【アドバンテージの意味とは?】使い方や反対語などご紹介します

【アドバンテージの意味とは?】使い方や反対語などご紹介します

皆さん、「アドバンテージ」という言葉をご存知でしょうか?アドバンテージとは「他人より有利な立場にいる」という意味で、他人や競合する何かなど、何かと比較する場合に使う言葉です。アドバンテージの元々の意味は、「前進・先行・進める」という意味がありました。今回は、アドバンテージの使い方や似た言葉についてなど、詳しくご紹介します。

3313

アドバンテージの意味は?

アドバンテージという言葉は、スポーツでよく使われる言葉です。

ですが、スポーツ以外でもビジネスシーンで使われています。

意味は

  • 利益・得
  • 優位性

上記のような意味があります。
 

アドバンテージの意味を簡単にいうと?

アドバンテージの意味を一言で説明すると「他人より有利な立場にいる」という意味になります。

他人や競合する何かなど、何かと比較する場合に使う言葉です。

アドバンテージの元々の意味は、「前進・先行・進める」という意味がありました。

他の人より一歩前に進んでいるという意味から、ビジネスやスポーツで使われる「有利・優位性」を表す時に使われていました。
 

ビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンで、アドバンテージという言葉を使う場合、「優位性」という意味になります。

「我々の会社の方がアドバンテージが高い」など、ライバル会社と比較した時の優位性を表す場合に使います。
 

スポーツでの意味

スポーツの場合、アドバンテージのニュアンスが少し違います。

例えば、サッカーでのアドバンテージという意味は、「試合をそのまま進める」という意味合いになります。

サッカーの試合中に反則があった場合、審判が試合を中断せずにそのまま続行する時がある。

この試合をそのまま続行する事を「アドバンテージを取る」といいます。

スポーツの場合は、アドバンテージ本来の意味は

  • 前進
  • 先行

という意味合いで使われる事が多いです。

アドバンテージの由来


アドバンテージとアドバンスなど、似たような言葉があります。

少し調べて見ると面白い事がわかりました。

実はアドバンテージとアドバンスは同じ意味になります。

この章では、アドバンテージの由来などについて紹介します。
 

アドバンテージの語源

アドバンテージという言葉は、元々は古フランス語の「avancier(アバンサー)」と呼ばれていて、今のフランス語で「avance(アバンセ)」というように変化しました。

だが非常に良く似た言葉で「adventure」という言葉があります。

意味は「ad(~へ)+venture(行く)」という意味になり、adventureの連想から今の「advantage(アドバンテージ)/advance(アドバンス)」という意味になったと言われています。
 

英語の「advantage」の意味と使い方

英語表記でアドバンテージは「advantage」と表記します。

意味は

  • 有益・利益
  • 強み・長所
  • 優位

上記のような意味があり、日本語で使う場合とほとんど変わりません。

アドバンテージの使い方


アドバンテ-ジは「スポーツ用語」と「ビジネス用語」があります。

「有利・先行・進める」といった意味になるが、ビジネスとスポーツは僅かにニュアンスが違います。

この章では、アドバンテージの使い方を例文付きで紹介します。
 

アドバンテージを使った例文①

ビジネス用語として、アドバンテージを使う場合は、他所や他人と比較する場合に使われる事が多いです。

例えば

  • 「競合会社と品質を比較しても、我々の方がアドバンテージは高い」

という使い方ができます。


自社とライバル会社を比較して、自社の商品の方が品質では有利だと言う意味になります。
 

アドバンテージを使った例文②

スポーツ用語としてアドバンテージを使う場合は、主に「先行・有利・進める」という意味合いで使われる事が多いです。

例えば、サッカーの試合中に審判が

  • 「試合を止めては、いけないと判断したためアドバンテージを取った」

上記のような使い方をします。

サッカーの試合中に反則があった場合、試合をすぐ止めると「反則者自身または反則した側のチームが有利になってしまう」という場合はすぐに試合を止めません。

これはアドバンテージルールと呼ばれるものです。

審判が使う場合は上記の例文以外にも「アドバンテージを取る」といった使い方もします。

アドバンテージと似た言葉


アドバンテージという言葉には、多くの似たような言葉があります。

この章では、アドバンテージに似た言葉の意味や違いについて紹介します。
 

アドバンテージとメリットの違い

アドバンテージは有利や優位性といった意味合いになります。

また、メリットという言葉も「優位性」というようなイメージを持つことができるが、アドバンテージとメリットは、微妙に違った意味合いです。
 

メリットについて

メリットは、「長所・利点」など価値がある事を呼びます。

少し極端な例えですが、車に「ナビ」をつけているとします。

「ナビ」があるので、初めての道や街でも、迷わずに目的地に到着することが出来ます。

この「初めての場所でも迷わずに到着できる」というのが「ナビ」の利点(メリット)です。
 

アドバンテージについて

アドバンテージは冒頭で先述した通り、「優位性・有利・先行」などの意味があります。

また、アドバンテージを使う場合は、何か比較対象がないと使う事ができません。

  • 比較対象がない場合、長所や利点はメリット
  • 何かと比較する、優位性(個人の長所)や有利性はアドバンテージ

上記のような意味合いになります。
 

アドバンテージとベネフィットの違い

アドバンテージと似たような意味で間違いやすい言葉で「ベネフィット」という言葉があります。

ですが「ベネフィット」という言葉の意味は全然違い、ベネフィットは、メリットから生まれる恩賞の事を指します。

「メリット」で紹介した車に付ける「ナビ」で解説すると、ナビのメリットは「初めての場所でも迷わずに目的地に到着できること」。

そこから生まれる「ベネフィット(恩賞)」は、道に迷わずに行けることで

  • 時間の短縮
  • 燃料の節約
  • ドライバーの精神的ストレスの軽減 など

上記のような恩賞があります。

メリット(利点)から発生する、恩賞そのものを「ベネフィット」と呼びます。
 

アドバンテージに似た日本語

アドバンテージという日本語の意味と似たような意味がある言葉で「プロフィット」という言葉があります。

商品を仕入れて販売して発生した利益のなど、お金に関係する時に使われる言葉です。

「順調にプロフィットは上昇している」というような使い方をします。

アドバンテージの反対語


アドバンテージには、意味が似ている言葉や「アドバンテージ」という呼び方が似ている言葉までたくさんあります。

この章では、アドバンテージの反対語を紹介します。
 

アドバンテージとディスアドバンテージ反対語?

アドバンテージとディスアドバンテージは、意味が正反対の言葉です。

アドバンテージが「有利・先行・優位性」という意味があります。

ですが、ディスアドバンテージは

  • ハンデ
  • 不利
  • 足枷

上記のような意味合いがあります。
 

ロスの意味と使い方

ロスとは「損失」という意味です。

  • 「時間をロスした」
  • 「チャンスロス(機会損失)が発生した」

というような使い方ができます。

何かを失った時などに使用される事が多いです。
 

ビハインドの意味と使い方

「ビハインド」という言葉も、アドバンテージ同様「スポーツ分野」と「ビジネス分野」で使用されます。

スポーツでは、「不利な状況」や「遅れを取っている」という意味合いです。

ビジネス分野の場合は「進捗などが遅れている場合」を指す時に使われます。

主に、予定より遅れている時に「ビハインドが大きい」というような使い方をします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アドバンテージとは、何かと比較した時に有利な事を言います。

アドバンテージという言葉は、ビジネスシーンなど様々な場所で使用されるので、意味をしっかりと理解しておかないと、コミュニケーションが取れない場合が事があります。

ですが、難しい言葉ではないので、1度意味を理解すると問題なく使いこなす事ができると思います。

意味をしっかりと理解して、様々な場面で使いこなせるようになりましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

ビジネス用語ばかり使うようになった友人がうざいです

新卒一年目です。 大学を卒業してから久しぶりに、大学時代の友人にあったのですが、普通に遊んでいるだけなのにビジネス用語を連発していてうざかったです。 特に、仕事の実績も何も残していな...

ビジネス用語の「マター」ってどんなビジネスシーンで利用するのでしょうか?

今年、新卒で入社した者です。 会社では様々な横文字が公用語のような感じで利用されていて、たまに全く話が分からない時があります。 今回質問させていただいた「マター」もその1つです。マタ...

「なるはや」とはどういう意味でしょうか。どれだけ急げば良いのでしょうか。

「なるはや」とはなるべく早くということですよね? 仕事の依頼をされる時、納期が明確でないものの、「なるはやでお願いします」と言われることが多々あります。 なるべく早くということなので...

来月入社の新卒社員ですが、覚えておくと良いビジネス用語ってありますか?

来月の4月に正式に入社する予定のものです。 リスクヘッジや、KPIなどなど、沢山のビジネス用語があると思うのですが、覚えておくとよいビジネス用語ってありますか? 最初は特に何を言って...

職場でよく使われるビジネス用語は何ですか?

私自身、カタカナのビジネス用語に詳しくないのですが、転職先でそういった用語を使う人がとても多いです。 正直、日本語でいいのに…と思うことが多いのですが、郷に入りては郷に従えということで、必...

最近ビジネス用語やビジネス英語が増えていて仕事がしにくくないですか?

最近、検索しないとわからないようなビジネス用語、ビジネス英語がどんどん増えてるように感じるのですが、正直、煩わしいし、返って仕事を遅らせてるように感じます。 ビジネス上での、日本語英語に関...

「OKR」とはなんですか?どのように行うのですか?

先日、人事から「OKR」という評価制度を導入するという話がありました。 一応説明があったのですが、あまり理解ができず、ネットで調べても要領を得ないのですが、簡単に言うとどういった評価制度に...

30代で営業しかしたことがないのですが転職することはできますか?

私は家電製品の営業をしている30代です。 私の会社はここ数年赤字経営が続いています。去年度の業績は特に厳しいものでした。 最近は転職する同期もふえ、私もそろそろ転職をしようかと考えて...

転職で人間関係と業務に不安がある時にすべきこととは何ですか?

40代男性です。 この度、転職が決まったのですが、入社日が近づいてくるにつれ、不安感が増してきてます。 転職のきっかけは、前職の業績悪化、サービス残業発生、ボーナスがなくなるなど、生活に支障...

ウェブディレクターが転職活動ですべきことはなんですか?

受託会社でウェブディレクター4年しているアラサー女子です。 トレンドものがすきなミーハーで事業部側に行こうと思うのですが、これといっていきたい会社がなかったり内定をもらってもいまより忙しくなる...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す