40代の転職は厳しいのか?事例をもとに成功させる方法を解説の画像

40代の転職は厳しいのか?事例をもとに成功させる方法を解説

転職市場が活発になる中、40代で転職を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。年齢がネックになる可能性はありますが、とはいえ40代での転職も増えているのが現状です。そこで今回は、40代の転職の現状をお伝えするとともに、成功させるために必要なことについて詳しく見ていきます。

40代転職の厳しい現実

40代で転職しようと考えている人は不安に思うことが多くあると思います。転職先がなかなか決まらなかったり、いざ転職しても後悔してしまう人が多かったりと現実的に厳しい状況が考えられます。

そこでこの記事では40代の転職についてみていきます。40代の転職について気になっている人の参考になれば幸いです。
 

なかなか決まらない理由は?

40代の転職がなかなか決まらないという理由については技術スキルはもちろん、経営的な視点や部長職以上のマネジメント経験がないという理由が挙げられます。現在の会社での出世競争に破れ、平社員で鳴かず飛ばずといった境遇の場合は、転職で現在よりも待遇を上げるのはかなり難しいと言えるでしょう。

転職をしたいと考えている場合に、現職で管理職経験があるということは非常に重要となってきます。それ以外に転職が決まらないという理由としては、勢いに任せた転職活動をしているという場合や、スキルが無いままなんとなく転職活動をしているという理由が挙げられます。
 

転職して後悔する人もいる

転職して後悔するという人に多いのは、具体的な戦略を立てずに転職活動をした人です。

40代の転職成功のカギは自分のキャリアを活かす転職です。これまでのキャリアを振り返って、自分のスキルを十分に活かすことができる企業に転職を活かすことが理想ですが、全く未経験の業種に入社してしまい、賃金や待遇がマイナスになってしまったりすると後悔をするという人は多いです。

転職して後悔しないためにも十分に準備をして転職活動に励む必要があります。

関連相談

40代の転職に関する悩み

JobQに投稿された、40代の方の転職に関する悩みについてご紹介します。

40代ですが、転職活動が上手くいかないのでアドバイスをください

転職先が決まらない、40代の男です。現在、仕事をしながら転職活動をしています。
仕事をしながら転職活動を進めているので、面接が決定してもいけないこともあります。

ここまでうまくいかないのかと、正直驚いています。
新卒から入社して、今年で17年目なのですが、
自分の今後のこの会社でのキャリアの幸先のなさを感じ、転職活動を今年の1月よりはじめました。

私の勤める会社も一部上場の大きな会社ということもあり、
面接時にはそこをつっこまれます。「今更やめようと思った理由は?」「なんで辞めるの?」
などです。

やはり、長く働いている会社を40代になってからの転職活動って難しいのでしょうか?

職歴に関わらず40代という部分でハードルが上がっていると思います。

しかし本質はそこではなく、あなた自身の能力が不足しているのではないでしょうか?

情報が少ないので推測しか出来ませんが、社内でキャリアが止まってしまった人材は他社にとっても必要とされない可能性が高いように思います。

日本では年上の部下や年相応の能力がない人を嫌う傾向があるので、年がいってしまうと転職がより難しいと思います。

転職できても能力が発揮できなければ同じ事になりますので慎重に行動された方がいいです。

アドバイスになりますが、40代の転職は明確なビジョンがないと難しいと考えます。なぜ辞めるのか、何がしたいのか、定年までの期間にどう会社に貢献できるのかは雇用側の当然の質問だと思います。

キャリアの幸先がないというネガティヴな理由では採用は難しいと考えます。

実現したい事があるが自社で頑張っても実現が難しかったので他社を検討しているというのが筋ではないでしょうか。

どうしても年齢などの問題から、40代での転職は30代などと比べると難しいものとなってしまいます。しかし、40代でもしっかりロジックを組み立てることで、転職は可能です。

某企業でリクルーターをしています。
ここ数年で、40代の転職希望者も増えてきたし、40代の転職もしやすくなってきていると感じています。

ただ、40代で1社しか経験がない人に関しては、非常に慎重に選考しています。
まず、会社のカルチャーに合うのかどうかの観点。長いこと、大企業に属していると、現職の会社のルールやカルチャーに染まってしまって自社に対応出来ないのではないかという懸念が強く有ります。

他の方も言う通り、何故に退社するのか、それは退職しないと実現出来ないのか、受験している会社でなら、それが叶う理由は何なのか?をロジック組んで話さないと、正直難しいと思います。
ちなみにですが、最近は東芝出身の40代を多く見かけますが、転職理由は「将来が心配だ」しかなく、こちらとしては「そんなの知らん」という方ばかりです。
基本中の基本ですが、貴方を採用するメリットを、しっかりと伝えるのが重要だと思います。

冒頭に書きましたが、今は40代の採用ニーズも高いので、昔に比べたら有利だとは思いますので、頑張ってください。

40代の転職はしやすくなっているということで、理由と目的を明確にすることが転職成功への道だということがわかります。

関連相談

40代の転職を失敗に終わらせないために

40代の転職が失敗してしまう理由としては年齢のせいだけではありません。自分の強みを十分に理解していなという点や転職エージェントを利用せずに自己流で転職活動をしているというような原因が考えられます。

それぞれの理由について詳しくみていきます。
 

自分の強みを把握する

20代の転職と40代の転職では会社が注目する点も異なります。20代であれば、スキルや経験といったものだけではなく、その人自身のポテンシャルも評価されます。

しかし、40代になると、ポテンシャルが見られることはなく、マッチングしていることが最重要となります。とにかく即戦力であることが求められるため、企業が求めているスキルに見合ったスキルと自分が保有しているスキルが合う必要があるため、自分の強みを十分に理解するようにしましょう。

例えば、マネジメント層を欲しがっているのであれば「専門知識とマネジメント経験」があることが必要ですし、特定の経験、スキルを求めているのであれば、その求めらているものと同じものを高いレベルで持っていなくてはならないし、実績も必要です。
 

転職エージェントに頼む

40代の転職は簡単なものではなく、正しい方法で転職活動を行う必要があります。そのため転職エージェントに頼んで、転職活動の基本から学ぶ必要があります。

転職サイトは求人を探すだけでなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。そのほか、履歴書の作成補助であったり、面接の練習といったこともしてくれますし、何より自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

40代の転職活動は、転職エージェントを活用するようにしましょう。

関連相談

資格がない場合はどうしたら良いのか?

JobQに投稿された、40代で目立った資格を持っていない場合の転職は可能なのかというQAをご紹介します。

40代で目立った資格が無い場合でも転職出来ると思いますか?

現在、40代で転職活動を行っている者です。

今回伺いたいのは、40代で目立った資格がない場合でも転職先を見つけることができるのかという話です。

自分は現在、とあるメーカー系の会社で営業職として働いています。

ただ、現在リストラなどにより人件費を削減しています。自分もいつその対象になってしまうかわかりません。

そこで、転職活動をすることも視野に入れているのですが、自分のようなキャリアでも転職先を見つけることができるのでしょうか。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

会社の中にいる時には失敗すると痛いので多少控えめに「私は何もできませんが・・」といった態度にも意味があるのですが、転職する・市場で自分を評価してもらおうという時に、未経験です、資格はありません、何もできないですといったことをアピールしても、何でそんな人にお金を払わないといけないの?ということにしかなりません。

人材エージェントの人と話すなりして、何が売り物になるのかを棚卸して、常に求人広告は見て、こういうのが売れるのか・・と情報収集をしておくことが大事かと思います。40代では資格はあまり関係なさそうな気がしますよ。。

資格よりもむしろ、会社での経験とそれをどう活かすことができるのかについて、しっかり自己分析を行うことが大切だということがわかります。

関連相談

40代で転職しやすい職種

40代で転職しやすい職種はタクシー業や運送業、サービス業や販売業が挙げられます。もちろん、自分に技術があれば、介護や医療系も能力重視の仕事に転職することも可能となります。
 

サービス業や販売業

サービス業や販売業については40代の転職がしやすい業種となっています。販売業については24時間営業のコンビニやスーパーの店員などが挙げられます。

とくに深夜勤務は歓迎される傾向にあるため転職はしやすい業務となっています。また、サービス業についてはショップ店員であったり、受付スタッフの採用が多いようです。

サービス業や販売業については会社員時代に接客していた際の経験を活かすことが可能となります。
 

タクシーや運送

運送業務については保有している免許も特殊なものが求められることもありますが、基本的には運転をすることができれば転職しやすい職種となっています。

タクシー業界についてはこれまでのキャリアで培った対人サービススキルを活かすことができるという点もありますが、転職しやすい一番の理由としては年齢の若さです。タクシー業界の労働者の平均年齢は高く50歳を超えています。

そのため、タクシー運転手は転職先として多くなっています。

関連相談

まとめ

本記事では40代の転職について詳細をみてきました。

40代の転職については、これまで培ってきたスキルを活かすことができる転職先であれば満足のいく転職となる可能性が高いですが、計画を持たなかったり、なんとなく転職をしているという場合は、後悔した転職活動になってしまう可能性があります。

少しでもこの記事が40代の転職について気になっていたという人の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 全ての人
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 30代以上


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

この記事に関連する転職相談

GAFAM外資系IT企業とリクルートならどちらに転職するのがいいでしょうか?

転職活動中の男性です。 現在GAFAM外資系IT企業と、リクルートホールディングスの某社より内定を頂いており、どちらに応諾するか悩んでいます。 いずれも正社員雇用です。 特定を避けるため詳細は割愛しますが、印象として、 〇年収(オファー時...

30代のプログラマーにやデータサイエンティストに転職するのは無謀ですか?

35歳の会社員の管理職(部長クラス)だけど、正直ヒューマンマネジメント飽きてきたから、スペシャリストで生きていこうと思ってます。 今からプログラマーやデータサイエンティストを目指すのは無謀ですか?エクセルは得意だけど、プログラムの基礎はない...

テレビやSNSなどでCMや広告を多くやっている人材紹介会社ってどこがありますか?

テレビやSNSなどで、CMや広告を多くやっている人材紹介会社ってどこがありますか?(認知度の高いエージェントを沢山知りたいです。) 転職活動中なのですが、有名なエージェントを利用して転職しようと考えている為です。

40代女性の5回目の退職理由はどうすればいいでしょうか?

40代女性で医療事務やってます。 5回転職してます。また転職するつもりなのですが、退職理由に困っています。 1社目の退職理由 レセプト期間中の残業を深夜1時2時まで行い、帰宅して5時半に起きて病院に戻るという生活をしていたら調子を崩すようにな...

30代が入社1年未満で転職することはやめた方がいいですか?

34才独身男性です。ネガなご相談かと理解してますので気になる方はご放念下さい。 友人の紹介で人材の研修会社に転職して8ヶ月ほど経ちます。率直に転職を考えています。 2回転職、現職になります。元々人材、人材育成、採用などの人材関連の仕事につき...

今の日本は本当に好景気なのでしょうか?

好景気なので転職しましょう といった内容の回答をされていた方がいましたが、本当に好景気なのでしょうか? 安倍自民の恩恵を受けた方としか思えません あと、京都市長選のヘイト広告に騙された奴は馬鹿だと思います

転職先から半月くらい連絡が来ないのですが普通のことですか?

転職先の担当が、こちらにメールが届いてなくても、メールしたんですけど届かないからとか、何かあっても知らなかった。で済むと思ってる人間って、結局どうしたいんでしょうか? 責任逃れですよね。 昨年末から受けてた所も、メールが届かないけど連...

未経験でwebデザイナーを目指す場合、すぐに仕事するのと勉強して知見を深めるのとどちらがいいと思いますか?

これからウェブデザイナーを目指そうと考えています。 現在27歳で今年の9月に28歳の年です。 半年間スクールで勉強するか、1年間より深く、UI/UX、マーケティング・SEOなどを分野まで勉強するか考えております。 半年勉強だと28歳で就職し、30...

転職先に休職期間があったことを話さない方が良いですか?

現在休職中の者です。 転職活動の末、転職先から内定を頂きました。現在在籍中の会社と退職手続き中なのですが、源泉徴収票に記載されると思っていた住宅手当が記載されないことが分かり、転職先に提出する源泉徴収票が0円の為、内定取消になるか入社後...

LinkedInは大卒以外の人間が使うときに注意することはありますか?

LinkedInは大卒以外の人間が使うとき注意することはあるのでしょうか。 例えば、LinkedInに流れている求人へ応募する場合です。

この記事に関連する記事

【仮想通貨に確定申告は必要?】必要な場合のケースややり方などをご紹介

今回の記事では最初に仮想通貨で得られた利益に確定申告が必要な場合とそうでない場合を説明致します。次に仮想通貨で得られた利益の税金計算方法と具体的な計算した例を紹介致します。また...

【研究者の仕事内容】職場での生活や必要なスキルをしっかり解説

皆さんは「研究者」が何をしているのかご存知ですか?理系か文系化によって大きく変わってきますが、新しい発見や考え方を追い求める、知識と努力が必要な職業です。今回はそんな研究者の仕...

【労災と保険料率】仕組みとは?具体的な事例からしっかり解説

皆さんは「労災」と「労災保険」についてご存知ですか?従業員は労災保険の負担をしないため、あまり関わりがないかもしれません。しかし業種によって怪我などのリスクは異なってくるため、...

【再就職手当の計算方法】支給条件や実際の金額例をしっかり解説

皆さんは「再就職手当」をご存知ですか?失業手当を受給中に再就職をすることでもらえるお金であり、条件を満たせていれば大きな金額が支給される可能性があります。はたして、どのように計...

【福利厚生費を解説】どんなルールがあるの?事例と合わせてご紹介

皆さん、福利厚生費についてご存知でしょうか。この記事では、福利厚生費や、福利厚生費と法定福利費との違いなど詳しく解説致します。また、個人事業主における福利厚生費や、福利厚生費の...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー