【転職エージェントが使えない場合】利用する前に知っておこうの画像

【転職エージェントが使えない場合】利用する前に知っておこう

転職活動を進める際、転職エージェントを利用することで転職活動を有利に進めることができます。転職エージェントには、リクルートエージェントやdodaなどありますが、これらの大手の転職エージェントでも、使えないと感じてしまう担当者に当たってしまう可能性はあります。今回は、自分にとって転職エージェントが使えないと感じてしまった場合、どのように対処すべきか、また、そのような転職エージェントに当たらないためにはどうすべきかを解説します。

転職エージェントが使えないことはあるのか

転職エージェントが使えない

転職エージェントを利用した際に「この転職エージェントは使えない」と感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

実は、このような悩みを抱えている人は多く、転職エージェントを利用した経験がある人約60人へのヒアリング調査では約70%の人がエージェントは使えなかったと感じています。

その理由として、興味のない求人を紹介してきたり、対応が機械的で本当に理解しているのか不安、連絡が遅いなど様々な感想がありました。


リクルートエージェントの場合は

リクルートエージェントの場合、13ヶ月連続で人気が1位、過去30日間の登録者数が600人を超えるなど、信頼できる要素が多く存在し、さらに担当が合わないと感じた際にはその変更をすることもできますので、安心して登録・転職活動を進めることができます。

変更の方法も簡単で、問い合わせフォームやメール、電話で担当コンサルタントを変更する理由を説明すると担当を変更することができます

その際に次のコンサルタントに求めることを具体的に伝えることで、求めている担当コンサルタントを見つけることができます。

関連相談

使えない転職エージェントの特徴とは

希望にあった案件を紹介してくれない

使えない転職エージェントであると感じる理由については様々な意見がありますが、希望にあった案件を紹介してくれないと言う意見が多いようです。

そもそも、求職者が提示した希望条件に合う求人が少なかったりするとこのような事態になってしまうことが多いようです。

また、求職者は担当者を初めから選ぶことはできませんので、希望している業界や業種への転職サービスを得意としていないエージェントが担当になってしまった場合、その業界・業種の知識不足が原因で転職をスムーズに進めることができないこともあります。
 

また、面談や連絡がおろそかになってしまいうまく意思疎通ができていなかったと言うことも理由の1つとして挙げられますので、多くの原因がそこにはあるのです。


連絡が遅い

連絡が遅いと言うことも使えないと感じる原因の1つです。

連絡が遅れる理由としては、連絡を忘れているという可能性は低いのでエージェントと求職者の希望条件のマッチ度が低いと言うことが挙げられます。

連絡がこないと言う不満を持つ人の中には3週間も放置されたと言う人もいたり、その後の転職活動に大きな影響を与える事態になってしまうこともあり得るので、この場合には担当変更を申し出たり、別のエージェントに登録することをお勧めします。

関連相談

使えない転職エージェントに当たらないためには

求人案件数を確認しよう

転職エージェントが扱っている求人案件数は選択肢の幅に大きく関係があります。

ですので、多くの案件を扱っている転職エージェントを利用することをお勧めします。

案件数が乗っていない場合もありますが、その際には非公開求人の数に注目し、非公開求人が多ければ他にはない特別な求人を持っている可能性が大きいのでそのエージェントを利用するようにしましょう。


転職エージェントのそれぞれの強み知る

転職エージェントのそれぞれの強みを知ることも大切です。

多くの転職エージェントがありますが、ある一定の業界や業種に特化したエージェントや特定に地域に特化して求人を紹介しているエージェントなど様々な種類のエージェントが存在します。

また、業種・業界を問わず大量の求人を紹介している総合エージェントと呼ばれるエージェントも存在しますので、業界にこだわらずに幅広い職種の求人を紹介してもらいたければ総合エージェントへ登録をし、ある特定の分野で専門的なサポートを受けたい場合はその分野に特化したエージェントを利用することが必要です。

このようにそれぞれのエージェントが何を得意としているのかを見定めて自分の希望にあった転職エージェントを利用することが大切なのです。

関連相談

使えない転職エージェントに当たったときの対処法

キャリアアドバイザーを変更しよう

自分との相性がよくないキャリアアドバイザーに当たってしまう可能性はあります。

その際はキャリアアドバイザーの変更を申し出ることをお勧めします。

その際、感情的に伝えてしまうと多度がたってしまい、信頼や信用にも関わりますので、変更したい理由と次のキャリアアドバイザーに求めることを冷静に伝えることが大切です。

求めることが多すぎても次のキャリアアドバイザーを探す時間が取られてしまいますので、自分が何を1番に考えていてどのような知識を持ったアドバイザーが必要なのかを分析してから完結に要望を伝えましょう。

関連相談

転職エージェントの失敗しない使い方

転職エージェントの言いなりにはならない

転職エージェントを利用する際に失敗しないためのポイントがいくつかあります。

その1つが転職エージェントの言いなりにはならないということです。

使い方次第ではとても頼り甲斐のある転職エージェントですが、あまりにも言いなりになってしまうとそれは失敗につながるかもしれません。

キャリアアドバイザーは確かに転職のプロではありますが、その意見が必ずあっているとは限らないからです。

自分の転職の目標や希望を具体的に説明し、自分の要求と異なるものが帰ってきたときにはっきりと意見を言えることが大切なのです。

あやふやにそのまま流してしまうと、キャリアアドバイザーも求職者が何を求めているのか把握することが難しくなりますし、スムーズに転職活動を進めることができなくなってしまいますので、はっきりと意見することが重要です。


