• HOME
  • 職種
  • 【保育士の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?
【保育士の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?

【保育士の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?

これから保育士として働きたい人はたくさんいるのではないでしょうか。今回は、保育士になるうえで、採用側に評価される自己PRの書き方や履歴書・職務経歴書の例文などを紹介します。十分な自己PRの準備をして、保育士としての就職を目指していきましょう。

499

保育士の自己PRの3つの書き方

保育士として就職するには、一般企業と同様に採用側に評価される必要があります。

そのためには、履歴書や職務経歴書で上手く自己PRをして、面接までのステップに進む必要があります。

まずは、採用側に評価される自己PRの3つの書き方から見ていきましょう。


1.子供が好きなことをアピール

保育士として採用されるうえで、子供好きなのは非常に良いアピールとなります。

そのため、子供が好きになったきっかけやエピソードなどを盛り込むことが重要です。

子供が好きになったきっかけやエピソードを語ることで、信憑性や説得力を高めることができます。

また、実際に子供と触れ合って「何を感じたのか」「何を意識して触れ合ったのか」などを付け加えることで、保育士として働く自分をイメージしてもらいやすくなります。


2.体力があることをアピール

体力があることをアピールすることは、保育士になるうえで大きなアピールとなります。

保育士は、元気いっぱいの子供達と遊ぶことも仕事のため、体力が必要な仕事です。

そのため、体力や忍耐力が強いことをアピールすることで、簡単に辞めない人と評価されやすいです。

また「体調を崩しにくい」「健康に気をつかう」などの体調管理がしっかりできる点もアピールすることで、より評価が高まっていきやすくなります。


3.コミュニケーション能力の高さをアピール

保育士は、子供達と接するだけではなくて、保護者としっかりと会話ができたり、気遣いができたりすることも求められます。

また、保育士は職員同士の人間関係を理由に退職することが多いため、職場間での人間関係を築くことも重要となります。

このように、保育士はさまざまな状況でコミュニケーション能力が求められます。

そのため、コミュニケーション能力に長けていることがアピールできれば、採用側の評価につながります。

【履歴書】保育士の自己PR例文

ここでは、保育士の履歴書の自己PR例文を紹介します。

例文を参考にして、どうすれば採用側にアピールできるのかを考えましょう。
 

私が保育士になりたい理由は、子供が好きだからです。

高校時代に保育園でボランティアをしたことがあり、そのときに子供と寄り添っている優しい保育士の姿を見て、保育士を目指したいと思うようになりました。

それをきっかけに高校卒業後は、短大で幼児教育について学び、幼稚園教諭の免許の資格を取りました。

子供がものすごく好きなので、多少大変なことや辛いことがあっても続けていく自信があります。

子供達から好かれる保育士になりたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

【履歴書】保育士の自己PRのNG例文

一方で、履歴書の自己PR例文のNG例はどういうものなのでしょうか?

ここでは、前の職場を辞めた理由をネガティブな表現を使っている例を紹介します。
 

前職の職場は、職員同士の人間関係が悪く、私は先輩保育士から嫌がらせを受けていました。

このままだと働き続けるのは難しいと考え、より良い職場環境を求めて転職を希望しました。

このような書き方は「この人自身にも問題があったのでは?」「合わない人がいたらまたすぐに辞めるのでは?」などの印象を与えてしまいます。

書く内容が事実だとしても、それをネガティブに伝えるのではなくて「その経験を今後どう活かすのか?」などのポジティブな表現で伝えることが大切です。

【職務経歴書】保育士の自己PR例文

次に職務経歴書の自己PR例文を見ていきましょう。

職務経歴書とは、自分のこれまでの経歴や持っている強みなどを詳しく書いたものです。

ここでは、自分の強みやスキルをアピールする職務経歴書の自己PR例文を紹介します。
 

私は以前勤めていた保育園で、絵や工作などのもの作りを得意としていました。

私が担当していたクラスはもの作りを苦手としている園児が多かったのですが、作りやすい作り方をアレンジして園児達をサポートしました。

その結果、多くの園児が最後まで完成させることができるようになりました。

このような経験から、私はもの作りを通じて園児達のサポートをして、園児達のクリエイティブな感性を磨いていきたいと思います。

【職務経歴書】保育士の自己PRのNG例文

ここでは、前の職場で身につけたスキルを書けていない例を紹介します。
 

私は以前勤めていた保育園では、どの職員よりも園児達と接する時間を増やしました。

そうしたことで、園児達が日々楽しく過ごせるような環境を作ることができました。


一見、園児達を楽しませる環境作りをしたアピールに見えますが、この自己PRだと具体的に自分が何のスキルを持っているのかが明確になっていません。

保育園側は、応募者がどんなスキルを持っていて、働くとしたらどの業務で活躍できるのかをイメージします。

そのため、自分は何が得意で、具体的にどんなスキルを持っているのかを書くことが大切となります。

保育士の面接の自己PR例文

履歴書と職務経歴書を経て、面接で質問をされたとき、どんな自己PRをすればいいのでしょうか。

保育士の面接では「すぐに辞めずに長続きできるのか」「実際に働いたときどんな活躍が期待できるのか」などのポイントが評価されやすいです。

ここでは、保育士の面接でよく聞かれる2つの質問とその回答を見ていきましょう。


Q.あなたの経歴と自己PRを話してください

まず経歴については、自分がおこなってきた業務や役割を端的にわかりやすく伝えるようにしましょう。

採用側は「応募者がどんな業務をおこなってきたのか」「どんな役割を担ってきたのか」などの期間を知りたいことが多いため、数字を用いていつからいつまでおこなったきたのかを伝えましょう。

面接での自己PRを答えるときは、保育の仕事に対する熱意や意欲を伝えることが大切です。

自分が実際に働くことで「保育園にどのような良い影響を与えられるのか」を想像してもらうようにアピールしましょう。


Q.前職ではどんな実績を出せましたか

採用側は、応募者が前職でどういった実績を出してきたのかは、非常に気になるところです。

活躍をしてくれる人材が欲しいため、前職での実績を参考にして、実際に働いたときにどのくらい活躍してくれるのかをイメージします。

そのため、前職での実績を面接で聞かれたときは、前職での実績や経験を活かして「志望する園で働くときにどのような活躍ができるのか?」を自己PRすることが大切です。

そうすることで「うちの園に来て欲しい」と思ってもらえるに違いありません。

また、自己PRを考える際はいろいろな方の意見やメディアを通して確立していくのもいいと思います。

こちらの記事を参考に、確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、保育士として採用されるうえで、必要となる自己PRを紹介してきました。

保育士として採用されるためには「うちの園でこの人に働いてもらいたい」と思ってもらう必要があります。

そのためには、自分は「志望する園にどのような貢献ができるのか?」を採用側に理解してもらうことが大切です。

憧れの保育士として働けるように、今回紹介した自己PRの例をぜひ参考にしてみてください。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか?

〇「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか。 就活生です。 面接で聞かれやすい「周りと協力して成し遂げた経験」 正直中学生の時しかないです。 中学生の時は...

新卒を3ヶ月で退社した者の転職活動時の自己PRは何を書けばいい?

新卒で3ヶ月ほどで退職をした者が、転職活動における自己PRではどういった内容を書けば良いのでしょうか? 3ヶ月程度では社会人として身につけたスキルや実績はほとんどなく、どういったアピールをすれ...

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

マーケティングへの転職で未経験ベンチャー志望がアピールするには?

※件名間違えました!修正が効かないのでこちらで.. 正しくは「営業からマーケティングへのキャリアチェンジ。自己アピールするべきポイントについて」 高卒30代前半女です。 自分が行き...

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

勤続年数が少ない人が転職するときの自己PRは何をアピールすれ良いですか?

勤続年数が浅い転職をする場合、自己PRはどのようにすべきでしょうか? 現在、IT系の仕事をしていますが意外と通信機器やソフトに関する仕事というよりは他の部署や取引先との折衝、それに関係する事務...

第二新卒は自己PRでどのようなことをPRすれば良いと思いますか?

第二親等です。転職活動をしています。 今回、お伺いしたいのは第二新卒の自己PRでは、何をPRをすればいいのかということです。 転職活動をする目的は、就職活動時に目指していた業界に再び...

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか? 今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。 その際に自己PRは...

就職や転職の自己PRや面接対策はどのように考えればいいですか?

就職活動、転職活動の参考書(自己PR、面接対策など)に書かれてる内容ですが、どういう視点で読むべきなのでしょうか。 あまりにも答え方についてがどうも回りくどい印象があり、 本当にこれで回...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す