素材業界への就職で気をつけることとは?就職活動のコツについてご紹介の画像

素材業界への就職で気をつけることとは?就職活動のコツについてご紹介

就職活動をしている学生からも根強い人気があるのが、素材業界です。人気の業界であり、特に理系の学生を中心に人気があるといえるでしょう。なので、しっかりと就職の準備をする必要があります。志望動機や自己PRを企業側に語るとき、そこの会社の強みや現在の素材業界の現状をしっかりリサーチしてないといけません。そこで今回は素材業界についての就職情報をご紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

素材業界とは?就職先としての素材業界

私たちの生活を根底から支えているといってもいいのが、素材業界であるといえるでしょう。

就職活動をしている学生からも根強い人気があるのが、素材業界です。人気の業界であり、特に理系の学生を中心に人気があるといえるでしょう。

素材業界は、生活をする上で、なくてはならない業界ですが、知名度がそれほど高くない面があります。なぜなら、消費者のもとには、加工された状態で製品が届いているため、実際に何をしているのかを知らない学生も多く、会社によっての違いも知らない方が多いからです。

素材業界の中でもガラス、鉄鋼、繊維などの業界は、非常に人気で、特にトップ企業である、旭硝子・新日鐵住金・東レなどは、非常に難易度が高くなります。

しかし、それだけ待遇や会社の経営も安定していることから、給与面でも期待が出来るため、優秀な学生からは非常に人気が高く、憧れの企業としても知られています。

素材業界への就職!社風について

一言で素材業界と言っても、その社風は会社によって異なるといえるでしょう。

まず、旭硝子などは、産休後の復帰率が100%の企業であり、多様性などを生かす職場をモットーにしていることから、非常に風通しがよく、女性でも活躍しやすい環境が整っているといえるでしょう。

新日鐵住金に関しては、老舗の企業であることからも、古き良き日本の伝統が残っている企業であるといえるでしょう。

このため、社風は体育会系の社風であり、上下関係や年功序列制度などもしっかりと残っている会社といえます。

また、東レの場合には、社員の約8割が営業職をこなす必要があるという社風であり、年功序列が残っていますが、事務職として採用された場合にも、営業に就く必要があり、体育会系の社風であるといえるでしょう。

企業によって社風が異なりますので、就職活動では、求められている人材について研究する必要があります。

素材業界での選考対策について

素材業界への転職を考えているという方は、その選考対策を考える必要があります。

まずは各企業ごとに全くその社風や、求める人物が異なりますが、基本的に理系の学生が有利であり、有名企業になると、それだけ高学歴のいわゆるハイスペックの学生が就職活動では圧倒的に有利であるといえるでしょう。

ただし、学歴だけでは採用は決まらず、あとは企業の色に合うかどうか、優秀であるかどうかなど、志望動機から採用が決まることも多いです。

たとえば、一流の素材メーカーである旭硝子は、安定した大手のメーカーであることに甘んじることはなく、挑戦心を持つ学生を強く求める傾向にあるといえるでしょう。このため、安定しているからという内容の志望動機であれば、不採用になる可能性は高いといえるでしょう。

挑戦意欲や、社会人としてどのように活躍したいかなどを志望動機ではまとめておきましょう。

選考対策で気をつけることとは?

また、大手の素材業界のメーカーとして知られている東レの場合、積極的な海外進出を行っていることからも、同じく挑戦心のある学生を求める傾向にあります。

さらに、東レでは第一志望ではない学生は落とすといわれていて、何度も第一志望であるかどうかを確認されることもあるようです。このように、素材業界では、就職活動をしている学生が、どの程度本気なのかということを採用面接では重視する傾向にありますので、気をつけることが必要となります。

また、採用面接の際には、なぜ化学業界なのかという質問をされるケースが多く、これを答えられない場合には、採用を貰えないこともあります。

なぜ化学業界なのか、またなぜそのなかでもその会社を選ぶのかと言うことを明確にして、面接では答えられるように、何かしら対策を練っておく必要があります。

素材業界への就職を成功させるためには

素材業界と言っても、鉄鋼、非鉄金属、石油などのさまざまな業界がありますが、それぞれの業種が抱える課題やこれからの可能性などについても研究をしておくことが必要であるといえるでしょう。

また、就職活動を成功させるためには自分が、大学時代に学んだ専攻に近い企業を選ぶことが、成功への近道であるといえるでしょう。

自分の専攻に合致する商品を取り扱っているのかどうかによって、採用の際にも、志望動機を練り込みやすくなったり、アピールしやすくなるといえるでしょう。

また、素材業界での就職の場合、たとえば事務職に就く場合にも、基本的には営業が仕事になることが多いです。

会社では、8割の社員が営業につくこともあり、営業を重視する企業は多いため、事務だけをこなしたいという気持ちでは採用されないことがありますので、幅広い業務をすることを前提として、アピールをしましょう。

この記事に関連する転職相談

通信制高校から大手企業に就職をするのは難しいでしょうか?

学生です。 通信制高校から大手企業に就職を考えるのは無謀でしょうか? 私はプログラミングが得意で、自分でアプリを作成したり、ゲームを作ったりして遊んだりしています。 この特技を活かして、大手のエンジニアとして就職したいと考えています...

学歴だけあって、学生時代何も活動していないのですが就活は大丈夫でしょうか?

来年就活を控えています。 学生時代遊んでしまって、プロジェクトなど様々な活動というものは何もしていないです。 しかし、いわゆる日本ではトップの難関大学なので、その経歴で就活は何とかなるのではないかと思っています。 実際、学歴があ...

交通関連の企業に就職を希望していますが、留年歴があると難しいですか?

来年就職活動を控えている者です。 鉄道会社の現業職を軸にバスや空港会社など、交通系の企業を希望していますが留年しています。 これらの業界は留年に厳しいでしょうか。

新卒カードをベンチャー企業に使うのは溝に捨てるようなものなんですか?

「新卒でベンチャーに入るのは、新卒カードを溝に捨てるようなもの」とよく言われますが、なぜでしょうか?

今の時期に就活のために準備しておいた方がいいことは何がありますか?

来年就活です。 今、長期インターンシップをしながら、合間に短期インターンシップやOB訪問を行なっています。 しかし、これらの行動を次の行動にどう繋げればいいのかわからないほか、 他にやらなければならないことがある気がしてとても不安です。 ...

OGOBや知り合いの紹介を通じて大手企業に就職するのは難しいですか?

来年就活なのですが、すごく行きたい企業があり、そこは業界的にも狭き門でありながら、企業としても狭き門です。 また、私の大学はそこまで難関大学でもなく、ストレートで入社するのは難しいです。 OBでも少人数しかいません。 最近あることをき...

就職活動時の面接に役に立つ趣味は何かありますか?

再来年就職活動を控える学生です。 就職活動をするにあたって、有利になるような趣味があれば教えてください。 旅行などは、ありきたりですし。 自分には趣味といえるようなものは現在ありません。 どのような趣味があれば面接時に有利に働きま...

土木系の学科から不動産系で働く場合、どのような職種になりますか?

土木系の学科から不動産の会社に入るとなると、やはり営業職になるのでしょうか?

未だに内定を頂けていませんが、今後自分は何をするといいのでしょうか?

未だに内定を頂くことがえできていないものです。 大学は、一応早慶なのですが、ここまで就職先を見つけることができないと思いもしませんでした。 確かに、就職活動が始まった当初は大手企業を多く受けていました。 しかし、夏休みが近づくにつれて...

march以下の大学だと大手企業への就職は難しいですか?

march以下の大学だと大手企業への就職は難しいですか? またmarch以下の大学が大手企業に入るには何を頑張ればいいですか?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー