化学業界への就職で気をつける点とは?採用されるためのコツの画像

化学業界への就職で気をつける点とは?採用されるためのコツ

化学業界は就職先として人気の企業ですね。では、就職するのに必要となるのはどのようなスキルなのか。就職、内定につながるのはどのような経験なのかを記事にしてみました。化学業界は理系のイメージが強いですが、文系でも就職することは可能です。では化学業界の将来性を含めて、採用されるためのコツについて見ていきましょう。

化学業界への就職と将来性

新卒で就職活動をしている方の中でも、化学業界へと就職をしたいと考えている方も多いです。

化学業界には、さまざまな大手のメーカーがあり、
中には非常に就職する上で、難易度が高い会社も存在しています。

特に大手の老舗の企業は、難易度が非常に高く、安定的な経営を行い、
そして待遇の良いところはと非常に人気が高くなっています。

また、化学業界の就職の場合、中小企業でも、何かしら光る技術を持っていることが多いです。

このため、ものづくりに熱意がある方や、学生の中でも、研究開発などの職に就き、ものづくりに取り組みたいという方は、
楽しく働くことが出来るといえるでしょう。

また、化学業界は、何かしら技術を持っている企業ばかりですので、
会社の経営が傾いたとしても大手の化学系企業が買収をしてくれたり、業務提携という形を取ることが多いので安心です。

化学業界への就職で必要なこと

一言で化学業界と言っても、たくさんの企業が存在し、
知名度のある大手企業から、中小企業、またそれ以下の小さな企業までたくさんの企業があります。

化学メーカーでどうしても働きたいという場合には、出身大学がどの大学であろうと、
企業を選ばなければ、就職をすることは可能です。

また、化学業界で技術や実力を身につければ業界内で転職は可能ですので、
キャリアアップを目指したり実力でステップアップすることの方が大切です。

化学業界への就職ですが、主に理系の学生に人気となっています。

しかし、大手の企業以外は、文系の学生でも、優秀な学生は積極的に採用を行っているところもあります。

このため、文系の学生だからと言って諦めてしまうことはありませんし、
企業を比較して就職活動を進めることによって、上手く採用が貰える可能性もあります。

大手化学メーカーへの就職

比較的化学業界の中でも大手の化学メーカーの企業には、旭化成、住友化学などがあります。

これらの企業は、非常に難易度が高く、理系の学生の中でも、非常に人気が高いといえるでしょう。

このため、採用倍率がとんでもないことになってしまいますので、
高学歴でいわゆるハイスペックの学生ではない限り、採用は非常に厳しいといえるでしょう。

内定者は、東大、京大、阪大、神戸大などの旧帝大卒の学生や、
上位国立大学で大半を占めていることが多いです。

この傾向はインターンシップを見ていても、
割合からして、それらの学生が多いので、採用されている学生もこれらの高学歴な学生がほとんどになります。

しかし、学歴があるから受かるというものでもなくものづくりへの熱い熱意が必要になります。

さらには、化学メーカーになんとしてでも就職したいという志望動機などが必要となります。

文系学生には狙い目でもある化学業界

しかし、これらの化学業界は理系の学生には大変人気となりますが、
文系の学生には知名度が非常に低いこともあります。

このため、文系の学生には割に狙い目の就職先であるといえるでしょう。

電機メーカー、自動車メーカーなどは知名度がありますので採用倍率が高くなりますが、
これらの化学業界は、文系の学生が狙うことがほとんどありませんので、中小企業を中心に就職活動をすることで、
採用される可能性は高くなります。

また、化学業界はホワイト企業が多く、待遇もしっかりしていることが多く、
給与面なども安定していることが多いといえるでしょう。

これは工場勤めの方が多く労働組合が結成されていることもあることから、
生活の向上に努めているからです。

しかし、化学業界のメーカーなどの採用は不透明な部分があり、
企業によってその採用する人柄は異なるといえるでしょう。

インターンシップが鍵となる化学業界

化学業界で就職を成功させるためには、まずはインターンシップに参加することが必要です。

化学メーカーは、インターンシップを行っている企業が多く、
インターンシップに参加することによって、採用に有利になることが多いといえるでしょう。

化学業界を志望することに決めているのであれば、
必ずインターンシップには参加をするようにしましょう。

化学メーカーは、会社の数自体は少ないですが、
応募の志望動機などはほかのメーカーと同じ内容でも問題がないことが多いですので、
早めにエントリーシートなどの原案を作り上げておくことが大切です。

就職活動が開始されたら、すぐに就職説明会に参加することが出来るように準備をしておくことで、
心の準備が出来るといえるでしょう。

また、化学メーカーは、ものをつくるというだけではなく、
ソリューションを売るというものであることを忘れないことが必要です。

この記事に関連する転職相談

直接応募をしていない企業に直接応募しても採用を検討されるんですか?

3年前ある人気企業を受けて、キャリア採用試験を受けて最終面接で落ちたのですが、その後2年間、その募集が続いて今はしていません。しかし最近ネットで転職検索していると、その人気企業が人材会社にその職種を外部委託し、その募集をしています。またエ...

リファラル(縁故)採用で注意するべきことは何でしょうか?

私の知人に紹介された会社への転職を決定したものです。 いわゆる縁故での転職となるのですが、このように紹介で転職が決まった場合、 注意しておくねきことはありますか? 事前に注意しておくべきことや入社後にも注意しておくべきことなど、ござい...

2019年の就活のスケジュールは転職活動にも影響しますか?

来年の春の採用で転職を考えています。 よく2019年の就活は去年より早めに準備した方が良いと聞きますが、 それって転職活動の採用にも影響しますか? 初めて転職活動をするので、どなたか教えてください。

第二新卒で採用された方はどのようなことを気をつけて選考に臨んでいましたか?

第二新卒で採用された方はどのようなことを気をつけて選考に臨んでいましたか?

転職活動で内定を貰える人と貰えない人との差って何ですか?

現在転職活動中です。 色々な人の話を聞いたりしながら、転職活動を進めていますが、 何社受けてもなかなか決まらない人と、すぐに内定がもらえる人の、大きな差ってなんでしょうか? 毎回、受ける会社のニーズに合わせて自己PRを変えたり、志望動...

ヘッドハンティングってどういうタイミングでされるのでしょうか?

ヘッドハンティングってどういうタイミングでされるのでしょうか?あまりよくわかっていなくて何を質問すればよいのかわからないのですが、例えばオフィスでバリバリ活躍している所を他の会社のお偉いさんが見かけて、名刺交換とかして連絡取り合う形なの...

理系三年生で院進学を考えていますが、インターンは参加した方が良いですか?

現在理系大学三年生です。院進学を考えているのですが、一応様子見でインターンには参加しておいた方がよいでしょうか?

長期や短期のインターンをすることのメリットは何ですか?

大学1年生です。 周りの何人かがインターンに向けて、準備を始めているようです。 調べてみると1dayや3daysなどもあれば、長期のインターンもあるようなのですが、 それぞれのメリットは何があるんでしょうか? 個人的には、長期の方が様々な経験...

亜細亜大学から大手企業に就職することは可能ですか?

文系、高校三年生です。 幼い頃から芸能活動をしており、来年亜細亜大学への進学を考えています。 大学四年間を通して、芸能活動が花開かなかった場合には芸能の道から引退して、一般の企業へ就職を考えていました。 しかし、亜細亜大学の就職実績や、...

現在、中途採用を積極的に展開している業界はありますか?

中途採用を積極的に展開している業界はありますか? 現在、派遣で働いているのですが、契約が来月で切れるため転職活動を初めています。 積極的に展開している業界がありましたら、 どういった業界が積極的に展開しているのかを知りたいです。 理...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー