【インフラエンジニアの将来性】「いらない」の実態を詳しく解説!

【インフラエンジニアの将来性】「いらない」の実態を詳しく解説!

インフラエンジニアに将来性はあるのでしょうか?インフラエンジニアについて「いらない」「AIに代わる」「やめとけ」「オワコン」という声もありますが、実際はどうなのでしょうか。そこで、今回はインフラエンジニアの将来性やビジョン、否定的な声の実態について詳しく解説していきます。

1218

インフラエンジニアとは



まず、そもそもインフラエンジニアとはどのような職種なのでしょうか?

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどのITインフラを設計・構築して運用まで手掛けていく職種です。

主にサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの2種類に分類されており、扱う分野がそれぞれ異なってきます。

しかし、基本的にはクライアントの要求する仕様に従ってサーバーやネットワークを構築していくので、扱う分野や作業は異なりますがクライアントの要求を実現するという点では同じでしょう。

インフラエンジニアについて分かってきたところで実際に将来性について見ていきましょう。

インフラエンジニアやその仕事内容について詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

関連記事
【わかりやすく解説】インフラエンジニアとは?SEとの違いも解説!
インフラエンジニアの仕事内容は?夜勤事情についても詳しく解説!

インフラエンジニアの将来性



インフラエンジニアに将来性はあるのでしょうか?

結論から申し上げますと、インフラエンジニアに将来性はあります

ITインフラは、社会の人々が使用しているIT機器の基盤になるものであり欠かせないものです。

なので、ITが社会に普及しているうちは大きな需要があることでしょう。

また、専門性が高いため難易度の高い学習が求められる傾向があり、慢性的な人手不足の状況が発生しているのも事実です。

他の業種と比べても景気の影響を受けにくく、業界の動向が急変する可能性も低いため、比較的将来性は安定しやすいでしょう。

AIに職を奪われる可能性



インフラエンジニアが将来AIに職を奪われれる可能性は高いのでしょうか?

結論から申し上げますと、AIに職を奪われる可能性は担当する業務によって変わるというのが答えでしょう。

インフラエンジニアの仕事内容は様々な種類があります。

例えば、クライアントの要求をヒアリングしながら最低限のコストで要求を実現させるようにコンサルするような業務もあれば、システム導入後の定型的なマネジメント業務もあります。

後者の定型的な業務は将来AIに奪われてしまう可能性があるでしょう。

しかし、IT技術やAIの普及によって職が奪われていくのは当たり前のことであり、インフラエンジニアに限ったことではありません。

今後は、将来AIに仕事を奪われないようにするためにも、定型的な業務は避けるようにすることも大切でしょう。

インフラはクラウドの時代

クラウドとは

クラウドとは、ユーザーがソフトウェアをダウンロードしなくても、ネットワークを経由してコンテンツを使用できるツールのことを指します。

分かりづらいと思うので例を挙げて説明します。

例えば、Goolgle ChromeやGmailなどのソフトウェアは、ダウンロードしなくてもWebブラウザを利用できれば使用できるのでクラウドサービスに分類されます。

このように、インターネットのネットワークを経由すればダウンロードしなくても使用できるサービスをクラウドサービスと言います。

このクラウドサービスはそれぞれネットワークやサーバーを構築してあるものなので、社会に広く普及した場合はITインフラがなくても使用できます。

つまり、クラウドサービスが普及するにつれて、インフラエンジニアの仕事は減ってしまうということです。

将来的にクラウドサービスは普及するのか

クラウドサービスは現時点では急速に発展してきており、需要が高まってきています。

しかし、クラウドサービスが広く普及するのは長い時間がかかる可能性が高いでしょう。

理由は、まずクラウドサービスを既存のシステムを捨てて導入するのにはコストや労力がかかり過ぎます。

また、クラウドサービスを企業が導入しようとした場合に、セキュリティ面も考えて使用しなければならず、現時点では通常のコンテンツの方がセキュリティ性能は高いのは明らかです。

そのため、クラウドサービスは一部の機能を使用するときだけ利用するケースが多くなり、クラウドサービスをメインコンテンツとしてビジネスをする企業はスタートアップの企業くらいでしょう。

インフラエンジニアが取得すべき資格

インフラエンジニアが将来的に取得しておくと良い資格について紹介していきます。

前述の通り、インフラエンジニアはクラウドの時代へとシフトしている傾向にあります。

つまり、クラウドにおける資格の需要は大きくなる可能性がとても高いため、ここからはクラウドの資格を紹介します。

インフラエンジニアにオススメのクラウドの資格は以下の3つです。
 

  • ​​​AWS認定
     
  • GCP
     
  • Microsoft Azure 認定試験


それでは、それぞれの資格の詳細を見ていきましょう。

AWS(Amazon Web Service)認定

AWS認定はGAFAの1つのAmazonが手掛ける有名なクラウドの資格です。

初級から上級まで段階的に分かれているので、自分のレベルに合わせて受験することができます。

上級の試験ではAWSについての知識だけではなく、Linuxと呼ばれる世界的に有名なクラウドの知識も求められますので非常に難易度の高いテストとなるでしょう。

GCP (Google Cloud Certified)

GCPもGAFAの1つであるGoogleが手掛ける有名な資格です。

この資格を取得することで、Google Cloudにおけるインフラについての幅広い知識があることがアピールできます。

クラウドについて2種類、データベースについて1種類の資格が提供されているので、自分に合った分野を選択するようにしましょう。

Microsoft Azure認定試験

Microsoft Azure認定試験は、Microsoftが提供する有名な試験です。

Microsoftのクラウドにおけるインフラについて豊富な知識を有している証明ができる試験です。

この試験も3つの種類に分かれており、それぞれの試験で受験条件(例:1年以上の開発経験など)があるので注意しましょう。

Microsoft Azure認定試験は短い期間で試験の廃止や内容変更などがあるので、以下のURLより公式サイトで確認すると良いでしょう。

公式HP:https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/browse/?resource_type=examination

また、クラウド以外の資格など、さらに詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。
 

関連記事
インフラエンジニア向けの資格一覧【難易度や勉強の順番も紹介】

【口コミ】インフラエンジニアの将来性



ここからはインフラエンジニアの将来性についての口コミを見ていきましょう。
 

インフラ系のエンジニアに将来性はあると思いますか?

未経験のインフラ系エンジニアの将来性について教えてくださいシステムエンジニアになりたいので、未経験ですが転職活動をしています。

そこで質問なのですが、インフラ系のエンジニアには将来性はあるのでしょうか?

インフラエンジニアをしていたものです。

インフラエンジニアの将来性についてですが、これは仕事の内容・意識の違いで大きく変わります。

ここ数年のトピックとしてクラウドの活用が進んでおり、将来的にインフラエンジニアの活躍の場があるかといった議論は確かにあります。

しかし、たとえクラウドが活用されるのが主流になったとしてもクラウド構築の際にインフラを構築できる経験はクラウドエンジニアになる際にも必須ですし、顧客のシステムインフラをどうしていくかといった視点はITを活用する人間として汎用的なスキルであると考えられます。

また一般的にアプリケーションを作るエンジニアは将来性があると言われたりはしていますが、プログラミングも自動化される流れもあり、簡単なプログラムしかできない人に将来性があるかは疑問が残ります。

簡単ではありますがまとめると、システムエンジニアはどの職種においても将来性はあると思っています。


いかがでしょうか。

上記のQ&Aからはわかったこととして
 

  • クラウドを構築する際にもインフラ構築の技術は活かせる
     
  • プログラミングも簡易コードなら自動化される可能性がある


ことが挙げられます。

クラウドにもサーバーやネットワークを構築する必要がありますので、クラウド以外のインフラ構築の技術も活かせるようです。

その点を踏まえるとインフラエンジニアに将来性はあるといえるでしょう。

インフラエンジニアの将来性まとめ

いかがだったでしょうか。

これまでに、インフラエンジニアの将来性について解説してきました。

「やめとけ」「いらない」という声もありましたが、実際にはインフラエンジニアに将来性はあることがわかりました。

インフラエンジニアの将来性について興味のある方にとって参考になっていれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す