• HOME
  • キャリア
  • 【登録販売者】国家資格か公的資格かと試験の概要を説明します

【登録販売者】国家資格か公的資格かと試験の概要を説明します

近年、登録販売者のニーズは高まっており資格の取得を目指す人も増えています。そこで、登録販売者の資格に興味を持っている方に向けて、登録販売者は国家資格か公的資格か、どのような試験なのか、資格取得のメリットなどについてご紹介します。

6209

登録販売者は国家資格

登録販売者の資格に関しては、「公的資格であり、国家資格じゃない」という意見を聞くことがあります。

そこで、登録販売者はどのような資格なのか、国家資格である根拠についてご紹介します。


登録販売者とは

登録販売者とは、2009年の改正薬事法で新設された資格です。

それまでは医薬品の販売は薬剤師か薬種商に限られていました。

改正薬事法の新設後は、薬種商に替わる新たな専門職として登録販売者が生まれました。

以前は薬剤師の不足が問題になっていました。

しかし、登録販売者の新設により医薬品の調剤業務と販売業務の分業ができ、薬剤師の負担が減少しました。

小売店においては登録販売者を置くことで医薬品の販売が可能になり、スーパーやホームセンター、コンビニなど、医薬品を販売する店舗は増加しています。

それにより消費者も医薬品を手軽に買う事ができるようになりました。

登録販売者は医薬品の販売だけでなく、薬の副作用や効能の説明、お客様へのアドバイスなども行います。

その他にも薬に関する専門的な知識を活かして、さまざまな分野で活躍できる資格と言えるでしょう。


登録販売者が国家資格である根拠

登録販売者の資格は国家資格か公的資格かで見解が分かれます。

文部科学省のホームページに記載されている「国家資格の概要」では、下記のような記載があります。
 

「国家資格は国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」、「国家資格を行う主体は国、地方公共団体、法律で指定された団体」


それに対して、登録販売者の資格は薬機法(「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)に医薬品の販売で必要な資格として記載されている事、都道府県知事が認定する都道府県が主体の資格である事から、国家資格と判断しても良いでしょう。

※参考:文部科学省ホームページ

登録販売者の資格試験とは

登録販売者の試験は各都道県で実施され、試験日など試験の概要は都道府県によって異なります。

ここでは登録販売者の資格試験について概要と難易度についてご紹介します。

試験の概要本年度の試験の概要はまだ発表されていませんので、参考として2019年度の概要をご紹介します。
 

受験資格学歴・実務経験問わず誰でも受験が可能
問題数120問
出題の範囲第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)

第2章:人体の働きと医薬品(20問)

第3章:薬事に関する法規と制度(20問)

第4章:主な医薬品とその作用(40問)

第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)
試験日2019年8月20日~12月8日

※各都道府県により異なる
受験の場所各都道府県の指定場所
受験費用12,800円~18,100円

※各都道県により異なる
合格の基準出題数120問の7割程度の正解、かつ各項目(5項目)3.5~4割以上(都道府県による)の正解
合格の発表日2019年10月4日(金)~2020年1月

※各都道府県により異なる



試験の難易度

登録販売者の試験の合格率は2019年度では埼玉県の23.4%から北海道の64.3%と、都道府県によって大きな差がありますが、全国平均では約43.9%です。

40%台の合格率は他の国家試験と比較しても決して低くないですから、登録販売者の試験の難易度は高くないと言えるでしょう。

また、登録販売者の試験は受験資格が無く、誰でも受験することができますので、チャレンジしやすい資格だと言えます。

登録販売者試験の仕事内容

登録販売者の主な仕事内容としては次の2つがあります。


医薬品の販売

登録販売者のメインになる仕事は医薬品の販売です。

登録販売者が販売できるのは医薬品の中でも第2類医薬品と第3類医薬品に限られます。

そのため、かぜ薬や鎮痛剤など一般的な医薬品はほとんど含まれています。

小売店は登録販売者を配置することで、これらの医薬品の販売が可能になります。

そのため、医薬品を販売するドラッグストアやスーパーなどの店舗にとって登録販売者は欠かせない存在と言えるでしょう。


薬に関するアドバイスや説明

医薬品を販売するだけではなく、お客様に対して薬に関するアドバイスや、クスリの効用や副作用に関する説明を行う事も登録販売者の大切な仕事です。

薬に関する幅広い知識を持つ専門家として、消費者にとって頼りになる存在と言えるでしょう。

登録販売者の資格取得のメリット

次に、登録販売者の資格を取得するメリットについて3つご紹介します。


1.収入アップにつながる

登録販売者は医薬品を販売する小売店にとって必要な存在であり、資格に対する手当を支給する店舗も多くあります。

同じドラッグストアやスーパーなどで働いていても資格の有無で収入に差が出ます。

そのため、それだけでも資格を取得するメリットは大きいと言えるでしょう。


2.将来性がある

ドラッグストアや薬局などの一般用医薬品を販売する店舗には店舗管理者を設置する必要があります。

店舗管理者になるためには薬剤師か登録販売者の資格が必要です。

そのため、登録販売者は将来のステップアップにも繋がる資格と言えるでしょう。


3.再就職に活かせる

出産や育児により職場を離れても登録販売者の資格があれば薬店やドラッグストアなどに再就職しやすいでしょう。

また、介護や医薬品関連の企業など登録販売者の専門知識を活用できる分野は多くあります。

登録販売者の資格は一度取得すれば一生使う事ができます。

そのため、将来的にもメリットのある資格と言えるでしょう。

まとめ

登録販売者は今回ご紹介した通り国家資格と考えて良いでしょう。

しかし国家資格か公的資格かに関わらず、登録販売者は取得するメリットの大きい資格です。

受験資格も無くチャレンジしやすい資格ですから、今回の内容を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する転職相談

20代で高度試験を受けるならどれがおすすめですか?

来年春の高度試験、どれを受験すべきでしょうか? 現在27歳で、基本情報までは学生時代に、応用情報は新卒1年目秋に、いずれも独学で合格済みです。 その後交互にネスペとセスペを受験していまし...

サイバーセキュリティのSIはCISSPの受験資格はありますか?

サイバーセキュリティ関係のSIですが、パートナー営業です CISSPの受験資格ってあるのでしょうか?

P&Gの適性検査は独特と伺ったのですがどのようなものでしょうか?

P&Gの適性検査が独特と伺ったのですが、どのような検査なのでしょうか?

クボタの設計開発職や試験職の方はどこに勤務されますか?

クボタの設計開発職,試験職の方は,どこに勤務されますか? 事業ごとに教えてください.

東亜石油の筆記試験対策はSPIだけで十分ですか?

東亜石油に転職をきぼうしているのですが、求人応募する前に試験対策をしっかりしたいと考えております。 東亜石油の筆記試験対策はSPIで間に合いますか❔ ご返答よろしくお願い致します。

ヤンマーエンジニアリングの筆記試験はどんな内容ですか?

ヤンマー を受けようと思ってるのですが筆記試験などどんな内容が出るのか知りたいですよろしくお願いします

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す