転職エージェントに嘘はつかない

キャリアアドバイザーとの面談で話したことが企業にそのまま伝わるのかというとそうではありませんが、面接に不利になるであろう情報であっても嘘をつかずにキャリアアドバイザーに報告をしていれば、うまく先方に伝えてくれたり、悪い印象を与えないような対策を考えてくれたりします。

転職をうまく進めたいからといって都合の悪いことを隠したり嘘をついたりすることで逆に転職活動がスムーズに行かなくなる可能性もありますので、転職エージェントには嘘をつかずに真実を話す必要があります。


転職エージェントとの信頼関係が大切

このような注意点に気をつけていれば転職エージェントを利用することでスムーズな転職をすることができます。

もちろん転職エージェントは内定獲得が仕事ですので、求職者に対しても協力的です。

より協力的なサポートを受けるためにもパートナーであるキャリアアドバイザーとの付き合い方を意識して信用と信頼関係を気づけるように接することが大切なのです。

関連相談

総括

多くの転職エージェントが存在しますが、どの転職エージェントに登録しても担当との相性や信頼関係は大切なものです。

合わないなと感じた際には速やかに担当変更の申し出をしてより良い環境で転職活動ができるようにしましょう。

また、自分が求めている希望や環境についてまずは自分で整理をし、それを実現させるために1番近い転職エージェントはどれなのかを見定めることも重要です。

この記事に関連する転職相談

リクルートエージェントに登録するメリットやデメリットは何ですか?

転職活動をしています。 転職エージェントへの登録を検討していて、大手であるリクルートエージェントへの登録を検討しているのですが、良いことや悪いことなど様々な情報があり、リクルートエージェントの登録するメリット・デメリットを聞きたく、相...

リクルートエージェントの紹介される会社の質が低いんですけど…

この前リクルートエージェントの方に面談をして頂いて、求人を紹介してもらったんですが、自分の希望とは全然ちがう求人しか紹介されないのですがそんなもんなのでしょうか?正直、がっかりしています

神奈川で事務・人事・総務への転職に強い転職エージェントはどこですか?

神奈川で面談可能な 事務、人事・総務案件に 強い転職エージェント教えて下さい 出来れば実体験も 未経験ですが、法人営業から バックオフィス目指しています

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。既に転職活動中の方へお聞きします。 現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。 すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。普通は添削や、面談といった下...

転職エージェントからの会社に納得いかない場合どうすれば良いですか?

複数の転職エージェントに転職の相談したら全て施工管理の仕事を勧められます。 エージェントからの押し売り感が感じられて不信感も募る一方です。

転職活動でエージェント以外で良い案件に巡り合う方法はありますか?

前回からの続きです。まだ現職に耐えてます。家族的には給料も前職よりもアップしているため、辞めないで続けて欲しいのが願いといった感じです。 今、ひとつエージェントを使って、転職活動してますが、内定1社もらいましたが、条件が合わなくて断りまし...

大学を中退しても第二新卒として転職エージェントを利用できますか?

2018年4月から2019年4月までで実際に大学中退が決まったとします。 その場合、第二新卒として転職活動についてdoda,パソナキャリア、マイナビエージェントなどの転職エージェントサービスの利用そのものの利用はできたのでしょうか。

転職エージェントからの転職先を辞退すると他を紹介してもらえないですか?

歳が歳なので、自力で転職難しくて、エージェントを使ってます。1社内定出そうですが、他にも、行けそうな所があるそうで、そちらに興味が行き、内定もらえそうな会社とのタイミングが合わないような気がします。 もし、万が一、その1社を辞退したとす...

IT業界に転職するなら転職エージェントを使うべきですか?

IT業界を中心に転職活動をしています。 エージェントに詳しい方教えてください。 同じ求人に応募するのにどちらから応募した方が受かりやすいでしょうか。 エージェントを併用するのが基本と良くネットに書いてあるので併用した方が良いのでしょうか。 ...

転職エージェントを利用すると企業への書類選考が厳しくなりますか?

転職エージェントを通すと、書類の通過しません。 転職エージェントを使用すると、書類選考が厳しくなるのでしょうか。直接応募したら、3社面接に行けました。

この記事に関連する記事

【リクルートエージェントの再登録】知っておくべき情報を徹底解説

今回はリクルートエージェントの再登録について解説します。転職エージェントは一般的に再登録が可能であるという認識が広まっているようですが、リクルートエージェントでも再登録は可能な...

【リクルートエージェントの評判とは?】特徴と利用する際の注意点をご紹介

「リクルートエージェント」で転職することは評判から見て良い選択と言えるのでしょうか。この記事では、リクルートエージェントの評判を他のエージェントと比較して詳しくご紹介致します。...

リクルートエージェントから企業スカウトがくると転職できるのか?

この記事ではリクルートエージェントの企業スカウトとはということや、リクルートエージェントの企業スカウトが来ない場合について詳しく解説致します。またリクルートエージェントの応募歓...

リクルートエージェントからの内定連絡の手続き方法についてご紹介!

リクルートエージェントの内定連絡について正しい対応方法をご存知でしょうか。この記事では、内定連絡は誰にくるのか、リクルートエージェントからの内定連絡が遅い理由などについて解説致...

リクルートエージェントとの面談をする場所は?【支店一覧あり】

リクルートエージェントとの面談場所知っていますか?転職活動の心強い味方のリクルートエージェント。リクルートエージェントのサービスを受けるためには、面談をする必要があります。しか...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー