【金融業界への転職】有利な資格からエージェントの活用方法までご紹介の画像

【金融業界への転職】有利な資格からエージェントの活用方法までご紹介

金融業界へ転職したいと考えている方は多いのではないでしょうか?金融業界は憧れの職業であり、人気度も高いです。未経験の方から経験者、第二新卒、女性まで幅広いバックグラウンドの方達が転職を考えています。そこで今回は金融業界への転職ノウハウについてご紹介します。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

転職の第一歩は業界を知ることから

金融業界は、学生の人気も高く、高報酬が得られることから転職も盛んです。メガバンクや信用金庫、信託銀行の他、証券会社、保険会社、投資信託会社などがあり、細かく業種や業務内容が分割されています。

金融業界をよく調べる必要がある理由は、自分の得意な分野、専門分野を見極めることが大切だからです。

そのうえでやりたいことができる業種、業務に絞り込んでいきます。銀行や証券会社、投資信託会社といった金融機関では、業務のスキルを3つに区分しています。それは、フロント、ミドル、バックと呼ばれるものです。

 

フロント・ミドル・バックとは

フロントは、トレーダーやアナリスト、営業マンです。

ミドルは、サポート業務、リスク管理業務などがあります。バックは、決済業務照合業務、財務、法務、監査、人事総務、情報システム部門などになります。

こうした幅広い業務があるため、金融業界は業界経験者はもちろん、異業種からの転職も大歓迎の業界として人気があります。

関連相談

金融業界未経験者の転職のポイント

金融業界は、専門知識が必要です。

転職であれば間違いなく業界経験の差が有利・不利につながります。しかし、未経験や異業種からの転職でも門戸が開かれています。

 

金融業界への転職はスキルが大切

金融業界で仕事をするのであれば資格やスキルが重要です。

銀行であれば「銀行業務検定試験」、証券会社であれば「二種外務員資格」などの資格があれば、未経験や異業種の方が転職する際にも業界で働ける準備ができていると評価されます。

他に、証券アナリストやファイナンシャルプランナーなどの資格があれば転職でもアピールできます。

金融業界にも国際化の波が押し寄せています。そのため、米国公認会計(USCPA)、国際会計検定(BATIC)といった資格もあり、専門性のある英語を身に着けていると評価されます。実務レベルでの英語力も必要です。

TOEIC、TOEFLなどで高得点を取る以上に、ビジネス実務上での会話力を身に着けているかが問われます。

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。

外資コンサルや金融業界へ転職するための方法はありますか?

外資系コンサルもしくは金融への転職を検討しています。現在、一部上場メーカーにて営業企画に携わっている新卒一年目です。

知名度やグローバルに活躍出来るフィールドの広さに惹かれ入社したものの、日本のメーカー企業の雰囲気が自分の思っている社会人像と違い、転職を検討しています。

そこで、外資系コンサルもしくは金融にて働きたいと考えています。就職活同時も検討している業界であったのですが、先に今の会社から内定をいただけたため、決めてしまいました。非常に後悔しております。

そこで、質問なのですが、今から外資系コンサルもしくは金融への転職するためにはどのようなキャリアを歩めば、転職の可能性があるのでしょうか?

英語については、ビジネス英語といえるまでは自信がありません。が、学生時代はTOEIC850点でした。その他、留学経験1年あります。

どなたか回答お願い致します。

あくまで一つのパスとして

①公認会計士又はUSCPAに合格
→②監査法人又はFAS(できれば後者)に転職し、3年程度経験を積む
→③外資系コンサル又は金融に転職、というのは一つの方法としてあります。

①→②は監査法人の人材の需給に、②→③は景気そのものにより成功確率が大きく変動します。

また、成功確率を上げるには②の段階で監査だけでなくDDやバリュエーションといったアドバイザリー業務に関する経験を積むことが肝要です。

なお、東大卒や医学部卒等の高学歴だったり、地頭やポテンシャルが高ければ、②でFASに入ることもできると思いますが、一般的なスペックであれば監査法人だと思います。

との事でした。

公認会計士やUSCPAのような資格に合格することが金融業界への転職に有効かもしれませね。

関連相談

高卒でも金融業界への転職に挑戦可能

金融業界では中途採用で即戦力となる人材を募集していることがあります。

しかし、金融業界では一定レベルの学歴や資格が必要です。肉体労働や高卒の中途採用がないような金融業界は、高卒者の転職へのハードルが上がります。

銀行や証券会社、保険会社では、過去には商業高校を出た人材も採用していた時代があります。それも大量に採用していました。ところが、1990年代以降は、高卒者の採用がなくなってしまいました。

しかし、高卒者でもできる仕事もあります。

高卒以上の募集案件があれば、実務のレベルもそれほど高くありません。そのため、高卒以上の求人案件を探すようにしましょう。

時間が許す限り学歴を積み、金融業界で必要な資格をコツコツと取得していってください。

関連相談

転職には年齢に適した時期がある?

金融業界への転職も門戸が開かれていますが、リストラも増えていることから、年齢が上がるにつれてハードルも上がりますし、求人数も減っていきます。金融業界でも若くて新しい分野に取り組み、順応力がある方が求められています。

 

30代が転職に最適な年齢?

そのため、35歳までが転職に最適な時期です。

40代以降は求人数がかなり減ってしまいます。しかし、難関資格を持っている方、他の社員と比べても数倍の成果を出す方には40代以降でも転職できたり、ヘッドハンターから声がかかったりすることもあります。

また、男性と女性とでは転職に関する心構えや求められる仕事内容も異なります。女性は出産や育児がありますので、その時期の転職は避けてください。

育児に手がかからなくなった後、金融業界でずっと働きたいということであれば、未経験でも金融業界の転職にチャレンジできます。

関連相談

有利な資格を取れば転職しやすい?

金融業界は、エリートが多い世界です。そのため、高い学歴を持つ人がたくさんいます。

資格の取得では、金融機関の業務に関連する資格、国家資格、語学に関する資格を取得しておきましょう。

銀行業務検定試験や二種外務員資格は、すでに取得している方もいますし、未経験の転職でも少しだけ評価されます。実務でもフロントに立つのであれば、ファイナンシャルプランナーや証券アナリストが最適です。

外資系企業なら、米国公認会計士(USCPA)、国際会計検定(BATIC)などが会計と英語の両方の力を持っていると証明できます。

TOEIC、TOEFLなどの英語に関する資格も高得点を持っているだけではなく、実務でも使える英会話ができる人が評価されます。

関連相談

転職エージェントを最大限に活用しよう

金融業界は、業界業種、規模、エリアによって細かく棲み分けが行われています。そのため、どんな方にも転職のチャンスがあるはずです。

しかし、ご自身では探せる金融業界の転職情報も限られています。だからこそ、金融業界専門の転職エージェントを活用するべきです。

ハローワーク掲載の金融機関では、誰もが転職の応募ができるため、人気の職種、好待遇の仕事に対しては応募者が殺到します。金融機関としても欲しい人材以外の全員を相手に面接や就職試験を行うことができませんので、転職エージェントによる人材の絞り込みを行っています。

応募する方とのマッチングもプロの目線とアドバイスにより行われます。自主応募ではわからない金融機関の非公開求人に関する情報も知ることができます。

面接時にも貴重なアドバイスを仕入れることができ、他の応募者よりも先に内定に近づくことができます。だからこそ、転職後の企業と求職者の満足度が高いのも当然だということです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は金融業界の転職ノウハウについてご紹介しました。 

憧れの金融業界、好待遇の金融業界。

未経験の方にも門戸が開かれています。高卒であっても、未経験であっても、これから資格を取る予定であっても、あきらめずに金融業界を目指して転職活動を行い、内定を勝ち取り、夢を実現していきましょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

私は在職中ではありますが、現在転職活動をしております。年齢は50歳です。気になる企業のホームページに求人募集がある場合、直接応募が良いかそれとも付き合いのあるエージェントからの応募が良いのか悩んでおります。ちなみにこの求人は別の人材会社が...

企業の採用ページに自分の希望する職がなかった場合、転職は出来ないんですか?

