「思いやり」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

「思いやり」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

自分の強みである「思いやり」を文章で伝えるにはどうすれば良いでしょうか。履歴書や職務経歴書にうまく書けない人のために、印象に残りやすい自己PRの書き方や注意すべきポイントを挙げています。

4345

思いやりをアピールする自己PRの注意点

思いやりを勘違いしている人は意外に多いものです。

自分が良かれと思って行うことではなく、相手の気持ちを察して立ち回る事が「思いやり」の基本であることを忘れないようにしましょう。


1.親切の押し付けやおせっかいと混同しない

相手を思いやる事とは、気持ちを推し量ることと同時に、さりげなくサポートする行動力を伴っていることが理想的です。

ところが、さりげなくサポートするという部分が抜けていると、押し付けやおせっかいという名のエセ思いやりとなり、決して歓迎されません。

例えば今の時代、会食の場になると、大勢の中での食事が苦手だったり、アレルギー体質のために制限が必要な人はいます。

昔は「遠慮なくどうぞ」という言葉が思いやりでしたが、それはもう通用せず、「どうかしましたか。困った事でもありますか。」と問いかけるのが適切でしょう。

食事の遠慮という固定観念や昔の通説は、決して思いやりに繋がるわけではありません。

随意反射するのではなく、少しだけ相手のことを見る余裕が思いやりを生み出します。


2.独り善がりや自己満足な主張は避ける

一例ですが、横断歩道で、お年寄りが立ちすくんでいる姿を見かけて、黙って荷物を待って一緒に渡ったとします。

そしてこの後、「今日もいい事をした」と悦に浸っている最中に、お年寄りが「反対側から来る孫を待っていただけなのに」というオチで終わるのはドラマにありがちな展開です。

完全な独り善がりと自己満足の典型ですが、似たような事ってありませんか。

相手が求めていることを推察もせず行動してしまうことはリスクです。

思いやりに必要なのは、自分がやりたいことを相手に詰め込むことではなくて、相手にふさわしいパズルのピースを用意してあげるような気持ちです。

時にはピースが合わないこともあるかもしれませんが、自分のために動いてくれたことを喜ばない人はいません。

特に職場という集団の中での利己主義は仕事に影響するので、ドラマのような強引さは控えたいところです。

転職活動中ですが、自己PRが書けないのでアドバイスをお願いします

自己PRについてアドバイスをお願いします

就職、転職活動の際用いる自己PRなんですが、基本的には志望する業種、職種が決まっている前提で作っていくものだと思うので、例えば文章の締め方としては、自分の~~といったところを、(希望職種)の~~で活かしていきたい、といった感じになると思います。

ただ希望職種が決まっていない、つまり職種を絞らず自分が気になる、やってみたいと思う仕事を探している場合、業務内容に紐付ける事ができません。

こういう場合、どういう方向で作っていくとよいでしょうか?

応募先ごとに作り変えるというのではなく、就職転職サイトのweb履歴書用に記載するためです。

自己pr考えるの難しいですよね。

例え職種が決まっていなくとも、例えば…続きを見る

思いやりをアピールする自己PRの書き方

曖昧な言葉である「思いやり」を相手にわかってもらうのは、実は難しいことですが、3つのポイントを押さえる事で、自己PRが相手の頭にスッと入ってきます。

それぞれについて書き出してみると、ムダのないアピール文を作れます。


1.具体的なエピソードで根拠を示す

冒頭でいきなり「私は思いやりが大切だと考えています」「思いやりができる自信があります」と自己PRで書き出しても、誰もが、どういったシチュエーションでの事だろうかと考えます。

読んでもらうための掴みとして、結論を明示することは賛成です。

ところが思いやりという強みを伝えるならば、具体的なエピソードは欠かせません。

エピソードが無ければ説得力は十分とは言えず、良い印象を与えるためだけのポーズだと受け取られる可能性もあります。

新卒ならば学生生活の中で、転職ならば前の職場や実生活などから、実体験を思い出せるはずです。


2.他人との違いや強みを伝える

自己PRで優先すべきことは、熱意でも誠意でもありません。

他人とはどう違うのか、負けない部分はどこなのか、活かしたいことは何なのかをはっきりと伝えられることです。

思いやりが強みであるとしても、それだけで差別化は難しいです。

万人受けするような「思いやり論」を切実に述べたところで、全く意味はありません。

その一歩先にある自分の特徴や他人より秀でているところを伝える方が自己PRとしては望まれます。

そのためには自分自身を客観視する作業が必要ですが、実は簡単で確実に自分を知る方法があります。

それは友人や知人など他人との会話です。

意外と自分では気付かない点が評価されたりしているはずなので、振り返ってみましょう。


3.仕事や日常で活かす方法に触れる

思いやりがあることを訴えるだけなら、誰でもできます。

誰でもできるからこそ、日常や仕事でどう活かしていくのかを伝える事が出来れば、かなり印象的な自己PRになります。

ただし履歴書や職務経歴書の自己PR欄に、最初から最後まで細かく思いやりの強みを活かす方法などを書く必要はなく、最後の締めとして訴えることで十分です。

どの求人でも一番人気はコミュニケーション能力を有する人材です。

もちろん専門的なスキルを持っていることや経験も尊重されますが、職場が変われば文化も必要なスキルも変わるので、ゼロベースから構築しなければなりません。

しかしコミュニケーション能力は、培われた経験値をそのまま発揮できるので好印象を持たれます。

忘れずに伝えたい部分です。

【履歴書】思いやりの自己PR例文

私は常に、相手への気配りが大切だと考えています。

それは14才の時の入院がきっかけです。

車椅子で移動していた13才の女の子と年齢が近いこともあって交流機会が増えました。

自由に動ける私からすると、彼女は不便な様子を見せていたので、過度にならない程度に手助けしていました。

ある日、顔を赤くしていたので発熱かと近付いてみると、「トイレ」とつぶやいたのです。

まだバリアフリーという言葉が無い時代の病院ですから、小さな段差や狭い通路が移動の妨げになっていました。

毎日顔を合わせていたことで異変に気付けたのです。

本人や看護師、ご両親からお礼を言われた事が嬉しく、それ以来、相手の立場や状況を見て、思いやれる気持ちを持ち、行動も合わせてできるように努めています。


「思いやり」という言葉は非常に抽象的なので、アピールするときは例文のように具体的なエピソードを交えましょう。

具体的なエピソードがあると、採用担当者も「なぜ思いやりがアピールポイント」なのかが理解しやすくなります。

【履歴書】思いやりの自己PRのNG例文

私は他人を思いやることには自信があります。

学生時代にサークルの責任者をしていまして、50名ぐらいの仲間とイベントを企画したりしていました。

役割分担も自分の判断でどんどん決めていきましたが、不満を漏らすメンバーは誰一人としておらず、スムーズに企画を進める事ができました。

しかし、インフルエンザが大流行してメンバーの中にも感染者が続出した時は大変でした。

私は幸いにもインフルエンザは過去にかかっていたので感染は無いと確信していましたので、メンバーの体調を気遣って訪問したりしていました。

一人暮らしのメンバーにはサプライズ訪問で看病したこともありました。

かなり辛そうな状況でしたが励ましていくうちに安心したのか眠ってしまいました。

大事なメンバーを思いやる気持ちは誰にも負けません。


上記のNG例文では、「思いやり」が強みである根拠が明確になっていません。

これでは、人事も「なぜ思いやりが強みなのか」を理解できず、評価されることはないでしょう。

【職務経歴書】思いやりの自己PR例文

前職ではCADによる家具の設計業務に5年間、派遣社員3名の協力を得ながら従事していました。

マネージャーの役割もあり、一方的な指示命令ではコミュニケーションがとれないことを経験上理解したので、「聞く」「提案する」方針をとっていました。

大体、3ヶ月ほど経過すると成果を出すようになっていたので、一応のマネジメントスキルは持っていると自負しております。

実務面以外でもサポートの大切を学んだ出来事もありました。

20代女性派遣社員の様子がいつもと違う事に気付き、片隅で面談すると、大事なペットが今にも臨終しそうであると告白しました。

仕事だけでなくメンタルに影響が出てはいけないと考えて、すぐに退社をさせた結果、笑顔で見送ることができたと、後日、大変感謝されたことは忘れられません。

御社でも経験を存分に活かして、生産性の向上と仕事環境の改善にに貢献したいと思います。


例文では、「思いやり」を活かして、仕事でどのような成果が出せたのかが簡潔に記載されています。

強みの根拠が明確なため、採用側も聞いていて納得できる自己PRといえます。

【職務経歴書】思いやりの自己PRのNG例文

転職は3度目になりますが、同僚や上司とは良い関係を築いていました。

特に前職では初めて部下を持つ身となりましたので、頼れる上司を目指そうといろんなマネジメントに関する本を読んで勉強しました。

仕事が終わればプライベートな時間ですが、部下を連れて食事に行き、困っていることの相談を受けたりしました。

あまり困っている様子は無かったので、私のマネジメントが上手くいっているのだと確信することができました。

私の転勤が決まったとき、部下にお願いをして引越しの荷造りを手伝えないか相談したところ、「もちろんいいですよ」と言ってくれました。

タダ働きは問題ですし、時間を割いてもらってるので食事を用意しました。

長時間の拘束はかわいそうなので、3時間経過した時点で切り上げて良いと伝えたところ、喜んで帰ったので気配りして良かったと感じました。

御社では、私の思いやりの精神が、必ず業績向上に役立つと確信しています。


NG例文では、単に日記のように事実を書いているだけで、アピールポイントが伝わってきません。

採用側に評価される自己PRには型があります。

具体的には、「強み→根拠となるエピソード→どう貢献できるのか」の流れを意識することが大切です。

まとめ

「思いやり」を強みとして自己PRする場合のポイントは、具体的なエピソードを交えると伝わりやすくなります。

思いやりとは、簡潔に言えば他人に心配りすること。

決して自己評価するものではないので、自己PRの材料としては非常に難しいのです。

しかし、他人を思いやることができる人は、職場でのコミュニケーションを円滑にする能力があると考えられているので、企業側も重要視しています。

強みとして伝える方法を知っていれば、面接官の印象も良いものになります。

履歴書では人物像を、職務経歴書ではスキルや能力を語るにふさわしい「思いやりエピソード」を添えると、迷いがなくなります。

ベストな思いやり自己PRを作り上げてください。

この記事に関連する転職相談

「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか?

〇「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか。 就活生です。 面接で聞かれやすい「周りと協力して成し遂げた経験」 正直中学生の時しかないです。 中学生の時は...

新卒を3ヶ月で退社した者の転職活動時の自己PRは何を書けばいい?

新卒で3ヶ月ほどで退職をした者が、転職活動における自己PRではどういった内容を書けば良いのでしょうか? 3ヶ月程度では社会人として身につけたスキルや実績はほとんどなく、どういったアピールをすれ...

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

マーケティングへの転職で未経験ベンチャー志望がアピールするには?

※件名間違えました!修正が効かないのでこちらで.. 正しくは「営業からマーケティングへのキャリアチェンジ。自己アピールするべきポイントについて」 高卒30代前半女です。 自分が行き...

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

勤続年数が少ない人が転職するときの自己PRは何をアピールすれ良いですか?

勤続年数が浅い転職をする場合、自己PRはどのようにすべきでしょうか? 現在、IT系の仕事をしていますが意外と通信機器やソフトに関する仕事というよりは他の部署や取引先との折衝、それに関係する事務...

第二新卒は自己PRでどのようなことをPRすれば良いと思いますか?

第二親等です。転職活動をしています。 今回、お伺いしたいのは第二新卒の自己PRでは、何をPRをすればいいのかということです。 転職活動をする目的は、就職活動時に目指していた業界に再び...

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか? 今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。 その際に自己PRは...

就職や転職の自己PRや面接対策はどのように考えればいいですか?

就職活動、転職活動の参考書(自己PR、面接対策など)に書かれてる内容ですが、どういう視点で読むべきなのでしょうか。 あまりにも答え方についてがどうも回りくどい印象があり、 本当にこれで回...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す