• HOME
  • 職種
  • 【コンサルタントへの転職】他にはない未経験での成功方法も徹底解説
【コンサルタントへの転職】他にはない未経験での成功方法も徹底解説

【コンサルタントへの転職】他にはない未経験での成功方法も徹底解説

今回はコンサルタントへ転職した時に後悔しないための方法をご紹介します。コンサルタントへ転職した時、その職種のネームバリューや年収といった少々視野の狭い情報でしか判断してない事があります。それは後悔してしまう確率が高くなります。そうではなく多面的に様々な情報を取得しておく事が大切です。コンサルタントへ転職するには様々な情報を把握し、将来的なキャリアパスまで考える事が転職を後悔しない上で大切なことと言えます。

1377

転職で陥りすい後悔してしまうパターン3選

コンサルタントで陥りやすい後悔してしまうパターンは3つあります。

ここでは、そのコンサルタントの後悔パターンを見てみましょう。

コンサルタントの仕事内容を理解していない場合

コンサルタントにも様々な種類があります。

まずコンサルタントのことを理解していないと、思っていた仕事内容とは異なり、せっかく転職が成功したのにもう一度転職するという事態に陥りかねません。

 

コンサルタントとは

ある特定分野の企業や顧客の持ち込む問題に対して
相談に応じたり助言、指導を行うことを職業としている専門家です。

上記にもある通りコンサルタントの各分野の専門を理解しましょう。

自分の適性がわからないまま、コンサルタントを目指すのは厳しいと言えます。

またコンサルタントはクライアントから引き受けた仕事を期限までに達成しなければなりません。

短期的なものから長期的なものまで、依頼内容は様々です。

ですが、クライアントから依頼された期限までに仕事を達成しなくてはならないプレッシャーや精神面、肉体面でかなり厳しいと言えます。

それを理解してないまま、なんとなくコンサルタントの仕事に就きたいと考えている方は理想と現実のギャップに驚くことでしょう。後悔しない秘訣としては

まずはコンサルタントの仕事内容を理解してから転職を考え始めましょう。

 

年収で判断している場合

転職活動をしていれば誰しもが気にするのが収入面だと言えます。

収入面が良いと他のコンサルタントの仕事内容や情報をおろそかにしやすい傾向があります。

また、企業によってもコンサルタントの年収は異なるので、しっかり細かく調査することで後悔を防げます。

 

問題のある職場の場合

職場に問題があって定着率が低い職場への採用ケースもあります。

これは、コンサルタントとして職業を探している時があります。

この後悔してしまうポイントとしてはコンサルタントという職種に就きたいがゆえに、一番大事な職場環境や労働環境の調査を見落としてしまうというのが挙げられます。

やはり、コンサルタントというのは社会的にはカッコ良いといった印象があるため、人気も高いですが、理想と現実のギャップを知っておくことは転職をして後悔しない上で大事なことです。

ブランドや年収に執着しない事が大切

後悔しないために気をつけることは1点です。

それは、コンサルタントという職種のブランドや年収などに目をとられないことです。

最優先させるべきなのは、自分の働きたい職場なのか、仕事の内容や職場環境、人間関係から立地、ワークライフバランスまで様々な決めるべき条件をしっかり決めておくことです。

仮に年収が良い企業に勤めていたとしても、仕事が忙しいことによって、そのお金を使う時間が無いとなると何のために働いているのか分からなり後悔してしまうケースがあります。

まずは、なぜ転職したのか理由を考えましょう。

そこからコンサルタントになったことで前職の働き方の課題は解決されるのかを考えて比較しながら検討してみましょう。

まずは現実的なことを転職前に考えることは非常に重要です。

好条件の転職を目指すならリクルートエージェント


好条件で転職したい人におすすめのサービスがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに依頼することで「年収」「条件」「入社日程」などの交渉をスムーズに行うことができます。


各業界・職種に特化したプロフェッショナルが多数在籍しているので、転職活動の心強い味方となります。

完全無料なので、まずは登録してみましょう。

コンサルタントへの転職に後悔しない方法2選

転職して後悔しないために、3つのポイントを意識しましょう 。
 

限られた情報を判断基準にしない

これは、コンサルタントという職種に対して平均年収だったり待遇面のみを見ていると職場環境が合わなかったりして結果的後悔してしまうケースが多いです。

多面的に情報を収集しましょう。自分が一番重視したいことは何かを軸に判断しましょう。

 

自己分析を徹底的にする

まず自分が何ができるのか。

後悔しないためには自分がコンサルタントで働くことで何ができるのかを考えるのが大切です。

自分にとってのゴール、目標設定なども明確にしましょう。

以上のことを意識しながら転職活動を始めると良いでしょう。

未経験からコンサルへの転職は可能か聞いてみた

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。

未経験からのコンサルへの転職は可能ですか?

将来的にコンサルタントになりたいと考えており、ファーストキャリアに悩んでいます。

現在二社から内々定を頂いており、それぞれ経営コンサルタント職、SEとしての採用です。

ITコンサルタントになりたいのならばSEからのスタートが妥当でしょうが、経営コンサルタント職で採用が出ている会社の方が魅力的に思えており、そちらの会社の方が早いうちから色々な経験ができると考えられます。

そこで、まず経営コンサルタントとして働き、数年後ITコンサルへ転職を希望しているのですが、果たしてそれは可能なのでしょうか。

新卒入社してから3年後、若しくはアラサー(7〜10年後)での転職を考えていますが、前者は兎も角後者は厳しいでしょうか。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

やりたいイメージが明確なら、3年ぐらいずつで転職したりで仕事を変えてゆけば、お望みのお仕事はできるかと思います。

普通に考えたら経営コンサルタントから・・となると思うのですけど、そう単純でもないです。

最初のキャリアで、文化とかノリみたいなものが身についたりします。

東海岸・マンハッタンのスーツ組と、西海岸・シリコンバレーのTシャツ組では、雰囲気も仕事に対する姿勢もかなり違いますよね。

コンサルタントかエンジニアかという選択はそこを選ぶことになります。

ITコンサルタントは、顧客と技術者と両方に話をする必要があります。

実際作ってるのは、GEEKとかオタクといった、そこそこ頭はいいけど排他的で内向的な人たちです。

仕事だからなんて言っても、気持ちの面でそっぽ向かれると何も動かなくなります。

知識やスキルセットでは、経営コンサルから入った方がいいのかもしれないですが、最終的には自分で作る気でいる、という姿勢や文化の面ではエンジニアのほうがいい気もします。

当然、私はプログラマーですから偏った意見にはなりますけどね。


との事でした。

コンサルタントの職種によってイメージを明確にした方が良いとの事でした。

なによりも、仕事に対する気持ちが大切であると口コミでは語られています。

知識やスキル重視の場合はコンサルタント、自分で作りたい気持ちを重視する場合はエンジニア、としっかり目的を明確にしましょう。

コンサルタントのキャリアパスについて

コンサルタントに転職をしたは良いものの、一生それを仕事にしていく人は多く無いと思われます。

逆に何かしらの形でキャリアをどんどん前に進めていきたいと考えている方は多いのでは無いでしょうか?

そこで、コンサルタントのキャリアパスはどのようなものなのかを見ていきましょう。

コンサルタントは基本的に事業会社へ転職する事が一般的です。

コンサルタントの担当している専門分野にもよりますが、大手総合商社や外資系大手インターネット企業など大手企業へのキャリアパスが良くあるプランです。

コンサルタントは様々な業界に関わることのできる職業ですので、様々な選択肢があります。ここでも後悔しないように、しっかり考慮した上で選択しましょう。

是非、自分に合ったキャリアパスを選択して見てください。

コンサルタントへ転職して後悔してしまった時の対処方法

ここでjobQ内に投稿されたQAを見てましょう。

コンサルタントに転職して後悔された方いますか?

コンサルタントは高給でイケてるイメージがある一方で、その激務さもよく聞きます。

コンサルタントに転職して失敗したなという人にどのようなところに後悔したのかをお伺いしたいです。

まず前提として「コンサルタント」ってだけだと全然高給じゃないですよ。

給与が高いのは「外資系トップティアの戦略コンサルタント」だけです。

「外資系コンサル」というだけでは高給でなく、「戦略コンサル」でもダメで「外資系戦略コンサル」でもRBとかの非トップティアだと給料が安いです。

とのことでした。

もう1つ回答を見てみましょう。

社会人になってから口頭では「プログラマー」としか名乗ってないのですけど、以前の会社の名刺には「コンサルタント」と肩書が書いてありました。

特に後悔というのではないのですけど、一度コンサルタントに戻るかどうかを問われたことがあるのですが断りました。

コンサルタントが文字通りの仕事をしているなら、リスクを負わないのがコンサルタントです。

自分の言ったことで何かが行われて成功しても、失敗しても同じコンサルフィーを受け取れます。

実際はほとんどのプロジェクトは大成功でも大失敗でもありません。

「そんな偉そうなことを言うなら自分でやってみろよ」というのは、常に気にしている話で、いつかは自分でやってやるという野心派と、絶対にコンサルから離れないナチュラルボーンコンサルタントに分かれるかと思います。

投資のコンサルタントなら「そんなに儲かるっていうなら、自分のお金を投資しろよ」というのは素朴な意見として出ますよね。

一度、自分でやってしまうと、もうコンサルタントを本業にする気にはならないよな、ということはあるかと思います。

実際は、会社を始めてからのほうが相談を受けることは多いのですけどね。

との事でした。

陥りやすい事としては、コンサルタントは給与が高いという印象を受けがちですが、そんな方達は、ほんの一握りで実際はそこまで高くないという事を理解してないという事例が今回でした。

また、ほとんどのプロジェクトでは大成功や大失敗でもないという事で、中々仕事に対してやりがいを感じる機会が無いかもしれません。

コンサルタントに憧れて仕事に就きたいと考えるのは良いですが、実際どのような仕事なのか把握しておく必要はありそうです。

コンサルタントへ転職後のキャリアプランについて

コンサルタントへ転職した後の、その後のキャリアプランについても実際にJobQに来ている質問を用いて確認してみましょう。

今回は、コンサルタントからの転職の場合についてです。

コンサルタントから転職する場合はどのよう職種や仕事が多いですか?

コンサルタントから転職する場合、どのような職種や仕事が多いでしょうか。

今度コンサルへの転職を検討しているのですが、コンサルタントからはどのような職種に転職ができるのでしょうか。

コンサルタントへ転職をすることを希望している理由としては、後に外資系企業でマネージャー職を希望しています。

このようなキャリアを歩むことは出来るのでしょうか。

コンサルタントから転職する場合、どのような職種や仕事へキャリアアップすることができますか?

私はアクセンチュアから日系証券会社に転職してM&Aアドバイザーとして業務に従事しております。

かれこれ10年を超えましたが、海外にもトータル4年勤務できましたし、いい経験が詰めました。

一方で、年齢も40を超えたので、アドバイザー一本足打法ではなく、ビジネスを創りマネジメントしてのポジションに就きたいと考えております。

被雇用者の立場なので、与えられたポジションで粛々と業務を重ねる必要があるにですが、先を考えた時に大手では裁量が小さすぎると痛感しております。

目先の報酬よりも鶏口牛後に拘り、動くべきかと最近思案しております。

というような回答をいただきました。

実際に、コンサルタントへ転職を希望される方の多くは、今後のキャリアについても考えている方が多いでしょう。

目標をもって転職することが失敗のない転職へとつながっていきます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

コンサルタントの転職には失敗はつきものです。

転職に成功したは良いものの後悔してしまう事例は良く見られます。

コンサルタントに転職する際には、エージェントにしっかり相談して、自己分析、将来のキャリアパスを見通した上で転職活動を始めるのが良いでしょう。

もしコンサルタントに転職を考えている方がいましたら是非この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

第二新卒やフリーター(ニート)の就活に強いサービス

おすすめの就職・転職支援サービス

  エージェント名 実績 対象
1位  ハタラクティブ 5 未経験からの就職支援実績No1
2位  DYM就職 4.5 正社員就職率96%
3位  JAIC 4.3 職歴なしでも内定率81%


以上の就職支援エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・ハタラクティブ:https://hataractive.jp
・DYM就職:https://talk.dshu.jp
・JAIC:www.jaic-college.jp

この記事に関連する転職相談

上司と合わないという理由で新卒1年目に転職をするのは間違っていますか?

新卒1年目の社会人です。 せっかく熱意を持って4月に入社したのですが、上司との感覚が合わず仕事へのモチベーションがなくなっています。 BtoCの営業職として、研修で学んだ知識を生かし...

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまって...

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来の...

未経験で転職した仕事がきついのですがどうすればいいでしょうか?

33歳、SES企業でエンジニアとして働いています。 元々は異業種で働いておりましたが立ち行かなくなることを懸念し、未経験からこの業界に入ってきました。 それから4年程が経ちましたが働いていて...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す