【エネルギー業界(環境)への就職】就職活動のポイントをご紹介の画像

【エネルギー業界(環境)への就職】就職活動のポイントをご紹介

エネルギー業界は時代によって、大きな変遷を経てきました。実際に石油がなくなるという通説からなかなか終わりを告げていませんが、自然エネルギーの活用がどんどん開発されることによってエネルギー業界も変わりつつあります。以前は環境保護のために自然エネルギーを有効活用しようというストーリーだったのが、今はビジネス面からも大きくエネルギーの活用が変わりつつあります。今回はそんなエネルギー業界(環境)についての就職情報をご紹介をします。

これからのびゆく可能性を秘めた業界

エネルギー業界は時代によって、大きな変遷を経てきました。実際に石油がなくなるという通説からなかなか終わりを告げていませんが、自然エネルギーの活用がどんどん開発されることによってエネルギー業界も変わりつつあります。

以前は環境保護のために自然エネルギーを有効活用しようというストーリーだったのが、今はビジネス面からも大きくエネルギーの活用が変わりつつあります。

もちろん、持続可能な社会の実現に向けてはエネルギー業界の果たすべき役割は非常に大きなものであります。

これから就職を考えた場合に、特に中期長期でエネルギー業界を考えてみてください。とにかく大きく伸びゆく可能性を秘めた業界であることはいうまでもありません。

たとえ、終身雇用ではなくとも、業界で様々なスキルを身につけて転職することも夢ではありません。

人類に貢献しようという意識も大事

学生が仕事を選ぶにあたってどんなことを重視しますか。もちろん、福利厚生や給与水準、安定性、勤務地といろいろな要素があります。

しかしながら、エネルギー業界に就職しようと考えた場合にはもっと大きな使命があります。

それは環境にやさしいエネルギーを世界に広げることにより、人類に貢献するということです。これにはもちろん、本音と建前の世界ではないかといぶかる意見もあるかもしれません。

しかしながら、実際には世界で働くエネルギー業界の方々はこうした崇高な信念、使命を意気に感じて働いています。

ですから、実際にエネルギー業界で羽ばたこうと考える場合は自分自身がどのような信念、目的をもっているのか改めて考えてみることが重要だといえます。もちろん、ほかの業界でも同じことかもしれませんが、まずは自分自身の心の声を確認してみましょう。

文系の学生に求められることについて

エネルギー業界で就職しようとする文系の学生に対して求められることについて具合的に挙げていきたいと思います。

まずは、なんといっても広い視野、そして他社との環境分野でのアライアンスなどに対して前向きに取り組める経験、そして素地を持っていることです。

いかに素晴らしいエネルギー開発を企業として行っていてもそれをいかに世界に広げていくことができるか、実際にはあらゆるステークホルダーと連携していくほかありません。そして、こうした大きなプロジェクトやアライアンスをまとめていくのは何といっても文系出身者であることが多いわけです。

実際にはそれなりの技術知識も必要ですが、あるべき姿を描くことができ、それをいかに実現に向けて進めることができるのか。

調整能力、コミュニケーション能力、さらには社歴とともにマネジメント能力も必要になります。

理系の学生に求められることについて

エネルギー業界に就職しようとする理系の学生に求められること、それは何といっても粘り強く取り組むことができる強い意志、そして信念ではないかと思います。

エネルギー業界の開発、技術分野のプロジェクトに関しては非常に細分化されていて、さらには非常に道のりが長いものが多いものです。

ですから、ときどき自分自身が今、何のために何をしているのか立ち位置が分からなくなってしまうことがありがちです。だからこそ、常に目標やターゲットをしっかり持つことができなければなりません。

例えば、環境保全のためのエネルギー開発に向けて自分の開発が役立つという信念をしっかりもつ。

こうした当たり前のことを定期的に振り返りながら、開発に取り組める信念が必要になるわけです。理系の学生にとっては非常に厳しいことかも知れませんが、いつかはその開発が役立つと信じて。

世界をにらんだ広い視野も必要となる

エネルギー業界はとにかくグローバルを常に意識した業界です。

輸入や輸出、国内GDPといった考え方よりも世界を自分の企業のソリューションや技術でどのように変えていけるのかという観点で仕事を進める必要があるからです。

特に環境分野といえば、大きな視野を持って考えれば、世界共通の課題を抱えており、長期的に解決すべき課題として一企業、一国だけではなくグローバルで人類が解決していくべき課題であることがすべてだからです。

実際に就職しようとした際にここまで思いをはせていることができるかどうかは難しいところですが、まずはOB訪問や会社訪問、インターンなどを通じてこうした思い、現場に少しでも触れておきましょう。

自分自身が人生をかけて働くことが可能かどうか、非常に参考になることは言うまでもありません。

そのうえでエネルギー業界にチャレンジしましょう。

この記事に関連する転職相談

40代で初めて転職しても良い職場環境に巡り合うことは可能ですか?

40代男性会社員です。 現在、転職したいと考えています。 転職は今回が初めてです。 勤めている会社は中小企業です。継続的に業績は悪く給料も低くボーナスは出る状況ではありません。 大体年収300万くらいで家計も火の車です。 資格としてはTOEIC6...

研究で終わるのではなく、それを実際にビジネスにまで持っていき、かつ地球温暖化に取り組むことにできる仕事、または企業を教えてください。

微生物や科学的何かを用いて、環境問題、例えば、焼き畑、違法伐採による森林の減少を回復させる。作物が育ちにくい土壌を肥沃にし、貧困や経済を発展させる。一部ではなく多岐に渡って役に立つ可能性を秘めた研究。 研究で終わるのではなく、それを実際...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー