小松製作所(コマツ)の評判・体験談

株式会社小松製作所
株式会社小松製作所は、1921年5月13日に設立され、おもに建設・鉱山機械、ユーティリティ、林業や産業機械などの事業を展開している。グループ会社は連結対象で182社(2013年4月現在)。資本金は連結で678億70百万円(2013年4月現在)。大橋徹二代表取締役社長がCEOを兼任している。
20名以上がこの企業に登録しています!

注目の評判・体験談/ 株式会社小松製作所

株式会社小松製作所
ワークライフバランス・残業

部門にもよるが、残業時間はMAX45時間と、ある程...続きをみる

部門にもよるが、残業時間はMAX45時間と、ある程度のワークライフバランスは取れており、年に1回、5連休取得の推奨があるので、その機会を使った海外旅行なども出来る。

株式会社小松製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性優遇が促進されており、管理職登用に当たっても、...続きをみる

女性優遇が促進されており、管理職登用に当たっても、女性管理職比率を増加させるため、実力のいかんに関わらず、女性である事が登用条件に影響するようになってきているのではないかと思われる。 そうした面では、逆差別が起こっている様に感じる場面もあり、男性とっては働きにくく、女性には年々働きやすい環境となってきているように感じる。

株式会社小松製作所
ワークライフバランス・残業

年間18日の有休取得が義務付けられている。取得が満...続きをみる

年間18日の有休取得が義務付けられている。取得が満たないと上司が怒られるため積極的に取らされる。半休も気軽に取れる。当日の申請で午後休む、フレックスで帰るなどわたしのグループでは良くあります。 産休育休も取りやすい、三度繰り返している人がいます。会社の制度とは言え、なかなか取らせてくれる会社も少ないのでは。かなりのホワイト企業だと思います。ワークライフバランスについては多分これ以上の会社はほかに無いとおもいます。

株式会社小松製作所
女性の働きやすさ・キャリア

これ以上働きやすい会社は無いのではないでしょうか。...続きをみる

これ以上働きやすい会社は無いのではないでしょうか。人事系の取締役が女性なこともあって、偏ったダイバーシティが行われています。秘書や派遣出身の女性まで管理職に登用し、女性管理職比率を無理やり引き上げようとしています。正直、能力のある男性社員には非常に悪影響だと思います。優秀な若手社員が辞めるのはこの偏ったダイバーシティが原因だと気づくべき。

株式会社小松製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

新卒は国内営業になると、国内販社に出向となる。給与...続きをみる

新卒は国内営業になると、国内販社に出向となる。給与は5年目まで本体と同じであるが、6年目以降は転籍となり、給与は減る。 海外営業に行きたい場合は少なくとも四年以上は働く必要あり。海外営業については、仕事が管理であり、生産管理出身者が多くを占める。国内営業は基本的に国内の幹部として期待されている。

株式会社小松製作所
福利厚生・社内制度

借り上げ社宅制度がある。 事業所によるが、家賃の7...続きをみる

借り上げ社宅制度がある。 事業所によるが、家賃の7割程補助が出る。 7年間という制約があるが、転勤になるとリセットされるため、タイミング良く転勤があると、長い間補助を受け続ける事ができる。

株式会社小松製作所
企業理念・ビジョン

SLQDCといい、 ・安全、健康(セーフティ、ヘル...続きをみる

SLQDCといい、 ・安全、健康(セーフティ、ヘルス) ・法令遵守(ロウ) ・品質(クオリティ) ・納期(デリバリー) ・コスト の順番でモノゴトを考えよ、と謳っていますし、それは会社のあちらこちらでよく聞く言葉です。 個人的にはこの言葉自体には大賛成で、これを貫くことが企業を強くし、また社員自身のスキルアップにもつながるのだと思っています。 また、この言葉はひとつひとつのワークフロー(依頼書のフォーマットを明確・的確にすることや、どの部門がどの業務を担当するのか、など)をきちんとして行くことを目指しているのだとも思っているのですが、実際は紙ベースの入力フォーマットを無理やりエクセルで作り直したようなものだったり、部門内でその作業がわかる人が限られているためその人が休みの時には対応できないことも多いなど、「仕組み」という観点からは決してクオリティが高いとは言い難いと感じています。

株式会社小松製作所
人事評価制度・教育

評価制度は不明瞭。年功序列かつ上司の主観で決められ...続きをみる

評価制度は不明瞭。年功序列かつ上司の主観で決められている感が強い。評価基準として設定した目標の達成・非達成については、査定に関係していないように見受けられる。 個人の業務負荷やアウトプットの面から、必ずしも公平でない評価がなされているように感じる人事や評価も見受けられる。

株式会社小松製作所
年収・ボーナス

大学院卒 8年目で役職付き 年収800万程 みなし...続きをみる

大学院卒 8年目で役職付き 年収800万程 みなし残業制のため、残業は何時間しても35時間分しか出ない。

株式会社小松製作所
ワークライフバランス・残業

休みは取りやすい。 年間128日休日に加え 年休取...続きをみる

休みは取りやすい。 年間128日休日に加え 年休取得は18日/年を義務化しており、休みたくなくても休まされる。

株式会社小松製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

大企業らしく、慎重かつ、承認プロセス(根回し)に非...続きをみる

大企業らしく、慎重かつ、承認プロセス(根回し)に非常に時間がかかる面がある

株式会社小松製作所
経営者の魅力

特にありません。経営者がだれでも経営が成り立つ事が...続きをみる

特にありません。経営者がだれでも経営が成り立つ事が強みだと思います。

株式会社小松製作所
年収・ボーナス

給与は残業代込みであるが、満足している。 ( 月...続きをみる

給与は残業代込みであるが、満足している。 ( 月平均30時間) 新卒四年目でグレードが上がると600万までいくようです。

株式会社小松製作所
ワークライフバランス・残業

コンプラを意識しすぎて、サービス残業などが多くなっ...続きをみる

コンプラを意識しすぎて、サービス残業などが多くなってしまっているし、生きづらい。ただ、基本的には過ごしやすい。

株式会社小松製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性の管理職を増やすしたいため、非常に有利である。...続きをみる

女性の管理職を増やすしたいため、非常に有利である。ただ、男性中心の販売系は色々苦労しています。バックオフィス系は非常に良さそう。

株式会社小松製作所
会社の将来性・事業の強み

参入障壁が高いこと、世界的人口増のため、期待できる...続きをみる

参入障壁が高いこと、世界的人口増のため、期待できる。ただ、会社が伸びることが必ずしも個人にとっていいかと思うとそうでもない。

株式会社小松製作所
年収・ボーナス

同業内では高い水準と考える続きをみる

株式会社小松製作所
面接・選考

微妙です。 結果より感情に左右される続きをみる

株式会社小松製作所
福利厚生・社内制度

これは抜群にいいので可処分所得は非常にいい。続きをみる

1〜19件の企業に関する相談を表示(全19件)

株式会社小松製作所の体験談を募集しています!

会社概要 /  株式会社小松製作所

  • 基本情報
  • 企業概要
会社名
株式会社小松製作所
フリガナ
コマツセイサクシヨ
英語表記
KOMATSULtd.
業界
その他(メーカー/製造)
本社所在地
東京都港区赤坂2ー3ー6
電話番号
0355612616
代表者名
野路國夫
資本金
70,120,000,000円
決算月
3月
従業員数
10000人
設立年月
1921年5月
証券コード
6301
上場市場
東証1部、大証1部
上場年月日
1949年5月1日
企業概要
株式会社小松製作所は、1921年5月13日に設立され、おもに建設・鉱山機械、ユーティリティ、林業や産業機械などの事業を展開している。グループ会社は連結対象で182社(2013年4月現在)。資本金は連結で678億70百万円(2013年4月現在)。大橋徹二代表取締役社長がCEOを兼任している。