株式会社日立製作所

株式会社日立製作所は東京都千代田区丸の内に本社を置く、日本の物づくりの草分け的な総合電器メーカーである。創業は1910年で、現在の代表執行役執行役社長は中西宏明である。資本金は458,790百万円(2013年3月末日現在)、連結従業員数は326,240名に及ぶ。(2013年3月末日現在)

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 株式会社日立製作所

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全162件)

株式会社日立製作所
年収・ボーナス

休みはとりやすい 課長の1つ前ね主任S5まであがると... 続きをみる

休みはとりやすい 課長の1つ前ね主任S5まであがると、ボーナス次第では1000万に到達する。 逆にここまでは横一列なため、仕事ができる人は給料が安くつまらなく感じる人も多い。

SE / 正社員 / 2009年入社

株式会社日立製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性の場合、産休、育休はしっかり取れます。また、子... 続きをみる

女性の場合、産休、育休はしっかり取れます。また、子どもが小さい間は時短勤務も可能であり、女性でも働きやすいと感じます。一方、男性の育休は実績が限りられており、制度としてありますが、取りづらい感じがあります。 時短勤務の方が営業職の場合、お客様からの緊急の要望ある場合、課内メンバーでサポートしますが、業務の偏りが生まれます。仕方ないことではありますが、今後、評価や待遇を適正にしないと、不公平感が募ると思われます。

営業 / 正社員 / 2013年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

上司により当たり外れが激しく、いい上司だととても働... 続きをみる

上司により当たり外れが激しく、いい上司だととても働きやすく仕事がしやすいがほとんどがマメネジメントができない人間のため結果的にとても働きにくい。事業部であればまだ有能な人が多く仕事もやり易いが研究所であれば上司も含めて無能な人が多く一部の人に業務が集中することになりとてもではないが仕事が終わらない。また無駄と思える仕事が多く本業に差し支えがでてくるレベルである。

研究開発グループ / 正社員 / 2018年入社

株式会社日立製作所
女性の働きやすさ・キャリア

会社的には産休育休からの復職や時短勤務、テレワーク... 続きをみる

会社的には産休育休からの復職や時短勤務、テレワーク等を推進しているため働きやすそうではある。ただし、業務量は一切変わらないため、実際両立させるのは難しいし、フロント部門で女性管理職はまだまだ少ない。

営業 / 正社員 / 2010年入社

株式会社日立製作所
会社の将来性・事業の強み

近年業績を伸ばしているが、事業整理による恩恵が多い... 続きをみる

近年業績を伸ばしているが、事業整理による恩恵が多いのではないか。デジタルトランスフォーメーション分野に注力しているが、この分野で大きく業績を伸ばして行けるかは疑問。これは、シーメンスやGEの真似事であるが、そうした外資系自体がこういった分野で業績を伸ばせているかと言うとそうではないと感じる。 基本的には、日立が得意とするインフラ領域は、国民の税金を設備投資費として日立が受注する構図であるため、人口減少社会である日本においては業績は下がって行くと予想される。そのため、海外での事業展開を図っているが、海外展開が苦手な日本企業がどこまでやれるのかは疑問。

企画 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
ワークライフバランス・残業

近年働き方改革で十時以降の残業は禁止となったが、SE... 続きをみる

近年働き方改革で十時以降の残業は禁止となったが、SEに関しては有名無実化している。基本的にIT関連の部署においてSEは死ぬほどの残業をしている人が多い(ただし、時期による。暇な時期であれば早く帰れるよう)。

企画 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

地方の支社にいるが、基本的には上意下達。上の言うこ... 続きをみる

地方の支社にいるが、基本的には上意下達。上の言うことは絶対。あまり若手から諸々提案できる雰囲気はない。 営業職系から新しい企画などを提案しても、最初に否定から入る文化があると感じる。 会社のビジョンとしても、社会イノベーションを謳っているが、それを達成するにはかなり難易度の高い構想を練る必要があり、生半可な事業の企画ではまず通ることはない。針の穴を通すような難しさであると感じる。おそらく、一つの事業においてかかるお金が莫大であるため、失敗がなかなか許されない分野が事業領域であることが理由であると思われる。 SEで管理者クラスや、特定の技術系の部署、研究職分野の社員はかなり好きに新しいことをしてちると感じる。こう言う部分では、やはり優秀な技術職にとっては素晴らしい会社なのだろうと思う。文系で営業職系である私にとっては、事業立ち上げの難しさには辟易するが。

企画 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性管理職はほとんどいない。全体の5-10パーセントい... 続きをみる

女性管理職はほとんどいない。全体の5-10パーセントいるかどうか。 私の同期から聞いた範囲(主に営業職系の部署)では、責任感の重さなどから、30代の女性が鬱になったり退職する人が多い模様。インフラ(IT含む)系の仕事のため、障害を起こすことができないことから、客との折衝が難しさ(障害が起きた時に平謝りしに行くなど)といった事情から、顧客からのプレッシャーも大きいことも理由かもしれない。 基本的には、顧客相手にも社内相手にも物怖じしない男勝りな女性が活躍でき、そうでない女性には働きにくいと思われる。

企画 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

やり方が古かったり、考え方が古かったり、良くも悪く... 続きをみる

やり方が古かったり、考え方が古かったり、良くも悪くもTHE日本企業。2009年の巨額赤字以来、経営判断がかなり早くなったが、組織改変や体制変換で現場は対応が大変。BUによっては古い体質、体育会系気質のところがあり、ガチガチの管理で働きづらさを感じることもある。

財務部 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
年収・ボーナス

主任に昇格すれば、30代前半で750万円以上だが、職種... 続きをみる

主任に昇格すれば、30代前半で750万円以上だが、職種やBUの評価によってボーナスはかなり差がある。 大卒でも年次を経ないと給料は安い。特に働き方改革で残業規制がされており、若手の給料は少なくなっている。

財務部 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
人事評価制度・教育

教育は自分で申し込みたい研修を基本的に申し込めます... 続きをみる

教育は自分で申し込みたい研修を基本的に申し込めますが、正直あまり役にたちません。また、自分の事業部に関しては、評価もしっかりされるわけではなく、上長に気に入られているかなど曖昧な印象があります。

SE / 正社員 / 2011年入社

株式会社日立製作所
会社の将来性・事業の強み

今はいいですが、将来どうなるかわかりません。特にIT... 続きをみる

今はいいですが、将来どうなるかわかりません。特にITの分野はグローバルで戦うことは非常に難しいと思います。他企業のサービスをいかに利用し、ビジネスしていくかが大事ではないでしょうか。

SE / 正社員 / 2011年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

・自宅/サテライトオフィス勤務やフレックスなど働き... 続きをみる

・自宅/サテライトオフィス勤務やフレックスなど働き方改革の影響で徐々に働きやすい環境が出来上がりつつある。 ・社会的にインパクトのある大きな事業を展開しているためそういったものにやりがいを覚える人にとっては面白い仕事がまだまだあると思う。ただやはり大企業である為か部署ごとの仕事は細分化されており、日々の膨大な(社内向けの)仕事に忙殺されやりがいを感じる瞬間が減ってきている。

営業 / 正社員 / 2018年入社

株式会社日立製作所
企業理念・ビジョン

・技術で社会に貢献するというビジョンを持っている。... 続きをみる

・技術で社会に貢献するというビジョンを持っている。この企業理念自体は素晴らしい。また、品質重視の風土は社内にある。しかし企業全体に保守的な気風があり、案外枯れた技術、商材をだらだらと持ち続けている。

営業 / 正社員 / 2018年入社

株式会社日立製作所
ワークライフバランス・残業

・有給休暇は取りやすい雰囲気、また2日以上連続した... 続きをみる

・有給休暇は取りやすい雰囲気、また2日以上連続した休みを年度内に2回取る必要があるなど会社としても休みをしっかりとることを奨励している。 ・残業は部署によるがかなり多いところもある。上記で有給の取得を奨励されると書いたが私の部署では土日や有給日に仕事をしている社員が多く見られる。

営業 / 正社員 / 2018年入社

株式会社日立製作所
会社の将来性・事業の強み

・このまま安定的な経営が続くと考えられる。社会イン... 続きをみる

・このまま安定的な経営が続くと考えられる。社会インフラ領域ではそこまで業界の変化の速度が(相対的には)早くなく、日立でも対応できる。また国内競合他社に先行してデジタルソリューションビジネスの展開準備を行ってきたこともありその点も強みがある。 ・グローバルプレイヤーに比べれば意思決定の速さもコスト構造もとてもではないが太刀打ちできるレベルにないのでは、、、と日々感じる。

営業 / 正社員 / 2018年入社

株式会社日立製作所
年収・ボーナス

35歳で900万円代になると、その後は昇格しない限りほ... 続きをみる

35歳で900万円代になると、その後は昇格しない限りほぼ増えません。 昇格は厳しくなっており、管理職どころか最近は主任にもなりにくくなっていると聞くため、昇格を期待するより早めに転職した方が先は開く可能性が高いです。

研究所 / 正社員 / 2000年入社

株式会社日立製作所
女性の働きやすさ・キャリア

ほとんどおじさんばかりの職場なので、重宝がられるか... 続きをみる

ほとんどおじさんばかりの職場なので、重宝がられるかもしれませんが、働きやすさはないかもしれません。女性の上司はほとんどいませんので良いロールモデルはまだ少ないと思います。国際的な要請により、女性管理職を増やそうとしてますが、文化的に追いついていないような気がします

社内IT / 正社員 / 2007年入社

株式会社日立製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性管理職比率を高めるために、ここ数年で女性の昇進... 続きをみる

女性管理職比率を高めるために、ここ数年で女性の昇進を優先している。 元々女性比率がある程度高い間接部門ならば確率的に有能な人材がいるため良い試みだと考えられるが、女性比率がきわめて低い設計開発部門や現場では、明らかに有能かつ年次が高い男性社員を差し置いて昇進となる。 男性社員のモチベーションを保ちにくいのはもちろん、このような形での昇進では本人も働き辛いのではないかと感じた。

産業流通BU / 正社員 / 2014年入社

株式会社日立製作所
会社の将来性・事業の強み

IOTとの相乗効果が期待でき、かつ営業利益が高い事業... 続きをみる

IOTとの相乗効果が期待でき、かつ営業利益が高い事業に注力するという明確なビジョンを持っており、表面上は改革が成功している。企業規模も大きいためあと10年は安泰だと考えられる。 一方で、上記の方針を進めるために、営業利益が5パーセント以下の事業ではIOTの相乗効果が得られないと判断されれば次々と業務縮小、撤退している。 そのため、本体に入社しても本人の能力に関わらず部署ごとリストラにあい、畑違いの部署への移動や子会社への転籍、グループ外に放り出される人が少なくない(若手もリストラ対象部署にいれば例外なくとばされる)。 また、本体に残っても近い将来にIOT戦略がハズれた場合は補填できる事業が無くなっており、致命的なダメージを受ける危険性を孕んでいる。 結論からすると強力なトップダウンの元で臨機応変に事業を進めているので短期的な投資の対象としては良好な企業体。 一方で長期的なビジョンを踏まえた投資はどんどん狭まっており長期的な投資の対象としては心許ない。 勤務者としては異動や組織再編が非常に多いためキャリアを描き辛く、 長期的に安定して勤められるとは言い難い。

産業流通BU / 正社員 / 2014年入社

株式会社日立製作所
企業理念・ビジョン

大規模なプロジェクトから小規模な修理に至るまで経営... 続きをみる

大規模なプロジェクトから小規模な修理に至るまで経営数値に強くこだわりがあるのは大事だと思うが、市場価格帯との乖離が大きく、ユーザー離れが心配です。肝心の企業複合体としての矜持や強みを否定しがちのように感じる。 幹部層の長期的な成長方針が理解できない。 ただそうした不安は日系企業に多いもののように感じるので、特別なことではないのかもしれない。

営業部 / 正社員 / 2006年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

やりがいはあらが自分たちの事業が必ずしも社会を良く... 続きをみる

やりがいはあらが自分たちの事業が必ずしも社会を良くしているかを考えたとき、そうとは考えられない。また別のソリューションがあるのではないかと考えられる。大企業ゆえの意思決定速度の遅さなどにより、色々なアイディアが無下にされることがある。もっと若者の意見も聞くようにしていったほうが良いと思う。

財務部 / 正社員 / 2017年入社

株式会社日立製作所
福利厚生・社内制度

大企業でもあり、押し付けの福利厚生よりキャッシュの... 続きをみる

大企業でもあり、押し付けの福利厚生よりキャッシュのフィードバックがあったり、また会社内で自身で考えるキャリアパスを活かした社内転職が可能であったり比較的自由度高く、自己実現できる制度がある。

技術 / 正社員 / 2011年入社

株式会社日立製作所
ワークライフバランス・残業

休みは非常に取りやすい。前もって自分の仕事の調整な... 続きをみる

休みは非常に取りやすい。前もって自分の仕事の調整などをしておけば、休むことに対して上司等から何かを言われることはほとんどない。半期ごとに2日間の有給休暇を必ず取るルールがある他、職場によっては休暇を進んで取るように言われることもある。

品質保証 / 正社員 / 2015年入社

株式会社日立製作所
面接・選考

選考は面接が2回。1回目は課長。2回目は部長との面接... 続きをみる

選考は面接が2回。1回目は課長。2回目は部長との面接であった。堅苦しい雰囲気の面接ではなく、こちらの意見を聞こうとしてくれる雰囲気を感じ話がしやすかった。意見に対して深く深く掘り下げようとしてくるような質問が多い。特に志望動機に関しては、どうして競合他社ではなくここなのかという所を突っ込まれて聞かれた。

品質保証 / 正社員 / 2015年入社

株式会社日立製作所
人事評価制度・教育

評価は良くも悪くも自分の上司次第であり、気に入られ... 続きをみる

評価は良くも悪くも自分の上司次第であり、気に入られている人は評価が高くなりがち。見えないところで頑張るような人は、自分の頑張りが反映されにくいことがあるかもしれない。 教育に関しては社内での講座がいくつもあり、希望をすれば様々な知識を習得できる機会がある。反して、実務においてはやって覚える、見て覚えるという文化がありがち。

品質保証 / 正社員 / 2015年入社

株式会社日立製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

規模の大きな仕事に関わることが出来るが、全体的に影... 続きをみる

規模の大きな仕事に関わることが出来るが、全体的に影響を与えるポジションになるためには主任以上にならないと感じられないため、数年間の下積み期間は耐えられる必要がある。会社のネームバリューが強いため、顧客と対等にビジネスの話が出来る。

金融システム / 正社員 / 2010年入社

株式会社日立製作所
面接・選考

全部で3回の面接があったが、所謂大手企業の模範的な... 続きをみる

全部で3回の面接があったが、所謂大手企業の模範的な面接だった。 奇をてらった質問はなく、志望動機と自己PRをベースに面接ごとに深掘りされていく。 自分の場合、企業分析は甘かったが、会社の雰囲気と適性があっていたため採用されたと思われる。

金融システム / 正社員 / 2010年入社

株式会社日立製作所
年収・ボーナス

若手のうちは年功序列なので、安定して昇級していく。... 続きをみる

若手のうちは年功序列なので、安定して昇級していく。他の会社と比較しても給与水準は高いと言える。ボーナスについては、個人プレーの仕事がほとんどないため、所属するチームやプロジェクトに依存する傾向が強い。

金融システム / 正社員 / 2010年入社

株式会社日立製作所
年収・ボーナス

・本給は他の会社と比べて低いが、裁量労働手当(みな... 続きをみる

・本給は他の会社と比べて低いが、裁量労働手当(みなし残業40時間ほど)、住宅手当、持株会補助金など合わせると少々高い水準となる。こうした会社の制度を最大限活用すれば、それなりの金額がもらえる。 ・年功序列性が強いため、入社15年ほどは極めて優秀ということがない限り給料は横並び。所属組織の業績や個人の評価に応じて月数千円、ボーナスに数万円が加算される。これを加味しても勤続年数が同じならば大きな差がつくことはない。したがって、対して仕事をしなくても一定の給料が見込めるため、給与面において仕事のモチベーションは上がりにくい(年功序列性の強い大企業に共通する特徴ではあるが)。 ・学部卒の場合入社10年ほどで主任となる。ところが給与形態はS8、S7といった職位によって決定され(入社時はS8から始まり、S7、S6と上がっていく)、S6の中で平社員から主任へとあがるため、主任となっても給与は一切上がらない。

金融システム事業部 / 正社員 / 2008年入社

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全162件)

 会社概要 / 株式会社日立製作所

会社名
株式会社日立製作所
フリガナ
ヒタチセイサクシヨ
英語表記
Hitachi,Ltd.
業界
総合電機
本社所在地
東京都千代田区丸の内1ー6ー6
電話番号
0332581111
FAX
0332585493
代表者名
中西宏明
資本金
408,810,000,000円
決算月
3月
従業員数
10000人
設立年月
1920年2月
証券コード
6501
上場市場
東証1部、大証1部、名証1部、札幌、福岡
企業概要
株式会社日立製作所は東京都千代田区丸の内に本社を置く、日本の物づくりの草分け的な総合電器メーカーである。創業は1910年で、現在の代表執行役執行役社長は中西宏明である。資本金は458,790百万円(2013年3月末日現在)、連結従業員数は326,240名に及ぶ。(2013年3月末日現在)
企業沿革
1910年に久原鉱業所日立鉱山付属の修理工場として発足した。

そして、1976年には世界初の光通信システム実証試験に成功した。

その後、1989年に世界最高速の超電導コンピュータの開発をし、1999年に事業グループを再編成し、それぞれを実質的独立会社として運営する経営体制に変更をし、ライフサイエンス推進事業部新設した。

更に2003年には米国IBM社からハードディスクドライブ事業を前年12月に買収し、株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズを設立した。。

近年(2013)では、自律走行する一人乗りの移動支援ロボット「ROPITS」を開発した。

株式会社日立製作所に関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー