【源泉徴収の還付】知りたい情報をご紹介いたしますの画像

【源泉徴収の還付】知りたい情報をご紹介いたします

今回は、源泉徴収の還付について詳しくご紹介いたします。源泉徴収税についてや還付金が貰える場合、時期や方法、金額などについてお伝えいたします。源泉徴収の還付金についてまだわからない方にとって参考に鳴る情報ですので、是非、参考にしてみてください。

源泉徴収について


源泉徴収と聞いて何を思うでしょうか。社会人であれば概ね年末を思い出す人が多いことでしょう。ですが、仕事で直接、源泉徴収にふれていないとどのように、業務等を行っているのか分かない人が多いのではないのでしょうか。

例えば、年末調整に間に合うように書類を提出しないと確定申告をしてもらうように言われたことのある人もいるかもしれません。ここでは、源泉徴収徴収とは何かを含め、年末調整や確定申告などのことを説明していきます。
 

源泉徴収とは何か

源泉徴収とは、年間の所得にかかる所得税を事業者が、給与からあらかじめ差し引くことをいいます。従業員の給与を支払う事業者であれば、必ず行わなければなりません。但し、一人で働いている場合は除きます。

事業者が源泉徴収を行うことで、従業員は確定申告をする必要なく、毎月の給与から少額ずつ所得税を納めることができます。また、国にとっても安定的な税収を得る、確実に所得税を徴収するという意味で、源泉徴収は大きなメリットがあります。
 

源泉徴収票と支払調書について

会社が源泉徴収した金額を知らせるための書類が「源泉徴収票」です。源泉徴収票は、1年間の所得や、源泉徴収額が決定するの毎年12月になります。もしくは翌年の1月31日までに発行します。但し、中途退職の場合は退職時に発行し渡します。

税理士や弁護士・フリーランスの個人に対しては、「支払調書」を発行します。支払調書は、その年中の支払金額の合計額が5万円超の場合、税務署への提出は必要となりますが、フリーランスなどの個人に仕事を依頼した場合には、法的に発行義務はありません。
 

年末調整について

年末調整とは、給与所得者のその年の源泉徴収を正しく計算し、所得税を確定させるものになります。所得税は毎月の給与や賞与から天引き(源泉徴収されること)際に、概算で計算されています。

年末調整では、その年の1月1日から12月31日まで1年間の収入を対象に所得税を計算し、控除などを確認、概ねで計算された所得税の過不足を計算することをいいます。

関連相談

還付金がもらえるのはどういう場合か


年末調整で1年に支払った税金の中から、支払い額が多かった場合に差額を調整する作業です。毎月の給与やボーナスの支払い時に、源泉徴収により税金が差し引かれます。ですが、個人の事情に応じた税金の控除までは把握できません。

そのため余分な税金が差し引かれてしまうこともあります。そのため、年末に支払った税金をまとめて計算しなおし、余分に支払った税金を還付します。具体的にはどのような人が、還付金を受け取ることができるのか説明していきます。
 

年末調整でもらえるのはどういう場合か

還付金を受け取ることができる人は、勤務先で把握できない所得控除がある場合になります。主な対象としては、生命保険料などの支払い額に応じた控除、配偶者や扶養家族に対する控除、本人や家族の傷害控除、住宅ローンの控除などがあげられます。

扶養家族が減った、ローンの完済等の場合は、控除額が減るため還付金額が少なくなります。場合によっては、すでに源泉徴収で支払った金額では足りず、追加徴収を受けることもあるため注意いしましょう。
 

給与所得者が確定申告でもらえるのはどういう場合か

給与所得者は基本、給与やボーナス等から源泉徴収されて、年末調整が行われるため確定申告を行う必要はありません。なぜなら年末調整の時点で所得税の還付または徴収が行われており、確定申告をする必要がなくなるからです。

但し、年末調整以外に確定申告を行うと還付金が受け取れるケースが以下になります。
医療費控除:1年間にかかった医療費が多かった分

  • ふるさと納税:好きな自治体に寄付した分
  • 住宅ローン控除:購入1年目のみ
  • 雑損控除:災害や盗難にあった分
  • 特定支出控除:資格取得のためなどに支出した費用が多かった分等
  • 配偶者、扶養控除:年末調整後に人数が変わった場合
  • 損益控除:副業等で赤字が出た場合等

以上の場合が、給与所得者であったとしても確定申告を行い還付金をが受けられるケースになります。


個人事業主が確定申告でもらえるのはどういう場合か

個人事業主の人たちは、給与所得者でないため、確定申告を行っている人がほとんどでしょう。個人事業を専業としている場合は、所得が38万円を超える場合には確定申告を行わなければなりません。

個人事業主も給与所得者と同様に上述の所得控除がある場合には、確定申告を行うことで適用がされます。個人事業主は報酬を受け取る際に、源泉徴収を行われていることがほとんどですが、所得控除等が含まれていないため、確定申告を行うことで還付金があります。

年末調整の還付金を受け取る時期と方法と金額について


年末調整の内容によっては、還付金を受け取れることは説明しました。年末調整で還付金が戻ってくる時期はいつになるのでしょうか。戻ってくるお金が分かっているのであれば、早く知りたいものです。

還付金として戻ってくる時期も気になりますが、どのようにして受け取ることができるのか、又は還付されてくる金額は分かるのか説明していきます。
 

年末調整の還付金はいつもらえるか

12月に1年の最後に年末調整が行われることがほとんどです。還付金が戻ってくる時期は企業によって、差があり違っています。早い企業であれば、12月中に還付され、遅くても年を明けて1月下旬には還付されます。

還付金も受け取り時期が違う理由は、企業によって年末調整の完了時期が異なることが関係しています。年末調整が早く終了した場合は還付金が戻ってくる時期が早くなり、遅い場合は戻ってくる時期も遅くなる理由となります。
 

年末調整の還付金はどんな方法でもらえるか

年末調整の還付金が戻ってくる時期が違うように、受け取り方法も企業によって異なります。手渡しをする企業もあれば、振り込み対応を行う企業もあります。

振り込みの場合は、手数料と手間を減らすため給与と振り込まれることが多いです。

振り込みも企業によって給与と分けられる場合もあります。社員の希望によっては、手渡しと振り込みを分けている場合もあるため、希望がある場合は先に確認しておくと良いかもしれません。
 

年末調整の還付金の金額を確認する方法は

企業の給与明細様式によっては、年末調整還付・所得税還付など分かりやすく記載されている場合もあります。逆に分かりにくい企業の給与明細もあります。

また、12月の給与振り込みで還付金が戻らなかった場合も分かる方法はあります。

還付金額を確認する方法としては、給与明細と源泉徴収票から計算することができます。給与明細に記載された1~12月までの給与とボーナスから差し引かれた所得税の合計金額から、源泉徴収票に記載された税額を引いた金額が還付される金額になります。

確定申告の還付金を受け取る時期と方法と金額について


個人事業主にとっては、所得税の確定申告を行うことは、1年に1度の大きなイベントです。毎年無事に、問題なく確定申告を終わらせることができるのか、憂うつな人がいるかもしれません。

問題なく書類を提出が完了して、一息ついている人もいりことでしょう。ただ、書類提出が完了で確定申告が終わりではありません。確定申告の結果、還付金が発生した場合どのように受け取ることができるのかなど説明していきます。
 

確定申告の還付金はいつもらえるか

給与所得者であれば、12月または年明けて1月に受け取れることを説明しました。確定申告を終わって、払い過ぎた所得税が戻ってくることが分かると、いつ戻ってくることが気になります。

還付金の支払い手続きまでには、所得税の確定申告書を提出してから、おおよそ1ヶ月~1ヶ月半程度の期間がかかるとされています。ただ、多くの人が還付金の申請が重なると、もう少し遅くなる場合も考えられるので目安として捉ええて下さい。
 

確定申告の還付金の受け取り方法はどういうものか

給与所得者の場合は、企業によってことなりますが概ね給与と同時に振り込まれます。確定申告の場合は、給与とは違うためどのようにして還付金を受け取るのでしょうか。受け取り方法は、2つあります。

銀行口座振り込みと郵便局の窓口で受け取るという方法になります。確定申告書第一表の右下に「還付される税金の受取場所」という欄があります。振り込みの場合は、金融名など間違いなく記載しましょう。

窓口受取の際は、受取郵便局名を記載するだけで問題ありません。但し、受け取り時は、国庫金送金通知書と本人確認書類を忘れずに持っていきましょう。国庫金送金通知書は後日、送付されてきます。
 

確定申告の還付金をいくらもらえるかの計算方法は

確定申告の作業を終えると、還付があるのかどうかがわかります。そして、還付金がある場合はどれくらいかえってくるのか、その額も計算して確定申告書に記載をすることが必要になってきます。

還付金の計算は、「源泉徴収額-所得税額=還付金」の計算式となります。そして、源泉徴収額のの計算方法は2つは以下になります。

  • 100万円以下:「源泉徴収額=支払金額×10.21%」
  • 100万円以上:「源泉徴収額=(支払い金額-100万円)×20.42%+102,100円」

1回の支払い金額が「100万円」を超えるかどうかで、引かれる源泉徴収額が変わることを覚えておくことが大切になります。

還付に関するいろいろな問題


概ね年末調整や確定申告について還付金について説明してきました。ですが、他にも還付を受けることができる場合もあります。

確定申告をする必要ない人とは、おもに給与所得者の人は年末調整で対応されているため、対応しない人が多いかもしれません。

ですが、税金を納め過ぎていたことが分かると、還付を受けることができます。知らないと戻ってくることはありません。では、どのような内容になっているのか説明していきます。
 

還付申告とは何か

確定申告書を提出する義務がない人も、給与等から源泉徴収された所得額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって納めすぎの所得税の還付を受けることができ、このことを還付申告といいます。

還付申告書は、国税庁ホームページ、確定申告書作成コーナーで画面にしたがって金額を入力することにより、税額などが自動計算され所得税、消費税の申告書や青色決算書などを作成できます。
 

還付申告の期限について

還付申告は、所得があった1月1日~12月31日の翌年1月1日から5年間申告することができます。そのため、確定申告が開始される前でも終わった後でも、申請を行うことができるため、慌てる必要はありません。

年末調整がある給与所得者や400万円以下の年金受給者などは、原則として確定申告が必要ないため、還付申告ができることに気付かない人が多くいます。自身の収入が還付申告の対象かどうか改めて確認することをおススメします。
 

パートやアルバイトで確定申告が必要な場合とは

パートやアルバイトをしていて確定申告をしなければいけないと考えている人はあまり多くいないのではないのでしょうか。ですが、掛け持ちして働いている場合や、勤務先から年末調整を受けなかった場合は、確定申告を行う必要があります。

およそ月の収入が88,000円以上となる場合、もしくは日給で2,900円を超える場合に源泉徴収が行われます。パート・アルバイトが確定申告を行わないといけない場合は主に以下の点になります。
 

  • 2ヶ所以上から給与をもらっている場合
  • 働いているどこの会社でも年末調整が行われていない場合
  • 年の途中でアルバイトを辞めた場合
  • 医療費控除や各種控除の申告を行う場合
  • ふるさと納税の申告を年末調整で行っていない場合


但し、源泉徴収が行われておらず、年収が103万円以下という場合、基本的に申告は必要とされていません。

まとめ

会社員で働いているうちは多くの人が、年末調整があるため確定申告の必要がないと考えているかもしれません。ですが、個人の内容によっては、例え会社員であったとしても、確定申告を行うことによって還付金が発生する場合があります。

そのため、改めてどのようなことを1年で行ったかを思い出す必要があります。ふるさと納税など行っている人は、意識的に行っているので問題ないかもしれません。税金を考えることの一歩になれば、個人も地方自治体も活性化するでしょう。

ただ、市販薬でも医療費控除を行えるようになっているため、購入された場合は領収書の保管などしっかりとした対応が必要になってきます。また、確定申告の忙しい時期を外して還付申告が行えるため慌てず対応できます。是非一度税金について、見直しをされてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する転職相談

転職先に給与明細と源泉徴収票を提出するのはなぜですか?

転職先に内定した場合、直近の給与明細と源泉徴収票を要求されると思うのですかこれらは何の為に利用されるのでしょうか? 私は、休職歴がありそれが内定に悪影響が出ないか心配です。

転職先に給与明細と源泉徴収票を提出するのはなぜですか?

転職先に内定した場合、直近の給与明細と源泉徴収票を要求されると思うのですかこれらは何の為に利用されるのでしょうか? 私は、休職歴がありそれが内定に悪影響が出ないか心配です。

この記事に関連する記事

【年末調整の対象者とは】パートやアルバイトの場合はどうなるの?

皆さん、「年末調整」についてご存知でしょうか?年末調整の時期になると、自分は年末調整の対象になるのか・アルバイトだけ...

源泉徴収はアルバイトでも必要なの?【その理由など詳しくご紹介】

源泉徴収はアルバイトでも必要なのでしょうか。この記事では、アルバイトでも確定申告をしなければならないケースや、確定申...

【源泉徴収票とは?】種類や確定申告についてなどご紹介します

皆さん、「源泉徴収・源泉徴収票」についてご存知でしょうか?源泉徴収とは、給与や報酬を支払う側があらかじめ税金を差し引...

【源泉徴収の税額とは】引かれる税金の金額・計算方法についてご紹介

皆さんは、源泉徴収という言葉の意味を知っていますか?多くの人は一度くらいは耳にしたことがある、目にしたことがあると思...

【源泉徴収とは?】対象になる報酬や計算方法などご紹介します

皆さん、「源泉徴収」についてご存知でしょうか?源泉徴収とは、個人に代わって、給与や報酬などの支払いを行う者が関係する...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー