株式会社三菱UFJ銀行

株式会社三菱東京UFJ銀行は設立日は1919年(大正8年) 8月15日である。代表者氏名頭取は小山田隆である。資本金は17,119億円 (平成28年3月末、単体)で、従業員数は35,214人 (平成27年3月末、単体)である。支店等は国内 766、海外 75 (平成27年3月末現在)で、本店所在地は東京都千代田区丸の内二丁目7番1号である。

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 株式会社三菱UFJ銀行

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全83件)

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

7年目までは年功序列で昇給していく。この時点で750万... 続きをみる

7年目までは年功序列で昇給していく。この時点で750万円くらい(残業代込)。8年目で初めての昇格のタイミングとなるが、昇格すれば年収で200万円ほど上がる。 最近人事制度が変わったが、それまでは入社してからの各種テストの結果や人事面接での印象、上司からの評価によって評価されていた。なので、今現在どんなに優れていても過去に失敗とか人事および上司の評価が低いと挽回するのは困難。また、パワハラ上司にあたって一度休職すると、しばらくは昇格できない。既に完治していても、人事面接で何度も聞かれるらしい。 運良く昇格できればある程度給与は貰えるが、評価がそもそもブラックボックスだし人事に権力がありすぎる。

法人営業 / 正社員 / 2012年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

働き方改革によって残業も厳しくなったし、休暇も年間... 続きをみる

働き方改革によって残業も厳しくなったし、休暇も年間15日以上取得を目指そうということになっており、ワークライフバランスは良い環境になっている。 また、残業も基本は36協定に則ってるので、月30時間が目安。

法人営業 / 正社員 / 2012年入社

株式会社三菱UFJ銀行
仕事のやりがい・働きやすさ

上司によるところが大きいです。多いな組織なので、人... 続きをみる

上司によるところが大きいです。多いな組織なので、人もそれぞれ、自分に割り当てられる上司とうまく付き合えるかは、個人の資質にもよりますが、運にも大きく左右されます。特に営業部は体育会系の人が多いので、内気な人にとっては若干つらいかもしれません。同僚に東大生がいて、頭は良いのですが、コミュ力が若干低く、いつも上司にどやされ、最終的には病院送りとなり、それ以降は他部門に移転しました。

営業部 / 派遣社員 / 2007年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

役職が変わらなければ、毎年10万円~20万円程度の昇給... 続きをみる

役職が変わらなければ、毎年10万円~20万円程度の昇給に留まりますが、役職が上がった途端一気に100万円~200万円上がります。年収900万あたりまでは、大きな失態とかなければエスカレート式に辿りすけますが、それ以降は課長レベルの役職なので、実力勝負ですね。

営業部 / 派遣社員 / 2007年入社

株式会社三菱UFJ銀行
人事評価制度・教育

良くとも悪くともお役所的なところが大きいので、基本... 続きをみる

良くとも悪くともお役所的なところが大きいので、基本は年功序列、大出世した人も、自分より役職の低い先輩には敬意を持って接します。ニューヨーク、ロンドン、香港、上海支店等の重要な海外支店への勤務は、出世において若干有利になる印象があります。

営業部 / 派遣社員 / 2007年入社

株式会社三菱UFJ銀行
入社理由・退社理由

・入社理由 同業の中で最大手の顧客基盤と事業規模を... 続きをみる

・入社理由 同業の中で最大手の顧客基盤と事業規模を持ち安定しているため。海外拠点も多く海外へ赴任するチャンスも多くあると判断したため。大量採用が行われた年で入社ハードルがそれまでに比べ低かったため。 ・退社理由 古い体質の会社で、体育会系出身者で、上下関係をきっちり守り上を立てて、飲み会でも盛り上げ役を買って出られるような人が出世する印象。残業後の遅い時間から週に何回も飲み会を行うため、十分休息も取れず、仕事の能率が下がる。 大量に職員がいるため、人事評価が減点方式で、いかにミスせず無難に過ごせるかが肝要な社風。息苦しい。 過去の反省から全社的に非常に厳しく慎重にコンプライアンスを徹底しており、事務手続きが煩雑で紙保管の書類も多く作業効率が悪い。 本部を除く各地域の法人営業はエリア毎に顧客基盤が決まっており、年々上がる目標数値は首を締めるだけ。

法人営業 / 正社員 / 2013年入社

株式会社三菱UFJ銀行
入社理由・退社理由

世の中の企業を金融面から下支えしたいと感じたため。... 続きをみる

世の中の企業を金融面から下支えしたいと感じたため。商業銀行の中でも本邦ナンバーワンの銀行に入ることで最短距離でそのビジョンを叶える事ができると考えたため。加えて面接時の面接官の人柄が他のメガバンクや政府系金融機関に比べて、自分とあっているなとも感じることができたため。 (退職理由) 実際に現場に配属された際の裁量のなさと、風通しの悪さ。他の支店に配属されたことが無いため分からないが、少なくとも自分が配属された支店に関しては非常に閉鎖的な雰囲気で疑問点を聞けるような雰囲気では無かった。当然歯を食いしばって仕事を進めようとするものの、決裁権者の次長や直属の課長代理からの詰めや考え方について行くことが出来なくなった。また銀行としての今後の働き方に関して未来を感じられなくなり著しくモチベーションが下がった為、転職を決意した。

法人営業 / 正社員 / 2014年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

・若年層の段階で退職したため、金額は横並びで非常に... 続きをみる

・若年層の段階で退職したため、金額は横並びで非常に少ないイメージだった。新卒で300万円未満、5年目までで600から700万円前後まで上がるが、残業時間次第で大きくブレるため、役が付くまでは安定しない。 ・ボーナスも目標に達した場合、達しなかった場合で大きな差はな買った印象である。

法人営業 / 正社員 / 2008年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

・入社当時は有給休暇を取得できる雰囲気はなく、休み... 続きをみる

・入社当時は有給休暇を取得できる雰囲気はなく、休みを頂戴する、理由を伝える、と言うものであったが、最近は逆に有給休暇の取得を奨励し、その理由まで問われることはなくなった。 ・退社時間も遅くとも20時くらいに帰れるようになったと聞き、入社当時の22から24時ぐらいの退社、と言うことはほぼなくなったと聞いている。

法人営業 / 正社員 / 2008年入社

株式会社三菱UFJ銀行
面接・選考

面接は2回ありました。ただし、契約社員の場合である... 続きをみる

面接は2回ありました。ただし、契約社員の場合であるため、正社員の方はもっと多いようでした。 人によるようですが、新卒で入行した方は5〜10回ほど面接があったそうです。

営業部 / 契約社員 / 2016年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

女性に関しては休暇は取りやすいが、男性はあまり取っ... 続きをみる

女性に関しては休暇は取りやすいが、男性はあまり取っていない様子。 支店は残業の上限が決まっているため、21時より遅くなることは普段あまりない。 ただし、本部は例外。

支店 / 正社員 / 2006年入社

株式会社三菱UFJ銀行
会社の将来性・事業の強み

今後AIにより事務も投資相談も融資もほとんど自動化さ... 続きをみる

今後AIにより事務も投資相談も融資もほとんど自動化されていくと思う。投資相談に関しては、今はインターネットができないお年寄りや、なんとなく将来に不安を抱えているが金融リテラシーが低いために何から始めたらよいかわからない人を相手に商売できているが、今後、インターネットができる世代がどんどん増えていけば、インターネットの方が手数料が安いので、わざわざ手数料の高い銀行で運用商品を買うメリットがなくなるだろう。それに加え、AIが発達し、最適な投資相談もAIがしてくれるとなれば、FPという職種はいらなくなるだろう。 金融商品自体では他社と差別化ができないため、UFJもIT技術に対応した経営をしていく。将来UFJ自体はなくらないが、時代に対応できなくなった社員は早期退職という名のリストラをせまられる。若ければやり直しがきくが、45歳で大企業に勤めていただけで、何もスキルがない人は転職も厳しいだろう。

営業 / 正社員 / 2017年入社

株式会社三菱UFJ銀行
会社の将来性・事業の強み

会社の将来性は危ういと考える。会社自体は存続してい... 続きをみる

会社の将来性は危ういと考える。会社自体は存続していると思うが、今の形態ではないと思う。少しずつ変わろうとしているが、組織が大きすぎる点、保守的過ぎる銀行員の考え方から変化のスピードは非常に遅い。結局は今の上層部は自分達が現役の間は今のままでも大丈夫と考えているんだと思う。

営業部 / 正社員 / 2016年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

月給は低く上がりにくいですが、ボーナスはかなりもら... 続きをみる

月給は低く上がりにくいですが、ボーナスはかなりもらえる印象です。ボーナスが高い分、年収で考えれば相応な金額になります。 世間一般では銀行員がお給料が高いイメージがありますが、それは総合職だけです。1年目から一般職とでは月給もボーナスも全く違います。総合職はお給料が高いですが、一般職は仕事の割に合わないと感じることが多いです。

本部 / 正社員 / 2016年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

部署にもよるかと思いますが、年15日は必ず取る様言わ... 続きをみる

部署にもよるかと思いますが、年15日は必ず取る様言われます。残業手当も1分単位で必ず出ます。支店はお客様からの目があるため、残業も少なく、早帰り週間や早帰り日が徹底されています。そのため残業で稼いでるのか、だらだら仕事をする人も多くみられる印象。

本部 / 正社員 / 2016年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

飲み会が多すぎる。毎月人事異動があるのでその度に飲... 続きをみる

飲み会が多すぎる。毎月人事異動があるのでその度に飲み会、また何かにかこつけて行うので週2くらいはだいたい飲み会だった。それも店にもうるさく言われるので飲み会はとても面倒だった。精算は傾斜はかかるものの1回5000円以上の出費にはなるので、年収は高いものの、不毛な飲み会に消えていくという感じだった。また、飲み会を断ることは困難だった。

営業部 / 正社員 / 2014年入社

株式会社三菱UFJ銀行
女性の働きやすさ・キャリア

転勤が多いので、女性のみならず男性も働きにくいと思... 続きをみる

転勤が多いので、女性のみならず男性も働きにくいと思う。3年に一度は多すぎるし、希望もあまり通らない(家を買ったら、住宅ローンを払い続けなくてはいけない→仕事はやめられないだろうということで、地方に転勤にさせられるとのジンクスもあった。実際にそのようになっている人も多く、本当にかわいそうだった。)

営業部 / 正社員 / 2014年入社

株式会社三菱UFJ銀行
入社理由・退社理由

..................................................... 続きをみる

............................................................................................................................................................................................................................ .....................................................................................................................................................................................................................................................

営業 / 正社員 / 2008年入社

株式会社三菱UFJ銀行
面接・選考

・新卒は人によって回数が違います。 ・5~13回くら... 続きをみる

・新卒は人によって回数が違います。 ・5~13回くらいあります。たまに圧迫面接もあります。 ・共通して言えることは最終面接の知らせだけなぜか一週間後に連絡がきて少し間が空きます。落ちたとみんな思い込むでしょう ・企業研究はそんなにしていない競合他社がいるのになぜ?といったことは聞かれました。

窓口営業 / 正社員 / 2015年入社

株式会社三菱UFJ銀行
会社の将来性・事業の強み

低金利環境により、業界全体が追い詰められているのは... 続きをみる

低金利環境により、業界全体が追い詰められているのは、足元では事実。FintechベンチャーやGAFAとの戦いとメディアでは言われているが、給振口座の情報を抑え、相当の預金があるのは銀行ならではの強みであり、この強みをどこまで活かせるかで30年後も銀行が生き残れるかが決まるように思える。

マーケティング / 正社員 / 2009年入社

株式会社三菱UFJ銀行
ワークライフバランス・残業

有給休暇は必ず取らされるので休めるが、年次順にお伺... 続きをみる

有給休暇は必ず取らされるので休めるが、年次順にお伺いを立てながらお忙しい中申し訳ない、という雰囲気を出さねばならないので、あまり取りやすい環境とは言いがたいかもしれない。

営業 / 正社員 / 2017年入社

株式会社三菱UFJ銀行
女性の働きやすさ・キャリア

産休を取得する方は非常に多いイメージ。前後に研修が... 続きをみる

産休を取得する方は非常に多いイメージ。前後に研修があり、復帰する際は別の拠点で復帰することになるので、同じ場所には戻ってこない。育休に関しては周りには見かけなかったが、役付者にも女性は多いので、キャリアアップという点では問題ないと思われる。

営業 / 正社員 / 2017年入社

株式会社三菱UFJ銀行
入社理由・退社理由

当時、東京三菱とUFJ合併の過渡期にあり、統合をスム... 続きをみる

当時、東京三菱とUFJ合併の過渡期にあり、統合をスムーズに行うためのクロス人事が行われた。どうしてもUFJの企業風土に馴染めず、当時の上司からUFJ流の考え方、やり方を押し付けられた為、耐えられず退職した。

法人営業 / 正社員 / 2004年入社

株式会社三菱UFJ銀行
面接・選考

かなり昔になりますが、2003年当時は与えられたお題を... 続きをみる

かなり昔になりますが、2003年当時は与えられたお題をもとに数人でディベートを求められました。正直、ディベートの際は自分以外は超高学歴の方々で与えられたお題もわからなかった為、その場しのぎで司会進行に撤しました。結果、対応力?主体性?を評価されたのか私が残りました。2次選考以降はリクルーターから毎日予定をおさえられ、そのまま受かってしまった印象です。推測ですが、高学歴の方々一辺倒ではなく、様々なキャラクターを採用したい意向があるのではと考えています。

法人営業 / 正社員 / 2004年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

銀行ですので、最初は低いですが、年次とともに大きく... 続きをみる

銀行ですので、最初は低いですが、年次とともに大きくあがっていきます。当時の呼称で調査役、部長代理、支店長代理といった、役付き、と呼ばれる階層になると一気に給料があがります。ボーナスも、景気に連動してそれなりの額がもらえます。

市場部門 / 正社員 / 2003年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

総合職では最初の昇格が7年目あたりに到来し、そこで... 続きをみる

総合職では最初の昇格が7年目あたりに到来し、そこで昇格を果たせば、つまり30歳前後くらいで1000万くらいになる。 さらに10年目近辺でさらに昇格できれば1200万程度。 平均年収があまり高くないように思われているが、それは昇格率があまり高くないからかもしれない。 しっかりとやっていれば40歳前後で課長職につけば、1400万くらいだろうか。 うち、ボーナスは年2回。 8年目で額面100万くらいとさほど高くはないが、決して下がらないのはよい。

企画 / 正社員 / 2009年入社

株式会社三菱UFJ銀行
女性の働きやすさ・キャリア

女性は人事上優遇されている 昇格率も女性はとても高... 続きをみる

女性は人事上優遇されている 昇格率も女性はとても高いことが多い KPIになっていることから、そのような事態になっていると考えられる

営業部 / 正社員 / 2006年入社

株式会社三菱UFJ銀行
年収・ボーナス

仕事対比給料は極めて恵まれている 書記の頃はあまり... 続きをみる

仕事対比給料は極めて恵まれている 書記の頃はあまりもらえないが、代理以上になれば1,000万円は超えてくる

営業部 / 正社員 / 2006年入社

株式会社三菱UFJ銀行
会社の将来性・事業の強み

日本最大のメガバンクであるというネームバリュー。新... 続きをみる

日本最大のメガバンクであるというネームバリュー。新人にも関わらずどの客先に行ってもそれなりに話を聞いてもらえる事はあり、少なくとも入り口の部分で門前払いと言うことはなかった。

法人営業 / 正社員 / 2014年入社

株式会社三菱UFJ銀行
福利厚生・社内制度

転勤のある仕事なので、社宅が充実しています。例えば... 続きをみる

転勤のある仕事なので、社宅が充実しています。例えば転勤したら自分で賃貸を借りなければならない、という話は聞いた事が無く、生活面で困ることはほぼ無いような印象でした。

営業部 / 契約社員 / 2016年入社

1〜30 件の企業に関する相談を表示(全83件)

 会社概要 / 株式会社三菱UFJ銀行

会社名
株式会社三菱UFJ銀行
フリガナ
ミツビシトウキヨウユ-エフジエイギンコウ
英語表記
TheBankofTokyo-MitsubishiUFJ,Ltd.
業界
銀行・信用金庫
本社所在地
東京都千代田区丸の内2ー7ー1
電話番号
0332401111
FAX
0332403350
代表者名
永易克典
資本金
1,196,200,000,000円
決算月
3月
従業員数
10000人
設立年月
1919年8月
企業概要
株式会社三菱東京UFJ銀行は設立日は1919年(大正8年) 8月15日である。代表者氏名頭取は小山田隆である。資本金は17,119億円 (平成28年3月末、単体)で、従業員数は35,214人 (平成27年3月末、単体)である。支店等は国内 766、海外 75 (平成27年3月末現在)で、本店所在地は東京都千代田区丸の内二丁目7番1号である。

株式会社三菱UFJ銀行に関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー