野村不動産株式会社

野村不動産株式会社(Nomura Real Estate Development Co., Ltd.)の設立は1957年4月15日である。資本金は20億円(2016年4月1日現在)で、取締役社長は宮嶋 誠一である。また、本店所在地は東京都新宿区西新宿1丁目26番2号である。売上高は4,090億1,410万円(2015年3月期)で、従業員数は1,800名(2016年4月1...続きをみる

がこの企業に登録しています!

 注目の評判・体験談 / 野村不動産株式会社

1〜12 件の企業に関する相談を表示(全12件)

野村不動産株式会社
年収・ボーナス

契約社員はほとんどが無期雇用なので安心して働けるが... 続きをみる

契約社員はほとんどが無期雇用なので安心して働けるが、正社員と同じくらい仕事をしても待遇はそれほどよくないし退職金が出ない。ただ、大手だけあって、事務職でも給与の安定性がある。

事務 / 契約社員 / 2011年入社

野村不動産株式会社
福利厚生・社内制度

大手だけあって給料以外の部分も素晴らしいと思う。特... 続きをみる

大手だけあって給料以外の部分も素晴らしいと思う。特に住宅補助は月々かなりの金額が出る。また、オフィスも綺麗で清潔感がある。

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
ワークライフバランス・残業

完全週休二日だが、顧客対応部署は休日出勤もある。代... 続きをみる

完全週休二日だが、顧客対応部署は休日出勤もある。代休は取れるがそれなりに忙しい。月45時間以上残業すると上司と面談あり。有給消化を推奨しており夏か冬で9〜10ほど休みが取れる。 ただし、事務の仕事はつまらない。

事務 / 契約社員 / 2011年入社

野村不動産株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

産後に復帰する際も周りの方々の気遣いは素晴らしかった。事実復帰する人もたくさんいる。

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
年収・ボーナス

給料については同世代の中では沢山貰っていると思って... 続きをみる

給料については同世代の中では沢山貰っていると思っている。しかし、年収に占めるボーナスの割合が大きく月給はそこまででは無い。

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
会社の将来性・事業の強み

営業組織が強く、それ自体が事業の強みとなっていると... 続きをみる

営業組織が強く、それ自体が事業の強みとなっていると思う。新しいことに手を出すというかんじではなく地に足をつけてと言った感じ

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
ワークライフバランス・残業

残業は基本的に多い。もちろん部署によるが終電になる... 続きをみる

残業は基本的に多い。もちろん部署によるが終電になることも決して珍しくない。特に投資部門はそれが顕著である

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
入社理由・退社理由

事業の領域や取り組み姿勢に会社としての価値と成長性... 続きをみる

事業の領域や取り組み姿勢に会社としての価値と成長性を感じた。社員の方も優秀な方が多く、自分自身もその環境に身を置き自分を高めたいと思った。

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
仕事のやりがい・働きやすさ

現場の意見を尊重する傾向がある。仕事は規模が大きく... 続きをみる

現場の意見を尊重する傾向がある。仕事は規模が大きくやりがいは非常にあると思う。そのぶん責任は大きくのしかかる。

営業 / 正社員 / 2012年入社

野村不動産株式会社
女性の働きやすさ・キャリア

働きやすい会社であるとおもう。ワークライフバランスについても力を入れているように感じる。

営業 / 正社員 / 2013年入社

野村不動産株式会社
年収・ボーナス

休むときはしっかり休む。働く環境は厳しいかもしれないが、待遇は同世代よりもよいほうかなとおもう、

営業 / 正社員 / 2013年入社

野村不動産株式会社
会社の将来性・事業の強み

住宅事業に強みあり。BtoCのため、サービス強化を図っ... 続きをみる

住宅事業に強みあり。BtoCのため、サービス強化を図っている。反面街づくりや商業施設は他社に負けている。

事務 / 契約社員 / 2011年入社

1〜12 件の企業に関する相談を表示(全12件)

 会社概要 / 野村不動産株式会社

会社名
野村不動産株式会社
フリガナ
ノムラフドウサン
業界
不動産
本社所在地
東京都新宿区西新宿1ー26ー2
従業員数
1000人
企業概要
野村不動産株式会社(Nomura Real Estate Development Co., Ltd.)の設立は1957年4月15日である。資本金は20億円(2016年4月1日現在)で、取締役社長は宮嶋 誠一である。また、本店所在地は東京都新宿区西新宿1丁目26番2号である。売上高は4,090億1,410万円(2015年3月期)で、従業員数は1,800名(2016年4月1日現在)である。事業内容はマンション分譲事業、戸建分譲事業、法人仲介事業、投資・開発事業、ビルディング事業、建築・設計事業、資産運用事業などである。
企業沿革
1957年(昭和32年)
野村證券から分離独立、ビルの賃貸・管理を主業務として不動産事業を開始

1988年(昭和63年)
民間単独では最大級の業務系開発≪横浜ビジネスパーク(YBP)≫を着工

2003年(平成15年)
「野村不動産オフィスファンド投資法人」、投資証券を東証に上場

2011年(平成23年)
グループ内の資産運用会社3社が統合し、「野村不動産投資顧問株式会社」が誕生

2015年(平成27年)
シニア向け住宅の開発、運営を行う「野村不動産ウェルネス株式会社」を設立

野村不動産株式会社に関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー