• HOME
  • 働き方・キャリア
  • 【岩手への移住】移住希望者と仕事をマッチングする『シゴトバクラシバいわて』とは
岩手県 シゴトバクラシバいわて

【岩手への移住】移住希望者と仕事をマッチングする『シゴトバクラシバいわて』とは

岩手県で働きたい人のためのメディア『シゴトバクラシバいわて』のご担当者・兼平さんに取材!メディアを立ち上げられた背景から、岩手県への移住サポートの内容、移住者の就労状況など気になるポイントをお聞きしました。

岩手県で働くなら!『シゴトバクラシバいわて』に注目

12895_いわてシゴトバクラシバ_サイトTOP_1.jpg
本州一の広い面積を誇る岩手県。
山にも海にも面しており、自然の豊かな岩手県は、かつて宮沢賢治が「理想郷」と愛した地でもあります。

そんな岩手県で働きたい方のためのメディア、『シゴトバクラシバいわて』。

求人情報はもちろんのこと、「子育てしながら仕事を探したい」「岩手で起業したい」など、ニーズに合わせたお役立ち情報も掲載されています。

さらに助成金・補助金制度のお知らせなど、岩手で働くを考えるにあたって必要な情報が盛りだくさんです。

今回は、『シゴトバクラシバいわて』について、「岩手県 商工労働観光部 定住推進・雇用労働室 移住定住推進担当 主任主査」兼平さんに詳しくお話を伺っていきます!

求人が探しやすい!常時5,000件以上の企業を写真付きで紹介

12895_いわてシゴトバクラシバ_サイト_2.jpg
編集部

『シゴトバクラシバいわて』を開設したきっかけを教えてください。

兼平さん
岩手県では、行政・産業界・教育機関などが「オール岩手」で、平成28年に「いわてで働こう推進協議会」を組織し、県内の産業を支える人材の確保を推進するための取り組みを実施しています。
その一環として、仕事・就職情報を提供し、県内企業とU・Iターン就職希望の方との「マッチング」を可能にするサイト『シゴトバクラシバいわて』をスタートしました。

編集部
どのように就職希望者と企業とのマッチングを行うのでしょうか?

兼平さん
サイトでは、県内企業の求人を常時5,000件以上掲載しており、U・Iターン就職を希望する方に直接応募いただく仕組みです。
各社求人情報のなかには、インターンシップの受け入れ状況や、各企業に勤める社員の写真とコメント、職場環境に関する取り組みなども掲載されています。
就職希望者が企業の雰囲気や魅力、求める人材像などが一目でわかるようなページづくりを心がけています。

編集部
求人情報以外にも、お役立ち情報やコラムなど、就職希望者に寄り添ったコンテンツを掲載されているのが印象的です。
とくに「”いわてで働く”を考えるコラム」では、就職活動中の子どもを持つ保護者に向けたコラムを掲載されていて、オリジナリティに溢れているなと感じました。

兼平さん
わかりやすさと、岩手ならではの視点で発信することを大切にしています。
『シゴトバクラシバいわて』を、岩手県へのU・Iターン就職に役立てていただけたら嬉しいですね。

移住後のリアルがわかる!岩手で見つける自分らしい暮らし方

12895_イーハトー部_サイトTOP_3.jpg
編集部

イーハトー部に入ろう!』という移住定住に関するサイトも立ち上げられていますよね。
こちらではどのような情報を発信しているのでしょうか。

兼平さん
『イーハトー部に入ろう!』では、岩手県や県内33市町村が行っている支援制度の紹介や、先輩移住者の事例などを掲載しています。令和3年3月にはリニューアルを行い、子育て・教育環境や、コワーキングスペースの情報を拡充しました。

編集部
支援制度や、移住者の事例で暮らしがわかるのは嬉しいですね。
移住したい市町村や、気になる市町村が決まった場合は、どのようなサポートがありますか?

兼平さん
「移住を相談しよう!」のページから、岩手県の各市町村にいる「移住コーディネーター」に相談できるようになっています。
「移住コーディネーター」は、U・Iターン経験者から生まれも育ちも岩手の方までさまざまな方がいます。
また気軽に相談・問い合わせいただきたいという思いから、人柄が伝わりやすいように顔写真やコメントを掲載しているのも特徴です。
そのため、ご自身で相談したい移住コーディネーターを探すこともできます。

就活生におすすめ!インターンで岩手を知ろう

12895_いわてシゴトバクラシバ_インターシップ_4.jpg
編集部

『シゴトバクラシバいわて』では「インターンシップ支援窓口」も紹介されていますね。
具体的に、どのような活動を行っているのでしょうか?

兼平さん
「インターンシップ支援窓口」では岩手県外の大学生一人ひとりのご希望を伺いながら、インターンシップを受け入れている企業とマッチングを行っています。
最近ですと、会計学を学んでいる大学生が「インターンシップを受け入れている県内の会計事務所が見つからない」と相談に来ました。
「会計のプロフェッショナルとして働きたい」という学生の思いを実現するにはどうしたらいいかと考え、会計の知識が生かせる県内企業を案内しました。
学生からは、「自分ひとりでは見つけられなかったインターンシップ先だった」と、喜んでもらえましたね。

編集部
希望に沿ったインターン先を案内してもらえるのは安心ですね。

オンラインでもイベントを開催!悩みに合わせた相談窓口で徹底サポート

12895_いわてシゴトバクラシバ_サイト_5.jpg
編集部

岩手県への移住を考えはじめたとき、相談ができる窓口はありますか?

兼平さん
岩手県では、東京にふたつの相談窓口を設置しています。
ひとつめは東京都有楽町にある「いわて暮らしサポートセンター」です。
専任の移住コンシェルジュとキャリアカウンセラーがおりますので、暮らしと仕事、どちらもご相談いただけます。
ふたつめは東京都銀座にある「岩手県U・Iターンセンター」です。
こちらは仕事の相談を専門に対応する窓口で、無料で職業紹介などを行っています。

編集部
東京なら関東近郊に住む方も利用でき便利ですね。

兼平さん
また、岩手県にある「いわてU・Iターンサポートデスク」での相談も受け付けています。
キャリアカウンセラーが常駐しており、幅広い相談に対応が可能です。
「企業に提出する応募書類を見てほしい」という方がいれば、エントリーシートや履歴書を見せてもらいながら、納得できる書類ができるまでサポートを行っています。
どの相談窓口でも、岩手での「暮らし」を具体的にイメージしていただくこと、これからどんな人生を歩みたいのか見つけていただくことを目指し、支援を行っています。

編集部
コロナ禍で、直接会って相談をするのが難しい場合もあるかと思います。
オンラインでのサポートはあるのでしょうか。

兼平さん
移住に関するイベントや相談会は、オンラインで月1回程度開催しています。
オンラインの相談会に関しては、『シゴトバクラシバいわて』の「イベント情報」を確認してみてください。また、前述した3つの相談窓口は、オンラインでの個別相談にも対応が可能です。
県内企業でも、会社説明会や採用面接をオンラインで行う企業が増えています。
オンライン説明会や面接に不慣れな方には、準備をお手伝いしますのでぜひご相談ください。

コロナ禍が岩手県への移住を考え直すきっかけに

12895_いわてシゴトバクラシバ_移住アドバイザー_6.jpg
編集部

岩手県に移住される方は、どのようなお仕事に就く方が多いのでしょうか。

兼平さん
一概には言えませんが、「これまでの経験を生かしたい」とキャリアを重ねてきた職種でお仕事を探される方が多いと感じています。
また、東日本大震災津波を経て、「復興支援をしたい」「岩手ならではの伝統工芸に携わりたい」と明確な目的をもってIターンする方もいらっしゃいますね。

編集部
今までの経験を活かした仕事だけでなく、復興支援のために移住される方も多いのですね。
では、コロナ禍で移住希望者のニーズや動きに変化はありましたか?

兼平さん
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機に、以前から移住を具体的に考えていた方や、「いつかは岩手へ」と考えていた方は、ポジティブな視点で、「今が、岩手への移住のきっかけ」と捉えた方が多かったように思います。

岩手県への移住に興味をもったら『シゴトバクラシバいわて』で最新情報をチェック

12895_いわてシゴトバクラシバ_移住ガイド_7.jpg
編集部

岩手県で働きたい方にメッセージをお願いします。

兼平さん
気になる求人情報を見つけた方はもちろん、求人情報を見ても「なんだかピンとこない」という方も、ぜひ一度相談窓口にご連絡ください。
東京圏から岩手県へ移住して、サイト上の求人に就職または起業した方などには「移住支援金(最大100万円)」を支給しています。
受給できる移住者には、条件がありますので、お気軽にご相談ください。
ご自身が何に価値を置いてお仕事を探したいのかが明確になるよう、共に考えるのが私たちの仕事です。
移住を考えている方に、自信と納得感を持って未来を岩手で切り拓いていただけるよう精一杯サポートいたします。
 


取材を終えて、行政や企業などさまざまな方が、まさに「オール岩手」で移住者をサポートしていることがわかりました。

学生からキャリアを積んだビジネスパーソンまで、幅広い年齢層を受け入れているのもポイントですね。

岩手に移住して働きたいと考えたら『シゴトバクラシバいわて』をぜひチェックしてみてください。


岩手の仕事・就職情報サイト
『シゴトバクラシバいわて』はこちら!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

転職活動を行っている中、父が病を患いました。現在、九州から上京して、都内で...

転職活動を行っている中、父が病を患いました。 現在、九州から上京して、都内で勤務している者ですが、今後のキャリアのことを考え、転職活動を行っています。 しかし最近父が、病を患いました。 ...

田舎にUターン転職して給料が下がった際はどうするべきだと思いますか?

現在、一部上場企業に勤めています、30歳女です。手取り12万円です 建設系の人事総務の事務仕事をしています。 江戸から田舎へuターン転職をしたため、給与水準の差に衝撃を受け、管理職にあが...

Uターン転職を検討している夫を思いとどまらせる方法はありますか?

Uターン転職を考えている夫のUターン転職希望を取り消させるにはどうしたらいいでしょうか。 夫の言い分としては、給料は下がるが、住みやすいし、物価が安いから暮らしの質はむしろ上がるというよう...

新卒一年目が地元に帰り転職したいと思うのは甘いと思いますか?

今新卒で入社して一年目です! 転職をする理由ですが、一番に東京の空気が合わないってのと、上京する際親が倒れてしまい… それでもと送ってくれましたが、やはり心配で一緒に過ごす時間がほしいなと。甘い...

Iターン、Uターンの経験者の人が苦労したことって何かありますか?

都内のベンチャーに勤めていますがUターンでの転職を考えています。自分としてもこの話をもらった時は嬉しかったですし、戻るのはあるだなとは思っているのですが、Iターン、Uターンの経験者の方は何か苦労...

システムエンジニアとしての年収が知れるおすすめの年収診断は?

現在地方のシステムエンジニアの会社員として仕事をしていますが、コロナが落ち着いたら状況して年収を上げたいと思っています。 ただ、自分自身のスキルではどこまで通用するのかが分からない為、出来れば...

総合職から一般職として地方に転勤することは降格にあたりますか?

現在入社して4ヶ月です。 この度、地方へ転勤となりました。 元々総合職で内定を貰い仕事をしていたのですが、今回の転勤で一般社員になると会社から言われました。 ・総合職:将来マネジメント...

田舎暮らしでも安定して働きやすい職業はありますか?

高校一年生女子です。 田舎暮らしでコミュ障のADHDでも、安定して働きやすい職業はありますか? 農業や市役所の公務員、エンジニア、トラックの運転手、歯科衛生士などを候補として検討してみたので...

地銀に将来性が無いと言われているのは何故ですか?

良く地銀の将来はヤバイというような内容の話を聞くのですが、具体的にどうヤバイのでしょうか? それとも、ヤバイのは信憑性の無い話なのでしょうか?

どうして面接はスカイプではなくて直接するのでしょうか?

愛知県の大学に通っています。 就活するために、度々深夜バスで東京まで行っています。 安い深夜バスを利用していても、どうしても費用がかさみ辛いです。 そこで疑問に思ったのですが、どうして...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す