転職エージェントは評判が悪い?信用できないケースや注意点の画像

転職エージェントは評判が悪い?信用できないケースや注意点

転職エージェントの悪い評判を聞いたことはありませんか。この記事では、なぜ評判の悪い転職エージェントが存在するのか、各転職エージェントの悪い評判や口コミを比較して一覧で詳しくご紹介致します。また、転職エージェント選びで気をつける点なども解説致しますので、ぜひ参考にしてください。

裏事情を暴露!転職エージェントは信用ならないと言われる3つのデメリット

⑴担当のキャリアカウンセラーが「はずれ」だった

評判の悪い転職エージェントが存在する理由の一つに担当者と転職希望者の知識やサービスの質における差異が挙げられます。
担当エージェントが自分の希望する業界の知識に乏しかったり、担当エージェントのキャリア相談に満足いかなかったりと、転職エージェントへの不満から評判の悪い転職エージェントが存在していると言われているのです。
エージェントの担当者は新卒や業界未経験で転職してきた人材も配属されるため、担当者へのレビューとして

  • 業界・企業の情報を知らない
  • 業界の動向を理解できていない
  • 履歴書や職務経歴書の添削ができない
  • 面接対策が満足いくものではなかった

といった悪い評判が散見されるのです。

 

⑵営業ノルマ達成のための紹介も

転職エージェントにも営業ノルマがあります。
エージェントは「転職希望者を企業に送客し、採用されることで企業側から報酬をもらう」というビジネスモデルであるため、月末や決算期前は特に送客を強化します。

「エージェントに企業を紹介され、行ってみたがミスマッチだった」
というケースで、自身が転職活動に対して軸を持っていなければ、エージェント側の口車に乗せられ志望しない企業の選考を受けてしまうリスクがあるので注意しましょう。。

⑶釣り求人、という広告代わりの求人がある

「釣り求人」(または「カラ求人」)は実際は募集を停止しているにも関わらず、「求人あり」と打ち出されている求人案件になります。

大手や有名企業の案件に多く、求職者のサービス登録を促進することが目的です。
「XX企業の企画職の求人あり、と掲載されていたからエージェントに登録したが、紹介してもらえなかった」という例も少なくありません。

就業条件が不透明であったり、なんども見かける同一の求人があれば「釣り求人」である可能性が高いく、実際には応募もできず、他企業を勧められることになりますので注意しましょう。

関連相談

要注意!悪質なエージェントの見極め方と、利用されないポイント

上で紹介したようなエージェントを回避するために、「転職エージェントを選ぶ際に注意しておくべきポイント」を紹介します。
 

⑴メールなどの連絡が遅い

メールや電話などの連絡の速さは、悪い転職エージェントに当たらないためには重要な見極めるべき点です。

連絡のスピードはクライアントへの対応に自然と現れてしまうもの。企業側からみても、レスポンスの遅い担当者は避けたくなるのは当然でしょう。
連絡の遅いエージェント担当者は社内の連絡や社外(クライアント企業)への連絡が遅い可能性もあり、信用ならないケースが多いです。

⑵転職希望者にのニーズを満たさない求人を紹介してくる

転職希望者のニーズを満たしていない求人の紹介はエージェントを評価する際の非常に重要なポイントです。

企業の紹介を受ける際は、求職者自身が自分のキャリアや志向性から志望業界・企業を絞る軸を持っていることが重要。

  • どの軸で企業を評価するか(業界・企業規模・プロダクトなど)
  • 最低でも持っておきたい評価軸(上記の中で何があっても譲れない軸)

を明確に持ち、提案される案件を正しく評価しましょう。
自身の企業選びの軸を伝えた上で「何度断っても、似たような案件を紹介される」という場合はエージェント担当者ないしはエージェントの変更を検討しましょう。

 

⑶エージェントが希望業界に詳しい or 業界出身者か?

エージェントは各業界の転職動向に精通している必要があります。

  • その業界で求められるスキルは何か
  • どういうキャリアパスを歩む人が多いのか
  • 今、入社すべき企業はあるか
  • 年間の中で、どの時期に選考を受けるのがおすすめか

といった点を抑えていなければ求職者側により良い提案・サポートはできません。
面談や面接・書類選考の対策を受けるにあたって、エージェントの担当者が業界に精通しているのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

⑷非公開求人・独占求人の数

エージェントがクライアント企業との関係値により独自で入手した求人や、企業側が開示したがらない求人案件が非公開で募集されているケースがあります。

これらを独占求人や非公開求人と呼びます。
企業が公募しない分、数を絞った質の高い求職者で選考を行いたいケースや、極秘で進めている社内事業の求人などが非公開求人や独占求人になりやすく、良質な案件が多いのが特徴

エージェントがクライアント企業から信頼されている証明でもあるので、良質なエージェントを選ぶ際のポイントになることを覚えておきましょう。

⑸履歴書や職務経歴書の添削は精度が高いか?

転職を成功させるためには、履歴書や職務経歴書の書類選考を通過しなくてはいけません。

エージェントは基本的に選考のサポートをしてくれるため、無論書類選考の対策も依頼すべきですが、履歴書や職務経歴書の添削において

  • 実績として、担当者が添削した際の書類選考の通過率が高いか聞く
  • 企業や業界で求められるポイントが、アピールポイントとして盛り込まれていることが分かる

の2点をしっかりと確認しましょう。
特に初めて転職する場合は書類の書き方1つにおいてもわからない点が多いはず。
SNSやWeb上からもエージェントの選考対策の質の高さを確認し、評判の悪いサービスは利用しないようにしましょう。

 

⑹面接対策では適切なアドバイスをもらえるか?

転職活動において書類選考の次に大事になってくるのが面接です。面接では、

  • 服装

  • マナー

  • 相手へが受ける印象(表情や口調)

  • 自分のアピールポイント

など、気をつける点は多々あります。そのような点を正すためには転職エージェントと転職希望者が実際に、面接練習を行うことが最適です。面接練習を行い自分の良さや、直すべき点を指摘してくれる転職エージェント利用するようにしましょう。

 

⑺面接後に面接官からのフィードバックをもらえるか?

転職エージェントを利用すると、企業の面接官からのフィードバックを確認することができます。
面接内の印象や改善点、次回選考通過のポイントなど細かくフィードバックをもらうことができれば、エージェントとクライアント企業の関係も良好であることが伺えます。

その企業が仮に不採用だったとしても別企業を受ける際に参考になる情報が多いため、積極的にフィードバックはもらい、改善するようにしましょう。

関連相談

転職エージェントを利用するメリットはあるか?

ここまでエージェントのデメリットを紹介してきましたが、転職エージェントを利用するメリット以下になります。

メリット

  1. 無料で案件を紹介してもらえる
  2. 良質なカウンセラーであれば、キャリア面談や書類選考の対策、面接対策が充実している
  3. 面接担当担当者との日程調整を代行してくれる
  4. 企業側との給料交渉を代行してくれる

これらがエージェントの担当範囲になります。
様々な事務手続きを代行し、かつ転職活動成功に向けたサポートを受けることができるのが、エージェントの本来の利用メリット。

  • 初めての転職で、転職活動に不安がある
  • 自己分析やキャリアプランの検討などにおいて、第三者の意見が聞きたい
  • 志望業界や企業で必要なスキルや「面接でよく聞かれる質問」が気になる
  • 書類選考(履歴書・職務経歴書)の対策や面接練習を行いたい

という方は、しっかりと自身にあったサービスを選び、エージェントを利用することを推奨します。

※参考記事:転職エージェントの利用メリットと注意点|キャリアアドバイザーが徹底解説

関連相談

誰でもできる、転職エージェント選び方・使い方5ポイント

上手にエージェントを活用すれば、効率よく、かつ成功確度を高めて転職活動を進めることが可能です。
では、「悪質なエージェント」を見抜き、転職活動を行うための5つのポイントを紹介します。

⑴転職エージェントを複数利用する

転職エージェントは必ず複数利用するのがポイントです。
目的は大きく2つあり、

  1. 転職に関する情報収集効率の向上
  2. エージェントが「はずれ」だった場合のリスク回避

になります。

1ですが、エージェントは

の2種類が存在します。それぞれ、案件やキャリアカウンセラーなど特徴が異なるため、「総合転職エージェントから1つ以上、希望業界の特化型エージェントから1つ以上」といった形で最低2つは登録することを推奨します。

また、2ですが、担当になった専属キャリアカウンセラーの質が低いと判断された場合、他のエージェントに切り替える、という選択肢があるに越したことはありません。
よってリスク回避の意味でも2つ以上は利用しておいたほうが良いでしょう。

 

⑵転職への前向きな姿勢を見せ、成果を期待させる

転職への前向きな姿勢をエージェントに見せましょう。

エージェントも事業として転職支援を行っている以上、転職意欲の高い求職者は積極的に時間を投資するメリットがあります。
よって、転職に対してポジティブな印象を与えることで、エージェントは「この求職者は志望軸にあった企業から内定が出た際の内定承諾率は高い」と判断します。その結果、市場や企業に関する情報の公開や転職支援などを一層手厚く行ってくれます。
これは、

  • 面談時に自己分析や今後のキャリアプランを伝える
  • エージェントとの連絡はこまめに返す

といったアクションで十分に示すことが可能です。


⑶面談や書類・面接対策で目的意識を持つ

転職活動の中で重要なことは、「目標とする企業への転職、というロードマップの中で今どこのステップにいるのか」ということを常に意識し、一つ一つのアクションに目的意識を持つことでしょう。

  • キャリア面談:
    • キャリアプランの明確化、応募する企業の選定軸の明確化
  • 書類選考対策:
    • 履歴書・職務経歴書を書類選考が通過する形にブラッシュアップする
  • 面接対策:
    • 自己PRや志望動機を面接官に伝わる内容にする、話慣れる
  • 面接:
    • 第一志望の企業の面接以外も、「面接練習」などの目的をもつ

とそれぞれのアクションに目標を持つことが重要。

何事も毎回「今回自分はどういった目的で行っているのか」を明確にすることで、様々な情報を鵜呑みにすることなく、自分が本当に欲しい情報を見極めることにつながります。

在職中の方は特に、時間を無駄にしないためにも、目的ある行動を心がけましょう。

⑷担当者が合わないと感じたら、変更を申し出る

担当のキャリアカウンセラーが

  • 市場の動向や業界情報などに疎い
  • レスポンスが悪く、クライアント企業との関係も懸念
  • 選考対策の質が低い

と判断された場合、まずは担当者の変更を申し出ましょう。
伝えづらい内容ではありますが、担当者のレベルは転職活動に大きな影響を与えるため、躊躇せずに変更に踏み切ることを推奨します。

※どうしても伝えづらい場合はエージェントごと変更するのも無しではありませんが、再登録や面談の手間などから一旦担当者の変更が最適解でしょう。

⑸経歴やスキルをごまかさない

続いて、経歴やスキル面で自身を過大に見せないように気をつけましょう。

現在の自己のスキルと合わない内容をエージェントに伝え、選考自体通過したとしても結果的に職場でのミスマッチが発生する可能性が高く、となると長期的な就業は期待できません。

短期的な就業経験が重なってしまうと、どうしても以降の転職難易度は高まっていきます。

また、自分がごまかしていないとしても、エージェントによっては推薦状で実際とは異なるように書かれている場合があります。そこで、面接前に、一度確認させて欲しいと伝えましょう。

そして、自分の希望条件に合う企業に転職をするために、誠実な対応を心がけましょう。

※参考:誰でもできる転職エージェントの使い方|賢く使いこなす3つのポイント

関連相談

総合型転職エージェントの特徴と口コミ比較一覧|悪い評判も隠さずに公開

おすすめの転職エージェント一覧

ランキング エージェント 求人力 サポート力 実績値 特徴
1位 リクルートエージェント ★★★★★  
★★★★☆
 
 
★★★★★
 
全ての人向け
2位 doda  
★★★★☆
 
★★★★☆  
★★★★☆
 
全ての人向け
 
3位 マイナビエージェント  
★★★☆☆
 
 
★★★★☆
 
 
★★★★☆
 
 

 

参考記事:【最新版】転職エージェントおすすめランキング5選|評判も含めて比較

以上がおすすめの転職エージェントとなります。転職エージェントを選ぶ際はぜひ参考にしてください。
また、転職エージェントに登録する場合は1社に絞るのではなく複数登録するのが良いでしょう。


転職エージェントを複数利用するメリットとは

  • 相性の良い担当者に出会える
  • 自分にあった求人に出会えやすくなる
  • 独占求人を見つけられる

転職エージェントを複数利用するメリットには上記のものが存在します。転職エージェントを複数利用する場合はぜひ参考にしてください。
 

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は転職総合実績No.1を誇る、実力ある転職エージェントです。
リクルートエージェントはあなた専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。
リクルートエージェントは案件数が業界一多いため、あらゆる職種や業界への転職のチャンスが大いにあると言うことができます。加えて、中でも非公開求人を多く抱えているため、まずは面談をして話を聞くことから始めると良いかもしれません。
 
ここで実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

私が実際に転職活動をした際にリクルートエージェントを利用した際の感想です。リクルートエージェントの特徴としては、まず幅広い求人が特徴です。業種、職種も非常に豊富で、様々なタイプの仕事を探している人にも対応できる印象がありました。求人数に関しても他社と比較してかなり多いと思います。キャリアカウンセラーの質自体も悪くないと思います。 こちら側の話しをまず、しっかり聞いてくれるような受け身の体制が整っており、コミュニケーションの取り方も上手でした。

こちらの利用者の方は、リクルートエージェントの「様々な業種・職種を網羅した求人の幅広さ」、「豊富な求人数」に魅力を感じたようです。
一方でリクルートエージェントの悪い評判は以下が挙げられました。

リクルートエージェントは、他の転職エージェントとは異なり短期集中型での転職活動が求められます。具体的には、3ヶ月程度の期間で区切られており、それまでの期間で成果が出なれば、また一からエージェントとやりとりをし直していかなければならないようでした。また、転職エージェントから紹介を受けた案件で応募をしたいものについて、エントリーシートを書いたり、自ら企業研究をしなければならず、面接や書類指導も手厚いですが、自ら主体的になって転職活動を行わないとならないようでした。リクルートエージェントを利用した転職活動は、比較的時間が取られるので、お仕事などで忙しくてあまり時間が無い方には向かないエージェントですが、自ら主体的に動ける方にはおすすめ出来るエージェントだと思います。

特に、転職エージェントの場合は、アドバイザーの質によって個人の満足度も変わってくる可能性がありますので、転職エージェントを利用する際はアドバイザーが自分と合っているのかどうかに注意しましょう。
リクルートエージェントは求人数や実績が高く総合的に評価の高い転職エージェントなので、転職活動を進める中で強いこだわりがない方は自分の経歴に合った求人をどんどん紹介してくれるので向いているでしょう。
より詳しい情報が気になる方は「リクルートエージェントの評判・口コミ」をご覧ください。
 

参考:リクルートエージェントHP

 

2位 dodaの評判

doda
「doda」は、国内でトップレベルの知名度と質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントです。
dodaは転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントだと言えます。40代の方にも親身に対応してくれるエージェントの方も在籍しているようです。また、dodaはたくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がりそうですね。
ここで実際にdodaを利用した方の口コミや体験談情報を見てみましょう。

転職が初めてだったので、とても緊張していましたが、エージェントの方がほがらかな方だった事もあり、すぐ打ち解けて大変スムーズに転職活動を進めることができました。面接対策や履歴書の添削など、私の良さを引き出そうと親身に対応してくれたため、おかげで行きたかった企業へも内定をいただくことができました。

との事でした。面接対策や履歴書の添削も丁寧にフィードバックをしてくれるようですね。初めての転職の方にとっては、大変助かるサービス内容ではないでしょか。

dodaに登録すると、非常に量の多い求人案件のメールが日中に送られてきます。1日に何件もメールが送られてきたため、正直迷惑でした。もう少しメールの頻度を落としてくれれば、非常に満足のいくサービスだと思います。

以上のように、dodaにも悪い評判は存在します。

dodaは転職者満足度No.1を誇る転職エージェントで、年齢問わずたくさんの求人を保有しているので、転職を検討している方はぜひ利用してみはいかがでしょうか。
より詳しい情報が気になる方は「dodaの評判・口コミ」をご覧ください。

※参考:doda公式HP

3位 マイナビの評判

マイナビエージェント公式HP
新卒の分野では業界1位となったマイナビですが、転職エージェントの分野では新しく、まだ他の転職エージェントの実績には及ばない点もあります。しかし、マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多いという特徴があります。加えて、第二新卒の方が転職を考える際に、新卒時に利用していたマイナビを再び利用するというケースが多く存在します。
ここで実際にマイナビエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

マイナビエージェントに登録して驚いたことは、登録後すぐに担当のコンサルタントから連絡があった事です。ネット情報からでは、わからないことを尋ねると詳しく説明してくださりました。ハローワークよりも親切なイメージを受け、マイナビエージェントだったら転職も希望通りにかなうような印象を受けました。また、今まで自分独自の書き方をしていた履歴書を丁寧に添削し、こうしたら良い、こういう事を付け加えた方が良いというアドバイスはかなり参考になりました。学生に戻ったかのように親切なアドバイスで、転職の基本から学ぶことができました。また、希望する求人の紹介も豊富でじぶに合うような会社を紹介していただき、こういう所で働きたいと言う気持ちが高ぶりました。

マイナビエージェントは面接や職務経歴書等を添削してくれるサービスがあるとの事です。1人だと難しい面接対策もサポートしてくれるため、転職者にとっては助かるサービス内容ではないでしょうか。 

とにかくメールがたくさんきます。メールボックスがマイナビのメールで埋まることが多々ありました。案件が多く見ごたえがとてもありましたが、有名なサイトなこともあり応募しても面接になかなか繋がらなかったことが残念でした。どうしたら面接に繋がり易くなるのか、職務経歴書等を添削してくれるサービスがあったら良かったです。また、「あなたの経歴におすすめ」で表示される職業もなかなか面接に繋がらず、「おすすめ」の定義が何なのかよく分かりませんでした。面談も何度かさせていただきましたが、中には「ほんとうに私の職務経歴書を見たのかな?」と疑問に思うような提案をされる人がいて驚きました。でも色々な職業を拝見することができたことは良かったと思います。自分だけの力で色んな会社の情報を調べるのは限度があるので、やはりこういうサイトがあるのはありがたいです。

以上のように、マイナビにも悪い評判は存在しますが、上記口コミを参考にすれば担当の質が低いことがあるのがわかります。やはり、マイナビエージェントは第二新卒の方が転職を考える際に利用するのが良いかもしれません。

 

より詳しい情報が気になる方は「マイナビの評判・口コミ」をご覧ください。

※参考:マイナビ公式HP

関連相談

特化型エージェントの特徴と評判一覧|第二新卒や女性向けなど

第二新卒・20代の転職に特化した転職エージェント

マイナビジョブ20's公式HP
マイナビジョブ20's」は20代の既卒の方からフリーターなど、20代の若手社会人に特化した転職支援を行います。
具体的には専任のエージェントがついて履歴書や職務経歴書、面接対策まで様々なサポートをしてくれます。
実際にマイナビジョブ20'sを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

 キャリアアップをするために転職を決めました。
転職を決めたものの何から始めれば良いか迷い、まずはマイナビジョブ20'sに登録しました。紹介していただく求人は大手企業や有名企業が多くとても驚きました。自分の適性に合う転職先も紹介していただきました。ですので、かなり面談は丁寧に対応していただいてました。職務経歴書の書き方なども指導していただいて、何から何までお世話になりました。
かなり転職までの流れがスムーズで、希望通りの仕事につく事ができました。
 

キャリアアドバイザーの方がとても丁寧に対応してくださるようです。
職務経歴書の書き方など、初めて転職する方にとっては問題となる箇所をマイナビジョブ20'sが対応してくれることにより、スムーズに転職活動を進める事が可能になるので、転職経験が少ない方は登録してみると良いかもしれません。

私は社会人4年目で、転職をする際に転職エージェントを利用しました。私の希望としては、キャリアアップや年収アップが希望だったのですが、希望通りの求人が少なく転職活動に苦戦してしまいました。求人数が多い他の転職エージェントにすればよかったとその時後悔しましたが、エージェントの方が丁寧にサポートしてくれたおかげで、転職は成功することができてよかったです。

希望の求人数が少なかったが、転職エージェントが優秀だったこともあり転職することができたようです。他の転職エージェントに比べると求人数が劣ってしまうようなので、希望する業界や職種などがニッチな場合は、事前に問い合わせてみると良いかもしれません。
より詳しい情報が気になる方は「マイナビジョブ20'sの評判・口コミ」をご覧ください。

※参考:マイナビジョブ20'S

IT業界への転職に特化した転職エージェント「ワークポート」

ワークポート公式HPワークポート」はITやWeb関連の求人を多数保有しています。
ITやインターネット業界だけでも約2,000社との取引実績もあり、15,000件以上の求人案件も保有しています。競合他社には負けないほどの求人案件を取り揃えているため、SEを目指す方には登録必須の転職エージェントになります。
ここで実際にワークポートを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

私は、ITエンジニアとしての転職を考えていたのですが、ワークポートを利用してよかったことは、IT系の求人数が非常に豊富だったことです。
ワークポートの職員の方も、IT系の専門用語などをよく知っておられたので、コミュニケーションが円滑にすすんだのが非常に快適でした。
IT業界志望の転職希望者は、ワークポートを使ってみることをおすすめします。

このような良い評判をいただきました。
こちらの方は、ワークポートのIT系求人の豊富さに魅力を感じたようです。
担当者の方がIT用語を知っているというのは、快適かつ円滑に転職活動を進めるにあたって非常に大きなことですよね。
IT系の転職希望者の方はワークポートを使ってみるとよいでしょう。

ワークポートは基本的には使いやすかったのですが、求人数の少なさを感じました。
やはり、求人数に関してはリクルートエージェントやdoda、マイナビに比べて物足りなさを感じました。
また、担当の方とのやり取りやメールなどが少し機械的に淡々と進んでいく感じなので、担当の方としっかり話しながらじっくり進めていきたい方にとっては少し物足りないかもしれません。

ワークポートはIT系の求人は豊富であるのに対し、全体的な求人数は他の転職エージェントと比較して少なめであるようです。
様々な求人を見たいという方は、他の転職エージェントも併用してみるのも良いでしょう。
より詳しい情報が気になる方は「ワークポートの評判・口コミ」をご覧ください。
 

※参考:ワークポート公式HP

 

未経験業界への転職に特化した転職エージェント「ハタラクティブ」

ハタラクティブ公式HPハタラクティブとは、レバレジーズという会社が運営をしている転職エージェントです。
第二新卒や既卒者などの若年層を対象にしています。もちろん利用は無料です。
インターネットで検索をすると悪い評判も載っていますが、ニートやフリーターなども含めて高い評価をしている人もたくさんいます。
ここで実際にハタラクティブを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

 私は未経験業界に転職をした際にハタラクティブを利用しました。
未経験業界に転職をしたかったが自身のない私に履歴書や面接方法など手厚くサポートしてくれました。
エージェントの方がとても丁寧なので利用してよかったです。

このような口コミをいただきました。
ハタラクティブは未経験者やキャリアに自信のない人からの支持がある転職エージェントです。
履歴書や職務経歴書の書き方の指導、そして面接の練習などサポートが手厚く、内定率も高い確率を維持しています。

ハタラクティブは東京を中心の求人ばかりのため、希望する求人が少なかったです。
地方に住んでいる私には物足りなさがり、少ない求人のなから選ぶしかなったのですが、しっかりと要望を伝えるとエージェントの方が真摯に対応してくれるのでとても助かりました。

このような悪い評判がありました。ハタラクティブを利用しようと考えている方は、ハタラクティブが東京を中心に展開している転職エージェントということを理解して、登録することをお勧めします。東京での転職であれば求人数も充実しているので、希望通りに転職を成功させることができるでしょう。
20代で正社員経験がない方や、高卒者の方、既卒者の方、他の転職エージェントで利用を断られたという方には、ハタラクティブを利用すると希望通り転職することができでしょう。
より詳しい情報が気になる方は「ハタラクティブの評判・口コミ」をご覧ください。

※参考:ハタラクティブ公式HP

 

女性に特化した転職エージェント「女の転職@type」

女性の転職@type

女の転職@typeは、求人の90%が正社員か性社員登用ありの女性のための転職エージェントです。
女性だからこそこだわりたい

  • 育児と両立できる求人
  • 女性管理職を目指せる求人
  • 土日が休みの求人

私が転職に成功したポイントは、type転職エージェントを利用したことでした!

typeでは、担当者の方が親切に面談をしてくださって良い企業を紹介していただき、面接対策を入念に丁寧に行っていただいたので、一次面接・最終面接も無事に通過して転職に成功しました。

現在は、転職先の企業でよいキャリアを歩むことができています。

様々な条件で検索することができ、キャリアカウンセラーもサポートが丁寧と非常に公表です。
※参考記事:女性におすすめの転職エージェントとは?評判や口コミから徹底解説

管理職に特化した転職エージェント「ビズリーチ」

ビズリーチ
ビズリーチは、ハイクラス転職に特化した転職サイトです。年収1,000万円を超える求人が全体の3分の1以上あり、ヘッドハンターよりスカウトが届くシステムになっています。もちろんこちらからも企業検索をすることも可能です。

外資系に特化した転職エージェント「spring」

Springは、若手やミドル、そして専門職の求人に特化した転職エージェントです。フリーランスや弁護士などの求人もあり、各領域に精通しているコンサルタントがサポートしてくれます。まだ知名度は高くありませんが、業界最高水準の顧客ロイヤリティ評価を獲得している転職エージェントです。

転職エージェントの悪い評判のまとめ

いかがでしたでしょうか?
自分に合った転職エージェントを見つけることは、転職成功への近道です。転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、それぞれ得意な分野が違います。
まずはここで紹介した情報を参考に、自分の年齢にあったエージェントからあたってみてはいかがでしょうか?どれも大差なければ、エージェントの特徴や年齢層を意識して探してみてください。

本記事の初回公開日は2019年12月03日です。

この記事に関連する転職相談

信用できない転職エージェントの特徴とはなんですか?

質問です。 いい転職エージェントなのかそうではないのか、見分ける方法としてどういうものが挙げられるのでしょうか。 1)先日、転職エージェント$氏とお会いした際に、$氏の以下の言動が見受けられたためです。 【言動】 ・根拠もわからず、腑に...

神奈川で事務・人事・総務への転職に強い転職エージェントはどこですか?

神奈川で面談可能な 事務、人事・総務案件に 強い転職エージェント教えて下さい 出来れば実体験も 未経験ですが、法人営業から バックオフィス目指しています

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。既に転職活動中の方へお聞きします。 現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。 すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。普通は添削や、面談といった下...

転職エージェントからの会社に納得いかない場合どうすれば良いですか?

複数の転職エージェントに転職の相談したら全て施工管理の仕事を勧められます。 エージェントからの押し売り感が感じられて不信感も募る一方です。

転職活動でエージェント以外で良い案件に巡り合う方法はありますか?

前回からの続きです。まだ現職に耐えてます。家族的には給料も前職よりもアップしているため、辞めないで続けて欲しいのが願いといった感じです。 今、ひとつエージェントを使って、転職活動してますが、内定1社もらいましたが、条件が合わなくて断りまし...

大学を中退しても第二新卒として転職エージェントを利用できますか?

2018年4月から2019年4月までで実際に大学中退が決まったとします。 その場合、第二新卒として転職活動についてdoda,パソナキャリア、マイナビエージェントなどの転職エージェントサービスの利用そのものの利用はできたのでしょうか。

転職エージェントからの転職先を辞退すると他を紹介してもらえないですか?

歳が歳なので、自力で転職難しくて、エージェントを使ってます。1社内定出そうですが、他にも、行けそうな所があるそうで、そちらに興味が行き、内定もらえそうな会社とのタイミングが合わないような気がします。 もし、万が一、その1社を辞退したとす...

IT業界に転職するなら転職エージェントを使うべきですか?

IT業界を中心に転職活動をしています。 エージェントに詳しい方教えてください。 同じ求人に応募するのにどちらから応募した方が受かりやすいでしょうか。 エージェントを併用するのが基本と良くネットに書いてあるので併用した方が良いのでしょうか。 ...

転職エージェントを利用すると企業への書類選考が厳しくなりますか?

転職エージェントを通すと、書類の通過しません。 転職エージェントを使用すると、書類選考が厳しくなるのでしょうか。直接応募したら、3社面接に行けました。

転職活動中の入社前辞退の理由を転職エージェントに正直に話しますか?

入社前辞退の理由はエージェントに正直に話しますか? それとも建前を言いますか? 本当の理由は入社手続きの中で違和感を感じたからです。 人事担当者が異動で交代したのに、後任の人から連絡ひとつなく、丁寧に扱われていないと感じてます。 私も...

この記事に関連する記事

【全く知られていない】ニートにおすすめ転職エージェントを徹底解説

普通の人が知られていないニートの転職エージェントをご存知ですか。この記事では、ニートが転職エージェントを使うべき理由や、よくあるニートが転職する際に起こる疑問について詳しくご紹...

【絶対知るべき】高卒の転職に強い転職エージェントを詳しくご紹介

転職活動をする際に、学歴が少々気になってしまう方も多いのではないでしょうか?現段階での日本では、最終学歴が高卒ですと、多少なりとも学歴で判断されるため、本当に採用されるかどうか...

【転職エージェントはいらない場合とは】利用する前に確認しよう

転職活動を進めるにあたり、転職エージェントを活用することで有利に進めることができます。リクルートエージェントやdodaなど数多くの転職エージェントが存在しますが、中には転職エージェ...

【転職エージェントが使えない場合】利用する前に知っておこう

転職活動を進める際、転職エージェントを利用することで転職活動を有利に進めることができます。転職エージェントには、リクルートエージェントやdodaなどありますが、これらの大手の転職エ...

【リクルートエージェントの再登録】知っておくべき情報を徹底解説

今回はリクルートエージェントの再登録について解説します。転職エージェントは一般的に再登録が可能であるという認識が広まっているようですが、リクルートエージェントでも再登録は可能な...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー