株式会社村田製作所

株式会社村田製作所は1950年12月23日に設立された企業である。創業は1994年10月。本社は京都府長岡京市にかまえている。連結売上高は,1210,841百万円で、従業員数は54,674名(2016年3月現在)。

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 株式会社村田製作所

1〜27 件の企業に関する相談を表示(全27件)

株式会社村田製作所
人事評価制度・教育

評価制度は昇格の条件となる能力考課と、ボーナス査定... 続きをみる

評価制度は昇格の条件となる能力考課と、ボーナス査定の為の業績考課の2つがある。全社は1回/年、後者は2回/年。能力考課で高い評価を得られていれば、昇格試験を受ける際に有利に働くが、標準の評価しか得られていなければ、試験通過は難しい。最近は年々昇格試験の通過率が下がっている様に見える。非当事者として見ていると気の毒でならない。特に管理職への昇格基準が厳しい。現場でどれだけ高く評価され、実績を上げていても、通過できない者も多く、40歳以上の年齢層で部長に届いていない者の顔つきは暗い。理由は①課長以上の管理職になった場合のプレッシャーと、②課長以上になれなかった大多数の者が、自分を押し殺して苦虫を噛み潰した様な顔つきで仕事をしている為。部長以上はイキイキと働いている。 教育プログラムは多種そろえてあり手厚い。一方で技能の継承については、完全に人任せになっているので、先輩社員や上司の出来と心構えしだい。

Planning / 正社員 / 1997年入社

株式会社村田製作所
面接・選考

面接を受ける部署によるが、基本的に人柄は総じて良い... 続きをみる

面接を受ける部署によるが、基本的に人柄は総じて良い。ただ、昭和の荒波に揉まれて来たことを未だに武勇伝にしている勘違いしているオヤジかま居ることも事実。会社として、そう言ったオヤジを駆逐する思想を浸透させようとしており、 そう言ったオヤジは減少傾向にあると思われる。 未だに女性を顔で採用しようとするオヤジははやくこの会社から居なくなるべきだと思います。

商品企画 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
人事評価制度・教育

どの会社も同じだと思いますが、直属の上司と、仕事面... 続きをみる

どの会社も同じだと思いますが、直属の上司と、仕事面やプライベート面でうまくやれている人が高い評価を得ます。また役職者(主任、研究員以上)は数が限られているのか、若手が多い部門では出世は遅くなるようです(当時)。それでも、”よほどのこと”がない限り、係長までは上がれるようです。 役職と別に、職級制度があり、上位の職級になるほど基本給がアップします。上位の職級になるためには昇進試験(筆記、小論文、面接)にパスする必要があります。かなり合格率は低いです。院卒3年目で初めての昇格試験を受けられ、合格すれば他の会社同期に比べても高い水準の基本給になります。

研究開発部署 / 正社員 / 2006年入社

株式会社村田製作所
面接・選考

ホームページからの応募では、学生時代の研究を書かさ... 続きをみる

ホームページからの応募では、学生時代の研究を書かされるが、一度も面接では聞かれなかった。 書類選考を通ってからは、面接2回とWebテストが1ヶ月ほどで実施されます。 Webテストは勉強してないと分からないので要注意です。 面接では序盤は自己紹介や自己PRなど定型的な質問が多いです。 徐々に技術的な質問や前職での仕事の仕方を問われました。 全体的に村田製作所の社風とマッチしているかを見ている印象を受けました。

技術 / 正社員 / 2019年入社

株式会社村田製作所
ワークライフバランス・残業

配属先による 車載でも、コンデンサやソニーの電池事... 続きをみる

配属先による 車載でも、コンデンサやソニーの電池事業だけで働き方や束縛時間がちがう、スマホ向け新規事業においては異動希望者が続出、他の部署は定時退社当たり前など、本当にバラバラです。

商品企画 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
福利厚生・社内制度

転勤したら家賃補助7割〜8割、最高だと思います。ま... 続きをみる

転勤したら家賃補助7割〜8割、最高だと思います。また、各事業所には食堂があり、驚くほど格安で3食を食べれる。出張費、手当、残業代など、当たり前に付けれて、福利厚生は流石大企業だと思う。

商品企画 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
会社の将来性・事業の強み

時代の波に流されにくいので、電子部品業界は強いです... 続きをみる

時代の波に流されにくいので、電子部品業界は強いです。特に村田製作所はコンデンサなどでトップシェアを持っており、業績的にも抜群の安定感があります。

研究開発部署 / 正社員 / 2006年入社

株式会社村田製作所
ワークライフバランス・残業

休みは取りやすいですが時期によっては取れない状況が... 続きをみる

休みは取りやすいですが時期によっては取れない状況が続きます。 上司が有給を拒否するとかはありません。 残業は部署にもよりますが、月20時間ほどでそれほど多くありません。 残業をしていると昔は評価されたそうですが、 会社として残業時間削減に取り組んでおり 速く仕事を終わらせることを求められます。 休日出勤や夜勤などは総合職では基本ありませんが、 繁忙期になると、休日は出ざるを得ない状況になります。

技術 / 正社員 / 2019年入社

株式会社村田製作所
入社理由・退社理由

勧められて入りました。待遇が良かったのとちょうど求... 続きをみる

勧められて入りました。待遇が良かったのとちょうど求職中だったので。 退職は自身の体調と人間関係。 メンターになった人と馬が合わなかったかな。 休みがちになって辞めました

工場 / 契約社員 / 2018年入社

株式会社村田製作所
会社の将来性・事業の強み

技術者の方はみなさん優秀であり、競合他社に負けない... 続きをみる

技術者の方はみなさん優秀であり、競合他社に負けない技術を有している。営業も強く、圧倒的なシェアを有している商品も多い。今後需要の拡大も見込まれる。以上の理由から将来有望だと思う。

開発 / 正社員 / 2017年入社

株式会社村田製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

コンデンサについては、ほぼ全ての電気が使われている... 続きをみる

コンデンサについては、ほぼ全ての電気が使われている製品に搭載されている。そのコンデンサで圧倒的なシェアを持っているため、世界の電気製品を支えている自負を持って働ける。逆に言うと責任感にもつながる。ムラタが供給できなけれ、スマホも車も作れない。

営業 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
年収・ボーナス

学部卒3年目で年収400~450万円。 ボーナスは6ヶ月前... 続きをみる

学部卒3年目で年収400~450万円。 ボーナスは6ヶ月前後。 1万円ちょいで寮に住めるため、お金は貯まる。

営業 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
ワークライフバランス・残業

営業は土日も持ち帰り仕事をする悪習がある。 特に係長以上の持ち帰り仕事は常態化している。

営業 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
会社の将来性・事業の強み

他社と違うことをやるのを好みます。他社との差別化は... 続きをみる

他社と違うことをやるのを好みます。他社との差別化は出来ているため利益が出やすい体質ではあります。ただどうみてもダメで他社がやらないこともムラタらしさと言えばやってしまうのが危険な点です。また将来技術への展望が低いことで必要不必要ではなく上司の好き嫌いで開発内容が決まっています。内容によっては他社と技術が引き離されてしまい巻き返し不可能な分野もあり今度はどうなるか不透明です。

研究部門 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
年収・ボーナス

同族経営だけあって、上に上がれば上がるほど給料の少なさを感じる

商品企画 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
会社の将来性・事業の強み

車載にシフトしており、中長期的に安定したマーケット... 続きをみる

車載にシフトしており、中長期的に安定したマーケットへ踏み込んでいる。既存の基盤を活かし、主戦場をシフトできているため、非常に安定している。

商品企画 / 正社員 / 2016年入社

株式会社村田製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

若手でも手を挙げる人に任せてもらえる社風です。ただし途上の判断会議などで厳しく成果は追求されます。

研究開発部署 / 正社員 / 2006年入社

株式会社村田製作所
年収・ボーナス

部品業界では高めだと思います。セットメーカーと比べると明らかに低いです。

研究開発部署 / 正社員 / 2006年入社

株式会社村田製作所
面接・選考

派遣だったので面接はなし。一応派遣元で顔合わせのよ... 続きをみる

派遣だったので面接はなし。一応派遣元で顔合わせのようなものはありますが、面接ではなく、合格前提のものだったと思います

工場 / 契約社員 / 2018年入社

株式会社村田製作所
ワークライフバランス・残業

有給休暇の取得を支障ない。残業も少なくワークライフバランスは保てている。

開発 / 正社員 / 2017年入社

株式会社村田製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

自分の提案を聞いてくれる風土。チャレンジを尊重してくれるために働きやすくやり甲斐を非常に感じている。

開発 / 正社員 / 2017年入社

株式会社村田製作所
人事評価制度・教育

まだあまり詳しくはわからないが変革が常に行われており、期待できる。

開発 / 正社員 / 2017年入社

株式会社村田製作所
福利厚生・社内制度

住宅補助が手厚いと思う。 月14万円の3LDKの賃貸に6万円程の自己負担ですむことができる。

営業 / 正社員 / 2015年入社

株式会社村田製作所
女性の働きやすさ・キャリア

女性の働きやすさはピカイチと思う。女性に優しい会社で育休産休を取っている方は非常に多い。

営業 / 正社員 / 2015年入社

株式会社村田製作所
ワークライフバランス・残業

非常に休みが取りやすく、会社全体で有休消化を促進す... 続きをみる

非常に休みが取りやすく、会社全体で有休消化を促進する文化がある。直前の申請でも全く問題ないし、システムでの申請のため理由も聞かれることはない。

営業 / 正社員 / 2015年入社

株式会社村田製作所
人事評価制度・教育

みんな横並びの評価。年功序列。昇格試験に受からないと大幅な年収アップは見込めない。

営業 / 正社員 / 2015年入社

株式会社村田製作所
仕事のやりがい・働きやすさ

転勤が多いです。2年間で4回転勤する場合もあります。家は買ってはいけません

研究部門 / 正社員 / 2016年入社

1〜27 件の企業に関する相談を表示(全27件)

 会社概要 / 株式会社村田製作所

会社名
株式会社村田製作所
フリガナ
ムラタセイサクシヨ
英語表記
MurataManufacturingCo.,Ltd.
業界
半導体・電子・電気機器
本社所在地
京都府長岡京市東神足1ー10ー1
電話番号
0759519111
代表者名
村田恒夫
資本金
69,376,000,000円
決算月
3月
従業員数
5000人
設立年月
1950年12月
証券コード
6981
上場市場
東証1部、大証1部
上場年月日
1963年3月1日
企業沿革
1944年に京都市中京区で村田製作所、創業した

そして、1955年には研究部門を大宮技研として創業の地に設置した。その後、長岡京市に移転して村田技研と改称。4つの研究室長には、卒業間もない若者が就任した。

その後1973年にアメリカ合衆国ジョージア州に生産子会社Murata Manufacturing Co., Inc.を設立。経営の国際化が進み、1983年には(株)出雲村田製作所設立した。それと同時に国内生産体制の強化が進む。

その後2005年に「CEATEC JAPAN 2005」にてムラタセイサク君®のデモンストレーションを行い、国内外から大きな評価を得た。

株式会社村田製作所に関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー