• HOME
  • 転職
  • 受かる自己PRの書き方 - 「書けない」を解消するマル秘テクニックと例文
受かる自己PRの書き方 - 「書けない」を解消するマル秘テクニックと例文

受かる自己PRの書き方 - 「書けない」を解消するマル秘テクニックと例文

転職活動中の方、自己PRの書き方でお悩みではありませんか。そもそも何を書けば良いのかわからない、書けてはいるがなかなか選考に通過できない、など人により自己PRでつまづくところは様々でしょう。自己PRは選考において採用担当者があなたと一緒に働きたいと思うきっかけにもなる重要な項目です。この記事では採用担当者に「採用したい」と思わせる、受かる自己PRの書き方とパターン別の例文をご紹介します。自己PRに関するいかなるお悩みをお持ちの方もこの記事を読めば受かる自己PRを作成できますのでぜひご覧ください。

転職活動の自己PRのフォーマット

自己PRは職務経歴書や履歴書等で記載するだけでなく、面接でも聞かれる質問項目の1つです。

ここでは、自己PRの書類・面接の両方において共通して使える以下フォーマットをご紹介します。

  1. 結論 :アピールポイントを簡潔に述べる
  2. 背景 :アピールポイントの裏付けを行う
  3. まとめ:アピールポイントの活かし方を述べる
     

1.結論:アピールポイントを簡潔に述べる

転職活動のどの質問項目においても共通する答え方ですが、自己PRでは結論となるあなたのアピールポイントを簡潔に述べましょう。

結論から書き出す(話し出す)ことで「自己PR全体で何が最も言いたいのか」が読み手(聞き手)である採用担当者に明確に伝わります。

また、特に採用人数の多い企業の採用担当者は他の応募者の対応もあり一人一人の選考に時間を取ることが難しい状態にあります。

その中で、結論が見えない遠回しな伝え方にしてしまうとやや不親切になってしまうため避けましょう。

同様に面接も一人当たりにかけることのできる時間が決まっているため、相手にわかりやすく伝えることが求められます。

限られた時間内で「何を」「どれだけ」伝えることができるのかという問題は、働き始めてからも重要になってくるポイントであるため、面接官はその点も踏まえ、端的に述べるスキルを確認していると言えるでしょう。
 

2.背景:アピールポイントの裏付けを行う

結論を述べた後はその結論を裏付ける背景やエビデンスとなる情報を具体的に述べましょう。

具体的な情報を出してエピソード述べることで採用担当者はあなたと共に働く姿を想像しやすくなる上、アピールポイントの説得力が高まります。

営業やマーケティング職を始め、ビジネスでは結果となる数字が重視されます。

よって、具体的な数字を用いてあなたの実績をアピールすると採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

加えて、アピールポイントが他者に認められたエピソードを話す場合は、その能力やスキルに客観性が出ます。

自己PRは自己分析をもとに行うため、独りよがりなものになってしまいがちですが、数字や他者の意見等の客観性のあるものを入れ込むことで正しく自己分析ができていることをも伝えることが可能になるのです。


3.まとめ:アピールポイントの活かし方を述べる

最後にまとめとして「あなたのアピールポイントをどう転職先で活かすことができるのか」を述べましょう。

アピールポイントとその背景を述べた状態で終わらせてしまうと、「企業に入りたい」という熱意ばかりで「企業に貢献しよう」という意思が見えなくなってしまいます。

もちろん「企業に入りたい」という熱意も重要ではありますが、企業側からしてみれば「どのような点で自社に貢献してくれるのか」という点に期待しています。

よって、「アピールポイントが今後どのような点で活かせそうか」を述べることで、企業側の求めている人材のスキルとあなたのスキルが一致していることを文末にて明確かつ簡潔に伝えましょう。
 

自己PRの「書けない」を解消するコツ

自己PRの書き方におけるフォーマットが明確になったところで「受かる」自己PR作成のテクニックについてご紹介します。

今回ご紹介するテクニックは以下7つです。

  1. 企業側の採用ニーズを分析しよう
  2. 自己分析の仕方
  3. 他己分析を依頼してみよう
  4. 強みや長所を企業の「採用ニーズ」に沿わせる
  5. 背景は具体性を意識し1つのエピソードに絞る
  6. 客観的な評価を行える内容がベスト
  7. 100-200字程度の簡潔な文章にまとめる
     

1,企業側の採用ニーズを分析しよう

自己PRを作成する際の自己分析の前に、求人情報等を読み込み企業側の採用ニーズから分析しましょう。

企業側の採用ニーズを分析することなく自己分析を始めてしまうと次のような企業側の採用ニーズとあなたのアピールポイントの不一致が起きてしまいます。
 

例)
企業側の採用ニーズが「スピード早く効率的に仕事ができる人」であるのに対し、強みを「丁寧に仕事を進めることができる」と述べてしまう


よって、自己分析の前に企業分析を行うことで採用ニーズとなるスキルを念頭に置きながら自己分析を行うことができ効率的に自己PRを作成することが可能になります。

また、自己分析を行っていると「自己PRを作成するために自己の強みを探る」という本来の目的から逸れて異なる内容について深掘りを進めてしまう可能性があります。

予め企業側の採用ニーズを踏まえておくことで、異なる方向に自己分析の方向が逸れることを避けましょう。
 

2,自己分析の仕方

企業分析を終えたら、自己分析を行います。自己分析の流れは以下2STEPです。

自己分析の仕方

まずはじめに過去の職歴をもとに以下の仕事内容を洗い出します。

  • どのくらいの規模のメンバーと共に仕事をしたのか(マネジメントの場合は部下の規模)
  • どのような仕事を行ったのか
  • その中で自分は何を担当し、どのような役割を果たしたのか

上記3点を洗い出すことができたら、次に仕事内容別に実績となる数値や結果を付け足します。

実績は例えば「売り上げをX倍にした」や「顧客満足度をあげた」などになります。

前者のように数字が明確に分かる場合はなるべく数字で説明することが望ましいですが、明確にわからない場合は社内の表彰など、他社からの評価やマネジメントした部下の数など「客観性」を強く意識してみてください。
 

3,他己分析を依頼してみよう

自己分析は一人で行うものであるのに対し、他己分析は「他者があなたをどう見ているか」という客観的なものになります。

先にも述べたように「客観性」は自己PRの作成において非常に重要になるため、他己分析を知人や同僚などに依頼し、自己PR作成前の分析の段階から情報の客観性を高めておくのも良いでしょう。

また、他己分析を行うことで自分では気づくことのなかったスキルや、そのスキルを裏付けるエピソードが出てくる可能性もあります。

自己分析で見えてくる自分の強みは自身が認識している範疇に限定されるため、周囲の人を頼り幅広い視野を持って自己分析を行うと、より良い自己PRが作成できるでしょう。
 

4,強みや長所を企業の「採用ニーズ」に沿わせる

自己分析、他己分析を通して自分の強みや長所が見えてきたら、先に分析しておいた企業側の採用ニーズと照らし合わせましょう。

この際に重要なのは企業側の採用ニーズをあなたの強みやスキルに合わせるのではなく、あなたの強みやスキルを企業側の採用ニーズに沿わせることです。

企業が一番必要としているスキルに見合うスキルをもっているのであれば、他に持ち合わせているスキルでよっぽどの実績を出していない限りは、企業側が欲していると想定されるスキルを保有していることを伝えましょう。

また、どの企業にも通用するようなスキル(例えばコミュニケーション能力など)は

  • 他の候補者も提示する可能性が高く、差別化が難しい
  • 他社選考の使い回しであると採用担当者に誤解を与える

といった可能性があるため、避けるのが無難です。
 

5,背景は具体性を意識し1つのエピソードに絞る

企業側の採用ニーズに沿った強みや長所が見つかったら、その強みを裏付けるエピソードを選んでいきます。

その際、自己PRの結論を裏付ける背景やエビデンスは「具体性」(ここでは数値や表彰等の客観的評価)を意識した上で、1つに絞りましょう。

複数のエピソードを用意しておくこと自体は悪いことではないのですが、実際に自己PR欄に記載したり面接で述べたりするエピソードは厳選した1つを事細かに伝える方が説得力のあるアピールにつながります。

内容の薄い複数のエピソードを並べることはあなたのアピールポイントの信憑性を低くしてしまう可能性があるため、エピソードは1つに絞りましょう。
 

6,客観的な評価を行える内容であればベスト

強みやスキルを裏付ける背景やエビデンスの「具体性」は数字や表彰実績など「客観的な評価」を行える内容がベストです。

特に、数字はビジネスの世界において「客観的な評価」として非常に重視されます。

例えば、「売り上げが上がった」というよりも、「売り上げがX倍に上がった」という方が評価されます。

また、自己PR中に数字を用いることで以下2点において評価される可能性があります。

  • 目標を定量的に把握している
  • 目標に対するアクションや実績を定量的に捉えている

実績において明確な数字が不明な場合は、「その仕事をどれくらいの期間行っていたか」「仕事を行っていたチームの規模感はどれくらいか」等で数字を使ってみるのも良いでしょう。
 

7,100-200字程度の簡潔な文章にまとめよう

自己PRの文章は100-200文字程度と簡潔な文章にまとめましょう。

面接時も同様です。大抵の場合1-2分程度で話すように言われるため、ゆっくり話して1分程度で話すことのできる量(100-200字程度)にまとめましょう。

文章のまとめ方は冒頭に述べたフォーマットに従って記述します。

ただし、書類選考時の自己PR欄の大きさによっては200文字では文字がきつくなってしまったり、小さくなってしまったりする可能性も考えられるため、自己PR欄の大きさに合わせて「大きく」「適度な文字間隔をあけて」書ける程度の文章量にまとめましょう。

転職活動の自己PR例文集

未経験職種に応募するケース

転職活動では過去に経験したことのない職種や業界にチャレンジしてみようと考える人も少なくないでしょう。

未経験職種に応募するケースは以下の例文を参考にしてください。
 

例1)看護師から医療機器メーカーへの転職の場合(強み:顧客ニーズを的確に汲み取る力)
X年間看護師として勤務してきた中で得た私の強みは患者様の求めているニーズを会話から的確に汲み取ることです。看護師と営業職では職種は異なりますが顧客のニーズを会話から的確に汲み取り、それを実行に移すという点では共通しているため、貴社の仕事でも活かすことができると考えています。加えて現場で働いていた経験は営業において顧客の立場に立つ上で役立つと考えます。

例2)営業職から事務職への転職の場合(強み:正確さと丁寧さ)
X年間法人営業を務めてきた中で得た私の強みは仕事における正確さと丁寧さです。前職では5社の顧客を担当していましたが、取り扱っていたサービスの性質上ミスが許されない仕事でした。そこで私は各々の営業活動の中で感じた顧客ニーズや話したことを毎度まとめ、ミスなく各顧客の対応を済ませられるよう努めて参りました。仕事の丁寧さと正確さは貴社の経理職において活かせると考えます。


未経験職種において重視すべきポイントは「前職での経験をどう活かすことができるか」です。

職種や業界は異なれど、スキル面で見ると仕事は共通点が多くあるものです。

よって、転職先の仕事と前職での仕事を深掘りした上で、どのような強みや経験を転職先で活かすことができるかを中心に述べると良いでしょう。
 

営業職に応募するケース

営業職は他の職種と比較して実績が明確になりやすい職種です。

そのため、自己PRでは積極的に売り上げの向上率や成約件数などの数字を出して説得力ある自己PRを心がけましょう。

例文は以下です。
 

例1)新規開拓営業の転職の場合(強み:プレゼンスキル)
前職にてX年間新規開拓の営業を務めてきた中で得た私の強みは売り上げ向上につなげるプレゼンテーションスキルです。私は新規開拓営業におけるサービスのプレゼンテーションにおいて顧客目線に立つことと、論理的で納得のいく説明をすることを心がけており、前職ではそのスキルを活かして伸び悩んでいた売り上げ実績を毎年120%増を達成させました。この営業スキルは貴社の営業職でも活かすことができると考えております。

例2)不動産販売営業の場合(強み:ヒアリングスキル)
前職にてX年間不動産販売営業を務めてきた中で得た私の強みはヒアリングスキルです。不動産購入は顧客の人生に大きく関わる問題であるため私は「販売する」という思いから営業を始めるのではなく「まずは顧客の話を聞く」という姿勢をとり、顧客の考えやニーズをヒアリングした上で適した不動産を紹介するよう心がけて参りました。その結果顧客からの信頼を得ることができ、月間の売り上げ目標を12ヶ月連続で達成しました。


第二新卒で転職するケース

近年増加傾向にある第二新卒の転職では、以下の例文を参考に自己PRを作成してみてください。
 

例)第二新卒で事務職の転職の場合(強み:効率性)
大学卒業後X年事務職を務めてきた中で得た私の強みは効率的に仕事を行える点です。前職では部署間の連携が上手く取れておらず、私の属する部署で行う仕事が非効率的になり他の仕事に手を回しにくいという状況がありました。そこで、私は上司に掛け合い部署間の連携の取り方を変えるよう提案し、1日にX時間かけていた作業がY時間でできるようになりました。仕事を効率的に進めることは貴社でも活かすことができると考えています。


第二新卒の転職の自己PR作成のポイントは少ない職歴で実績や経験値をアピールできないため、「仕事に対する姿勢」や「いかなる仕事にも対応できる柔軟性」が挙げられます。

上記の例では仕事に対する姿勢として効率性を常に求めることを挙げましたが、上記の例のように明確な実績が出ていない場合は「いかなる仕事にも対応できる柔軟性」で他の応募者と差をつけたほうが良いでしょう。

自己PRの書き方のまとめ

いかがでしたか?

今回は自己PRの書き方についてフォーマットから、「受かる」ためのテクニック、例文をご紹介しました。

自己PRは短い文字数で(短い時間で)あなたの仕事における強みと、企業への貢献度、企業とのマッチングをアピールする場です。
伝えられることは限られているからこそ、深く自己分析を行って自己PRの作成に臨むことが重要です。

この記事を参考に自己PRを作成してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する転職相談

「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか?

〇「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか。 就活生です。 面接で聞かれやすい「周りと協力して成し遂げた経験」 正直中学生の時しかないです。 中学生の時は...

新卒を3ヶ月で退社した者の転職活動時の自己PRは何を書けばいい?

新卒で3ヶ月ほどで退職をした者が、転職活動における自己PRではどういった内容を書けば良いのでしょうか? 3ヶ月程度では社会人として身につけたスキルや実績はほとんどなく、どういったアピールをすれ...

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

マーケティングへの転職で未経験ベンチャー志望がアピールするには?

※件名間違えました!修正が効かないのでこちらで.. 正しくは「営業からマーケティングへのキャリアチェンジ。自己アピールするべきポイントについて」 高卒30代前半女です。 自分が行き...

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

勤続年数が少ない人が転職するときの自己PRは何をアピールすれ良いですか?

勤続年数が浅い転職をする場合、自己PRはどのようにすべきでしょうか? 現在、IT系の仕事をしていますが意外と通信機器やソフトに関する仕事というよりは他の部署や取引先との折衝、それに関係する事務...

第二新卒は自己PRでどのようなことをPRすれば良いと思いますか?

第二親等です。転職活動をしています。 今回、お伺いしたいのは第二新卒の自己PRでは、何をPRをすればいいのかということです。 転職活動をする目的は、就職活動時に目指していた業界に再び...

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか? 今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。 その際に自己PRは...

就職や転職の自己PRや面接対策はどのように考えればいいですか?

就職活動、転職活動の参考書(自己PR、面接対策など)に書かれてる内容ですが、どういう視点で読むべきなのでしょうか。 あまりにも答え方についてがどうも回りくどい印象があり、 本当にこれで回...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す