【ウェディング業界】ウェディングプランナーの仕事内容とやりがいの画像

【ウェディング業界】ウェディングプランナーの仕事内容とやりがい

華やかなイメージのウェディング業界。ウェディング業界の仕事は実は様々な職種があります。式場の契約までを担当する営業、当日ゲストのケアをするサービス、料理を作る調理士、他にもカメラマン、衣装、式場を運営するにあたっての経営企画、経理、総務等です。その中でも特に直接新郎新婦に一番関わる人気の職業「ウェディングプランナー」の具体的な仕事内容と、やりがいについて紹介します。

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーの仕事内容は、
実は運営する会社によって内容が変わります。

変わるポイントは2点。

  1. 結婚式場の契約をプランナーが行うか、専門の営業職が行うか
  2. 結婚式当日の進行をプランナーが行うか、サービスまたは別のポジションの人が行うか


この2点のポイントは会社によって違うので、
一番仕事が幅広いプランナーは、結婚式場の契約からプランニング、
当日披露宴終了までの全ての進行までを行うこととなります。

逆に、ご契約された新郎新婦を営業職から引き継ぎプランニングだけを行い、
当日の進行は、また別の担当者に引き継ぐことが仕事というプランナーもいることになります。

現状一番多いのは契約は営業職が行い、プランニングと当日の進行を担当するやり方だと思います。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

実はいろいろやってる!裏の仕事

結婚式や披露宴を実際に新郎新婦の立場で経験した事がある人は、
ある程度イメージできるかと思いますが、
表で見えている仕事以外にも裏では様々な仕事があります。

具体的にやることを箇条書きにすると

  • 新郎新婦との打ち合わせ
  • 打ち合わせた内容を必要に応じてチェック、発注
  • 納品されたもののチェック
  • 他部署への情報伝達のための資料作成
  • 両親への連絡、ケア
  • 見積もり作成、請求書作成、入金チェック
  • 未入金の場合の対応

その他にもプランナーと言えども、
単価UPなどの営業的な側面もあるので、ロールプレイングでトークを磨いたり、
プランナーでの全体会議等の仕事もあります。

こう考えてみると、新郎新婦と楽しそうに話をしたり、
当日進行を進める格好いい姿だけではないことが分かるかと思います。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

どんな人がウェディングプランナーに向いてる?

接客業なので、

  • 人当たりの良さ
  • 第一印象の良さ
  • 人が好き
  • 人見知りしない

という一般的なことはもちろん言えますが、
事務処理が得意細かいという性格的な要素も必要かと思います。

事務処理が苦手な人は、それだけ時間がかかり、
多くのお客様を担当することができませんし、
細かくないととんでもないミスをしてしまうことにつながるのです。

結婚式は一生に一度、絶対にミスは許されません。

人間なのでミスをすることもあるかと思いますが、
そうならないようにウェディング業界には細かなチェック機能があります。

それを淡々と100%実施していける真面目さが必要とも言えると思います。

新卒採用、中途採用どちらでも、第一印象や人当たりの良さだけでなく、
細かさや真面目さも面接でチェックされているはずです。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

仕事のやりがい

ウェディングプランナーの仕事をやっていて、
大変だな、体力的に辛いなと感じることは正直多々あります。

しかしそのぶん喜びを感じることもたくさんあります。

通常約半年間の準備期間を経て、当日を迎えます。
半年間も全力で向き合ってきたものが大成功して、
「ありがとう」の言葉をいただけたときが一番喜びを感じる瞬間かと思います。

また、このように感覚的なものだけでなく、
アンケート等を実施している会社では、新郎新婦や当日ゲストからのアンケートの返信で、
満足度の高い数値を得られたときも、
成果としてやりがいを感じることもできます。

これは結果として会社からの評価に影響するのでモチベーションにもつながると思います。

また結婚式には、リピーターという表現が存在しないように感じますが(通常は一生に一回の結婚式なので)、新郎新婦からの紹介や当日ゲストとして参加した人が、
次の新郎新婦としてお客様になることをリピーターと言うことがあります。

これは実施した挙式や披露宴がとても良かったものだったから、
「この式場でやりたい」「このプランナーに紹介したい」
ということにつながるので、
リピーターが発生したときもやりがいを強く感じます。

ウェディングプランナーの仕事は日々楽しいものでもありますが、
やはり挙式や披露宴当日に一番のやりがいを感じます。

楽しいだけではない、ウェディングプランナーの仕事

やりがいも多くあるこの仕事、もちろん楽しいばかりではありません。

  • 土日は基本的に仕事なので、周りの人と休みが合わない
  • お客様の時間に合わせて平日も夜遅くまで仕事
  • ミスをした場合、取り返しのつかないことになる
  • 接客と事務処理、営業、幅広い仕事なので、純粋に大変

このようにマイナスな目線から書けば、いくらでも書けますが、
私は平日が休みのほうが旅行にもたくさん行けたし、
旅行に行くことによって視野が広がっていろいろなアイディアが浮かびました。

平日夜遅くてもその分出社時間も遅いので、朝の時間を有効に使えました。

仕事は大変な分、やりがいと達成感はたくさんあります。
何でも考え方ですね。

このようにプラス思考に考えられる人がウェディングプランナーには向いているなと思います。

最後に

ウェディングプランナーの仕事とやりがい。

少しはイメージしていただけましたでしょうか。
文章のなかで少し触れましたが、
「ありがとう」と言っていただけると、やりがいを感じますよね。

お金をいただいて仕事をしているのに、
「ありがとう」と心から言っていただける仕事って、なかなか無いなと私は思っています。

医者、ウェディングプランナーぐらいだなと思っています。
もちろん他にもあるとは思いますが、
高額なお金をいただいているのに「ありがとう」と言っていたける理由は、
それだけ人生において、重要な役割をさせていただいているからかと思います。

ウェディングプランナーは人生の一つの門出、スタートを切る役割をさせていただいているからだと思っています。

今回の記事を読んで、ウェディングプランナーという仕事に興味を持たれた方は、
ぜひチャレンジしていただきたいと思います!

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社みんなのウェディングに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー