社風であり、上下関係や年功序列制度などもしっかりと残っている会社といえます。

また、東レの場合には、社員の約8割が営業職をこなす必要があるという社風であり、年功序列が残っていますが、事務職として採用された場合にも、営業に就く必要があり、体育会系の社風であるといえるでしょう。

企業によって社風が異なりますので、就職活動では、求められている人材について研究する必要があります。

関連相談

素材業界での選考対策について

素材業界への転職を考えているという方は、その選考対策を考える必要があります。

まずは各企業ごとに全くその社風や、求める人物が異なりますが、基本的に理系の学生が有利であり、有名企業になると、それだけ高学歴のいわゆるハイスペックの学生が就職活動では圧倒的に有利であるといえるでしょう。

ただし、学歴だけでは採用は決まらず、あとは企業の色に合うかどうか、優秀であるかどうかなど、志望動機から採用が決まることも多いです。

たとえば、一流の素材メーカーである旭硝子は、安定した大手のメーカーであることに甘んじることはなく、挑戦心を持つ学生を強く求める傾向にあるといえるでしょう。このため、安定しているからという内容の志望動機であれば、不採用になる可能性は高いといえるでしょう。

挑戦意欲や、社会人としてどのように活躍したいかなどを志望動機ではまとめておきましょう。

関連相談

選考対策で気をつけることとは?

また、大手の素材業界のメーカーとして知られている東レの場合、積極的な海外進出を行っていることからも、同じく挑戦心のある学生を求める傾向にあります。

さらに、東レでは第一志望ではない学生は落とすといわれていて、何度も第一志望であるかどうかを確認されることもあるようです。このように、素材業界では、就職活動をしている学生が、どの程度本気なのかということを採用面接では重視する傾向にありますので、気をつけることが必要となります。

また、採用面接の際には、なぜ化学業界なのかという質問をされるケースが多く、これを答えられない場合には、採用を貰えないこともあります。

なぜ化学業界なのか、またなぜそのなかでもその会社を選ぶのかと言うことを明確にして、面接では答えられるように、何かしら対策を練っておく必要があります。

関連相談

素材業界への就職を成功させるためには

素材業界と言っても、鉄鋼、非鉄金属、石油などのさまざまな業界がありますが、それぞれの業種が抱える課題やこれからの可能性などについても研究をしておくことが必要であるといえるでしょう。

また、就職活動を成功させるためには自分が、大学時代に学んだ専攻に近い企業を選ぶことが、成功への近道であるといえるでしょう。

自分の専攻に合致する商品を取り扱っているのかどうかによって、採用の際にも、志望動機を練り込みやすくなったり、アピールしやすくなるといえるでしょう。

また、素材業界での就職の場合、たとえば事務職に就く場合にも、基本的には営業が仕事になることが多いです。

会社では、8割の社員が営業につくこともあり、営業を重視する企業は多いため、事務だけをこなしたいという気持ちでは採用されないことがありますので、幅広い業務をすることを前提として、アピールをしましょう。

この記事に関連する転職相談

サイバーエージェントの顔採用をどう思いますか?

顔で採用されるとして有名なサイバーエージェントですが、どう思いますか? 私的には顔も1つの武器なのでありだと思うのですが、「顔で選ぶなんて最低!」と言う意見も多そうです。 皆だんはどう思いますか? て言うかサイバーの女性陣は本当に可...

大学院1年で就職決まった場合は大学院を卒業するべきですか?

大学院1年で就職決まった場合、大学院卒業せずに就職するものなのかどうか

大学4年生理系の女子です。私は、80社ほど受けて、...

大学4年生理系の女子です。私は、80社ほど受けて、先日ようやく内定をいただきました。おそらく、口下手なことと専攻がどの企業とも関わりがないことが、就職活動が長引いた理由ではないかと自分では思っています。 内定をくださったのは生命保険会社で営...

あなたは給料いくらで満足できますか?

これから就職活動が始まるのですが、周りのみんなよりもお金に興味がありません。 皆さんはどれくらいの給料をもらえれば満足できるのですか?

進学するか就職するか悩んでます

理系の大学生です。 大学院に進学するか、就職するか悩んでいます。 というのも僕は奨学金を借りて自分で学校に行っています。 大学院に行くと、さらに奨学金を借りることになります。 この場合、どちらの方が良いと思いますか? ちなみに、研究はで...

これから日本企業に就職することはリスクですか?

これから日本企業に就職することはリスクですか? 大企業だろうと優位性は何もなく2018年となったいま先進国といえるような技術は何もないような気がして心配です。ビジネスも他国の真似ばかりか、グローバルにビジネスも展開できないので、レッドオーシ...

IT業界に興味があります。就職に有利な資格などあるでしょうか?

現在27歳フリーターなのですが、IT業界に興味があります。 就職に有利な資格などあるでしょうか?

やりたい職業がわかりません…

来年から就職活動が始まる大学3年生です。 もうすでに周りの友人はインターンに行ったりTOEICの勉強をしたりと動き始めているのですが、僕はまだ動けていません。 そもそもどんな職業に就きたいのか自分でもわかっておらず、好きなことも見つかって...

就活は顔ですか?

まだ内定をもらっていない大学4年生です。 もう今年の就職は諦めて来年リベンジすることに決めました。 とっくにメンタルはズタボロで、ここ最近は食欲もなくなってきています。 私は顔に自信がなく、昔からコンプレックスでした。 「もしかし...

どんな起業家が失敗し、どんな起業家が成功すると思いますか?

現在大学3年生で就職よりも起業に興味があります。 そこで質問なのですが、どんな起業家が失敗してどんな起業家が成功できると思いますか? ぜひ回答よろしくお願いします。

この記事に関連する記事

【品質管理とは?】品質保証の違いや各職種の有効な資格について

品質管理・品質保証の仕事とは何でしょうか?品質管理の基本など、あまり馴染みない職種のため標語だったりシステム、基本な...

【素材メーカー】仕事内容や研究開発の必要なスキルについて

素材メーカーの仕事内容とは何でしょうか?それは、洋服など身に付けるものはもちろん、製品を作るためには素材(材料)を選...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー