株式会社JVCケンウッド

株式会社JVCケンウッド(英文名:JVC KENWOOD Corporation)の事業内容はオートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる、当該会社の事業活動の管理である。設立は2008年10月1日であ...続きをみる

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 株式会社JVCケンウッド

1〜8 件の企業に関する相談を表示(全8件)

株式会社JVCケンウッド
ワークライフバランス・残業

年に一回、自分の好きな期間で5日連続で有休を取得す... 続きをみる

年に一回、自分の好きな期間で5日連続で有休を取得する制度があるため、リフレッシュすることが出来る。 有休の申請はPC上で行うため、有休申請するハードルは高くはない。(事前に職場に連絡等は必要だとは思うが…) フレックス制度が導入されているため、早めに出社して早めに退社する事が可能。また、その逆も可能なため、朝に弱い人や交通機関による遅刻したときも何も心配ない。 残業は上司から月の残業時間が連絡されるため、その時間内で業務のやりくりする必要がある。業務の都合で残業が足りない場合は上司と相談する事で増やす事が可能。

業務システム部 / 正社員 / 2009年入社

株式会社JVCケンウッド
ワークライフバランス・残業

休みが取りやすい環境で、有休取得率は高いと思います... 続きをみる

休みが取りやすい環境で、有休取得率は高いと思います。家族の用事などで休みを取得する方は多く周りの人も嫌な目をしません。 女性は短時間で働いているかたもいらっしゃるようで、18時定時ですが17時に毎日退社されるかたもいて、それについての周りの理解があります。 ワークライフバランス休暇制度があり、一年に5日の連続休暇をGW、お盆や年末年始以外に取得することができます。 総じて十分に休みを取れるので、家庭を優先し、普通の安定した給与でよければお薦めします。

技術部 / 正社員 / 2008年入社

株式会社JVCケンウッド
仕事のやりがい・働きやすさ

やる気を示せば任される仕事は大きいので、やりがいは... 続きをみる

やる気を示せば任される仕事は大きいので、やりがいはあると思います。 穏やかな方が多いので職場の環境は良く、窮屈さはありません。 ただ、団塊の世代が多く若手が少ないため、活気がベンチャー企業と比較するとないと言えます。

技術部 / 正社員 / 2008年入社

株式会社JVCケンウッド
年収・ボーナス

年収は他のメーカーと比較すると多少少ないと思います... 続きをみる

年収は他のメーカーと比較すると多少少ないと思います。 ボーナスもあまり多い方とは言えません。 評価制度自体はしっかりしているのですが、どうしても団塊の世代が詰まっており若手が評価してもらいづらい環境にあるのは事実です。 ただ、社外でも通じるようなしっかりとした成果を出せばきちんと評価してもらえる、風土にあるので、やる気があれば昇進しやすいとも言えます。

技術部 / 正社員 / 2008年入社

株式会社JVCケンウッド
仕事のやりがい・働きやすさ

少数精鋭で業務を行っているため、周りがカバーし合う... 続きをみる

少数精鋭で業務を行っているため、周りがカバーし合う環境になっている。 その反面、カバーし合わないと業務がまわらない部分もある。 一人ひとりの業務内容も多岐に渡るため、若い内に色々と経験が出来るため、個人の頑張り次第では成長出来る環境が整っているといえる。 また、穏やかな方が多いため、気軽に質問出来る。

業務システム部 / 正社員 / 2009年入社

株式会社JVCケンウッド
入社理由・退社理由

給料が上がらない。 将来性がない。 今思うと社員間... 続きをみる

給料が上がらない。 将来性がない。 今思うと社員間の仲は良かった。 モチベーションの低い社員が多すぎてバカらしくなる。 寝てる人間までいたが、上司は何も言わない。

設計 / 正社員 / 2006年入社

株式会社JVCケンウッド
会社の将来性・事業の強み

将来性のある事業はないと言って良い。 合併した意味... 続きをみる

将来性のある事業はないと言って良い。 合併した意味はないと思う。 会社が存続できているのがすごい。

設計 / 正社員 / 2006年入社

株式会社JVCケンウッド
年収・ボーナス

休みは取りやすい。 基本給は上がりにくい。 ボーナスも低い。

設計 / 正社員 / 2006年入社

1〜8 件の企業に関する相談を表示(全8件)

 会社概要 / 株式会社JVCケンウッド

会社名
株式会社JVCケンウッド
フリガナ
ジエイブイシ-ケンウツド
英語表記
JVCKENWOODHoldings,Inc.
業界
コンピュータ・通信・精密機器
本社所在地
神奈川県横浜市神奈川区守屋町3ー12
電話番号
0454445453
代表者名
河原春郎
資本金
10,000,000,000円
決算月
3月
従業員数
2000人
設立年月
2008年10月
証券コード
6632
上場市場
東証1部
上場年月日
2008年10月1日
企業概要
株式会社JVCケンウッド(英文名:JVC KENWOOD Corporation)の事業内容はオートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる、当該会社の事業活動の管理である。設立は2008年10月1日である。本社・横浜事業所は(〒221-0022)神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地で、代表電話:045-444-5500である。代表取締役社長は辻 孝夫で、代表取締役は江口 祥一郎、相神 一裕、田村 誠一である。上場取引所は東京証券取引所市場第一部で、証券コードは6632である。従業員数は17,884人(連結)(2016年3月末現在)である。資本金は100億円で、純資産は56,818百万円(2016年3月末現在)である。また、総資産は255,859百万円(2016年3月末現在)である。決算期は3月31日である。

株式会社JVCケンウッドに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー