【不動産業界への転職】成功させるための秘訣は宅建と志望動機?の画像

【不動産業界への転職】成功させるための秘訣は宅建と志望動機?

経験者、未経験者問わず不動産業界へ転職するにどんな転職活動に向けた準備をする必要があるのか。宅建等の資格は必須なのか。不動産業界で働く営業マンだからこそわかる不動産業界の転職事情について赤裸々にしていきたいと思います。不動産業界へ転職を検討している方必見の情報となります。

9729

今回は不動産業界への転職に関するQ&Aをご紹介いたします。

不動産業界への転職の悩みとして考えられるのは

  • 社風があうか
  • 長く働いていくことは可能なのか
  • 自分のキャリア選択は正しいのか

などがあげられます。

今回はそんな悩みを抱えたユーザーの質問を不動産業界に絞って作成しました。

これから不動産業界へ転職したいと考えている方は必見です。

ちなみにですが、不動産業界への転職希望者はこちらの記事も良く見ています。

▶ 不動産業界の転職エージェントに話を聞いてみた

では、見ていきましょう。

関連相談

不動産業界への転職に必要な準備とは

まずは、不動産業界へ転職するとはいっても、どのような準備が必要かわかりませんよね。

まず考えられるのは資格などだと思うのですが、実際はいかがでしょうか。

不動産業界へ働くのに必要な準備はなんですか?

現在フリーターでそろそろ正社員になりたいと思うのですが私は不動産で働きたいと思っています。

そこで実際に働いてる人に質問なのですが、働く事においてこれは知っておいた方がいいよって事ありますか?

実体験等、聞かせて頂けたら嬉しいです。

まだ分からない事が分からない状態なので色々教えて頂けたら助かります。

それと今、宅建の勉強をしていて賃貸と売買が出来る会社で働こうと思うのですが初めはどちらか専門の会社の方がいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

日本人は一生で平均5.5回の引っ越し回数のようです。

そして、日本人は平均一回の引っ越しで10物件の内見をするようです。

つまり、人生で55物件しか見ずに死んでいくのです。

不動産屋になったら1ヶ月で100物件以上見ます。1年で1200件見ます。

つまり、知識なんてものは日本人相手であれば、すぐに顧客の知識を超えることができます。

事前に勉強とかしてもできることなんて限られています。

あと、会社もなんでもいいです。賃貸が合う人間もいますし、売買が合う人間もいます。

でも、正直30過ぎて賃貸専門会社で平の営業マンやってたら芽がないので辞めた方がいいですね。

30の時点では店長クラスにはなってないと未来はないので安定した別業界の会社にいった方がいいです。


これは未経験の不動産業界への転職するための質問でした。

未経験なのに自分がやっていけるのか。

という不安があると思いますが、それは特に気にする必要がないようですね。

経験を重ねていくことで勝手に払拭されるようですが。やはり、宅建などの資格取得は必須のようです。

▶︎ 不動産業界で働くには、宅建の取得は必須となりますか?

不動産業界へ転職を検討している方は、まずはこの資格を取得するところから始まりそうですね。

未経験OKの営業職の中でも、高給を狙える職は不動産業界くらいしかないと言っている方もいるほどです。検討の余地がありますね。

関連相談

不動産業界への転職に学歴は必要なの?

では、不動産業界への転職で学歴はどれほど重要視されているのかを見ていきましょう。

学歴は不問なのか、それとも学歴に足切りはあるのか。不動産業界ならではの転職事情を確認します。

不動産業界は、学歴がないと転職することは難しいですか?

