株式会社本田技術研究所

株式会社本田技術研究所の転職相談が多数掲載!就職・転職前に気になる株式会社本田技術研究所の年収や社風、面接事例などが盛りだくさん。株式会社本田技術研究所のことが気になったらあなたも即相談!社員、元社員からの回答もある日本最大級の転職相談サイト「JobQ」で簡単に株式会社本田技術研究所に関する意見がもらえます。

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 株式会社本田技術研究所

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全37件)

株式会社本田技術研究所
福利厚生・社内制度

高額家賃補助と住宅手当の2つがある。高額家賃補助は... 続きをみる

高額家賃補助と住宅手当の2つがある。高額家賃補助は、賃料の3割程度補助として支給される。住宅手当は世帯主だと、都内で17000円支給される。子供手当は充実しており、一人につき20000円支給される。welfitとというカフェテリアプランがあり年間50000ポイント支給される。1ポイント1円換算。

技術職 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
福利厚生・社内制度

複利厚生制度はかなり充実している。社員食堂が安い。... 続きをみる

複利厚生制度はかなり充実している。社員食堂が安い。有休が取りやすい。残業時間の上限枠がある。ボーナスが高く年収もそれなりにもらえる。高校卒業でも年収1000万を貰える。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

年初に発生した有給休暇を全て取ることを求められるた... 続きをみる

年初に発生した有給休暇を全て取ることを求められるため、年20日間は有給が取れる。私のいた四輪の研究開発の部署は所内でも屈指の激務だったが、それでも例外なく有給を取得できる。一方で、私のように異常なスケジュールで仕事が降ってくる状態で、とにかく有給を取るように言われるのは辛い。贅沢だと思われるかも知れないが、休むことを求められながら、仕事の遅れが一切許されない、というのは両立できない。有給を取れるようにスケジュールを考慮してくれないし、裁量も与えられない。仕事を持ち帰ろうにも、管理職未満は(基本的には)外部からイントラネットに入れないため、自宅から仕事をしようとするとかなり不便だ。 その結果、有給を申請して有給を取得したことにしながら、こっそり出社して仕事をする(目立たない建屋の会議室等にこもって仕事をする)という本末転倒なことになる。明らかなルール違反だが、管理職はこれを120%把握していながら、見て見ぬふりをする。有給を消化しながら、仕事を遅らせないためには、それ以外に解が無いからだ。そして、このルール違反の働き方は(少なくとも私の経験では)高く評価される。

研究開発 / 正社員 / 2007年入社

株式会社本田技術研究所
仕事のやりがい・働きやすさ

仕事のやりがいはメーカーであるので自分で決めたこと... 続きをみる

仕事のやりがいはメーカーであるので自分で決めたことがユーザーに見える形で提供できることに喜びを感じることができる。しかし、実際に開発するのはサプライヤーメーカーのため自分で決めたことを作ってもらうというメーカー管理が主な業務になる。自分で手を汚したくない人には良いと思うが、技術を突き詰めいたひとにはつまらないと思う。

開発部 / 正社員 / 2013年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

有給は、100%消化が義務づけられている。 基本的に取... 続きをみる

有給は、100%消化が義務づけられている。 基本的に取りたいときに取れる。 残業は、今まで月30-40時間の残業があったが、最近は20-30に減ってきている。 フレックスは有り。コアタイムは8-17時の間で1時間以上だが、基本的に、一般は19時まで、研究員でも20時までのため、9時間以上会社にいることを考えると、通常、朝10時までには出社することになる。

設計 / 正社員 / 2012年入社

株式会社本田技術研究所
人事評価制度・教育

一応、成果主義を取り入れていることにはなってますが... 続きをみる

一応、成果主義を取り入れていることにはなってますが、実態はほぼ年功序列 下の人間が苦労して推進してる物に対しては、フォローしてやりきらせず、上の役職者がただ巻き上げて何とかしようとするため、下が育たない。 また、上の役職だからといって、その業務の遂行能力が下より高いとは限らないため、出てきてアウトプットが元より酷いことがある。

設計 / 正社員 / 2012年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

働き方改革で朝早くなり、柔軟性がなくなっています。... 続きをみる

働き方改革で朝早くなり、柔軟性がなくなっています。 一般は19時まで、係長&課長補佐は20時までとなっています。 組合員でない管理職は24時間働いても良いような話だが、主な業務はマネジメント中心であり、負荷の大きい業務はやってないので、それほどは大変ではない印象。 残業も年枠が決まっており、有休取得推進もあり、ワークライフバランスは部署によっては取りやすいのではないか。開発部門だと、自由に休めない雰囲気がある。

研究開発 / 正社員 / 2005年入社

株式会社本田技術研究所
女性の働きやすさ・キャリア

現在産休中ですが、先輩女性で育休復帰し活躍している... 続きをみる

現在産休中ですが、先輩女性で育休復帰し活躍している人は多くなって来ました。私自身、業務へ復帰する前提で産休に入っています。男性が大半を占める会社ですので、復帰後の育児との両立に苦労している人が多いのが現状ですが、女性社員が自発的にチームをつくり働きやすい環境づくりに取り組んでいます。 女性の働き方にかかわらず、何かこうしたいということがあれば、会社に期待し変わることを待つのではなく、自発的に行動を起こす人は多いです。

設計開発 / 正社員 / 2012年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

有休の消化率は高く、年間20日付与される。しかし、国... 続きをみる

有休の消化率は高く、年間20日付与される。しかし、国民の祝日が出勤日に設定されているため、結局有休を使うはめになる。

技術職 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
仕事のやりがい・働きやすさ

社内でチャレンジ公募が実施され、半年に1回希望をだ... 続きをみる

社内でチャレンジ公募が実施され、半年に1回希望をだせば多部署に異動できる機会が与えられる。書類審査や面接を通過することができれば、希望部署に異動できる。失敗すると肩身が狭くなる恐れがある。

技術職 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

・有休が取りやすく、拘束時間がは短い。但し業務での... 続きをみる

・有休が取りやすく、拘束時間がは短い。但し業務でのストレスはかなりある。 開発の波に依るが納期前になるとかなり忙しくなる。但し、水曜日は定時退社日であり残業の出来ない環境があり、時間的制約は少ない。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

週に1回ノー残業デーあり。残業は組合が強いので、規... 続きをみる

週に1回ノー残業デーあり。残業は組合が強いので、規制範囲内で。サービス残業は皆無。部署によりかなりの変動あり。 管理職は過重労働か何もしないか2極化

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
ワークライフバランス・残業

有休が取得しやすく、フレックスタイム制ということも... 続きをみる

有休が取得しやすく、フレックスタイム制ということもあり、ワークライフバランスを取るための仕組みは整っています。ただし、これも配属される部署によります。部署によってはサービス残業で夜遅くまで業務を行う必要があったりするのでその点は考慮しておく必要があるかと思います。

研究開発 / 正社員 / 2005年入社

株式会社本田技術研究所
福利厚生・社内制度

福利厚生は充実しています。夜も食堂を利用でき、残業... 続きをみる

福利厚生は充実しています。夜も食堂を利用でき、残業の場合には無料で食べられるので、家計の助けとなります。 その他、一般的な福利厚生は全てある感じですので不満が出ることはないかと思います。

研究開発 / 正社員 / 2005年入社

株式会社本田技術研究所
会社の将来性・事業の強み

自動車に関しては競争が激化しており、従来のものづく... 続きをみる

自動車に関しては競争が激化しており、従来のものづくりの考え方では生き残っていけない状況にあると思います。ただ、二輪や汎用機、ロボットや航空機など幅広い製品を扱っている強みがあるので、それらをうまく活かせれば、他社と差別化でき、付加価値の高い製品やサービスを生み出していけるはずです。横通しの連携が鍵となります。

研究開発 / 正社員 / 2005年入社

株式会社本田技術研究所
企業理念・ビジョン

役員のフィロソフィーがしっかりしてるので、会社とし... 続きをみる

役員のフィロソフィーがしっかりしてるので、会社として迷うことは無いと思う。ただし、フィロソフィーの解釈が人それぞれ、本気度も人それぞれなので、中間管理職や現場のレベルではガッカリ社員がいるのも事実。全員ではないので、自分がしっかりして、ついて行く人を見定める必要がある

研究開発 / 正社員 / 2008年入社

株式会社本田技術研究所
年収・ボーナス

年収は比較的高い。月給は少ないがボーナスが高いため年収としては同業他社と比べても良いと思う。

技術職 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
会社の将来性・事業の強み

電動化に向けて開発が進んでいるか、社員は疲弊しており弱体化しているように感じる。

技術職 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
仕事のやりがい・働きやすさ

現場でやる気があればたいていの事はやらしてもらえる... 続きをみる

現場でやる気があればたいていの事はやらしてもらえる。開発予算もかなり潤沢にあるため好きな事をできるかんきょうがある。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
企業理念・ビジョン

人間尊重に基づき研究所、工場、営業それぞれで給与格差はなく平等に扱われている感がある。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
年収・ボーナス

若くして出世をすればそれなりの給与を貰える。 ボーナスの評価によれば数十万の差がでる。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
会社の将来性・事業の強み

エンジンで培った技術力は確かの物であるが、電動化の... 続きをみる

エンジンで培った技術力は確かの物であるが、電動化の流れがある中で今後の生き残りをかけてどうしていくかが今後の鍵である。

開発部 / 正社員 / 2010年入社

株式会社本田技術研究所
経営者の魅力

経営陣との距離感はかなりある 社長が変わるごとに方針がコロコロ変わり、一貫性がない

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
福利厚生・社内制度

福利厚生制度はかなり充実している 社内ITシステムの質は低い

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
企業理念・ビジョン

ホンダフィロソフィーと言っているが、あまり浸透していない。少し宗教的なところがある。

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
年収・ボーナス

年収ボーナスは不満無いレベル 年齢が上がってくると頭打ちになる傾向あり

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
仕事のやりがい・働きやすさ

自由に意見ができる職場と思われているが、そうでもな... 続きをみる

自由に意見ができる職場と思われているが、そうでもない。意思決定が非常に遅い。 人材活用が下手なので、路線を外れるとかなり辛い

品質 / 正社員 / 2009年入社

株式会社本田技術研究所
年収・ボーナス

年収は良いと思います。ただ、部署によっては大変忙し... 続きをみる

年収は良いと思います。ただ、部署によっては大変忙しく業務量も多いので、不公平感を抱くこともあるかもしれません。

研究開発 / 正社員 / 2005年入社

株式会社本田技術研究所
面接・選考

新卒で選考を受けると書類審査、一次面接、最終面接の... 続きをみる

新卒で選考を受けると書類審査、一次面接、最終面接の三回のみで技術的な質問はない。自身のやってきたこと、やりたいことをきちんと説明できれば問題ない。

開発部 / 正社員 / 2013年入社

株式会社本田技術研究所
年収・ボーナス

休みは突発業務がない限りは非常に取りやすく年間最大... 続きをみる

休みは突発業務がない限りは非常に取りやすく年間最大40日の取得が可能。また連続で取得することが可能で一月近く休んでいる人もいた。

開発部 / 正社員 / 2013年入社

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全37件)

 会社概要 / 株式会社本田技術研究所

会社名
株式会社本田技術研究所
フリガナ
ホンダギジユツケンキユウジヨ
業界
その他(コンサルティング/専門サービス)
本社所在地
埼玉県和光市中央1ー4ー1
従業員数
10000人

株式会社本田技術研究所に関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー