【海外営業への転職】求められている人材とおすすめエージェントについてご紹介の画像

【海外営業への転職】求められている人材とおすすめエージェントについてご紹介

海外営業への転職は、とてもハイキャリアです。未経験の方なども転職理由を考えエージェント等に登録することで有利に活動を進めることが可能です。海外営業はメーカーなどの企業に務めることも可能な職種です。女性なども進出している海外営業ですが、どのような方法で転職活動を進めれば良いのでしょうか?今回は海外営業の転職情報についてご紹介します。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

海外営業へ転職する際のポイント

日本の少子高齢化が進み、日本企業の多くはグローバル化に活路を見出しています。

そして、そんな企業の海外での売上を左右するのが海外営業です。留学やワーカーホリックなどで長い期間を海外で過ごしたことのない方にとっては、海外営業はまさに未知の世界でしょう。

ただし、業務内容は国内での営業と比べても、大きな違いはないと言われています。

 

具体的な仕事内容について

具体的な海外営業の業務は、顧客に対するプレゼンテーション・価格や納期の調整・アフターフォローとなり、国内営業との違いは商談相手が海外企業や国家機関となる点だけです。

海外営業へ転職する際のポイントは、語学力や市場を読み取る力はもちろん、取引先企業のある国の慣習を感じ取る力にあります。

日本人にとって、奥ゆかしさや思慮深さは人間性を評価する褒め言葉ですが、海外では明るさや多少の強引さが求められることもあります。

関連相談

海外営業への転職は未経験者にとって難しい?

海外営業に限ったことではありませんが、昨今の転職では未経験者であっても活かせるスキルや経験、人間性が備わっていると判断されれば、積極的に採用されます。

一例をあげるとすれば、ビジネスレベルの英語が話せた上で、フィールドが違う国内での営業経験とそれなりの実績があれば十分です。

また、商品開発などまったく畑違いの業務でも、海外で長い期間過ごしたことがあり、取引先企業のある国に精通しているなどの業務外の知識や経験が重宝されることもあります。

このように海外営業への転職が、取り分け未経験者にとって難しいということはありません。

海外への関心が高く、市場動向に敏感であり、交渉力に優れるなどのスキルが高く評価される傾向にあります。

関連相談

転職する前に抑えておきたい平均的な年収

海外営業という業種では、500万円ほどの年収が平均です。

求められるスキルが、海外の市場動向を分析する力、ビジネスレベルの語学力などの割りとハードルの高い業種であるため、営業職全体の平均と比べても高めに設定されています。

 

年収1000万も超える?

また、海外拠点のマネージャーなどの責任あるポジションでは、1000万前後の年収を手にしていることもあります。

一営業担当か責任者か、また勤務地が国内か国外かの違いによって年収に開きがあるという点が、海外営業の特色と言えます。さらに、日本で一般化している月々の固定給とボーナスといった形式ではなく、企業によっては出来高制や年棒制など、あまり馴染みのないシステムを導入していることもあります。

出来高制や年棒制では成績がシビアに年収に反映されますので、企業情報を確認するひとつの指標として、必ずチェックしておきましょう。

関連相談

転職理由に盛り込まれる熱意

これまで海外営業に求められるスキルとして、語学力や市場を読み取る力を紹介してきましたが、困難を乗り越えるほどの熱意が転職理由の中に盛り込めているかを冷静に分析することも重要です。

海外営業の難しさは顧客との交渉だけでなく、働く時間帯の変化に対応する点にもあります。

顧客が海外にいるため、時差を考慮して相手に合わせた時間帯に連絡をとったり、また出張したりと転職を機に行動する時間が変わる方が少なくありません。また、海外にある拠点に赴任した際には、人間関係をはじめとした環境がガラッと変化します。

基本的に転職理由は面接の際に話すために整理されるものですが、激しい環境の変化を乗り越えてでも海外営業を行いたいのかを自分の価値観とすり合わせておくためにも、客観的に分析をしておく必要があります。
 

海外営業への転職理由例文

貴社の〇〇という製品に関心をもち、海外営業として世界中へ発信していきたいと思い応募させていただきました。大学では外国語を専攻し、在学中にアメリカへ半年間の語学留学をしておりました。大学卒業後は××社で営業を経験し、顧客へのプレゼンテーションなどの交渉を行っておりました。このような経験の中で、アメリカで貴社の製品にはたくさんの需要があると確信しております。また、これまでの海外経験を活かし、貢献していきたいと思っております。

関連相談

海外営業への転職にはシニアの経験が活きる?

海外営業への転職においても、シニアの経験を活かせるフィールドが広がっています。

海外営業を募集している企業の中には、海外拠点を新設したためイチから環境づくりをすることを目的にしているケースも少なくありません。

そんな企業であれば、シニアの人生経験が重宝されます。

関連相談

海外営業への転職に強いエージェント

海外営業への転職を希望する際には、JACリクルートメント・リクルートエージェント・Spring転職エージェントの3つのエージェントをチェックしておきましょう。

JACリクルートメントはイギリス・シンガポール・タイなどに現地法人をもち、海外への転職案件が豊富です。

ただし、非常にシビアに評価する社風をもっている企業としても知られているため、未経験の場合には市場価値がないと評価される危険性もあります。

海外営業をはじめとした案件数No.1のエージェントがリクルートエージェントです。

登録しておくことで、さまざまな紹介してもらえる案件は多いでしょう。また、スイスに本社を置くグローバル企業として、世界1位の実績を誇っているのがSpring転職エージェントです。

日本ではやや中堅というイメージですが、アデコでしか求人を出さない外資系の企業も少なくありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は海外営業への転職情報についてご紹介しました。

海外営業への転職には、取引先企業の所在地や活動拠点に精通している必要があります。

もちろん、営業を経験してきたなどのスキルも大切ですが、それ以上に交渉力を活かすために具体的に取引先企業をイメージできるかが重要になります。

転職理由を冷静に分析し、環境が大きく変化してもなお海外営業としてやりたいことを追求できるかを客観視した上で、海外の案件に強いエージェントにしましょう。

転職をサポートしてくれるサービスを紹介

おすすめの転職エージェント

エージェント 求人数 提案力 評判 おすすめ
1位:リクルートエージェント 全ての人
2位:ビズリーチ ミドル層
3位:doda 第二新卒
4位:マイナビエージェント 20代の方
5位:パソナ 女性の方向け

 

以上の転職エージェントがおすすめとなります。まずは登録してみると良いでしょう。

本記事の初回公開日は2018年02月22日です。

この記事に関連する転職相談

リクルートやdoda等の転職エージェントで1番評判が良いのはどこですか?

こんにちは 私は第二新卒で転職考えてる者です リクルートやdoda等多くの転職サービスがある中で、エージェントはどこが1番評判良いのでしょうか? 職種は現職も希望職種もITエンジニアです。 ご回答よろしくお願いいたします、

IT業界に転職するなら転職エージェントを使うべきですか?

IT業界を中心に転職活動をしています。 エージェントに詳しい方教えてください。 同じ求人に応募するのにどちらから応募した方が受かりやすいでしょうか。 エージェントを併用するのが基本と良くネットに書いてあるので併用した方が良いのでしょうか。 ...

転職エージェントを利用すると企業への書類選考が厳しくなるのでしょうか?

転職エージェントを通すと、書類の通過しません。 転職エージェントを使用すると、書類選考が厳しくなるのでしょうか。直接応募したら、3社面接に行けました。

転職活動中の入社前辞退の理由を転職エージェントに正直に話しますか?

入社前辞退の理由はエージェントに正直に話しますか? それとも建前を言いますか? 本当の理由は入社手続きの中で違和感を感じたからです。 人事担当者が異動で交代したのに、後任の人から連絡ひとつなく、丁寧に扱われていないと感じてます。 私も...

転職エージェントを利用した転職でも内定辞退はできますか?

受諾後の内定辞退 エージェント経由で応募したのですが、辞退したいと思います きわめて非常識かつ無礼であることは承知していますが、いろいろ調べた結果、入社の意向はありません エージェントに辞退とお詫びをしなければなりませんが、どのよう...

ブロックチェーン業界の求人を扱っている転職エージェントはありますか?

大学を中退予定の方でも未経験でも断られない、外資系企業(IT系)、もしくはブロックチェーン業界の仕事を取り扱ってる転職エージェント紹介サービスはどういったものがありますでしょうか。

未経験職種で転職する時のオススメの転職エージェントはどこですか?

20代でキャリアがあまりなく未経験職種への転職でオススメの転職エージェントはどこですか?

【マイナビ会計士を利用したことのある方】感想を教えてください。

現在会計職での転職を検討しており、転職エージェントを利用しようと考えています。 そこで、マイナビ会計士が気になっているのですが、使う前にマイナビ会計士を利用したことのある方に感想を教えていただきたいです。 ご回答よろしくお願いします。

転職エージェントを利用したことある方、入りやすい企業ばかり紹介されましたか?

転職エージェントを利用したことがある方、どうでしたか? この前マ◯ナビエージェントに登録しましたが、採用人数が多く入りやすそうな企業ばかり紹介されました。 例えば、テクノプロやパーソルテンプスタッフの特定派遣の求人や零細企業の求人です。...

マイナビ税理士の使ってよかったところを教えてください

税理士をしており、マイナビ税理士を使ってみようかなと考えています。 そこで、マイナビ税理士を使ったことのある方にマイナビ税理士を使ってみてよかったところを教えていただきたいです。 ご回答よろしくお願いします。

この記事に関連する記事

【マイナビ保育士の評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

マイナビ保育士の評判とはどのようなものなのでしょうか。転職を検討している保育士の方で転職エージェント選びに悩んでいる...

【ナース人材バンクの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

ナース人材バンクの評判とはどのようなものなのか?看護師で転職を検討している方の中でどの転職エージェントを利用するか迷...

【ナースフルの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

ナースフルの評判とはどのようなものなのでしょうか。看護師の方でどの転職エージェントを使えば良いのか迷われている方も多...

【ジョブデポ看護師の評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

ジョブデポ看護師の評判とはどのようなものなのでしょうか?看護師の方でどの転職サイトを使おうか迷っている方もおられるか...

【看護のお仕事の評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

看護のお仕事の評判とはどのようなものなのでしょうか?看護のお仕事は2017年にサービスを開始した新しい転職エージェントで...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー