【新聞記者になるには?】大学の傾向とは?向いている人までご紹介

【新聞記者になるには?】大学の傾向とは?向いている人までご紹介

新聞記者になるにはどのような大学に通うべきかご存知ですか?一般的に向いているのは文系と言われますが、近年では理系の採用も増えています。今回の記事では、採用大学や試験の傾向などをご紹介します。さらに、新聞記者の年収や将来性を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1732

新聞記者になるには?なり方を解説

新聞記者になるには、新聞社の採用試験に合格することが条件となります。

新聞記者には、幅広い知識や文章力が求められるため、一般的には大卒以上の学歴が求められることが多いようです。

以下では、一般紙の新聞記者と専門誌の新聞記者になるにはどのような違いがあるのか紹介しています。

一般紙の新聞記者になるには

一般紙の新聞記者になるには、それぞれの新聞社で行われる採用試験に合格する必要があります。

採用試験では筆記試験と面接試験が行われるので、どちらもしっかりと対策しておかなければなりません。

新聞社の採用試験はかなり難易度が高いうえに、新卒採用の場合は試験受験者も上位大学の学生が多いです。

そのため新聞記者に採用されるには、かなり高いハードルを超えなければなりません。

専門紙の新聞記者になるには

専門誌の新聞記者も、各新聞社の採用試験合格は必須となります。

しかし、一般紙の新聞記者ほど学歴が求められることは少ないでしょう。

なぜなら、その新聞で取り扱う分野に対して、専門的に精通していることが求められるからです。

そのため、これまで新聞記者未経験の方であっても、専門誌の新聞記者への転職は可能と言えるでしょう。

ただ全国を飛び回り、大勢の人に取材をして記事を書くという点は、一般紙の新聞記者と変わりません。

新聞記者になるには?どんな学校に通うべき?

たくさんのテレビカメラ

新聞記者になるには、大卒以上でないと採用試験を受けられない新聞社もあります。

そのため新聞記者になりたい場合は、短大や専門学校ではなく、大学を卒業することが望ましいです。

学歴や出身大学は関係ある?

上述したように、新聞記者への応募条件は、 大卒以上の学歴 を求められることが一般的でしょう。

また、全国紙を発行する大手の新聞記者には、難関大学の出身者は珍しくないようです。

そのため、大手の新聞記者を目指す場合には、学歴や出身大学は重要な評価になるのではないでしょうか。

理系は不利?

新聞社記者になるには、一般的に文系出身者が有利と思われがちです。

しかし近年では、IT技術の発達により理系の専門的な知識が求められる場面が増えています。

また化学や技術分野の取材では、理系出身者が得意とする専門分野を活かせるため、理系出身者が有利と言えるでしょう。

そのため、新聞記者になるには理系が不利であると、一概には言えません。

どんな学校を選ぶ?

新聞記者になるには学歴が重視される傾向にあるため、大学選びも重要です。

一般的に新聞記者の出身学部は、政治経済などを学んだ学部出身者が多くいます。

大学によっては、新聞学部といった専門の学部を設けてている大学もあり、新聞記者を目指している方にはオススメと言えるでしょう。

しかし近年では、金融工学やITの技術分野を得意とした人材も求められています。

そのため、自分がどのような新聞記者を目指しているかによって、大学を選ぶことが重要と言えるのではないでしょうか。

学費はどれくらい?

  入学金 授業料
国公立 28~40万円 55万円
私立 25万円 90万円

参考サイト:文部科学省 大学授業料について

文部科学省によると、国公私立大学の授業料は上記の表のようになります。

新聞記者になるには、大卒以上の学歴が求められるため、大学の入学金や授業料が必要になるでしょう。

また学費は、大学や学部、年度によって異なる可能性があるため、注意が必要です。

新聞記者になるには?必須の資格はなし

スーツの男性がインタビューを受ける

新聞記者になるためには、特別な資格を取得する必要はありません。

取材対象や取材内容が日々変わっていく新聞記者の仕事に対する適性は、試験で測れるものではないからです。

ただ、仕事の特性上、日本国内だけでなく海外のニュースにも目を通すことが多くなるので、TOEICや英検などの語学関連の資格は役立つ場面が多いと考えられます。

加えて、ビジネスや経済関連のニュースを取り扱う場合には、簿記や中小企業診断士といった資格をもっていることや、それらの受験経験がある方がより踏み込んだ記事を書きやすくなります。

新聞記者になるには?採用試験の対策

女性の新聞記者が質問をしている

就職活動に向けて試験対策を行う方は多いと思いますが、新聞記者を目指す場合もしっかりとした試験対策が必要となります。

新聞記者の採用試験では筆記試験と面接試験が課されます。

それぞれの対策を以下でご紹介していきます。

筆記試験の対策

新聞社の筆記試験では、マーク形式と論述形式の2種類の試験が行われます。

マーク式の試験では一般常識から最新の時事問題まで幅広い内容が出題されますが、新聞社という会社の特性上、時事問題の出題割合が高いです。

志望している新聞社の記事はもちろんのこと、他の媒体の記事・ニュースにも目を通して、1つの出来事を多角的に見る訓練を行うことが重要です。

論述形式の試験は、内容・文字数・時間制限のいずれの観点でもかなり厳しいものであり、新聞社の試験向けの対策を行っていなければ、手も足も出ないこともあります。

マスコミ系志望者専門の予備校もありますので、そのような予備校に通って対策を行うことも検討しましょう。

面接試験の対策

面接試験の対策には、模擬面接を何度も行うのが効果的です。

面接では、「なぜ新聞記者を志望しているのか」「なぜ他の媒体ではなく新聞なのか」「新聞社の中でもなぜうちなのか」といったことは必ず聞かれます。

これらの質問に対する受け答えがブレているとほぼ必ず落ちてしまうので、模擬試験を繰り返す中で自分の軸をしっかりと認識しておかなければなりません。

面接試験対策は予備校でも行ってもらえますが、マスコミ志望の友人同士で集まって、お互いに模擬面接を行うのも効果的です。

続いて、JobQに寄せられえた朝日新聞の面接に関するQ&Aをご紹介します。

朝日新聞社の面接内容を教えて下さい!正直緊張しています・・

朝日新聞社の面接はどのような質問がくるのでしょうか?

自分は口下手なもので面接というものが苦手です。

ですので事前にどのような質問がくるのかわかっていればそれなりの答えが返せるのではないかと思いました。

朝日新聞社の面接内容を知っている方がいれば教えて下さい。

昔のことですが少しでも参考になればと思い、回答させていただきます。

マスコミ業界のなかでは気をてらったような質問はほとんどなく、自分が会社に入って何をしたいのかという所を明確に出来れば、特に問題はなかった。

当たる面接官にもよると思うが基本的には和やかな雰囲気で進むと思いますよ。

ですが•••続きをみる

新聞記者になるには?向いている人とは?

新聞記者に向いている人

新聞記者になるには、以下のような能力・適性が求められます。

  • コミニュケーション能力がある人
  • フットワークが軽い人
  • 好奇心が旺盛な人

それぞれについて、以下で詳しくご紹介していきます。

適性1.コミュニケーション能力

新聞記者はいろいろな人から情報を得なければなりませんので、人の懐にうまく入り込めるコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション能力に差があると、同じ人に話を聞いたとしても、得られる情報の量と質には大きな差が生まれてしまいます。

新聞記者として仕事をしていく中で徐々に磨かれていく素養でもありますが、もともとのコミュニケーション能力が高いほうが有利であることは、言うまでもありません。

適性2.フットワークの軽さ

新聞記者は毎回近場で取材をしているわけではなく、大きな事件や出来事が起きた場合は、現場に急行しなければなりません。

その際、他の媒体の記者よりも早く現場に着けることで、スクープを飛ばしたり重要な情報を得やすくなったりするので、フットワークが軽いことは非常に重要です。

適性3.好奇心が旺盛な人

新聞記者は、取材を通して新聞記事を書くことがほとんどです。

そのため、「なぜ?」という疑問を持つことが大切になります。

取材への疑問は、取材に対して興味や関心を強くもつことから生まれるため、好奇心旺盛な人が新聞記者に向いていると言えるのではないでしょうか。

新聞記者になるには?よくある質問

新聞記者の仕事内容

新聞記者の仕事内容は、あらゆるニュースを取材し、情報わかりやすく新聞記事に書くことが主な仕事です。

新聞記者として、あらゆるカテゴリーに詳しくなることは難しいため、入社してから少しずつ仕事を覚える必要があります。

一般的に全国紙の新聞記者は、研修を終えてから地方支局で働くか、校正や校閲を担当する部署もしくは、編集部署に配属される流れのようです。

さらに、新聞記者の仕事内容について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新聞記者の将来性

新聞記者の仕事は、AI技術の発達により必要ではなくなると考える方もいるかもしれません。

しかし、AIが人の感情や真実を取材で聞き出すことは非常に難しく、取材力のある人材には将来性があるでしょう。

またインターネットの普及により、新聞業界はデジタル事業に力を入れています。

そのため、デジタルコンテンツに強い人材は今後求められる人材と言えるでしょう。

最後に、JobQに寄せられた新聞社の年収に関するQ&Aをご紹介します。

朝日新聞の30代社員は年収をどれほどもらうことが出来ますか?

朝日新聞で働く方に質問です!

朝日新聞社員は30代で年収をどれほどもう事ができるのでしょうか。

情報によれば、年収1000万円以上もらうことも可能だということも書いてあったりしたのですがそれって本当なのでしょうか。

朝日新聞で働く方に年収について伺えたらと思っています。30代で年収をどれほど期待することが出来ますか?

朝日新聞社員です。

正直年収はもらい過ぎではないか。というくらいもらっているかなと思います。

具体的には20代で年収600万〜1000万円クラスを期待することが出来ます。

仕事内容的にはきついということも確かですが•••続きを見る

転職希望者です。毎日新聞社の年収を教えて下さい!

毎日新聞社への転職希望しているものです。

昔からマスコミに興味が会ったのですが、就活の時には縁がなく諦めていました。

ですがやはり諦めきれずに転職を希望しています。

そこで質問です。

毎日新聞社の年収はいくらなのでしょうか?やはり日経や朝日などには及ばないのでしょうか?

お答えいただきたいです。よろしくお願いします!

とても高い。とは感じませんでしたが、やらせてもらえる仕事内容と給与を比較すると、満足できる金額をもらえていたと思います。

ただ、配属される部署によって残業時間が異なり、賃金が大きく変わってくるので一概には言えないです。

業界内では安いと言われていますが•••続きを見る

新聞記者になる方法

新聞記者になるためには、何か特別な資格を取得しておかなければならないわけではありませんが、学歴は大卒以上であることが望ましいです。

新聞社の採用試験は筆記試験・面接試験共に厳しいので、しっかりと対策しておかなければなりません。

新聞記者として働くためには、コミュニケーション能力とフットワークの軽さが求められます。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す