長期インターンでおすすめのベンチャーは?探し方やメリットもご紹介!の画像

長期インターンでおすすめのベンチャーは?探し方やメリットもご紹介!

就職活動前の学生のみなさんは、長期でのインターンシップを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。なかでもベンチャー企業でのインターンの場合は企業の社員の数に目をつけると良いです。今回は長期インターンのベンチャーを探す方法やポイント、ベンチャーでのインターンのメリット・デメリットなど、ベンチャー企業での長期インターンについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください!

長期インターンでおすすめのベンチャーなど

就活前の学生は、将来を見据えてインターンに参加する人も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、長期インターンは一度決めるとその日数の長さから変更は出来ません。

そこで、今回はおすすめのインターンがあるベンチャー企業を対象にして紹介していきます。
 

長期インターンでおすすめのベンチャー

長期インターンでまず目を付けるべきところは、企業の社員の数です。

ベンチャー企業はできたてほやほやのところもあれば、そこそこ基盤ができているところ、メガベンチャーと呼ばれているところなどその規模によって社員数が大きく異なります。

できたてほやほやの企業は社員が10人程度が多く、メガベンチャーともなると100人以上の社員が働いていることになります。

戦力として参加したい場合は社員の少ないベンチャー、学業、インターンどちらも頑張りたい人は社員が40~100人程のベンチャー、働き方を知りたい、とりあえずインターンを受けてみたいという人はメガベンチャーをおすすめします。
 

長期インターンでおすすめの地域別ベンチャー

東京でのおすすめベンチャー企業は、キンダリーインターナショナル、MDパートナーズ、ZEALS、スパースファクトリーなどとなっています。

大阪でのおすすめベンチャー企業は、株式会社イトクロ、株式会社アンツビズシェア、株式会社SYNTH、株式会社ジェイオンラインなどとなっています。

福岡でのおすすめベンチャー企業は、株式会社Fusic、Terra Drone株式会社、MeetsCompany2020などとなっています。

またどの企業も、しっかりとした理念があり、インターン生も大歓迎ということでチャレンジする価値は大いにあるといえます。

関連相談

長期インターンのベンチャーを探す方法


では、自分でインターンを行っているベンチャー企業を探すにはどのような方法を用いるべきでしょうか。
 

就職情報会社などで相談

就職情報会社は、採用意欲のあるたくさんの企業の採用広告を請け負っており、さまざまな職種、職場環境の情報を手に入れることができます。

長期インターン募集の情報も多く掲載されていることから、まずはそういった会社に赴いて、自分に合ったインターンはないか探してみることが大切でしょう。
 

会社説明会や合同説明会への参加

インターンの学生を対象にした、会社説明会や合同説明会が定期的に開催されています。

ここでは複数の企業が参加するため、一度に複数の企業の情報を仕入れることができるとともに、もし自分にぴったりと感じる企業を見つけることができれば、その場でインターンの申し込みができます。

また、複数の申し込みも可能ですので、インターンとして候補に挙げておきたい複数の企業に応募しておくことも出来ますし、採用担当者が出向いているため、そういった人に自分の顔を覚えてもらいやすいという点もこれらの説明会に参加する利点と言えるでしょう。

関連相談

ベンチャーの長期インターンのメリットやデメリット


では、ベンチャーの長期インターンに参加することのメリットやデメリットとはいったいどのようなことなのでしょうか。
 

ベンチャーの長期インターンのメリット

ベンチャー企業では、自分の意見を聞いてもらえなかったり、言われるままのことしかできない傾向のある大手企業とは違い、採用から戦力として考えていることが多く、早い段階で既存の社員と同様の仕事を任されたりする場合も多くあります。

また、社員同様に扱われることから、意見や提案があれば社員が耳を傾けてくれたり、ルールやマニュアルがないことが多いため、自分の提案がすぐに反映されることも多々あります。

もちろん給与も発生しており、中には正社員の初任給並みに稼ぐことのできるインターンも存在します。

ベンチャー企業はまた、経営陣との距離も近く、これほど経営者の仕事を身近に感じることができる機会は稀でしょう。

ベンチャー企業の経営者の多くは先進的な考えを持つ人が多く、自身の人生においても大きな刺激を受けることができる機会となることでしょう。

もし、将来独立、企業を考えているのならば、そういった点でもベンチャー企業はあなたの夢の一歩に大きく近づく大事な経験となることでしょう。
 

ベンチャーの長期インターンのデメリット

ベンチャー企業は、大手企業にはない良さがある分、大手企業にはある良さがなかったりもます。

それは教育体制です。大半の長期インターンでは、実践を通じで様々なことを学んでいくOJT(On the Job Training)の形式がとられています。

ビジネスマナーを丁寧に学び、無茶な仕事運びにならないようにするためのインターンならば、特に規模の小さいベンチャー企業はあまりおすすめはできないでしょう。

また、ベンチャー企業でも自分のやりたい仕事だけができるかと言えばそうではありません。

社員も多くはないため、時には他の人の手伝いをしなければならないといった状況にもなるでしょう。

営業の仕事をしたいと思っていても、急にプログラミングを任されたりすることなどもあるため、自分の思っていたのとは違うという結果になってしまうことがあります。

また、学業の両立も大変です。

企業は戦力としてインターン生を採用しているわけですから、ほぼ仕事といっても過言ではありません。

そのことを踏まえていないと学業が逆におろそかになってしまい、単位を落としてしまうことにもつながります。

このことからベンチャーのインターンには、計画性があり、大きな野心、冒険心、チャレンジ精神を持っている人がピッタリであるといえます。

関連相談

長期インターンの開始時期や期間


では、長期インターンをいつごろから始め、どのくらいの期間に設定すべきなのでしょうか。
 

長期インターンの開始時期とは?

就活を意識した場合のおすすめの開始時期は、3~4年生の間ごろになります。長期のインターンを考えている場合にはもちろん早いに越したことはありません。

また、最近では1~2年生の間からインターンを始めるといった学生も増えているとのことです。

実務経験や、スキルを磨くといった目的で、早い段階からインターンを検討してみることも良い手段といえます。

大学生は、学業、サークル活動、アルバイトなどももちろん大切ですが、なにかビジネスにおいて明確な意思を持っているのであれば、1年生の時期からインターンに参加してみることもおすすめです。
 

長期インターンの期間とは?

最低3ヶ月以上、できれば1~2年というのが企業側の理想といえます。

実際は多くのインターン生が大体半年くらいを目安にしていることが多いようです。

短過ぎず、長過ぎずといった感じで半年くらいが妥当と考えられています。

しかし、おすすめはもちろん半年以上です。

序盤ではできなかったことでも、長くやっているとこなせるようになってきたり、新しい仕事を振り分けてもらえたりと、長期インターンの醍醐味を味わえるのはそこそこ期間が経ってからになります。

企業側としても仕事に親身になれる人を手放したくはないですから、双方メリットがあるといえるでしょう。

関連相談

まとめ

いかがでしたか?今回は、ベンチャーのインターンについて詳しく説明してきました。

ベンチャーには、大手企業とは異なる利点があるとともに、欠点もあるといえます。

しかしながら、自分の能力を最大限に試してみたいと考えているならば、確実にベンチャーをおすすめします。

なぜなら、自分の意見や提案がより反映されるのはベンチャーの方だからです。

今インターンで迷っている方は是非これらを参考にしていただけると幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

転職期間って平均でどのくらいかかるものですか?

「転職期間」って平均でどのくらいかかるものですか?

正社員の推薦はどのくらいの手続きに期間を要するのでしょうか?

今契約社員として働いています。 一ヶ月ほど前に上司より社員になれるよう推薦状を出したと言っていただきました。 それから全く連絡がなくモヤモヤしています。 このようなケースはダメだったと思った方が良いのか手続きに時間がかかっているのかどち...

無期限雇用の契約社員ってどんな感じなのでしょうか?

正社員の求人で応募し面接をした会社から電話があり、無期雇用の契約社員でどうか?と聞かれたのですが無期雇用の契約社員ってどんな感じなのでしょうか?

メガベンチャーからスカウトがきたのですが良い企業かどうかを判断する方法はありますか?

某CMも打ってるメガベンチャーからスカウトが来ました。 まだ面接にも行ってませんが、カンというか違和感があったのでご意見聞きたく投稿しました。 まず、スカウトメールがさんづけであったこと。 面接で●●さんの経歴を〜と呼ばれるならいいのです...

デザイナーの大手とベンチャーのメリットデメリットはなんですか?

UIデザイナーとしての就活。 現在大学3回で、国立理系の情報デザイン系の学部に所属しています。就活を考えていく中で、UIデザインに携わる仕事に就きたいと思うようになりました。 そこで、大手かベンチャーかで悩んでいます。 自由な働き方のベンチャ...

給料が低い企業と給料が高い企業ならどちらがいいですか?

給料はいいけど内定者インターンがあったり、ベンチャーっぽくて雰囲気があんまり好きじゃない会社と、給料は安いけど大手で安心できる雰囲気の会社、どちらに就職するか悩んでいます。自分としては後者に惹かれるのですが、初年度で100万円ほど給料に差が...

新卒で入るなら大手企業とベンチャー企業のどちらがいいと思いますか?

私は好奇心旺盛です。 なので、新卒の分際で、 大企業とベンチャー両方経験してみたいと思っています。 つまり、将来転職することを視野に入れています。 そこで、新卒としてどちらに入るべきか迷っています。 大企業→ベンチャーと、 ベンチャー→...

ITアウトソーシングからITベンチャーに転職することはできますか?

同業他社に転職規制について相談があります。 大手ITアウトソーシングから転職を考えています。 退職時に競合他社と同業他社への転職は、半年間控える様にという規制があるそうで、書類にサインさせられます。 ITのベンチャー企業(SES 受託)に転職を考...

ベンチャーへの転職は愚行だと言われたのですが本当ですか?

約2年前に私の友人がベンチャー企業へ転職しました。 年齢は当時20代後半で、私も現在30代になります。 先日転職した友人に会った時に、当時は仕事に行きたくないと言っていたのが、今では仕事が楽しいと言っていました。 私もそんな友人が羨まし...

33歳からベンチャーへの転職を検討しています

先日ITベンチャー企業から内定のご連絡をいただきました。 待遇もよく事業にも興味があるので、私は働いて見たいと考えています。 業績も右肩上がりなので、将来的にも心配ないかなと思っており、チャレンジして見たいです。 しかし33歳からベン...

この記事に関連する記事

大学生のインターン参加時期はいつ?参加するメリットもご紹介!

大学生のみなさんの中には、インターンへの参加を検討している方も多いのではないでしょうか?インターンは長期休みに入る8月や2月がピークとなっており、企業側もその時期にインターンを企...

【介護休暇は無給】って本当?取得条件や期間をご紹介致します

皆さん、介護休暇についてご存知でしょうか。この記事では、介護休暇の基本的な情報や、介護休暇を取得できる人の条件などご紹介致します。また、介護保険サービスの内容や、介護休暇と介護...

育児休暇で取得できる期間とは?育児休業との違いや条件などもご紹介!

みなさんは育児休暇についてご存知ですか?育児休暇とは、育児のために休暇を取得した時に使う言葉ですが、育児休業の取得できる期間は最長で2年間と育児・介護休業法によって定められていま...

【財形貯蓄の引き出し】いつ入金されるの?デメリットになる場合って?

皆さん、財形貯蓄の引き出しについてご存知でしょうか。この記事では、財形貯蓄引き出しがデメリットになる場合や、財形貯蓄がいつ入金されるのかなどご紹介致します。また、一般財形貯蓄・...

【障害者トライヤル雇用とは】助成金を受け取る要件と期間についてなど...

皆さんは「障害者トライアル雇用」という制度をご存知でしょうか?「障害者トライアル雇用」とは、企業が障害者を雇用しやすくなるための制度になります。今回はそんな「障害者トライアル雇...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー