【マイナビITの評判】口コミからわかる真の情報をご紹介の画像

【マイナビITの評判】口コミからわかる真の情報をご紹介

マイナビITの評判をご存知ですか。この記事では口コミなどと一緒にマイナビITの評判をご紹介致します。マイナビITの特徴や、マイナビTIのメリットを口コミと共にご紹介致します。また、マイナビITのデメリットも口コミと共にご紹介致しますので、ぜひ参考にしてください。

マイナビITの特徴や強み

「ともかく数多く転職サイトに登録しておけばいいだろう」と思っているとしたら、それは転職活動期間を無駄に長引かせてしまう要因になるかもしれません。

インターネットが発達している今、ネットを使った転職活動は当然と言われつつあります。

現在は転職エージェントに登録する人も増えてきており、それに伴い、転職エージェント自体の数も増えてきています。

自分の特性、また希望する業界に見合った転職エージェントを上手に活用することが、転職活動を成功させる近道です。

今回はそんな転職エージェントの1っである「マイナビIT」について、ご紹介します。

マイナビITの総評

  評価 内容
求人量・質 極めて良い マイナビITでしか取り扱いのない高品質の案件が多数
提案力 極めて良い IT・Web業界に精通した優秀な担当者が多数
サポート体制 極めて良い エンジニアとしての基礎知識、面接対策、履歴書の添削などのアドバイスを丁寧に受ける

 

マイナビITの特徴

マイナビITの特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • キャリアアドバイザーがIT系に強い
  • IT業界未経験者でも利用可能
  • 面接通過率が高い

マイナビITのメリット・デメリット

マイナビITのメリット・デメリットをまとめると、以下の表のようになります。

メリット
  • IT業界への転職が強い
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 転職を最後まで手厚くサポートしてくれる
デメリット
  • 質の低いエージェントが担当になることがある
  • 求人数が多く見極められないことがある

 

関連相談

マイナビITの基礎情報

マイナビITの基礎情報を

  1. 業種別求人率
  2. 職種別求人率
  3. サポート地域

の3つの観点でご紹介します。

※データは全て2019年12月時点の数値です。

業種別求人率

このグラフからもわかるように、マイナビITはIT・Web系求人のみならず、メーカー系の求人も多く保有していることがわかります。

職種別求人率

マイナビITが保有する求人の半分はWebエンジニア、PMで占めているため、これらの職種については非常に豊富な選択肢があるといえます。

それ以外にも、グラフに記載の職種であれば十分な選択肢があるといえます。

サポート地域

マイナビITのサポート地域は、

  • 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
  • 関西圏(大阪、兵庫、京都)
  • 中部地方(愛知・静岡)
  • 北海道(札幌市中央区)
  • 福岡(福岡市博多区)

の5エリアです。

特に首都圏と関西圏に強く、理由としてエンジニア求人がこれらに多く集中していることが理由として考えられます。 

関連相談

マイナビITの特徴3選

キャリアアドバイザーがIT系に強い

IT系と言っても、その実際の職種やそれに伴うスキルや知識などは多岐に上ります。

また、企業が求める人物像についても、適切に認識するのはとても難しいものです。

例えば、今人気の「SE(システムエンジニア)」。

採用の際に、システム開発者として高い専門知識を重視する企業もあれば、プロジェクトの管理能力や営業力と言った面を重視する企業など、さまざまです。

そのような業界内の事情にも精通し、企業が求める人物、そして転職を希望する人物とのマッチングを測るには、エージェント自身にもIT分野における知識や実績が必要です。

マイナビITはIT業界出身者のエージェントが多く在籍しています。

業界内部の細かい事情なども理解してくれるので、とても頼れるエージェントとして、貴方の転職活動を力強くサポートしてくれます。


IT業界未経験者でも利用可能

最近のIT業界の進歩から、将来を見据えて異業種からIT業界への転職を希望する人も増えています。

ですが、ここで気になるのは未経験でも採用してくれる企業があるかどうか。

マイナビITでは、これからのIT業界に希望を抱く未経験者の転職希望者も力強くサポートしてくれます。

マイナビIT自身が、今までの多くの実績や厚い信頼関係から、未経験者の方でもIT業界へ送り出しています。

新たなチャレンジを応援してくれる、マイナビITです。


面接通過率が高い

マイナビITが拘っているのは登録企業者数やサイト利用者数などではなく、あくまで転職が成功したかどうかの結果です。

書類選考や面接通過率を高めることを目標に掲げ、特に面接通過率については高い評価を得ています。

マイナビITの面接通過率は7割から8割程度と言われており、他の転職エージェントと比べても群を抜いた実績となっています。

関連相談

マイナビITのメリットと評判を口コミと共にご紹介

続いては、実際にマイナビITを利用した人の口コミとともにメリットを確認していきましょう。

実際に利用した人の意見は大変貴重です。

自分の転職エージェント選びの参考として、ぜひご参考下さい。


IT業界への転職が強い

IT業界に強いマイナビITなら、「IT業界で働いていたけれど、さらに一歩ステップアップした仕事に携わりたい」「前職はIT関係と無関係だったけど」という方の希望も叶えることができます。

多くの企業との根強いパイプがあるのは、老舗エージェントならでは。

IT業界への転職を考えているのなら、まずはマイナビITに登録して間違いはないでしょう。
 

業務がルーチン化していたので、さらなるステップアップを目指してマイナビITに登録しました。自分が希望する、刺激を貰える企業に転職することができました。
IT業界にすでに勤めていましたが、会社自体は大手とは言え自分の仕事はオペレーター的な仕事で”このままでいいのか?”と悩んでいました。キャリア相談だけでもと思い、マイナビITを含めた他数社に登録しましたが、私自身のことを本当に考えてくれたのはマイナビITだけでした。エージェントさんがIT業界出身で詳しいという点も、話をしていて安心できました。もし本当に転職する場合でもIT業界を考えているので、その時はぜひマイナビITにお願いする予定です。


非公開求人を紹介してもらえる

マイナビITは登録求人数が多く、しかもなんとその約8割が非公開求人です。

求人数が多いということは、それだけ転職へのチャンスが広がるということ。

非公開求人数も多いマイナビITは、頼れる転職エージェントです。
 

他にも複数の転職エージェントに登録していました。ですが、マイナビITは他では紹介されないような求人をいくつも紹介してくれて、凄いなぁと関心しました。」
Web業界の求人は今は売り手市場のようで、より良い転職先を求めて4社ほど転職エージェントに登録しました。その中の1社がマイナビITで、最終的にはマイナビIT経由での転職に決めました。その求人が好条件だったこともさることながら、マイナビIT独占求人があり選考が通りやすいっていうメリットにも俄然モチベーションがあがり、安心して転職を進めることができました。


転職を最後まで手厚くサポートしてくれる

転職活動を行う人の中には、現職場で働きながら転職活動を行う人も少なくありません。

そのような人達には、書類作成や面接のスケジュール調整などに時間を割くのは、なかなか難しいものです。

マイナビITでは、そのような面もしっかりサポートしてくれます。
 

転職する意思は強くても、書類作成や面接に苦手意識があった私には、マイナビITの手厚いサポートは大変助かりました。キャリアシートの添削や、面接のスケジュール調整まで。マイナビITのキャリアアドバイザーさんには本当にお世話になりました。
SE職は人気のようで、他エージェントではなかなか転職を決めることができず、マイナビITにも登録しました。マイナビITでは細かい面接対策や質問事項をまとめてくれたり、とても具体的にかつ実用的な対策を行ってくれました。見事希望の転職先から内定を得られたのは、細かい配慮をしてくれたマイナビITの担当エージェントさんのおかげだと思っています。
関連相談

マイナビITのデメリットと評判を口コミと共にご紹介

メリットに続いては、デメリットについても確認していきましょう。

メリット・デメリット両面をしっかりと把握した上で、ご自身にあう転職エージェントを利用することが転職成功への近道です。

では、マイナビITのデメリットと評判を口コミと共に紹介します。


質の低いエージェントが担当になることがある

エージェントによって対応やスキルが違うことは確かですが、その個人の差があり過ぎるように感じる方が多いように見受けられました。

やはり大手サイトだけに、抱えるエージェントの数も膨大です。

まだまだ成長過程のエージェントが担当になることも、可能性としては十分考えられます。
 

若いエージェントさんだったので、一生懸命やってくれてる熱意は感じられたのですが、期待している求人とはかなり違う案件を立て続けに紹介され、困りました。また、連絡してくる頻度や時間帯も、現職で働いていることは伝えてあるので、もう少し考慮して欲しかったです
IT業界に特化した転職エージェントだと思っていたのですが、そうでも無かったようです。担当エージェントのやり取りでITの専門的な話をすると、自信が無いのかと思えるような態度が見られ、また紹介された案件もちょっとピント外れのようなものが多かったです。


求人数が多く見極められないことがある

求人数の多さは、その転職エージェントの大きな魅力の1っでもあります。

ですがその数の多さ故に、多少心配になる求人というのも見受けられたようです。

紹介を受けた利用者側としては、マイナビITを信用しているだけに、このような点は多少心配であると言えます。
 

紹介される求人数は確かに多かったですが、中にはブラックっぽいかなって思うような求人もありました。マイナビITから紹介されたからって安心せずに、個人でも企業チェックをするように心掛けていました。
紹介される案件を見ると、ともかく数打てば当たる的な感じが否めませんでした。自分ではその数の多さに迷ってしまいました。具体的は自分の理想を持って転職活動を進める人には、選択肢があって良いのかもしれない……と思いました。」
関連相談

マイナビITの利用をおすすめする人

転職エージェントして歴史を持ち、求人数の多さでも定評のあるマイナビITですが、それでも万人受けするというわけではありません。

相性とも言えるべき、そのサイトを利用するのに向いている人・向いていない人がいます。

マイナビITの利用をおすすめする人とはどのような人でしょうか。


IT系の転職を希望する人

マイナビITは老舗ならではのIT業界へ強い繋がりを持っています。

また、キャリアアドバイザーにはIT業界出身者が多く在籍しているため、実際の転職活動中にも具体的なアドバイスを受けることができます。

IT系の業界へ転職希望の際には、アドバイザーとして力強いパートナーとなってくれることでしょう。


Web業界未経験の人

ITやWeb業界に強い転職エージェントの中には、個人のスキルを転職活動を行う上での条件としているエージェントもあります。

つまり、個人がある程度の経験やスキルがあった上で転職活動を行うということです。

その点マイナビITは、未経験者でも受け入れてくれる企業案件を保有していますので、新たに他業種からWeb業界への転職を希望する未経験者でも、対応可能です。

専属のキャリアアドバイザーが的確にサポートしてくれることでしょう。


Web業界に年収アップを検討している人

ITやWeb業界で働いていた経験を踏まえて、さらなるステップアップを測った転職も、マイナビITは力強くサポートします。

今の業務や年収よりも、さらに一歩上の就職先を探すなら、マイナビITの利用を検討してみることをおすすめします。

マイナビITの利用方法

では最後に、マイナビITの利用方法についてご紹介します。


マイナビITの利用方法と登録方法

マイナビITでは、まず”無料転職サポートお申込み”ページにアクセスし、必須事項を入力します。

必須事項を全て入力の上「申込」ボタンを押せば、登録手続きは完了です。

マイナビITでは登録から登録後のサービス利用まで、すべて無料で利用することができます。

まとめ

IT業界への転職に強い転職エージェント「マイナビIT」について、まとめました。

転職活動に、転職エージェントを利用するのは既に常識とも言われています。

自分にあった転職エージェントを探すのもなかなか大変ですが、ITやWeb業界への転職を考えているのなら、マイナビITも候補の1っとしてぜひともご検討ください。

本記事の初回公開日は2019年09月12日です。

この記事に関連する転職相談

30代からWebマーケティングとして転職できますか?

30代からwebマーケティングの仕事につけますか?

面接の希望日を失礼のないように伝えるにはどうしたらいいですか?

こちらから面接の希望日時を指定したのに、都合がつかなくなってしまいました。日時変更をお願いしたいのですがなるべくベターな失礼にならない申告の仕方が思いつかず不安です。 現在転職活動を行なっています。その時は複数の企業から連絡が重なり情...

うつ病になったら有給を使うのと退職するのならどちらがいいですか?

5月から仕事に行けなくなり、心療内科を受診したところ抑うつのため6月末まで休業するよう診断書が出ました。 しかし、もともと仕事を辞めたい気持ちもあり、休業するよりも残りの有給を使ってそのまま退職という方法がいいのではと考えています。 しか...

仕事がない場合は退職して失業手当をもらいながら転職した方がいいですか?

年齢は40手前ですが、IT業界で4年間働いてました。資格はたくさん持っていますが、主に運用しか経験がなくスキルが浅いため、案件が見当たらずに、無収入の状態で待機になっております。その場合、退職して失業手当を貰いながら転職活動したほうが良いでし...

派遣社員になってでも今後のキャリアのために転職することをどう思いますか?

現在転職活動中のアラサー女性です。 私は直近は正社員としてメディア広告の企業で働いていましたが、それ以前は同業種で派遣社員をしていました。 派遣から正社員へ転職する時はかなり苦労しましたが、その会社も3年程で事業撤退により部署ごと希望退職...

大学生時代に3年間留年していたのですが転職で不利になりなりますか?

大学時代に3年留年してしまいました。転職で不利になるでしょうか?

Spring転職エージェントはフリーターでも利用できますか?

Spring転職エージェントは顧客満足度が1位だと聞いて、フリーターの私でも利用できるかな?と思ったのですが、実際は評判通りなのでしょうか。 20代中盤で、法人営業職での転職を検討しているのですが、Spring転職エージェントで転職成功することはでき...

Spring転職エージェント(アデコ)の口コミや特徴を教えていただけませんか?

Spring転職エージェントを利用しての転職活動を考えています。 Spring転職は海外や外資系の転職に強いという口コミをみたのですが、どうなのでしょうか。 また、Spring転職ではどのようなサポートを受けられるかについても知りたいです。 ぜひ回...

前職の企業のネームバリューはどの程度転職に影響するのでしょうか?

前職の企業のネームバリューはどの程度転職に影響するのでしょうか?

この記事に関連する記事

音響スタッフとは|仕事内容・年収・なり方・資格などを解説

アーティストがコンサートを行うためには、音響スタッフの存在がとても重要です。他にも演劇や舞台、映画制作など、多くの場面で音響スタッフが活躍をしています。今回は音響スタッフの仕事...

コンサートスタッフとは|仕事内容・年収・なり方・資格を解説

昨今では、コンサートホールで行うアーティストのライブは、熱狂的なほどの盛り上がりを見せています。それらのイベントには、アーティストの力だけではなく、運営を行うコンサートスタッフ...

インテリアコーディネーターへの転職は難しい?志望動機例文も紹介

住宅をはじめとした空間全体のインテリアをコーディネートするのが、インテリアコーディネーターです。活躍の場が広いため、新たに目指したいと考える人も多いかもしれません。そこで今回は...

ゲームデザイナーとは|仕事内容・年収・なり方・資格などを解説

人気のゲーム業界で活躍するゲームデザイナー。ゲームが好きな人は憧れる職業かもしれませんが、実際の仕事内容、年収、その職業に至るまでの進路、必要な資格など、わからないという人は多...

コンサートスタッフへの転職は難しい?成功させる方法を解説

コンサートスタッフに転職したいと考えている場合、具体的にどのような転職先があるのか分からない人も多いでしょう。また、大手企業に転職するのか、中小企業に転職するのかによって転職の...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー