【中小企業診断士になるための勉強時間】1000時間必要って本当?の画像

【中小企業診断士になるための勉強時間】1000時間必要って本当?

皆さん、中小企業診断士に合格するまでの勉強時間についてご存知でしょうか。この記事では、1年でストレート合格を目指す勉強時間や、勉強時間の確保の仕方などご紹介致します。また、中小企業診断士二次試験の意識と勉強の裏技についても解説致しますので是非参考にしてみてください。

中小企業診断士合格までの勉強時間

1年でストレート合格を目指す勉強時間

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断や助言を行う専門家で、ビジネスパーソンが新しく取得したい資格として人気があります。

中小企業診断士の勉強をすることで企業の経営に関する知識を身につけることができるからです。

現在の仕事だけでなく、キャリアアップや転職、独立をする際にも非常に大きな強みとなります。

では、そんな中小企業診断士になるにはどれほどの勉強時間を費やすのでしょうか。

1年間でストレート合格を目指す場合、1週間あたり約20時間の勉強が必要となると言われています。

資格の勉強を始めたての時は、1週間に20時間勉強するということを習慣づけることが大変です。

平日に2時間やって週末5時間の勉強をするといったパターンや毎日3時間勉強するといったパターンなど、人それぞれによって最適なペースがあります。

しかし、初めから1週間に20時間を目標として勉強をしていると、途中で息切れして継続することが難しくなってしまうかもしれません。

ですので、初めは時間を気にせずに少しの時間でも勉強をするようにしましょう。

時間をうまく使用し、わずかな時間の積み重ねで大きな成果を得られるはずです。


勉強時間の確保の仕方

基本的に中小企業診断士になるためには1000時間の勉強時間が必要であると言われています。

ですが、1000時間という数字はあくまで基準にすぎません。

知識がある程度付いている科目や経験があることについては勉強時間も少なく済むでしょうし、逆に全くの未経験の場合それ以上の勉強時間をかける必要があるかもしれません。

ですので、勉強を進めながら合格までどれほどの時間がかかりそうかを定期的に確認しましょう。

そして必要に応じて勉強時間の調節をすることが大切です。

そこで重要なのが勉強時間の確保の仕方です。

まとまった時間を確保することは社会人であるとなかなか難しいことですので、隙間時間を利用して勉強をする必要があります。

早朝の時間や帰宅後の時間、通勤時間やその他の少し空いた時間を利用して勉強することが大事なのです。

試験勉強は長期戦ですので、自身の生活習慣に合わせて時間をうまく活用しましょう。

関連相談

中小企業診断士勉強時間初めの一歩


中小企業診断士勉強は初めに出題範囲の再構築

中小企業診断士の資格を取得するためには1次試験と2次試験に合格する必要があります。

ですので、まずは第1の関門となる中小企業診断士1次試験の出題範囲を再構築することが重要です。

1次試験では、経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・政策の科目があります。

経済学・経済政策は2次試験との関連はあまりありません。

出題範囲としてマクロ経済学やミクロ経済学が挙げられ、国全体を捉えた場合にどのような方策が最適なのかを分析したりマクロ経済学と対照的に企業単位でどのような方策が最適であるかを探ったりします。

財務・会計は2次試験との関連がある重要科目です。

出題範囲はアカウティングという損益計算書と呼ばれる会社の1年間の通知書や会社がどのような負債や資産を持っているかを示す賃借対照表の見方など、過去を分析する力を求めるものや、ファイナンスという企業価値や設備投資の意思決定などの未来を見据えた分析力を求められます。

企業経営理論は2次試験との関連も深く、1番の基礎となる科目です。

出題安易としては経営戦略論や組織論、マーケティング論などがあり、他の科目とも密接に関連しているので中小企業診断士の勉強は企業経営理論から始めることをお勧めします。

運営管理は2次試験との関連も深く、出題範囲としては生産管理、店舗・販売管理など、製造業を中心としたメーカー向けの知識が問われます。

経営法務で2次試験との関連はそこまでありません。

出題範囲としては事業開始の際などに必要となる知識や私的財産権に関する知識、取引関係に関する法務知識や企業活動に関する法律知識などを問われます。

経営情報システムは2次試験との関連が多少あり、出題範囲は情報通信技術に関する基礎知識や経営情報管理に関する知識を問われます。

中小企業経営・政策では2次試験との関連は薄いです。

出題範囲は中小企業経営と中小企業政策についてです。


中小企業診断士受験科目の攻め方

前述した通り、中小企業診断士の勉強を始めるに当たってまずはじめに企業経営理論の勉強を始める必要があります。

これによって中小企業診断士としての基礎知識を勉強し、他の科目の勉強に進むことでこれからの勉強の土台を作ることができるのです。

そして、2次試験との関連が深い科目については念入りに勉強するようにしましょう。

1次試験と2次試験の勉強をいっぺんにやっているつもりになれば、自然と多くの知識が入ってくるはずです。

関連相談

中小企業診断士二次試験の意識と勉強の裏技


二次試験を意識した一次試験の勉強とは

先ほど少し触れたように2次試験を意識しながらの1次試験の勉強は大切です。

1次試験の突破は初めの目指すべき目標にはなりますが、資格を取得するためには2次試験の合格までを照準に勉強する必要があります。

2次試験と関連が深い科目として企業経営理論、財務・会計、運営管理、経営情報システムの4つがありましたが、1次試験と2次試験では出題趣旨が大きく変わってきます。

1次試験の出題主旨が必要な学識があるかどうか出会ったのに対して、2次試験の出題主旨は必要な応用力を持ち合わせているかどうかや中小企業の診断および助言に関する能力についてになります。

ですので、最短で合格を目指すためにも2次試験の知識に変換する知識を1次試験の勉強をしながら持てるかどうかにかかっています。


勉強時間を有効に使う裏技とは

最短での合格を目指す際に、勉強時間を効率的に使うことも大切です。

効率的な勉強法としては、100点満点中の40点分を捨てて60点分を確実に獲得する勉強方法に特化することが挙げられます。

そして、1次試験の勉強で得た知識を知恵へと昇華させることで1次試験の勉強をしながらも2次試験の勉強をすることができます。

このように効率よく勉強を進めることが大切なのです。

関連相談

中小企業診断士自分に合った勉強時間と勉強法


中小企業診断士自分に合った勉強時間とは

1次試験の7科目を勉強する基準時間として1000時間必要であるということはお話ししましかが、その時間を自分の生活にどのように合わせるのかが大切です。

隙間時間であっても勉強していく順序は重要ですので、それについてまとめてみました。

まず、最初の6ヶ月間はインプット中心の勉強をしましょう。

プログラムや教科書通り、練習問題をといて基礎知識をインプットさせましょう。

それからは3ヶ月間2次試験対策を中心に勉強を進めます。

新鮮ですし、気分転換にもなります。

それから3ヶ月間は苦手分野を中心い勉強をして試験対策をしっかりと行いましょう。


中小企業診断士自分に合った勉強法とは

自分にあった勉強法を見つけることも重要です。

テキストで覚えたはずなのに問題を解いてみるとわからないというようなこともあると思います。

中小企業診断士試験は必ずしも勉強した範囲から問題が出題される訳ではありません。

ですので、過去問をたくさんといて問題の出題傾向に慣れるしか方法がないのです。

また、最初の2,3ヶ月は自分の勉強のペースを掴むことが大切です。

勉強方法を確立すると同様に勉強の癖をつけるということにもある程度時間がかかるのです。

さらに、複数の科目を同時に進めることが難しいと感じる人もいればそれを難なくこなしてしまう人もいます。

無理のないよう自分ができる範囲での勉強方法を確立することが必要です。

関連相談

まとめ

試験合格までは長い道のりが待っています。

長期戦である試験勉強について時間や方法をあらかじめある程度考え実践していくうちに少しずつ変えることも必要なことです。

自分にあった勉強方法を見つけ、効率よく勉強を進めることができるようにしましょう。
 

この記事に関連する転職相談

搬送機の機械を自動化するプログラムの勉強は何をすればいいですか?

搬送機の機械メーカーで機械を動かして検査する仕事をしています。 基盤で制御されている機械があるのですが、その機械の検査をしている時に何か制御的な不具合があったときにプログラムの書き換えや調査ができるようになりたいのですが、どういった勉強...

プログラミング言語はどの順序で勉強するのがいいですか?

プログラミング言語ってどの順序で勉強した方が良いとかありますか? また、できるだけ多くの言語に詳しい方が良いですか? それぞれの側の領域が異なるので、複数できた方が複数の場面で活躍できたり、複数の考え方がわかるというのを見ましたが、ど...

AWSなどのクラウドサービスはどのように勉強すればいいですか?

AWSなどのクラウドサービスは、まずはAWSから入って余裕ができたらGCPやAzureの勉強するって形でも大丈夫ですか? プログラミングスクールのインフラコースからなので、就職してまだ1年目ですが、 Linuxやcisco機器は勉強しました。

クラウドエンジニアが転職する際にした方がいい勉強はなんですか?

クラウドエンジニアはLinuxなどを学んだ方がいいですか? それともpythonなどのプログラミング言語を勉強した方がいいでしょうか? また、クラウドサービスはAWSの方がいいんですか?GCPなどありますが、AWSがよく選ばれてる理由を教えてください。

クラウドの勉強をするにはどのプログラミング言語ですか?

セキュリティエンジニアを目指してる者です。 5月からネットワークエンジニアとして働いて、勉強して、資格など取ったら転職しようなど考えてます。 今後、拡大されるIoTに力を入れたいと思ってるので、AWSなどのクラウドの勉強もしたいと思うのですが、...

慶応義塾大学に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要ですか?

慶応義塾大学に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要ですか? 毎日10時間勉強したとしてそれを1年半、続けたら合格出来る可能性は高いですか? と、武田塾に通おうとしてるのですがこの塾に通っておけば受かる確率は高いのですか? 全ては自分次第...

大学4年生から民間就職を始めるのはかなり遅くないでしょうか?

現在早稲田大学政治経済学部の3年生です。春から4年生になります。 公務員試験の勉強をしていましたが、あまり真面目に勉強しておらず、民間就職に変えました。 しかし、民間就職もかなり出遅れています。 どうすればいいでしょうか。

就職活動に役立つ勉強や資格を教えてください。

私は大学進学を楽だからと言う理由で、学力の低いFラン大学に進学しました。 就職を真剣に考えている先輩が、結構厳しいと言う話を聞いて私も大丈夫かな、と思ってきました。 今まで真剣に取り組んだことが部活だけで、学歴はありません。 1年後...

未経験からフリーランスエンジニアになるにはどのような勉強が必要でしょうか?

現在、大学2年生です。 最近、フリーランスという働き方があると知り、その自由度の高さなどから非常に魅力的だと感じています。 未経験の初心者からフリーランスエンジニアになるにはどのような勉強が必要でしょうか。

社会人になってからやっておくべき勉強はありますか?

今年の春から社会人になったのですが、大学を卒業してから会社のこと以外に何も勉強していないことに気がつきました。 このまま仕事に慣れてきて、仕事ができるようになることも大事だとは思うのですが、このままだとただのおじさんになりそうで怖いで...

この記事に関連する記事

現状を打開しよう!勉強しない大学生が、読んですぐ実践できる解決方法

日本の大学生は受験をするときには相当勉強を行い、入学をしています。しかし、大学生になると勉強量ははるかに減るようです...

【Pythonおすすめの学習法方】初心者にもおすすめの教材は?

さまざまな分野に使われるほど汎用性も高く、将来の期待も高まっています。そんなPythonを学習したいと思ったら、どのような...

【Pythonの始め方】使う目的や学び方・環境の準備をしよう

Pythonを始めてみようと思っても、どうやって・何から始めるのかなどやり方が分からない方も多いと思います。今回はまずどこ...

【大学生のテスト勉強】確認することや抱える不安などご紹介

高等学校から厳しい大学受験戦争を勝ち抜き、志望の大学に入学しても「テスト」から逃れることはありません。4年制大学は1年...

【大学生の勉強方法とは】日本の大学は勉強しないって本当なのか?

日本の大学生の勉強時間はどれほどのものなのでしょうか。学生の本業は学業であると周知の通りですが、実際に勉強に多くの時...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー