• HOME
  • キャリア
  • 【業務請負と業務委託の違い】それぞれのメリット・デメリットとは

【業務請負と業務委託の違い】それぞれのメリット・デメリットとは

業務請負と業務委託のそれぞれの言葉の定義は、どのような定義なのでしょうか?似ているようで、違いがあります。現代は、様々な働き方が広まってきており、その代表例と言えるのがフリーランスと言う働き方でしょう。フリーで働くにしても、仕事をもらう企業を探す必要があります。その時に用いるのが業務請負と業務委託です。今回は業務請負と業務委託の違いについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

24385

業務請負と業務委託の違い

最近では、フリーランスという働き方も随分と浸透してきました。

フリーランスは自分のスタイルやペースにあわせてお仕事をしていくわけですが、だからと言って、何もかも1人だけで成り立つわけではありません。

フリーで働くにしても、お仕事を頂く先を探さなければいけません。

その依頼先での業務形態を確認したときに、「業務請負」と「業務委託」という言葉を意識したことはないでしょうか。

今回はこの「業務請負」と「業務委託」について、ご紹介していきたいと思います。
 

業務請負とは

まずは「業務委託」と『業務請負』の違いについて、確認しておきましょう。始めに、『業務請負』についてご説明します。

『業務請負』とは、「仕事の完成を想定して業務を依頼すること」を指します。

例えば「△△円で〇〇を作って下さい」と依頼したとします。

 

完成させるまですべて一任される

そのお仕事を受けた場合、完成するまでの過程や方法については、全て一任されます。

また、基本はその依頼されたものを完成させるまでに掛かった経費などは、完成品の報酬の中に含まれます。

つまり、依頼されたものを完成して提出するのが『業務請負』です。
 

業務委託とは

続いて「業務委託」について、ご紹介します。

例えば、〇〇を作りたいので、こういう作業を行ってください、という依頼を受けるのが「業務委託」です。

つまり、あくまで依頼されたお仕事の結果ではなく、その結果にたどり着くまでの業務の一端(もしくは全般)を任されるというのが、「業務委託」です。

 

完成されるまでの過程を任される

あくまで依頼された仕事の完成を求められるのではなく、その過程上で必要な業務を依頼されることを指します。

なので、経過中に支持を受けることもあります。
 

労働者に対する指揮命令の有無

『業務請負』は完成品の提出を求められ、「業務委託」は、完成するまでの過程で必要な業務を請け負うとお伝えしました。

その過程において、業務請負は依頼主から指示や命令を受けることは、基本、ありません。

ですが、業務委託の場合には、過程での指示命令を受けることはあります。

実際に業務にあたる上で、この依頼元からの指示や命令を受けるか受けないかは、大きなポイントではないでしょうか。

業務請負と業務委託のメリットは?

お仕事を受けるスタイルとして、業務請負と業務委託、どちらがよりメリットが高いと言えるのでしょうか。

個人によっての違いはあるでしょうが、まずはそれぞれ業務請負と業務委託のメリットやデメリットを確認することはとても大事な作業です。

メリット・デメリットをちゃんと把握したうえで、自分のスタイルにあった働き方をご選択いただければと思います。
 

業務請負のメリット

まずは業務請負のメリットについて、確認します。

業務請負のメリットは、完成までの作業を一任されますので、専門にとんだ業務に集中することができるという点が、最大のメリットと言えるでしょう。

作業の過程で、発注元からの指示や命令が入らないというのも、自分の業務に専念できるという点で、大きなメリットと言えるかもしれません。
 

業務委託のメリット

続いて業務委託のメリットについて、確認していきましょう。

業務委託のメリットは、請負契約とは異なり、依頼内容の完成を担う責任はなく、専門分野に特化した業務に専念することができます。

また、業務として自分が受ける必要が無いと判断できるものであれば、依頼を断ることも可能です。

業務請負と業務委託のデメリットは?

メリットを確認した次は、デメリットについてもしっかりと把握しておくことをおすすめします。

物事には何事もメリットがあればデメリットもあるものです。両方をしっかりと把握した上で、今後の自分にも反映してきたいものです。
 

業務請負のデメリット

業務請負のデメリットは、業務完成の納期が間に合わなかった時または業務完成後に不備が見られた時には、大きな問題に発生する可能性が高いという点です。

損害賠償責任を求められる可能性すらありますので、業務にあたる際にはスケジュール調整も含め、より神経質に進めていく必要が出てきます。

自分のキャリアアップを狙って、大口の案件を受けてしまった場合に、自分の力量以上の仕事を請け負ってしまい、問題に発展しないように注意していきたいものです。
 

業務委託のデメリット

続いて、業務委託のデメリットについても確認していきましょう。

業務委託の場合、受注先の指示の下で業務を行っていたとしても、他に同じような業務を行っている雇用社員とは異なり、労働基準法が適用される訳ではないので、何らかの問題が起きても対象外となってしまいます。

同じような業務に携わっていたとしても、自分の身は自分で守らないといけないということです。

あくまで自分は個人事業主であるという自覚を持って、取り組んでいかなくてはいけません。

業務請負と業務委託の契約時の注意点を知っておこう

請負でも委託としてでも、双方で意志の相違が無いように、契約を交わしてから業務を行うのが通常の流れと言えるでしょう。

その契約の取り交わしを行うために用いられるのが「業務委託契約書」ですが、実はこの契約の取り交わしに関しては、特に法律で定められたものではありません。

ですが、注意しておかないと労働派遣契約などの労働法に引っ掛かって来る心配もあります。

複雑に考えてしまいますが、しっかりとポイントを押さえておけば問題ありません。以下、詳細を説明していきますので、ご確認ください。
 

業務委託契約書とは

まずは、業務委託契約書についてご紹介します。

業務委託契約書とは、ある企業もしくは事業者が、その業務の全てもしくは一部を外部に発注するとともに、相手先である受注者との相違を防ぐために作成される契約書です。

企業もしくは事業者と、受注者となる業務委託者は、双方とも立場は同じであるという契約にもあります。

企業内での上司・部下という関係性での働き方ではないことを明確にするために交わす書類になります。
 

契約書の注意点

業務委託契約書の内容が、請負契約の内容と違いが無かったり、位置づけがあいまいな契約書であることがとても多く、後々のトラブルに繋がるケースが多々あります。

業務委託契約書であれば、業務内容としての明確なことが記されているか、確認が必要です。

業務委託契約書と業務請負契約書では、位置づけがまったく異なります。

業務的な責任の重さで言えば、請負契約の方が重いのは明らかです。

請負契約としての内容が盛り込まれていないか、しっかりと確認されることをおすすめ致します。

業務請負と業務委託の民法上の定義

先程、業務委託契約というのは法律上には存在していないということをご説明しました。

ですが、民法上には「請負契約」「委任契約」というものが位置づけられています。

この請負契約と委任契約の定義について、調べていきたいと思います。
 

業務請負と業務委託の民法

請負契約については、民法第632条に下記のように記されています。

「請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」

つまりは、民法上では請負業務は、あくまで成果報酬型の業務であるということになります。

続いて業務委託については、民法643条に以下の様に記されています。

「委任には、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手がこれを承諾することによって、その効力を生ずる」

と書かれています。

ここに書かれている法律行為が、具体的な業務内容に繋がります。

第643条にも書かれているように、業務を行ったうえでの成果に関しては、特に定義づけされているものではありません。
 

業務請負と業務委託はどちらが責任が重い?

先にも書きましたが、業務請負と業務委託でが、業務請負の方がはるかに責任は重くかかってきます。

業務に対する結果について報酬が支払われるわけですから、結果として請負業務がしっかりと定義されていなければ、逆に損害賠償などを請求されることだってあります。

該当する結果が求められない可能性のプレッシャーや、万が一結果が生じなかった時の責任の重さを考えると、容易に想像できるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は業務請負と業務委託の違いについてご紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

本記事の初回公開日は2019年04月09日です。

この記事に関連する転職相談

YKKのファスニング事業と工機のメリットとデメリットはなんですか?

ファスニング事業と工機のメリット、デメリットを誰か教えてもらえないでしょうか。お願いします

転職エージェントを併用するメリットとデメリットはなんですか?

転職エージェントを併用するメリットとデメリットはありますか? また、転職エージェントを併用する時の注意点はどんなのがあるのでしょうか? 転職エージェントを併用するとしたら何社くらいが...

20代をサイバーエージェントで働くメリットを教えてください。

新卒3年目、今は某企業で営業として働いています。 20代後半でのキャリアアップのために転職を考えており、サイバーエージェントの選考を受けようと思います。 同社で勤めていた経験のある方、または...

ワンキャリアとOpen Workに新卒で就職するメリットとデメリットは何ですか

ワンキャリアもしくはOpen Workに新卒で就職することのメリットとデメリットは何でしょうか?

Wantedlyで応募するメリットとデメリットはなんですか?

wantedlyについて色々質問です 35歳です。現在メーカ勤務です 他の転職サイトに比べてフォーマットが異なっており かなり特殊なのかなと思っています。 補足 興味のある会社...

かんぽ生命(地域基幹職)から内々定をいただきました。メリットとデメリットを教えていただきたいです。

かんぽ生命(地域基幹職)から内々定をいただきました。福利厚生、給与、仕事内容の面からメリットとデメリットを教えていただきたいです。それと、地域基幹職から総合職に転換する人は女性で何人いますか?回...

キーエンスの社風や良い点・悪い点はどのようなところでしょうか?

キーエンス内定者です。キーエンスって実際どうですか? 抽象的ですが良い点悪い点なんでもいいので教えてください。

社会保険労務士を取得するメリットとデメリットはなんですか?

社会保険労務士の資格を持たれてる方、メリットがあれば教えてください。どうぞよろしくお願いします。

人材紹介会社と人材派遣会社のメリットとデメリットはなんですか?

質問させて頂きます。 人材紹介会社と人材派遣会社について 良いところ悪いところについて教えてください。 できれば、実際に働いてみてじゃないとわからない事など詳しい回答を頂けると有り難いです...

リーバイ・ストラウスジャパンの従業員数が少なくて良いことはありますか?

従業員数が少ないと思いますが、 それによる、いいとこ・悪いところはありますか?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す