• HOME
  • 転職
  • 年代
  • 【20代の転職面接】よく聞かれる質問と回答例・NG回答例
【20代の転職面接】よく聞かれる質問と回答例・NG回答例

【20代の転職面接】よく聞かれる質問と回答例・NG回答例

20代の転職面接でよく聞かれる質問が知りたいですか。キャリアのある転職者に比べて経験は浅いけれど、社会人として新卒よりは経験のある20代の転職者。この記事では、20代の転職面接でよくある質問の回答のポイントや回答例をご紹介します。ぜひ転職に役立てて下さい。

20代の転職面接

キャリアのある転職者に比べて経験は浅いけれど、社会人として新卒よりは経験のある20代転職者。

転職面接では、「ポテンシャルを判断する質問」と「これまでの経験を踏まえた質問」の両方がなされます。

今回は中でも20代転職者がされることの多い質問について、企業の意図と回答のポイントを回答例と共にご紹介していきます。

20代転職者は経験が浅くても、「自分ができること」や「やってきたこと」を基に回答することを心掛けて、新卒と異なるアプローチをしましょう。

質問1「人と接する上で大切にしていることは何ですか?」

質問の意図は?

この質問では、「応募者が転職後、職場に馴染めるか」を判断されます。

転職者は新卒のような手厚い研修も無く、同期もいない中で働き始めなければなりません。

企業としては、職場環境を理由にまた転職されても困るので「応募者はどのように人と接するのか」「職場に溶け込もうという姿勢はみられるか」を重要視します。
 

答える際のつのポイント

回答のポイントは、

  1. 面談の際も実践できることを話す
  2. その理由を具体的なエピソードを交えて話す

ことです。

まず、面談の際も実行できているかどうかは重要になります。

「笑顔」をアピールするなら終始柔らかい表情で、「コミュニケーション」をアピールするなら、面接官の話を遮ったり先走って回答することのないようにしましょう。

また、なぜ大切だと感じているのか理由まで話すと説得力のある回答になります。
 

OK回答例とNG回答例

OK回答例:
「周りの人と接する際に心掛けていることは、『笑顔でコミュニケーションをとること』です。

なぜなら、笑顔でコミュニケーションをとることで沢山話しかけてもらえるようになり、自分も明るくなれるからです。

以前私は、顔つきが少しきついからか「話しかけづらい」と言われることがよくありました。もっと沢山人と接したいと思い、常に笑顔でコニュニケーションをとることを心掛けたところ、以前よりも話しかけられることが多くなり、会話も長くなりました。」

NG回答例:
「笑顔でいることを心掛けています。」


ただ結論をいうだけでは、説得力に欠けています。

大切だと思ったきっかけをエピソードとして入れることで、より面接官に伝わりやすく回答しましょう。

質問2「仕事をする上で大切にしていることは何ですか?」

質問の意図

この質問から「応募者がどんな思いで仕事をしているのか」、「何をモチベーションに仕事をしているのか」といった仕事に関する価値観を引き出すことができます。

企業はこの質問をすることで、「入社後どのように会社に貢献してくれるのか」を探りたいのです。
 

回答の手順

回答の際は、

  1. 大切にしている理由
  2. 具体的なエピソード


を盛り込むことで、面接官に伝わりやすくなります。

「自主性が大切だと思います」など、ただ結論を述べるだけでは企業の意図に沿っていないため、NGです。
 

OK回答例とNG回答例

OK回答例:
「仕事をする上で大切にしていることは、『相手の話を聞くこと』です。

なぜなら、相手の話に耳を傾けることで自分も受け入れてもらえた経験があるからです。

私は以前、事務を行なっていた職場で新人研修を任されたことがありました。

初めは、自分の指示に従い新人スタッフに書類を作成してもらっていたのですが、なかなか効率的に作業が進まず苦戦しました。

ある時、新人スタッフが疑問点を共有してくれたことで、自分では分からない新しい視点に気づき、以来まずスタッフから意見や疑問点を聞いた上で指示を伝えるようにしたところ、仕事の効率が上がり上司からも高く評価していただくことができました。」

NG回答例:
「仕事をする上で大切にしていることは『相手の話を聞くこと』です。

私は以前、事務を行なっていた職場で新人研修を任され、初めは効率的に作業が進まず苦戦したのですが、相手の話を聞くことで仕事の効率が上がりました。」


NG回答例では「なぜ大切にしているのか」という理由が抜け落ちており、エピソードも抽象的になっています。

「なぜ大切にしているか」という理由があって初めて「大切だと感じた具体的なエピソード」が活きますので、必ず理由はつけましょう。

また、せっかくエピソードを入れて中身を深めようとしても、抽象的な内容であれば「結局何が言いたいのか」が不明瞭になるためNGです。

質問例3弊社以外に応募をしている企業はありますか?

質問の意図

面接官がこの質問をするのには、次の3つの意図があります。

  1. 希望の一貫性があるか
  2. 現在の転職状況が知りたい
  3. 自社への志望の高さを確認したい


まず、面接官は「応募者の希望している業種や職種が一貫しているか」を評価しようとしています。

なぜなら「同様の業種や職種を希望していること」が「転職への本気度」に通ずるからです。

自分が採用担当者になった時を考えてみてください。

もし応募者が、「食品の研究職募集」の自社の他、全く職務内容の異なる「保険会社の営業」に応募していたら「ただ今の環境を変えたくて転職活動をしている」ように見えませんか。

企業は、募集している職種を本当にやってみたい人材を探しています。

それ他にもこの質問では、選考状況や志望の高さを問われています。

他の企業で既に内定をもらっているのか、自社に内定したら来てくれるのかを伺うことで、結果通知を早めるなど企業側の手続きを調整しようとしています。
 

回答する際の2つのポイント

「他に受けている企業」について回答の際は、

  1. 正直に答える
  2. 「御社で働きたい」と意志を伝える


の2点に気をつけましょう。

1つ目のポイントですが、企業も自社のみに応募しているとは思っていませんので偽りなく答えましょう。

ただし、応募企業は業種や職種が一貫していた方が評価は高いと言えます。

もし応募している他社の職種や業種がバラバラであれば、「なぜ志望しているか」をきちんと説明できるようにしましょう。

2つ目のポイントに関しては当たり前のことですが、「御社で働きたい」という意思は伝えましょう。

他の企業と比べてどのような点で惹かれているのか説明し、やる気を伝えることが大切です。

その際、全ての応募企業で「御社が第一志望です」と伝えたり、「第一志望は他の企業です」と直接的な表現をすることは内定を大きく左右するため、NGです。
 

OK回答例とNG回答例

OK回答例:
「前職の営業の経験を活かすことのできる5社に、現在応募の意志をお伝えしております。

しかし営業を部門ごとに分け、少人数のチームで協力して仕事を進める、というスタイルは他の企業にはない魅力的な点です。

私は人と助け合って仕事をすることが好きなので、是非御社で働きたいと考えております。」

NG回答例:
「御社が第一志望であり、応募をしているのは御社のみです。」


「1社しか受けてない」ことは、入社意欲の高さをアピールできるものではありません。

回答の際は嘘をつかず、正直に答えましょう。

質問4「何か質問はありますか?」

質問の意図

この質問には次の3つの意図があります。

  1. 自社の志望の高さを知りたい
  2. 自発性があるか確かめたい
  3. ミスマッチをなくしたい


この質問から面接官は、「どれだけ自社の面接に対策してきたのか」を問い、「応募者にとって自社がどのくらいの志望の高さなのか」を伺っています。

従って「ないです」と答えた応募者は、「自社に興味がなく志望度が低い」というイメージになってしまいます。

その他にも「応募者から話題提供できるか」という自発性を試したり、「ミスマッチで早期退職されないよう先に疑問を解消してほしい」という意図があるようです。
 

回答の際の2つのポイント

回答の際は次の2つのポイントに気をつけましょう。

  1. アピールしたいことを伝える
  2. 「ないです」という回答や、待遇に関する質問をしすぎるのはNG


まず、「何か質問はありますか」と聞かれたら自己アピールを加えて回答することを心掛けましょう。

このように逆質問を誘導された時は、企業に対する「熱意」や前職での「実務経験」をアピールしやすいです。

また、ここでは実際に働いている方にしか質問できない職務やキャリアでの質問を求められていますので、「ないです」という回答や、年収や福利厚生など「待遇」に関する質問は控えましょう。
 

OK回答例とNG回答例

OK回答例
・御社に入社していち早く活躍したいのですが、その為やっておいた方が良いことはありますか。
・前職で○○という資格を取ったのですが、それが活かせるような機会はありますか。

NG回答例
・給与はいくらですか。
・どのような業務を行なっていますか。
・特にありません。


ホームページや募集要項で確認できる質問は、企業分析ができていないと判断されるため、NGです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新卒の面接と異なり、20代の転職は「社会人になって経験したこと」に基づいた質問が多くなります。

面談の前に自分の経験を振り返り、面接官に伝わりやすいように具体的なエピソードを用意しておきましょう。
 

さらに面接について予習したい方はコチラ
▶︎ 面接の質問例・マナー対策総集編 理想的な回答・NGパターンの全て

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

上司と合わないという理由で新卒1年目に転職をするのは間違っていますか?

新卒1年目の社会人です。 せっかく熱意を持って4月に入社したのですが、上司との感覚が合わず仕事へのモチベーションがなくなっています。 BtoCの営業職として、研修で学んだ知識を生かし...

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまって...

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来の...

未経験で転職した仕事がきついのですがどうすればいいでしょうか?

33歳、SES企業でエンジニアとして働いています。 元々は異業種で働いておりましたが立ち行かなくなることを懸念し、未経験からこの業界に入ってきました。 それから4年程が経ちましたが働いていて...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す