• HOME
  • 会社
  • 【日本企業の離職率の平均】離職しやすい会社の特徴などご紹介します

【日本企業の離職率の平均】離職しやすい会社の特徴などご紹介します

離職率が高いと悪い企業なのではないか?というイメージは非常に強いです。最近では昔に比べて転職するということは普通となっています。同じ企業にずっと勤めるという人も少なくなってきているようです。今回は企業の離職率の調べ方などもご紹介していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

離職率とは?

離職率が高いと悪い企業なのではないか?というイメージは非常に強いです。離職率を減らすということは会社の人事担当であれば重要なことでしょう。

今回は企業においての離職率を改めて確認し、離職率を低下させるためにはどのような対策が有効か見ていきます。

ぜひ参考にしてみてください。


離職率の定義

離職率の定義は企業においてどのくらい退職者が出ているかという割合を意味するものです。

最近においてはこの離職率が企業の悪さと比例するというような認識もあります。そのため、人手の確保が大変な近年で離職率を低下させるために社員を企業に定着させることは非常に大切なのです。


離職率が高いのはブラック企業?

先ほどもいいましたが離職率の割合が高いと悪い企業だという認識が近年では強くなっています。しかし離職率が高いということが悪いとは絶対に言えないようです。

例として定年退職が近いような社員がたくさんいる企業があるとします。その社員たちはほとんど同じタイミングで退職します。そうなればもちろん離職率は大幅に上がります。

また、さまざまなプロジェクトなどを行っており一気に多くの人を雇った会社であれば離職者が増える可能性も高くその分離職率も高まります。

離職率が高いのはブラック企業と一概に言えないのは離職率が低い企業でも新しい社員を採用していなかったりすることもあるからです。


最近の傾向は?

最近では昔に比べて転職するということは普通となっています。同じ企業にずっと勤めるという人も少なくなってきているようです。

離職をする理由でも昔のように生活と仕事を両立させることができないという人は少なくなっています。現在は働いている環境よりも良いところがあればすぐにでも転職を行おうとするような人が多いです。

日本企業の離職率の平均

仕事をする上では離職率を気にする人も多いです。離職率と言っても全体として見る場合や年齢として見る場合などさまざまです。離職率も状態によって大きく異なってきます。

ここでは全体の平均離職率、年齢別の離職率男女別の離職率を見て行きましょう。


平均離職率

1年間の平均離職率は約15%程度のようです。毎年差は多少なりとでますが10年間を見てもだいたい15%程度となっています。

離職率が1年間で1番高い業界は「サービス業」です。2番目に高いのは「娯楽業」でした。過去のデータをみても順位にはまったく変わりがありませんでした。

この2つの業界では離職率は高いということが言えるでしょう。その逆に離職率がもっとも低かったのは「建設業」「金融、保険業」などでした。


年齢別離職率

年齢別の離職率は以下の通りです。

19歳以下34.7%
20歳~24歳26.9%
25歳~29歳18.4%
30歳~34歳15.4%
35歳~39歳11.1%
40歳~44歳10.6%
45歳~49歳10.8%
50歳~54歳9.1%
55歳~59歳9.2%
60歳~64歳21.8%
65歳以上25.2%


60歳になるまでは年を重ねるにつれて離職率は低くなっています。60歳からは定年退職もはじまるので離職率が上がっています。


男女別離職率

男女別の離職率は男性が約3%、女性が約4%程度で女性の方が離職率は高かったです。女性は結婚などで離職をすることも多いです。そのため離職率は必然と上がってくるでしょう。

新卒の離職率

新卒の社員の離職率は求職者は気になるポイントの1つのはずです。ここからは新卒の離職率を見て行きましょう。


2018年新卒の離職率

2018年の新卒の離職率は高卒者が約39%、大卒者が約32%卒業を行ってから3年間以内に離職をしていることが判明しました。

業界別に見てみると大卒、高卒ともに「サービス業」の離職率が1番高くなっているようです。


新卒の離職増加の原因

求職者と企業が最も重視しているポイントはやはり仕事内容、求職者の場合はその次に休みを重要視しています。

応募企業への関心は全体の4%程度と言う結果も出ています。その一方で企業は会社の概要や事業内容は2番目に重要視しています。しかし求職者はそれにはほとんど関心を持っていないということが分かっています。

このことから違和感を覚えて離職増加の原因を生み出しているようです。


新卒の離職を防ぐには

3年以内に離職をした人たちに退職をどうしたら防げたかアンケートをとったところ、約28%が「良好な上司との関係」22%が「正当な叱られ方」というような回答をしています。

さらに新入社員で入社したときにムカついたことがあるかアンケートをとったところ20回以上あると答えた人が多数見受けられました。

ムカついたことの内容は「上司が間違いを認めない」「すごく怒鳴られた」「当然のサービス残業」「年齢による給料の決定」などがあげられています。

新卒の離職を防いでいくにはこのムカついたというような内容を企業が受け止め改善していくことが大切でしょう。

また、新卒の人は思いつめずにムカついたときには解消をすると良いでしょう。アンケートでストレスの解消法を聞いてみると男性、女性ともに「人に話す」が1位となりました。

仕事をする上ではなにかとムカつくことなどは起こるものなので企業だけの問題ではなく、新入社員側も対策を取ることが必要でしょう。

離職しやすい会社の特徴

離職しやすい会社にはさまざまな特徴があります。ここでは離職しやすい会社の特徴を3つ紹介していきます。


休みが取りにくい

やはり休みが多く取れると疲れも減り離職はしにくくなります。

一方であまり休みを取れないと疲れはたまり離職はしやすくなります。離職率が最も高い業界はサービス業です。この業界では長期間の休みが取れないという状況になっています。

もし、休みを取ろうとしても周りに気を使います。周りや会社側も休むことを悪く思っているでしょう。この労働環境が社員を離職しようという考えに持っていってしまうようです。


教育制度、フォロー体制が不十分

離職率が高い企業においては教育制度やフォローの体制が不十分で人を育てようという環境がありません。悪い企業ともなると最初から大人数を雇い辞めることを考えている場合もあります。

その大人数の中にできる人がいればもちろん教育などは必要ありません。それを企業側は狙っているようです。


評価制度の不備

離職率が低い企業では評価はひとりひとり適切に行われています。しかし、離職率が高い企業では評価が適切に行われていないの現状です。

今までの日本では年功序列という考えが強くどれだけ若い年齢で仕事ができても良い評価を受けることは難しい傾向にありました。

しかし、現在の日本ではその年功序列の考え方も変わっておりいい企業では若くても正当な評価がされるようになってきています。

そのため評価制度に不備があるような会社は現在では離職しやすい企業となっているようです。

企業の離職率の調べ方は?

離職率が高いと就職したくないと思うのは当然です。しかし、その離職率はすぐに分かるというものではありません。

ここでは企業の離職率の調べ方について紹介していきます。


離職率の計算方法

離職率の計算方法は以下の通りです。

該当する1年間に離職した人÷該当する1年間企業に在籍者している人数×100

このときに注意が必要なのはなにを対象としているかということです。企業全体の離職率や新入社員の離職率かも気にしておくと良いでしょう。

対象にしているものにより離職率は大きく変わってきます。


離職率の高い業種

離職率の高い業種はやはりサービス業です。これはみなさんのイメージした通りでしょう。

この業界は人と常に接するためストレスも貯まりやすいです。また、仕事の割に給料が安かったり、忙しくて休みが取れなかったりと社員は不満ばかりです。そのため離職率はどの業種よりも高くなっています。


離職率の低い業種

離職率の低い業種は電気・ガス・熱供給・水道業です。

この業界は生活に必要不可欠なもので安定しているため離職率は低くなっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は離職率について紹介していきました。離職率は高いとブラック企業というイメージが非常に強いですがそれは定年退職や新規採用の理由があるので一概には決めつけることができないようです。

離職率は就職する上で本当に大切なことです。年齢や性別によっても離職率は変わってしまうので注意が必要です。また離職率が高い企業には多くの特徴があります。入社前にはその点は気にしておくと良いでしょう。

誰でも転職はたくさんはしたくないのが本心だと思います。

離職をしないためにも就職前には離職率はしっかりと確認しておくことをおすすめします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

離職率が高くブラックな企業が多い業界ってどういった業界ですか?

離職率が高くブラックな企業が多い業界について教えてください。 ぱっと思いつくのは、広告業界やTV業界等が思いつくのですが、いかがでしょうか。 その他、どのような業界が離職率が高くブラ...

企業の離職率の高さは何%から高いと言えるのでしょうか?

転職活動中の者です。 今、検討している企業をネットで検索してみると、新卒入社社員の5年以内の離職率が15%ほどあるという情報を見つけたのですが、 実際に離職率15%って高い水準なのでしょ...

企業の離職率は何を示していると思いますか?

企業研究中の学生です。調べていて気になったのですが、離職率はどのような意味を持っていると思いますか?単に高いから良い会社で低いから悪い会社という判断をするのは安易な感じがするのですが、いまいちピ...

就職予定の会社の福利厚生が整っていない場合転職するべきですか?

四月から人材会社に勤め社会人になるものです。 私は1社目に入社する企業に対して不信感を持ってます。 離職率の高さや福利厚生が整っていなかったりと、我ながら安易な決断だった気がします。 まだ...

生命保険業界の離職率が高い要因や、やりがいはなんですか?

生命保険の営業の離職率は? やはり、厳しい世界なのでしょうか。現在、大手生命保険会社の営業職で内定を頂いています。 10年で9割が辞めるとかなんとか書いてるのを見て震えあがりました。 ...

webデザイナーの離職率の高さの理由はなんだと思いますか?

現在、職業訓練でWEBデザイナーコースを受講しています。 就職支援の担当の方から未経験では訓練を終えても中々、デザイナーになるのは難しく異業種に進む方が多いと言われました。 他にも離...

人材業界は離職率が高いようですが、女性でも働きにくいですか?

人材業界への転職を検討しているものです。 良く調べてみると、人材業界は離職率が非常に高いという情報を良く目にします。 それは一体何故なのでしょうか? やはり、ワークライフバランスが整っ...

東証1部の企業で中途入社者の半年の離職率が16%は高いですか?

転職してから半年ほど経つのですが、今の職場があいません。 配属先の業務が社内のコンテンツでも興味が無かったものであるのと、 古参社員の態度の悪くまた組織変更でそれが助長される形となったので生理...

MRは離職率が高いと聞きましたが、未経験でも転職できますか?

20代後半で転職希望のものです。 昨年に結婚したこともあり、今度の職場を一生の職場としたいと考えています。 私は今まで営業の経験があり、転職先は 業界は違うのですが医療業界のMR(...

新卒社員の離職率が30%以上の企業への就職は辞めた方がいいですか?

現在大学3回生の者です。 就活も近づいてきて自分なりに企業を調べたりなどしているのですが、3年後の離職率って何%以上なら危ないとかありますでしょうか? 調べてみると30%と書いてあったのです...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す