不動産業界を目指して就職活動をしていました。

大手企業を中心に就職活動をしていたのですが、いい話は頂けませんでした。

そこで、一般的には、有名企業ではないものの自分の地元では有名な不動産を取り扱う会社に就職し、3年目に至ります。

既に、同期等とは成績で大きく差をつけており、そろそろ違う会社で挑戦したいと思い、転職活動を進めたいと思っていたのですが、自分は関西大学出身で、正直学歴は高いとはいえない大学出身です。

そのため、大手への再挑戦そもそもが難しいのかもしれないと考えているのですが、実際いかがでしょうか。

学歴関係なく成績を残しておくと大手企業へ転職することは可能なのでしょうか。

営業職であれば営業成績については見られます。

不動産業界的には、できるやつは入れたいと思いますので、入るだけなら営業成績があるならば学歴はそれほど超重視されるわけではありません。

大手に行って何するかだとは思いますが、もし役員になりたいという話であれば、プロパー且つ該当する特定の学閥じゃないと無理みたいなことは往々にしてあります。

会社ごとの暗黙の、部長まで、課長まで、等々がありますのでそのへんは気をつけて下さい。


学歴は特に重要視されていないようですね。しかし、今までの実績が重要視されるようです。

そのため、不動産業界未経験での転職希望者はまずは転職前に自分の経歴について確認するのが良いかと思います。

また、不動産業界の3大大手企業のに入る住友不動産の学歴は、総合職にかなり高学歴の方が多いようです。

しかし、年収においては歩合制なので、営業職が総合職の年収を超えることもあるみたいです。

▶︎ 高水準と噂の住友不動産の営業職の年収について教えて欲しいです

やはり、大手企業に転職するには、営業なら成績、総合職なら学歴といったところなのでしょうか。

関連相談

未経験でも不動産業界に転職出来る?

不動産業界は未経験でも転職することが出来るのでしょうか。

結論、転職することは出来ます。

こちらのQAを見てみると良いかと思います。
▶ 不動産営業は未経験でも就くことは可能なのでしょうか?

では、事務職のような営業すら未経験の方でも転職することは出来るのでしょうか。

実際にJobQのQAを見ながら確認してみましょう。

未経験女性ですが、事務職から不動産系の営業職へ転職はできますか?

未経験ながら営業職への転職を検討しております。転職先は不動産系の営業職です。

学生時代に宅建は取得していたのですが、就職先は一般企業の事務職でした。

現在26歳の女ですが、事務職から営業職へ転職を検討しております。

転職活動はすでに始めていて、最初は事務系の募集に応募していたのですが中々採用していただけず…。

その為、宅建を使って転職できたらなと思っています。

未経験の事務職が不動産系の営業職へと転職は可能であると思いますか?

厳しい意見もあると思うのですが、真剣に転職を検討しているので回答お願いします。

できると思いますよ。

事務職より可能性はあるんじゃないでしょうか?


東京オリンピックまでは不動産関係は調子が良いと言われてますし、チャレンジはありだと思います。

不動産営業は色々ありますので、個人営業の新規開拓いわゆる投資マンション系はオススメできません。

営業職の期限は3年といわれ、不動産系の営業で使い捨でのところが多いのも事実です。

現在のご状況は、事務系の採用をもらえず営業を考えているんでしょうか。

それでしたらよく考えた方がいいと思います。私も女性で、不動産営業を頑張ると思って入職しましたが、すぐに辞めてしまいました。不動産営業はかなりきついです。


ということでした。

営業未経験の事務職からでも転職することはできるようです。

回答にもあるようにアベノミクスや東京オリンピック等の営業によって、不動産業界の転職事情は活況です。

業界未経験の事務職からでも転職できるというのはかなり、良い情報なのではないでしょうか。

しかし、逆にそのせいで人手が足りず、かなり今の時期仕事がきついといった声も聞こえてきます。

▶︎ 不動産業界ってきついイメージなのですが、実際のところどうですか?

不動産業界は、東京オリンピックを控え都心部を中心に外国人による不動産取引が増加しているのはもちろんですが、東北や熊本の災害を受けて老朽マンションへの対策などで人手が不足しているのも事実です。

関連相談

おすすめの資格は宅建士?

宅建士は本当に未経験転職の際に必要となるような資格なのでしょうか?

実際に質問がありましたので見ていきましょう

宅地建物取引士資格があれば誰でも不動産業界へ転職することは可能でしょうか?

女性は30代でも不動産業界や営業職が未経験でも、宅地建物取引士資格があれば不動産会社の事務職等ですぐ採用されますよね。

しかし、30代の男は不動産業界や営業職が未経験だったら、いくら宅地建物取引士資格があっても転職には役に立たないのでしょうか?

やはり宅地建物取引士の資格は、男より女性にオススメの資格ですか?

不動産屋ですが、もってて当たり前だと思います。

おそらく不動産会社に入ったら持ってない人は多くいるでしょうし、「不動産営業に宅建なんていらねぇんだよ」って言う人もいることでしょう。

しかし、そんなことに耳を傾けてはなりません。

宅建を持っていようがいなかろうが、そういうことを言う人は「宅建のいらない仕事しかしていない」だけです。

宅建がベースとなる知識を有することが必要な仕事はあります。

そういう方向に向くようにしてください。宅建は当たり前のように取ってください。

宅建は確かに持っているとありがたいですが、本質は営業職募集でしょうから、営業未経験であっても「営業ができそう」というモノが見えなければ採用はされません。

なお、営業未経験でも採用されるところは採用されますし、営業できそうに見える面接対策を講じると良いと思います。


ということでした。

確かに、職種によっては、宅建はいらないということもよく聞きますよね。

しかし、仕事の幅が資格があるかないかで明らかに違うとなると、資格を取得している方が将来性も増しますね。

▶︎ 宅地建物取引士に関する相談(20件以上)を見る

是非、未経験からの転職時には宅建の資格を取得するように心がけましょう。

関連相談

志望動機などの面接対策について

どの業界にも共通すると思われますが、どこか会社へ転職するとき、なぜそこに入社したい、働きたいと思ったのか志望理由を聞かれます。転職の際に、一番と言って良いほど大事なフェイズは面接の質疑応答や志望動機です。

不動産業界への志望動機はどのような内容が面接官にとって好印象なのでしょうか?

野村不動産の転職面接で志望動機などは何を聞かれるのでしょうか?

野村不動産への転職を検討しているのですが、野村不動産はどのような転職面接が繰り広げられるのでしょうか?

現在第二新卒で元々この業界に興味があって新卒時は縁が無く、今は広告代理店で営業をしているのですが、やりたかったことを捨てきれずに転職を考えています。

そこでですが、野村不動産ではどのような転職面接が行われるのでしょうか?

また、どのような志望動機を発言すると良いのでしょうか?

以前、転職活動をしていた時に受けた企業です。

野村不動産は不動産大手の中でも、特にキャリア面や生活面のバックアップ体制が充実している企業と思います。

特に働く女性への支援は、不動産業界では群を抜いている印象です。実際に面接は二回でした。一度目は書類選考後直ぐに、人事部の方二名と。最終面接は部長と役員による面接でしたね。

営業職なので、内容はもとより、受け答えや態度など総合的に判断された印象が強かったです。

実績を元に、やる気をアピールすることが採用に繋がるように思います。

これまで事務職を経験してきたため、まったく異業種かつ業務の幅も異なる営業職への志望理由は明確に何度も何度も練り直した。

特に、なぜ不動産?耐震については?など、根本的なところから時事的な認識もしっかり話せるといいかと思います。


との事でした。

未経験の方の場合は、前職での実績ややる気をアピールすると良いようです。

また、受け答えだったり、その人の態度なども面接官には詳しく見られているようです。

志望動機については、やはり「なぜ不動産業界へ転職したいのか」明確な理由を考えておくことが大切なようです。よくWebサイトなどにある志望動機の定型文などは通用しないことも頭の片隅に入れておかなくてはいけません。

面接をしてくれる方は、何人もの方との面接を経験しています。志望動機などもかなりの数を聞いているでしょう。

つまり、オリジナルテキストで考えた文でないと、すぐに定型文だと見抜かれてしまいます。志望動機が定まっていない方は、参考程度に例文等を閲覧するのはオススメできますが、コピペなどするのは、通用しないと覚えておきましょう。

未経験女性でも不動産業界へ転職可能?

ここでもjobQ内に投稿されたQAを見てみましょう。

未経験女性ですが、事務職から不動産系の営業職へ転職はできますか?

未経験ながら営業職への転職を検討しております。
転職先は不動産系の営業職です。

学生時代に宅建は取得していたのですが、就職先は一般企業の事務職でした。現在26歳の女ですが、事務職から営業職へ転職を検討しております。

転職活動はすでに始めていて、最初は事務系の募集に応募していたのですが、中々採用していただけず…。

その為、宅建を使って転職できたらなと思っています。未経験の事務職が不動産系の営業職へと転職は可能であると思いますか?

厳しい意見もあると思うのですが、真剣に転職を検討しているので、回答お願いします。

不動産営業から経理職へ転職したものです。

不動産営業は色々ありますので、個人営業の新規開拓、いわゆる投資マンション系はオススメできません。

営業職の期限は3年といわれ、不動産系の営業で使い捨でのところが多いです。現在のご状況は、事務系の採用をもらえず営業を考えているんでしょうか?

それでしたらよく考えた方がいいと思います。

私も女性で、不動産営業を頑張ると思って入職しましたが、すぐに辞めてしまいました。

不動産営業はかなりきついです。


との事でした。

今回のQAは営業に関する職種の質問でしたね。未経験から不動産業界へ転職することは無理ではないようです。実際、転職をした経験者の方からの回答をいただけました。

しかしながら、不動産業界へ転職した後が大変とのことでした。転職業界に転向して激務でも続けられる熱意や、やる気が必要のようです。

ところで、不動産業界はブラック気質なの?

不動産業界への転職ノウハウを確認してもらいましたが、不動産業界はブラック企業が多いとよく言われていますね。

こちらは本当なのでしょうか、確認してみましょう。

不動産業界の企業に入社が決まっているのですがそんなにブラックなのでしょうか?

不動産業界の企業に入社が決まっている大学4年です。

年明けに久しぶりにあった先輩から「不動産業界とか良くそんなブラックなところ飛び込んだな」と言われました。

私が見る限り入社する会社の皆さんは楽しそうに働いています。

確かに土日休みではないですが…少し不安になっています。

不動産業界ってそんなにブラックなんですか?

不動産業界の知人が何人かいます(私は不動産業界の経験はありません)が、結論から言うと、不動産業界がブラックというのは完全なイメージだと思います。

リクルート住まいカンパニー(不動産業界)に入社してる知人は、仕事量は鬼のようにあると新卒当時は言ってましたが、それはリクルートグループ全体のことですし、辞める人はやめる、仕事をバリバリやるひとはやる、という、どの業界にも共通することが不動産業界にも当てはまると思いますね。

おそらくですが、不動産業界がブラックというイメージが強いのは、次のような理由かと思われます。

こと戸建て販売においては、BtoCであり、商品の単価があまりにも高く、顧客獲得のために手段を選んでられないという現状がある。

ゆえに、われわれ一般消費者との接点をとにかくつくろうと、そとでティッシュ配りをしたり、駅で路上勧誘したりするようなことが必要なビジネスであるのです。

ブラックな企業というのは、業務の手法ではなく、業務の量や評価が不平等だったりするところのことなので、不動産業界全体がブラックということはありません。

なので、安心していただいて大丈夫だと思いますよ。(質問者さんのいく会社がどうかはわかりませんが・・・)


ということでした。

不動産業界への転職ということで、不動産業界はブラック気質と考えている方が多いですが、ブラック企業が蔓延している業界ではないようです。

不動産業界は仕事の成績によって評価する企業が多いので、ブラックだと感じてしまう方が多いのかもしれませんね。

▶︎ 住友不動産はブラックですか?
▶︎ 三菱地所はブラック企業なのでしょうか?


実績を残したい転職希望者にとっては非常に働きやすい業界なのではないでしょうか。

不動産専門転職コンサルタントが語る転職のコツ

今回は不動産業界の転職事情について解説しました。

アベノミクスの影響もあり、リーマンショック以降少しずつですが親切住宅着工戸数も増えており、好況が続く不動産・住宅業界。

さらには、2020年には東京オリンピック、2027年にはリニアモーターカー開通が控えています。

それに伴い、求人数も少しずつ増えてきています。不動産業界での転職は、いまがチャンスかもしれません。

こちらも併せてチェック: 不動産専門の転職コンサルタントが語る転職のコツとは?

本記事の初回公開日は2017年02月07日です。

この記事に関連する転職相談

医療機器営業の仕事が他の業界よりも優れている点や苦労する点は何ですか?

医療機器営業についての質問です。(来年度から外資系医療機器メーカーで働く予定の者です。) 扱うもの自体と用途について一般的とは言えないので、医療機器営業の特徴を教えていただきたいです。 具体的には、 1.業務において苦労する点 2.他の...

営業のコツってありますか?

新卒で営業として働き始めて数ヶ月が経ちました。 しかし中々会社のノルマが達成できません。 そこで質問なのですが、営業のコツって何かありませんか? このままだとこの仕事に自信が持てなくなりそうです。 回答よろしくお願いします。

医療機器の営業をする彼氏がいるのですが、どんな仕事ですか?

最近出来た彼氏なのですが、彼はとある医療機器メーカーで営業として働いています。 仕事がかなりいそがしいということをよく言っているのですが、具体的な仕事内容までは教えてもらえていないです。 ほぼ休み無しでずっと仕事をしているとも聞いた...

生保レディって本当に枕営業とかあるんですか?

初めて質問します。 先日、生保レディが家に来たのですが、その方はとても美しい素敵な方でした。 そこで気になったのですが、生保レディの枕営業って本当に存在するんでしょうか。 それとも伝説なのでしょうか。 詳しく知っている方ぜひ回答...

大手証券会社の営業職の仕事内容はどのようなことをしますか?

大手証券会社から内定をいただきました。 私は証券会社で顧客のニーズに合わせ、最適な商品提案をする事で顧客の満足度の高い営業をしたいと考えております。 しかし、ネットを見ると会社から売れと言われた商品を数字のために売らなければならない...

ヤフー株式会社に営業として中途で入社をするか迷っています。

ヤフー株式会社に営業として中途で入社をするか迷っています。 半年間は契約社員で給与も前職からすると150万円ほど大幅に下がります。 正社員を目指し頑張りたい気持ちとどんなに頑張っても三年で契約満了が前提と捉えるべきでしょうか。 仮に正社員に...

サービス業から営業職へ転職することは可能でしょうか?

飲食店での接客を4年以上続けてきました そこの飲食店は、手取り月22万と、なんとも言えない額を毎月貰っています ただ、このままでは、なんの将来性もなく、ただ時間が浪費されていきそうで不安です そこで、接客で身につけた対人コミュニケーシ...

30代で営業未経験だと転職は厳しいのでしょうか?

人材派遣会社の事務職に就いています。人材営業もしくは人材コーディネーターへと職種転換したく転職活動をしています。 しかし、転職活動が全く上手くいかずに、心が折れそうです。 5社受けたのですが、2社は書類選考落ち、3社は面接まで行けたのですが...

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。 営業職4年目のものです。会社の成り立つ仕組みやお金回りに興味があるため、将来経理職への異動を希望しています。 学生時代は会計とは無縁の学...

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか?

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか? 自動車業界は激務なイメージがありますが、女性が働いていける業界でしょうか?

この記事に関連する記事

【完全版】富士薬品へ転職する前に参考すべき情報をまとめてみた

富士薬品への転職・中途採用を考えた際に転職面接内容や営業やMRなどのキャリア情報、評判、年収、転職難易度というのは非常...

【NTT東日本に採用されるために】転職する際に知っておきたい情報を一気に公開

NTT東日本への転職・中途採用を考えた際に年収や評判、面接、激務かどうか、福利厚生、仕事内容というのは非常に重要な情報だ...

【完全版】タマホームへの転職に必要な情報を徹底的にまとめてみた

タマホームへの転職を考える際、年収や評判、営業や事務などの職種などの情報は非常に重要ですよね。今回は、タマホームの転...

【完全版】大塚商会へ転職する前に参考すべき情報をまとめてみた

大塚商会への転職・中途採用を考えた際に面接方法や求めている人材、その会社の評判というのは非常に重要な情報だと言えます...

【営業に向いていない人】特徴や転職・退職の対処法についてご紹介します

営業に向いていない、全く売れない、成約が取れない、など営業職だが成果がでない人はいますぐ考え方を変えましょう。他の業...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー