「笑顔」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

「笑顔」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

自己PRにおいて笑顔は相手にこちら側の、コミュニケーション能力の高さを印象づけます。また、人と人とのコミュニケーションを円滑にします。相手に好印象を与えるだけでなく、コミュニケーション能力が特に大事な接客業などでは必須スキルと言っても良いです。自己PRにおける笑顔の役割や注意点などについて解説します。

677

笑顔をアピールする自己PRの注意点

笑顔を自己PRに盛り込むことは高いコミュニケーション能力をアピールするのと同時にヘラヘラした不真面目なイメージを与えると感じている人もいます。

そこでこの項目では笑顔をアピールする自己PRにおいて注意しておきたい点を紹介します。


1.無表情にならないようにする

自己PRの場で笑顔の良さをアピールする際に注意したいことの一つが「無表情にならないようにする」です。

笑顔をアピールする場で表情が固まってしまい真顔になり、無表情になってしまっては本末転倒です。

笑顔の素晴らしさをPRするなら面接中も表情豊かとまでは言いませんが、笑顔は絶やさないように心がけましょう。

また、自己PRのときだけ笑顔だとその場かぎりの笑顔のようでかえって面接官には悪い印象を与えます。

笑顔を自己PRに盛り込むなら面接が行われる部屋に入ってから終わるまで終始笑顔でいましょう。

さらに面接だけではなく会社説明会から笑顔を絶やさないことを心がけるくらい徹底するべきです。

笑顔を自己PRに使用するということはそれほど徹底したほうが良いのです。


2.笑顔がなぜ良いのかをアピールする

笑顔で他人から褒められたエピソードなどを話しましょう。

終始面接などで笑顔をアピールしていれば当然、笑顔でいることの利点を説明しなければ笑顔をアピールしている意味がありません。

ただ笑っているだけではだめです。

そこに第三者から笑顔によって褒められたなどのエピソードがあれば具体的に話しましょう。

そうすれば自己PRに笑顔を盛り込んでいる意味が際立ちます。

さらにそういったエピソードが志望している仕事に活かせるような話しならなおさら良いでしょう。

「笑顔が良いのであなたに接客してもらいたい」「笑顔が柔和で接しやすいのであなたから商品を買いたい」「働く仲間内でもコミュニケーションがとりやすい」など、仕事に活かせているエピソードが語れれば、笑顔がいかに仕事に活かせられるかを証明できます。

笑顔を自己PRに盛り込むならこれぐらいのエピソードはあって然るべきです。

笑顔をアピールする自己PRの書き方

自己PRに笑顔を盛り込むなら自分がアピールしたい「笑顔」を改めて考えなければなりません。

自己PRに使えるような笑顔の良さを絞りこみ、抽象的なものからより具体的なものにして自分をアピールできる笑顔の自己PRを書かきましょう。


1.第三者からの評価を書く

笑顔の自己PRを書くにあたって自分では分かりづらいので第三者から自分の笑顔のどこが良いのかなど聞いて、自己分析する必要があります。

そして仕事に笑顔がどう活かせるのか明確に書く必要があります。

また、笑顔により評判を得た実績も加味して書くとなお良いでしょう。

採用担当者は自社の業務にあなたの笑顔がどう活かせるかが知りたいのです。


2.笑顔をアピールしたい理由を書く

なぜ笑顔を自己PRの武器にしようと考えたのかを書くのも良いです。

「どうして笑顔をアピールポイントにしたのか」を文章に書いてやることにより、文章の信憑性が高まります。

そして「笑顔でいることで人間関係をスムーズに保つことが可能です」など笑顔を自己分析してある文章など付け足してやると採用担当者などは客観的な視点もったしっかり自己分析できる人だと認識してくれるでしょう。

そしてさらに絞り込み、どのような業種でその笑顔が活かせるかなど書くとより採用担当者などに好印象を与えられます。


3.数字を使って書く

笑顔の自己PRを書く時には具体性をもたせることが大事です。

そこで数字を使うと、より具体的に笑顔の自己PR文を書くことができます。例えば学生が就活するとしてテニス部で笑顔を売りに頑張ったという話しがあるとします。

そこで「6月の大会に向けて頑張った」「3位で表彰台に上がった」など具体的なイメージが採用担当者に浮かぶエピソードを書くと良いです。

「いつの大会に向け」「どんな努力をし」「どんな結果で」「その後どうしたか」と採用担当者がイメージできる笑顔にまつわる自己PR文を書くことが大事です。

【履歴書】笑顔の自己PR例文

「私の長所は、常に笑顔でお客様との距離を縮められるところです。

この役割を発揮できたのが、バナナの、行商販売のパートをして、他の店員の一日平均の1.5倍の売上を出した経験です。

元々は人見知りの性格を治し、メンタルを強化したいと思い、親戚の縁故でこのアルバイトを始めることにしました。

パートをスタートした当初は道行く人に話しかけるだけで怪訝な顔をされ、怯えてしまい、全く成果を上げられない日が続きました。

そこで今のままではいけないと思い立ち、以下の3つのことを心がけました。

1.笑顔でお客様の警戒心を解くこと。笑顔でお客様に接すると、自身の緊張もほぐれ、お客様に話しかけやすくなる

2.スタートの価格は高めに設定しておく。お客様の反応を見ながら値引きをしていくことで相手に「得をした」と感じさせる

3.行動しなければ何も始まらない。声掛けをしなければ何も始まらないので、1日に最低300~500人を超えるお客様に声掛けするようにノルマを設定した

もちろん最初から上手くはいきませんでしたが、社長から「できるまではできるふりをしろ」という教示を頂き、その通りに実践し続けたところ、笑顔と共にスムーズに商売ができるようになりました。

ですので、貴社においても、笑顔でお客様とコミュニケーションを築き、売上に貢献したいと考えております」


以上の例文では具体的に1.5倍という数字があげられており、笑顔の貢献度が採用担当者などにわかりやすく伝わるように書かれています。

【履歴書】笑顔の自己PRのNG例文

「私のアピールポイントは笑顔です。

笑顔でいると回りも自分も併せて明るくなれるからです。

笑顔でいることで明るい気持ちになり、前向きになることで、気持ちがポジティブになり、何事にも積極的に取り組むことが出来ます。

学生時代は、体育会では卓球部に所属し、全国大会に向けて激しいトレーニングを行っていましたが、辛くなるほど笑顔を心がけました。

笑顔により前向きな気持ちを忘れないことで、全国大会の選手に選抜されました。私はこのポジティブさを武器に、今後もやっていきたいと思います」


以上の例文では笑顔が具体的にどう役立ったか分かりづらい文面です。

業務にどう笑顔が役立つか?強みなどが欲しいところです。

【職務経歴書】笑顔の自己PR例文

「私のアピールポイントは「笑顔を活かした営業力」です。

現在IT機器の、販売の営業職に携わっています。

入社当初はマニュアル通りの営業をしており、なかなか受注することができずに苦慮しておりました。

そこで思い出したのが昔から「あなたの笑顔は心が落ち着くので素敵だから話を聞きたいと思える」とよく言われていることでした。

笑顔で相手の警戒心を緩め、話を聞いてもらえるようにしました。

また、お客様の悩みや要望をしっかりとヒアリングした上で、お客様の要望に答えられるような提案ができるような営業スタイルに変更しました。

その結果、新規開拓先の営業でトップセールスを4年間維持しています。ぜひ、笑顔で培った私の営業力を活かし、貴社の営業職として貢献したいと考えています」


以上の例文では笑顔が顧客にどういう影響を与えるかを自己分析できています。

また、それをどう今後の業務に活かせるかも書かれています。

【職務経歴書】笑顔の自己PRのNG例文

「私の長所は相手がどんな人でも笑顔で接することができるところです。

クレームをつけるお客様にも笑顔で接してきました。

どんなお客様にもわけへだてなく接することが、私のポリシーであり性分だからです。

きつい言葉もさんざん浴びましたが、頑張って接客できるようになりました。

笑顔は自身の心を穏やかにしてくれると思いました。

それからも笑顔でバイトをこなすことにより、気持ちよく働けるようになりました。

この笑顔とポジティブな思考でこれからも働いていければ良いなと思います」


以上の例文はクレーム客に対して笑顔で接することにより、円滑に仕事が進んだという話しなのですが、文面からはただ精神力で乗りきったようにしか感じとれません。

笑顔がもたらした具体的な効果が書かれていないのです。

まとめ

笑顔の自己PRについてまとめました。

笑顔で自己PRすることは面接官、採用担当者にコミュニケーション能力の高さを示します。

ただし、具体的にその笑顔がどんな仕事や学業に活かせたか説明することが必要です。

ここに記載された自己PRの例文またはNGの例文を比べてみて分析し、笑顔がどう自己PRに活かせるのか考えてみていただけると幸いです。

この記事に関連する転職相談

「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか?

〇「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか。 就活生です。 面接で聞かれやすい「周りと協力して成し遂げた経験」 正直中学生の時しかないです。 中学生の時は...

新卒を3ヶ月で退社した者の転職活動時の自己PRは何を書けばいい?

新卒で3ヶ月ほどで退職をした者が、転職活動における自己PRではどういった内容を書けば良いのでしょうか? 3ヶ月程度では社会人として身につけたスキルや実績はほとんどなく、どういったアピールをすれ...

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

マーケティングへの転職で未経験ベンチャー志望がアピールするには?

※件名間違えました!修正が効かないのでこちらで.. 正しくは「営業からマーケティングへのキャリアチェンジ。自己アピールするべきポイントについて」 高卒30代前半女です。 自分が行き...

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

勤続年数が少ない人が転職するときの自己PRは何をアピールすれ良いですか?

勤続年数が浅い転職をする場合、自己PRはどのようにすべきでしょうか? 現在、IT系の仕事をしていますが意外と通信機器やソフトに関する仕事というよりは他の部署や取引先との折衝、それに関係する事務...

第二新卒は自己PRでどのようなことをPRすれば良いと思いますか?

第二親等です。転職活動をしています。 今回、お伺いしたいのは第二新卒の自己PRでは、何をPRをすればいいのかということです。 転職活動をする目的は、就職活動時に目指していた業界に再び...

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか? 今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。 その際に自己PRは...

就職や転職の自己PRや面接対策はどのように考えればいいですか?

就職活動、転職活動の参考書(自己PR、面接対策など)に書かれてる内容ですが、どういう視点で読むべきなのでしょうか。 あまりにも答え方についてがどうも回りくどい印象があり、 本当にこれで回...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す