転職を検討している会社があり、その企業の採用ページを確認したのですが、自分の希望する職を募集していませんでした。 この場合、転職エージェントなどに話を聞きに行けば、案件を持っている可能性は高いのでしょうか? 転職エージェントの場合、...

転職の気持ちが定まっていないのに転職エージェントに登録をしてもいいんですか?

転職をしようかどうか悩んでいる者です。 前向きに転職は検討しているのですが、未だ気持ちに決心出来ていません。 ただ、話は聞いてみたいと思い転職エージェントへの登録を検討しているという段階です。 実際に転職エージェントに登録するよう...

複数の転職エージェントに登録しても問題が無いんですか?

初めての転職活動を検討しているものです。 早速、転職エージェントに登録しようと考えているのですが、複数の転職エージェントに登録してもいいものなのでしょうか。 いくつかの領域に特化した転職エージェントを利用しようと考えてはいるのですが...

おすすめの転職サイト・エージェントを教えて下さい。

おすすめの転職サイト・エージェントを教えて下さい。 SIerでSEとして働いている29歳男です。 現在は客先常駐で制御系の開発をしていますが、 自社開発、内製SE、社内SEに転職をしたいと考えています。 転職活動を始めるにあたり、どの転職サイト...

海外へ転職したい時の転職活動はエージェントを利用するべきですか?

海外で働きたいと考えている30代の者です。現在は、日系のメーカー系の会社で働いています。 元々、数年働いた後に、海外の支部への異動を約束されていたので、 転職を決めたのですが、私の異動する予定であった支局の撤退が決まり、希望通りに異動が...

海外転職をするには転職エージェントなどに登録するのが良いのでしょうか?

外資系企業に勤めています。 職場では常に英語が公用語となっているので、その英語力を活かして海外でも仕事したいなと考えています。 そこで海外の企業に転職したいと考えているのですが、まず何から始めれば良いのでしょうか? また転職エージェ...

エージェント経由である大手企業に自分の経歴を見てもらいました。私の担当のエージェントの...

エージェント経由である大手企業に自分の経歴を見てもらいました。私の担当のエージェントの上司がその企業の担当でした。私の担当のエージェントから、「生産技術」でご活躍頂けます、と連絡を貰いました。よく話を聞くと、企業の人事の方が生産技術でい...

転職エージェントに連絡すれば転職の準備は特にする必要はないんですか?

転職エージェントを初めて利用してみようと考えているものなのですが、 転職エージェント経由での転職の場合、自分で求人を探してくる転職活動と違って、 特に準備するものがないと伺ったのですが、本当に準備するものはないのでしょうか? 転職活動...

大手の人材紹介会社と個人の人材紹介会社はどちらが信用できますか?

人材紹介会社をはじめて利用してみました。 大手の人材紹介会社をまずは利用してみたのですが、 担当者からの連絡が来ないでいます。 現在年齢は25歳で、周りに人材紹介会社を利用して転職を決めた方がいなく 相談なのですが・・・ 大手の人材...

この記事に関連する記事

【東京拠点】評判の良い転職エージェントについてご紹介

転職エージェントの活用を考えている方は多いのではないでしょうか?エージェントはアナタを希望の転職先への内定を獲得する...

転職エージェントを複数登録はオススメ?メリットや活用方法についてご紹介

多数ある転職エージェントの中で、1つに絞り込んで利用しようと考えている方も多いのではないでしょうか?結論から言うと、転...

【転職サイトの未経験案件】応募する前に心得ておきたいことをご紹介

未経験者歓迎の求人案件は魅力的です。今の仕事がうまく行っていない、もっとやりがいのある仕事がやりたい、新しいことにチ...

【40代向け転職サイト】男性・女性共にオススメの転職サイトをご紹介

40代で次のキャリアアップに向けて転職を成功させたいと考えている方も多いのではないでしょうか?40代で転職が未経験の方で...

【JACリクルートメントの評判・口コミ】サービス内容から特徴までご紹介します

第二新卒での転職が一般的になってきた昨今、転職を希望した年齢がミドルと呼ばれる年齢に達していた場合、どの転職サイトや...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー