トヨタの評判・体験談

トヨタ自動車株式会社
トヨタ自動車株式会社(TOYOTA MOTOR CORPORATION)の代表取締役社長は豊田章男である。 本社所在地は愛知県豊田市トヨタ町1番地である。 創立は1937年(昭和12年)8月28日で、資本金は6,354億円(2016年3月末現在)である事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日までで、主な事業内容は自動車の生産・販売である。従業員数(連結)は348,877人(2016年...
300名以上がこの企業に登録しています!

注目の評判・体験談/ トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社
年収・ボーナス

業務負荷に対して圧倒的に給料が高い。 また昇給幅...続きをみる

業務負荷に対して圧倒的に給料が高い。 また昇給幅が大きく、院卒なら8年目から900〜1000万(残業込み)で到達する。 【院卒総合職の給与テーブルイメージ】 新入社員(研修期間): 1〜2年目: 〜400万 担当事技職: 3年目: 500万 指導職: 〜7年目: 600〜800万 主任: 8年目〜: 900〜1000万 管理職からは不明。

トヨタ自動車株式会社
人事評価制度・教育

年功序列で差がつきにくく、正当な評価、給与への反映...続きをみる

年功序列で差がつきにくく、正当な評価、給与への反映がされているとは思えない。働き盛りの若手が年収500〜700万程度で必死で業務をこなし成長している一方で主任級(年収900〜1000万)のスタッフにして業務量も少なく、窓際族になっているケースもざらにみられる。

トヨタ自動車株式会社
年収・ボーナス

年収30台半ばで残業込みで1,000万円を超えてく...続きをみる

年収30台半ばで残業込みで1,000万円を超えてくる水準。 管理職は基幹職3級、2級、1級に分かれている。 基幹職3級で1,200万円~1,400万円程度 基幹職2級で1,400万円~1,700万円程度 基幹職1級で2,000万円程度と思われる。 基幹職2級以上は昨年から幹部職という括りになり、制度上はあらゆるポジションに登用される可能性ができた。従い、管理職においては今後はポジションによる給与体系になっていくのかもしれない。

トヨタ自動車株式会社
ワークライフバランス・残業

組合員のうちは有休は100%消化できるので、ワーク...続きをみる

組合員のうちは有休は100%消化できるので、ワークライフバランスは良いと思う。残業についても、36協定の範囲内となる。サービス残業はない。ただし、30台になり裁量労働制になると、みなし残業扱いになるので、企画部門や開発部隊など割にあっていない人もいるかもしれない。

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

自動車メーカー延いては日本のメーカーのトップとして...続きをみる

自動車メーカー延いては日本のメーカーのトップとして、今後しばらくは安定していると思われるが、EVなどの流れにどこまで付いていけるかは疑問な所もある。組織が大きすぎるが故に難しさを感じるところもある。経営者も生きるか死ぬかという危機感を従業員に共有化しているところで、それがどこまで浸透していくか次第だと思う。

トヨタ自動車株式会社
ワークライフバランス・残業

令和になっても、長時間残業が美徳と言う考え方は変わ...続きをみる

令和になっても、長時間残業が美徳と言う考え方は変わりません。「自分の頃はいつも朝まで仕事だった(その頃ワープロすらなかったはず)」というマネジメント層のエピソードを繰り返し説かれ、当然のように長時間残ることは求められます。 電通事件の時にも、「その程度の残業で何で死にたくなるの?」と首を傾げる社員は多かったです。 豊田市勤務の場合は車通勤が必須で終電というものがないため、永遠に残業が可能です。 名古屋や東京など終電がある地域は、自腹でタクシーで帰るか、カプセルホテルに泊まる人が多いようです。 私が入社したのは10年ほど前ですが、一つ上の2年目の先輩から、「勤怠をつけるべきではない」という丁寧な指導があり、毎日5ー8時間、定時後に机の掃除のため離業をしていたことになっていました。 ただ、もしも一般職(業務職という名前)である場合は、会社から守られるべき存在としてなぜか地位が高いため、ワークライフバランスは守られるとおもいます。

トヨタ自動車株式会社
年収・ボーナス

・年収は自動車メーカー同士で比較すると高い。ボーナ...続きをみる

・年収は自動車メーカー同士で比較すると高い。ボーナスも多い。入社3年目まではボーナスに新人傾斜がかかり、3割減額される。4年目以降は指導職という階級になり、基本給が上がるのとボーナス新人傾斜がなくなるため、年収が750万円になる(ボーナス込み)。ボーナスが景気の良し悪しに左右されるため、年収は増減するが、近年の好景気の影響を受け、ボーナスは6.3ヶ月/年である。

トヨタ自動車株式会社
ワークライフバランス・残業

残業は多い。45h/月を超えることはほぼ許されない...続きをみる

残業は多い。45h/月を超えることはほぼ許されないが、業務量が多いため、45h/月越えそうな場合は強制帰宅させられる。強制帰宅をしても業務が減るわけではないので、結果として自分の評価が下がる。評価を下げないために、時間外で業務を持ち帰って行う社員も密かにいる。

トヨタ自動車株式会社
年収・ボーナス

・自動車業界の中では同業他社と比較してももらってい...続きをみる

・自動車業界の中では同業他社と比較してももらっている方だと思う。 ・主任まではよほどミスをしなければ昇格でき、残業をすれば年収1000万円に到達する。 ・最近はFTL-Iという残業時間に関わらず45時間分の残業代を付与してイノベーティブな仕事に取り組む制度が誕生しており、この制度を活用すれば年収は1100万円に到達する

トヨタ自動車株式会社
経営者の魅力

・社長はトヨタイムズというメディアを通じて社内外へ...続きをみる

・社長はトヨタイムズというメディアを通じて社内外へ積極的に情報発信を行っており、身近に感じられる存在となっている。 ・一方で、社長が神格化してしまっている雰囲気があり、社長のメッセージにマネジメントが振り回されていると感じることがある

トヨタ自動車株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

専門的な分野について色々知ることもでき非常に素晴ら...続きをみる

専門的な分野について色々知ることもでき非常に素晴らしいが、あくまで自分で学習していかないとついていけなくなる。つねに新しい物を取り入れて、かつ古くから伝わる知識も織り交ぜて柔軟に対応していかないといけない。

トヨタ自動車株式会社
人事評価制度・教育

上司からの評価がメインだが、人事等の全く知らない人...続きをみる

上司からの評価がメインだが、人事等の全く知らない人に評価される傾向にある。結果、現場第一線で働く優秀な人材の評価が低かったり、普段仕事をまともにしてないのに報告なんかで評価が良かっただけで出世したりとかなり残念な状況。結果モチベーションが上がらない優秀な人材は外に逃げてしまう。

トヨタ自動車株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

人間関係はよくアットホームな雰囲気 急な休みにも...続きをみる

人間関係はよくアットホームな雰囲気 急な休みにも迅速に対応してもらえた 嫌な雰囲気という人はいない 仕事についても教えてもらえる 常に業務改善に励んでいるようだが所々工夫した方が良いのでは? という点もある。

トヨタ自動車株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

派遣のため転勤はないが正社員は安全健康部署であれば...続きをみる

派遣のため転勤はないが正社員は安全健康部署であれば最低3年から5年の間で事業所異動がある。 1人の事業所はなかなか大変だと思う。 社宅で単身赴任する女性社員も多い。

トヨタ自動車株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

配属次第。 自らのやりたい職種に配属されれば、や...続きをみる

配属次第。 自らのやりたい職種に配属されれば、やりがいもあるように思う。 辞めていく多くの同期を横目で見ていると、自らのキャリアをどうするか、日々考えさせられる。 異動希望は、基本的に部署外への異動となるとかなりハードルが高く、ほぼ無理ではないかと感じる。

トヨタ自動車株式会社
企業理念・ビジョン

社長のビジョンには共感するが、モビリティカンパニー...続きをみる

社長のビジョンには共感するが、モビリティカンパニーへの変革は、会社の体質的に難しいのでは、と感じる。(レイオフ出来ない体質) 成り行き、GAFAにプラットフォームを握られる未来しか見えない。

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

現場の底力、窮地に立たされたときの一体感。 上の...続きをみる

現場の底力、窮地に立たされたときの一体感。 上の管理職が無能だったとしても、現場で踏ん張っている中堅・若手が業務を回している。(日本の大企業ならどこでも同じか?)

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

ビジネスモデルの変革は15年ほどで、自動運転の普及...続きをみる

ビジネスモデルの変革は15年ほどで、自動運転の普及とともにやってくると思う。ただ、圧倒的な資金力である程度の地位は必ず守る事ができる。今が産業構造から考察しても、最終商品である自動車製造販売メーカーに利益が寄りすぎている。 おそらく、将来は今とは違った要素も製品のバリューチェーン二新たに存在し、そこに今の利益のいくらかが落ちていく。

トヨタ自動車株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

仕事のやりがいは個人によって異なると思うが、製造か...続きをみる

仕事のやりがいは個人によって異なると思うが、製造から販売、企画やバックオフィス業務、新規事業領域など社内だけでも幅広い業務があるため、仮にやりがいを感じづらい状況になっても、社内で転職先を見つけられるイメージ。近年はより部署間の流動性が高まっている。

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

安定企業と思われる事が多いが、自動車のシェアリング...続きをみる

安定企業と思われる事が多いが、自動車のシェアリングやEVの普及など事業を取り巻く環境が目まぐるしくかわっており、未知数。しかし強固な財務基盤、グローバルで地域バランスの取れた売上高が、将来技術への幅広い投資を可能としている点が同業だしに比べて強い。

トヨタ自動車株式会社
ワークライフバランス・残業

残業時間は厳格に管理されていて、 サービス残業な...続きをみる

残業時間は厳格に管理されていて、 サービス残業などは許されない雰囲気がある。 その中で仕事の量は少なくないので如何に業務を効率よく行うかは非常に大事な問題。 一般の社員は年間360時間の残業を越える事は中々許可されないし、有給を20日使い切る事を強要される。 有給を20日取るのは中々難しいが必達となっている。 しかし管理職になった瞬間残業はし放題、有給の取得義務も無くなるため一気にワークライフバランスは悪くなる。 ただし大前提として従業員のほとんどが豊田の本社地区に勤務する事を忘れてはいけない。 基本的に公共交通機関は発達していない為車社会となっているが、 日常的に渋滞が酷い。 また豊田市には何も無い為、QOLが非常に低い人生を送ることを覚悟する事が必要。

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

優秀な人材が一枚岩となり切磋琢磨し続けることで競争...続きをみる

優秀な人材が一枚岩となり切磋琢磨し続けることで競争力を持できていたと感じる。 ただ、これからの時代は多様な価値観を受け入れて、変わっていくことが求められると思う。 その際、強固な企業カルチャーが柔軟な変化の邪魔をするのではないか。

トヨタ自動車株式会社
経営者の魅力

The御曹司。良くも悪くもメディアでの露出が多いが...続きをみる

The御曹司。良くも悪くもメディアでの露出が多いが、社内の評判で良い噂は聞かない。お友達人事が罷り通り、お友達は社長を忖度することが仕事になっている。昨年人事制度が変えられた。室長級から常務役員クラスまで一緒くたにする人事改革だが、それは今30そこそこの社長の御子息を一刻も早く役員に上げるための布石だとか。これも全てお友達の忖度らしい。とにかく自分の言うことを聞かない人間、気に入らない人間には懲罰的な人事を行う。自分に意見してくる専務は子会社に飛ばし、元常務の部下にするという逆転人事が発生し、自分より目立った副社長は半年でクビになった。経営会議では専務以上にしか発言権がない。表向き良い社長と扱われることが多いが、内実は全く尊敬できる点はない。というよりも、そもそも天上人過ぎて一般社員は触れ合う機会がないので社長の人間性などどうでも良いというのが事実である。最近、トヨトミの逆襲なる本が発刊されたが、前作のトヨトミの野望ともどもトヨタを理解するには絶好の書籍である

トヨタ自動車株式会社
ワークライフバランス・残業

組合員は休みを取らなければならない。 仕事を効率...続きをみる

組合員は休みを取らなければならない。 仕事を効率的にこなさないと、持ち帰ることになるか、できないやつのらく印を押される。 できない人になれたら逆に勝ち組という声もあるが、会社での人間関係を捨てるならそれもひとつの選択肢かもしれない。

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

日本で会社の将来性が1番あるのはトヨタではないでし...続きをみる

日本で会社の将来性が1番あるのはトヨタではないでしょうか。事業としても確立した地位を築いている。競合他社でも良い車作りが活発に起こっており、1番だからといって浮き足立つことはない。むしろ強くなっていく。これから先若者の車離れや高齢者の車の運転が規制されてくるとは思うが、その時に何かしらの対応をしていく安心感があります。これから販売車種を減らすなどどんどん改革を起こしていきますが、行く末がどうなるのか楽しみです。

トヨタ自動車株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

正社員の女性の割合は社内で10パーセント以下と、か...続きをみる

正社員の女性の割合は社内で10パーセント以下と、かなり少ない。このご時世、異常である。女性が働きやすいよう様々な配慮があるが、所詮女性割合の低い会社なので、提案される対策についても古くさい。女性だけ集めて講習会を行ったり、若手の女性に対して管理職になりたいか?などアンケートを行ったりする。

トヨタ自動車株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

世界一の自動車メーカーのため、やりがいはある。しか...続きをみる

世界一の自動車メーカーのため、やりがいはある。しかし、業務が細かく細分化されているため、一人一人の守備範囲は狭くなるため、お客様に貢献していると実感することはあまりない。

トヨタ自動車株式会社
入社理由・退社理由

特に何がしたいとか思っていなくなんとなくで入った会...続きをみる

特に何がしたいとか思っていなくなんとなくで入った会社でしたが仕事自体はやりがいを感じ毎日過ごしています。 車がすきな人なら天国みたいな会社だと思います。 ただ大手会社だから入りたいと言う人はあまり楽しさは感じれないとは思います。 若い頃からの出世っていうのはほぼ不可能です。 年齢に合わせて給料が上がり、役職も付きます。 若い頃からのキャリアアップは難しいと思います。 車がすきな人にはおすすめです。 退職する人は限りなく少ないと思います。福利厚生を充実しているのでよきです。

トヨタ自動車株式会社
年収・ボーナス

年収は年齢に合わせて自動に上がります。ボーナスもそ...続きをみる

年収は年齢に合わせて自動に上がります。ボーナスもそこそこもらえます。 同じ年の他社の同期よりは給料はもらえるとは思います。 ちょこちょこ1000万以上稼いでる人もいます。 仕事自体はほぼ毎日同じことをして年を越す感じのイメージです。 ボーナスも年齢に合わせて相応な金額をもらえます。 仕事のやりがいも感じられて苦痛ではないです

トヨタ自動車株式会社
会社の将来性・事業の強み

モビリティサービス会社としてモノ売りからの脱却を図...続きをみる

モビリティサービス会社としてモノ売りからの脱却を図るが、会社の規模が大きいこととどうしても身動きが取りづらくなる点のトレードオフのバランスから脱却できないと衰退する危機感を常に抱いている。CASEのビジネスをいかに握れるか?今後の生き残りをかけて厳しい曲面にある。

1〜30件の企業に関する相談を表示(全160件)

トヨタ自動車株式会社の体験談を募集しています!

会社概要 /  トヨタ自動車株式会社

  • 基本情報
  • 企業概要
会社名
トヨタ自動車株式会社
フリガナ
トヨタジドウシヤ
英語表記
TOYOTAMOTORCORPORATION
業界
自動車・運輸・輸送機器
本社所在地
愛知県豊田市トヨタ町1
電話番号
0565282121
FAX
0565235861
代表者名
豊田章男
資本金
397,050,000,000円
決算月
3月
従業員数
10000人
設立年月
1937年8月
証券コード
7203
上場市場
東証1部、大証1部、名証1部、札幌、福岡
企業概要
トヨタ自動車株式会社(TOYOTA MOTOR CORPORATION)の代表取締役社長は豊田章男である。 本社所在地は愛知県豊田市トヨタ町1番地である。 創立は1937年(昭和12年)8月28日で、資本金は6,354億円(2016年3月末現在)である事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日までで、主な事業内容は自動車の生産・販売である。従業員数(連結)は348,877人(2016年3月末現在)である。