【Webマーケティング】今後の将来性についてご紹介しますの画像

【Webマーケティング】今後の将来性についてご紹介します

マーケティング職は企業にも欠かせない職となっております。近年はWebマーケティングの台頭により、更に複雑な能力が必要となるのがマーケティング職です。そんなマーケティング職の今後の将来性や、現状の課題について紐解いていきたいとおもいます。

1063

少し前には全く想像もつかなかった事ですが、今やマーケティングといえば、Web上のデジタルマーケティングが主流となりつつあります。

インターネットが登場し、瞬く間に拡散し、それによって人々の生活が劇的に変化しつつある昨今、マーケティングという仕事の将来性を考えてみたいと思います。

まず、マーケティングという仕事の定義としては、ざっくりとですが、顧客に対し啓蒙をする事で自社の商品を欲しいと思ってもらい、実際に購買へと導く作業、と言えるのではないでしょうか。

勿論定義には諸説ありますが、個人(法人)がとある商品を欲しいと思い購入する、というプロセスは時代が変化してもそうそう変わる事はないでしょう。

ですので、いつの時代でも、それをサポートするような業務全般がマーケティングであると言えそうです。

関連相談

Webマーケティング職の今後の将来性について

では、本題として、マーケティングの将来性はどうなのでしょうか。そのためには、まず今後我々が歩む未来がどうなっていくのかを予測する必要があります。

あくまでも予測に過ぎませんので、最終的に未来がどうなっていくのかは誰にも分かりませんが、今までの流れの延長線上で考えると、やはりデジタルマーケティングがより重要視されるであろう事は容易に想像できる範疇かと思います。

そして、デジタルマーケティングにおいて大変難しいのは、広範囲のデータ取得が可能になる、という部分ではないでしょうか。

例えば、TVや雑誌の公告等であれば、ざっくりとどの程度の人数が見ているか、というのは分かるのかもしれませんが、それ以上の情報に関しては取得が難しいため、ブラックボックスに近いように思われます。

しかし、インターネット上の公告に関しては、何名がそれを目にし、何名がそれをクリックし、その内何名が購入したか。また動画広告であれば、何名がそれを目にし、どういったタイプの人がどこまでを視聴したか、等の詳細なデータも取得できる事でしょう。

問題は、それをどう分析し、その結果としてどういったアクションを起こすのか、という事を考え、更にそのアクションに対するデータを蓄積し、最終的にいかに成約率を上げていくのかという話になるのではないでしょうか。

加えて、テクノロジーは日進月歩の世界であるため、既存の手法がいつまで有効かは誰にも分からず、常に新しい事を学び続ける必要もありそうです。

以上を踏まえ、マーケティング分野の将来性を考えますと、大変難しい仕事ではあるものの、需要が急に減少していく可能性は低いと言えそうです。

結局のところ、企業としては顧客に商品を購入してもらわないと利益は出ませんので、そこはどんな時代になっても変わる事はないでしょう。

ただ、有効な販売手法は常に変化する事が想定されますので、マーケティング担当者としては、それに柔軟に対応していくといった姿勢が求められそうですね。

関連相談

Webマーケティングの業界動向

Webマーケティングの業界動向ですが、今現在は超売り手市場であるといえるでしょう。

Webマーケティング業界では、未経験も含めての、若手の採用が積極的に現在行われています。このため、空前の売り手市場となっているのが現状です。

さらに、デジタルマーケティングを担う人材はまだ少ないということもあり、慢性的に人材は不足しているといえます。

またWebマーケティング業界は稼げる業界ともいわれており今伸び盛りのベンチャー企業において結果を出すことによって、年収1000万円以上も期待できる業界となっています。

20代でも年収はこれぐらいを稼げるチャンスがある業界となっています。

また、インターネット広告費の内訳などを見ても、業界全体が非常に伸びているといえるでしょう。市場全体が拡大しているということもありますので、平均的なスキルであっても結果が出るということもあります。しかし、とても変化が激しい業界となっていて、波に乗ることも大切です。

関連相談

AIの台頭による今後の影響

そして、どうしても無視できない存在として、やはりAIが挙げられるでしょう。

上述したデータの分析やそれに対しての有効なアクションの選定はAIのディープラーニング等によって、どんどん最適化されていくのかもしれません。

そうなると、人間のやるべき事はまた変化しそうに考えられます。

例えば、既存の手法の範囲内であればAIが行い、既存のものに囚われない新しい手法を考えるのは人間が行う、そんな共存関係を築く事もまた可能なのかもしれません。

関連相談

Webマーケティングのキャリアプラン

 Webマーケティング職に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

キャリアプランには、さまざまなプランがありますので、Webマーケティング職に就く場合には、どのようなキャリアプランがあるのかそれを描いておくことが必要となります。

まず、今のWebマーケティングは、1つの分野のみならず、多角的に事業の成果向上に寄与するものという役割が求められているといえるでしょう。

各事業に最適なあらゆるマーケティング手法を取り入れていかなければならないので、幅広い視野などがとても大切となってきます。

たとえばWebマーケティングは、以前までリスティングなどが中心でしたが、SEOを考慮したサイト制作などといったノウハウ、さらには事業の広報・宣伝活動、新規顧客獲得のためのキャンペーン企画だったり、さらには市場調査までが必要となる場合もあります。

このため、さまざまなスキルが必要となっています。今後も成長していく領域でキャリアを考えることが最適です。

関連相談

将来必要なスキルとは?

Webマーケティング業界において、将来必要なスキルとはどういったスキルなのでしょうか。

まず、必要となるスキルは、データの分析能力、そしてマーケティング全般の知識などが必要であると考えられています。これらは、Webマーケティングを行う上で、必須の能力となっています。

最近では、マーケティングにデジタルを活用するということも大切となっています。このため、全般の知識が必要となります。

また、そのほかにも、社内調整能力だったり、プレゼンテーション能力などもとても大切であると考えられています。マーケティング業務というものは、たった一人で頑張ってやることが出来るものではありません。

社内の各部署と調整をしながら、そして協力を得て、そして価値を進めていくことが大切となります。

組織で仕事をする上で、デジタルしか見えていないというわけにはいきません。酔ってこういったプレゼンテーション能力はこれからも求められていくといえるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はWebマーケティングの将来性についてご紹介しました。

マーケティングという仕事は大変難易度の高い仕事ですが、その分結果を出せば給与に反映されやすいという点もまた魅力的です。

あくまでも予測の範疇はでませんが、その辺りも含め、マーケティングという仕事に対する将来性は、そう悪いものではないといえます。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

IT広告業界からデジタルマーケティングなどへ転職できますか?

IT広告業界とその転職について2点質問です。 ①IT広告業界から事業会社のデジタルマーケティング部門もしくはマーケティング部門への転職事情を知りたいです。 ②IT広告業界での市場価値の高い職種があれば知りたいです (営業、プランナー、広告運用...

市場調査のやり方について教えてください

来週から、神奈川県の方に市場調査をしに出張に行きます。 自分の目で見て独自調査をして欲しいと上司に頼まれたのですが、現地の「市場調査」について何から手をつけて良いのか全く分かりません。 報告書を作成しなくてはいけないのですが、それも0...

マーケティング企画職に転職するにはどんなスキルがあるといいですか

マーケティング関連の仕事をしたいと考えています。 現職では、企画営業に携わっていて、マーケティング分析等も担当しています。 企画営業ではなく、マーケティング関連の仕事に部署異動をしたいとの話をしたのですが、上司からは今は無理だからも...

就活生ですが、マーケティングと広報の違いって何ですか?

就職活動をしています。 将来、広報関連の仕事をしたいと考えているのですが、広報とマーケティングって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 イメージ的には、マーケティングの中に広報という仕事があるようにも思うのですが、実際はそれぞ...

マーケティング系の仕事に転職をするのに有利になる資格はありますか?

マーケティング系の仕事につきたいと考えている者です。 現在は、企画営業を担当しています。 今回相談したいのは、転職活動をすることを検討中で、マーケティン関連の仕事に携わりたいと考えているものの、転職に有利となる資格は何かないのかと探し...

外資系のマーケティング部門に採用されるために必要なキャリアは何ですか?

外資系のマーケティング部門に中途採用でたどり着くには、どのようなキャリアを積んでいけばよいのでしょうか? また、学歴はどの程度必要でしょうか。(高卒ではお話にならないですか?) 医療系6年制の大学を金銭的理由で中退が決まりました23歳です。...

マーケティングの仕事に直結するような資格は何でしょうか?

商学部の学生です。 将来的に企業に勤める時にはマーケ関係の仕事に就きたいと考えています。 商学部ですので何かマーケ関係の資格も取れると考えていたのですが、なかなか何をすれば良いのか分かりません。 そこでTOEICや中小企業診断士の資格を目...

マーケティングの仕事に活かせる資格は何がありますか?

会社員です。 先日から、マーケ職の方に異動になり何も分からない状態から仕事を初めています。 勉強しようにも、どこから手をつけて良いか分からず困惑してしまいます。 そこでマーケティングの仕事に活かせる資格勉強をすれば基礎から学べると思...

デジタルマーケティングを勉強するためのオススメの本は何ですか?

(デジタル)マーケティング、あるいは中小企業・ベンチャーに関するおすすめの本があれば教えてください。 学生です。来年からデジタルマーケティングに関する会社に就職が決まりました。 今から少しでもいいスタートダッシュが切れるよう、空き時間...

マーケティングを学ぶ上で重要なこと3つはなんですか?

今年の四月より とある東京にある大手企業のマーケティング部門で働きます マーケティングといってもたくさんあると思うのですが、 私が担当するのは、広告媒体やwebを使った集客を任されるようです。 今後、自分がマーケティングを学んでいくのに対して...

この記事に関連する記事

Googleへ転職する前に参考にすべき情報まとめ【完全版】

Googleへの転職・中途採用を考えた際に年収や仕事内容、学歴、転職難易度というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今...

最新のマーケティング分析手法とは?仕事で活かせる効果的な手法一覧

マーケティングには戦略や手法が、その市場で勝てるかどうかを左右します。それほどマーケティングには手法だ大切だと言えま...

【マーケティングの意味とは?】簡単に定義してみました

マーケティングの意味とは何でしょうか?世間一般的によくマーケティングという言葉が使われていますが、きちんと意味を理解...

【マーケティングリサーチの意味とは?】リサーチの手法などご紹介します

マーケティングリサーチという言葉を知っていても、具体的にどういうことをするのかイメージできている人は少ないのではない...

【事例でご紹介!】マーケティングの4Pと4Cの違いとは

マーケティングとは、商品がより多く効率的に売れるように戦略を練ることを指します。そんなマーケティング業界の業界用語を...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー