美容師アシスタント_年収

【美容師アシスタントの年収】給料や手取りを実際の美容師がご紹介

美容師アシスタントの年収、手取り給料をご存知でしょうか。今回は美容師アシスタントのキャリア形成や美容師アシスタントの仕事内容と美容師年収1000万円の道や、辞めたい時考える事と美容師アシスタント転職アドバイスなど現場で働いている美容師が詳しくご紹介します。
 

1566

美容師アシスタントの年収

美容師スタイリスト給料と年収の比較

美容師スタイリストの給料と美容師スタイリストの年収は以下です。

  • 美容師スタイリストの平均給料(月給)
    25万5,100円
     
  • 美容師スタイリストの年収
    311万4,000円
     

美容師アシスタントの給料は12万〜17万円です。(地域や店舗により差異あり)

美容師のアシスタントは、美容師免許を取得していないことから専門学校卒業生よりは低めの給料である事が多いです。

参照:賃金構造基本統計調査 e-Stat

日本の平均給料と美容師アシスタントの年収

日本の平均給料と美容師アシスタントの年収比較はこちらです。
 

  • 日本の給与所得者の平均年収
    441万円
     
  • 美容師の年収
    311万4,000円
     
  • 美容師アシスタントの年収
    144万円〜204万円
     

2019年厚生労働省より発表された賃金構造基本統計調査によると

美容師の給料は、日本の給与所得者全体に対して129万6,000円下回ります。

また美容師アシスタントの給料は、平均より267万円下回ります。 

参照:平成30年分民間給与実態統計調査結果

企業規模での美容師給料

企業規模 年収 賞与 残業時間
10人以上 255万円 52万円 3時間
10~99人 252万円 45万円 6時間
100~999人 261万円 93万円 8時間
1,000人以上 272万円 50万円 32時間

参照:平成30年分民間給与実態統計調査結果

美容師の年収は企業数が大きくなるにつれ、年収が高くなる傾向にあります。

残業時間は、個人店より大型店の方が長時間勤務であるようですが、大型店で売上が大きいと賞与もその分還元されると言えます。

美容師の平均年収を年代男女別で紹介

年齢 男性 女性
    〜19歳 168万円 189万円
20〜24歳 188万円 185万円
30〜34歳 269万円 236万円
40〜44歳 485万円 230万円
45〜50歳 262万円 231万円

参照:賃金構造基本統計調査(企業規模10人〜99人)

平成30年賃金構造基本統計調査では30歳までは男女の年収にさほど差はなく、美容師アシスタント時期の格差は概ねないと言えます。

年代別でみてみると、美容師は30歳を境に33万円の開きが出てきます。

美容師は男性は30代で運営・マネージメント役に就き、30代後半からようやく年収が上がる時期になってきます。

一方、近年では20代から経営者になり店舗を持つ人も増えています。

女性は30代で結婚・出産などで家庭に入り労働時間が短くなる理由から40代をピークに年収が下がっていく傾向にあります。

45歳以降は年収は262万で男女とも下降し、男性は223万円も下がります。

その要因は入客順の采配が若手美容師や、指名率の高い美容師に優先に設けられている事が多いからです。

指名客を失わず単価を上ていく事が、40歳以降の美容師が年収を下げずに働くにあたり求められる能力と言えます。

入客チャンスが減る分、自力で自己集客できるかは年齢問わず、美容師のテーマなのかもしれません。

地域別でみる美容師の給料

大手求人サイトの情報によると、美容師平均年収が高い地域の比較は以下です。

  • 1位 関東 341万円 
    (1位は神奈川県360万円)

  • 2位 東海   328万円   

  • 3位 四国 317万円   

最も給与の低い都道府県は、262万円の和歌山県で神奈川県との差が98万円まで開いてます。

アルバイト パートの給料  

  • アルバイト 
    平均時給 932円
     
  • パート   
    平均時給1,419円 
    (2021年4月現在)

美容師アルバイトの平均時給は、パートの平均時給と比べると487円ほど低めとなっています。

パートとして働ける美容師は、全ての技術ができる事が前提の雇用形態になるので、アルバイト平均時給より高めの傾向にあります。

美容師アシスタントの給料のシステム

美容師アシスタントの給与システム

ここでは、美容師アシスタントの給与システムについてご紹介します。

美容師アシスタントは、カットが出来ない事より生産性が低い原因から以下の給料形態となっています。
 

給与
=「固定給+固定残業代+物販歩合+交通費」
(物販手当は無い会社もある)


出勤日数×固定給で成り立ち、給料を増やしたい人は公休の日数で給料が増える制度にしている会社もあります。

この給料の現状は、美容師アシスタントあるあるのようです。

美容師アシスタントの歩合給

基本的に、歩合制度を取り入れているサロンは少ないようです。

美容師アシスタントが、生産性を生み出せないことにより歩合制を設けていないサロンが多いようです。

しかし近年では、ポイント制や物販手当、練習モデル歩合を取り入れているサロンもあります。

美容師アシスタントデビュー後の給料

美容師アシスタントのデビュー後には、ランク制での昇格システムがあります。

店舗や会社によって呼び方は様々ありますが、美容院の店舗ではランクづけがありそれぞれのランクには名称があります。
 

  1. アシスタント
     
  2. Jr.スタイリスト
     
  3. スタイリスト
     
  4. トップスタイリスト
     
  5. 経営者・オーナー

1. アシスタント

美容師アシスタントの平均月収は12~17万円前後です。

都心の有名サロンほど給料が低い傾向にあり、地方や個人店サロンにもよりますが20万円保証というサロンも中にはあります。

2. Jr.スタイリスト

Jr.スタイリストとはデビュー後1年未満の美容師スタイリストを言います。

平均月収は16~23万円前後です。

苦手な施術項目がある場合店舗によっては試験が受かるまで続くこともあります。

3. スタイリスト

平均月収は20~30万円です。

指名数による賞与や役職によって月収が上がってきます。

役職がない場合、後輩の教育手当や、近年ではメンターとしてサポート手当を取り入れているサロンもあります。

美容師別の得意分野に応じてSNSやメディア発信の仕事などの手当がつくサロンもあります。

4.トップスタイリスト

平均月収は50万円以上です。

店舗や会社にもよりディレクターなど呼ぶサロンもあります。

アシスタントが2人以上付き、1ヶ月に100人〜200人のお客様を担当する店舗のNo.1と呼ばれる人です。

5. 経営者・オーナー

美容室の経営者はサロン運営規模で給料は変わってきます。

上流の経営者で何店舗も経営しているオーナーの中には、年収1,000万円や2,000万円を越える経営者もいるようです。

美容師アシスタントの歩合給・ボーナスは?

美容師のボーナスは指名数の数

美容師のボーナスは年齢が上がれば増えるものではありません。

指名のお客様の人数を増やせるかにより額面が変わってきます。

また、美容業界の顧客の来店周期は約平均3ヶ月程と言われています。

このことよりデビュー後のJr.スタイリストでおおよそ10人〜20人の指名人数が平均と考えられます。

近年では集客のSNS化が盛んになりInstagramやminimoを使いデビュー前にモデルを探すのが主流となっています。

デビュー後に顧客になるケースも多く3ヶ月で40人〜100人を突破するカリスマスタイリストもいます。

美容師アシスタントのボーナスは期待できない

サロンにもよりますが、美容師アシスタントのボーナスは、少ないことが未だ現状多いです。

ですが、近年の求人情報に​​取り入れられている新たな歩合手当もあります。

  • サロンホームページのblog更新
  • SNS投稿、口コミ獲得、
  • シャンプー、トリートメント、スタイリング剤などプロダクトの物販手当
  • ヘルプポイント付与。ポイント×10円をお給料に還元
  • 練習モデルの歩合30%バック
     

アシスタントポイント制を求人に載せている都内のサロンは、美容師専門求人サイトを探すといくつかあります。

美容師アシスタントのモチベーションや離職率を下げず給料に困らない制度を整えているサロンもあるようです。

将来的に指名数の多いスタイリストに育成することが前提のサロンはこのように先行投資として、美容師アシスタントのスキル向上に力を注いでいます。

美容師アシスタントの給料が安い理由

美容師アシスタントの給料が安い理由には、2つの固定費・経費バランスが関わっています。

  1. 固定費     
    (家賃・宣伝広告費・人件費)
     
  2. 変動固定費      
    (材料費・水道光熱費)

美容院が目指すべき売上目標は最低でも固定費をカバーできるだけの水準になります。

利益が出るということは、「これら2つの合計費用」を上回る売上を出さなければなりません。

損益分岐点を超えたと経費バランスを把握しつ売上達成ができれば、美容師の給与も上がっていくことでしょう。

美容業界の「働き方改革」

美容室業界では長時間労働を原因とした離職者が多く注目されてきました。

美容師アシスタントの時期に辞めたいと考える人も現状多いです。

退職理由の上位が1位 休日休暇、2位 勤務時間と言われています。

福利厚生が整っているサロンへ就職希望している美容師が多いことにより、以下のような制度も取り入れられています。

  • 有給消化制度
     
  • 繁忙日である土日休暇制度
     
  • 失恋休暇制度

など、美容師がリフレッシュできるような、ユニークな休暇制度を取り入れているサロンも増えているようです。

美容師アシスタントが営業中も練習可能な時代に

最近では、営業時間内に(お客様の少ない時間帯)美容師アシスタントの技術チェックをするサロンも増えてきました。

営業後に練習を行っていたサロンも、営業タイムスケジュールの中に練習を導入する事で、時間を有効に使えるようになります。

その結果、拘束時間の改善により、美容師アシスタントとスタイリストがお互いにライフワークバランスを整えられています。

美容業界では、このような「働き方改革」を後押しするサロンが増え、美容師の離職者を出さない問題を改善しています。

美容師アシスタントの仕事内容

では、美容師アシスタントの仕事内容は具体的にどのようなものでしょうか。

美容師スタイリストのアシスタント業務

美容師アシスタントの仕事内容は、大きく分けて2つあります。
 

  1. 店内業務  
    (受付・会計・道具の準備・片付け・清掃)
     
  2. スタイリストのアシスタント業務
    (シャンプー・ブロー・カラー・パーマヘルプ)

技術チェックがあり、美容師アシスタントは規定のレベルに合格すると徐々に施術の担当業務が増えていきます。

近年は練習も業務に含まれる

最近では美容師アシスタントの技術チェックを営業時間内の空き時間(お客様の少ない時間帯)にするサロンもあります。

拘束時間を減らすことで、見る側と教わる側の身体的ストレスも減り、自由な時間の確保に繋がります。

このようにプライベートを充実させることで美容師アシスタントの興味・視野を広げ、お客様へ知識の高い美容師として提供していく取り組みのサロンも増えています。

美容師アシスタントが目指せるキャリア形成3選

美容師アシスタントからビジョンを描き、活躍している美容師は沢山います。

美容師はアシスタント時代から目指せるキャリア形成があります。

こちらでは3選をご紹介します。

  1. アシスタントリーダー
     
  2. Jr.スタイリスト
     
  3. 店長、マネージャー
     

1 アシスタントリーダーのポジション

アシスタントリーダーとは美容師アシスタントが複数の場合設定される役職です。

美容師アシスタントのリーダーがメインで店を動かしていると評価されているサロンもあり、とてもやりがいのあるポジションです。

仕事内容は常に、周りの動きを把握している仕事で気づくことが増え、次第に色んな事に気が配れるようになり、成長に繋がります。

アシスタントリーダーを経験後、店長となるケースも多いです。



【美容師アシスタントリーダーの仕事内容】

  • 技術以外のアシスタント業務
    受付、電話、ネット予約対応、ブログ更新、材料発注、掃除を全般的に行います。
     
  • 技術のアシスタント業務
    シャンプー、カラー塗布、スタイリストがリズムよくパーマが巻く手伝いをします。

    プラスα、ブロー、会話や施術でスタイリストが顧客を待たせない時間管理が求められます。
     
  • トップスタイリストのヘルプ
    お客様を複数掛け持ちしているので、時間管理と、スタイリストがお客様とのカウンセリング後の薬剤選定を任せられることもあります。

    店舗にもよりますが、カット以外の技術を仕上げまで任せられるレベルがアシスタントリーダです。
     
  • 後輩美容師アシスタントの教育
    新卒、後輩アシスタントへ仕事を割りも行います。
     
  • サロン全体の動きを把握し、サロンワークを円滑に進める
    (サロンワークしやすい流れをスタイリストからヒアリングし美容師アシスタント全体へ共有し良いフォーメーションを作る)
     
  • アシスタント全体の物販、技術目標を把握し達成する
    (各自の目標設定と美容師アシスタント全体の物販目標管理)
     

期間は1年半〜2年程が大半ですが、組織全体の把握力が身に付くので努力次第で

Jr.スタイリストの給与を超えることも可能です。

2 Jr.スタイリストとしてデビュー

店舗にもよりますが基本的にはカット施術から入客します。(店舗により差異あり)

難易度の高い施術は、試験を受けながら次の段階の美容師スタイリストを目指します。(ブリーチ、縮毛矯正、デジタルパーマなど)

3 店長、マネージャー、へ昇格

店長、マネージャーを目指す事もキャリアアップを形成していく上で大事になってきます。

店舗の運営に欠かせない重要なポジションです。


【店長の仕事内容】

  • 集客全般
     
  • 売上管理
     
  • スタッフ売上管理・育成
     
  • 幹部会議
     

【マネージャーの仕事内容】

  • 複数店舗の現場把握、管理
     
  • 薬剤導入のプロダクト部門
     
  • 各店舗の売上管理
     
  • 会社全体の運営
     
  • 役員会議
     

店長と社長の間のポジションで経営者の意向を各店の店長に伝えたり、現場を管理する役目です。

このポジションまでくると仕事内容は、より一層経営に近い目線が養われます。

現場で働くマネージャーもいれば、現場を離れたオフィス勤務から各店舗を回るマネージャーの働き方があります。

店長やスタッフとのコミュニケーションが重要なので社交的で生産的であり目標達成にコミットできる方が向いていると言えます。

美容師アシスタントから年収1,000万円への道2選

アシスタントから年収1,000万円は厳しい現実です。

ですので、まずは美容師のスタイリストとなり、一人前の技術でお客様を満足させられる技術と売上が立てられる技術が必要となります。

ここからは美容師アシスタントから年収1,000万円への道2選をご紹介します。
 

  1. フリーランス美容師でセルフブランディング
     
  2. ブライダルヘアメイクへの展開
     

1. フリーランス美容師でセルフブランディング

契約形態 シェアサロン・面貸し 業務委託 正社員
集客 個人集客 店舗が集客 店舗が集客
材料 自己負担 店舗負担 店舗負担
給料・報酬 売上60%〜80%還元 売上40%〜50% 基本給+歩合
価格設定 自由 店舗が設定 店舗が設定
店舗利用料 月額発生 無し 無し
働き方 顧客来店時のみ シフト有り シフト有り


フリーランス美容師の働き方は2つあります。

  1. シェアサロン・面貸し
  2. 業務委託


上記の表に違いをまとめてみました。 (参考に正社員との比較有り)

業務委託の美容師は正社員と業務内容や働き方は変わらず、時間の自由が効きます。(シフトが存在する店舗もあり)

加えて、業務委託の美容師は指名なしの入客可能なので、指名の顧客がいなくても稼ぐことがで可能です。

契約内容にもよりますが基本的にフリーランス美容師の働き方には拘束力がないので、空き時間を集客にあて自己ブランディングが上手な美容師が増えています。

  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter
  • オンラインサロン
     

などを充実させ自己ブランディングにどれだけコミットできるかが集客の結果に繋がります。

上記のSNSツールを使うことで結果的に1000万円の道もありえるとも言えます。
 

2. ブライダルヘアメイクへの展開

フリーランス美容師と同じでブライダルヘアメイクもとても需要が高いです。

今現在はコロナウイルスで打撃を受けているブライダル業界ですが、ブライダルのヘアメイクが得意な美容師が、認知され依頼が増えると1回の仕事の単価が数十万円にもなるヘアメイクアーティストもいます。

ブライダルヘアメイクアーティストもInstagram、YouTubeでの発信力が強く効果的で、コツコツ作品をあげ続けることで仕事が入ります。

美容業界は技術で報酬が伴う世界なので、日々技術向上に励み発信を継続することで、思わぬところからのオファーがきっかけでキャリアアップに繋がる世界です。

美容師で独立後の希望年収達成の道

美容師で独立後、希望年収達成する方法をまとめてみました。

オーナーを志すなら経営を学び希望年収が達成できる起業計画を作り、固定費、変動固定費との経費バランスが必要になります。

広告掲載や美容師アシスタントを増員した場合、およそ300万円以上の売上が必要なので希望年収額を得られるかどうかは、経営者の手腕次第であります。

売上計画と集客計画組み立てておくと、事業計画書に基づき売上達成をしていると言われています。

美容師アシスタントを辞めたい時考えること

こちらでは美容師アシスタントを辞めたい時考えることをまとめてみました。

  • 美容師アシスタント1〜3年目が抱える悩み
     
  • 美容師アシスタントが悩みから抜け出すには
     
  • 必須!カリキュラムが整っているサロンへ転職

美容師アシスタント1〜3年目が抱える悩み

美容師アシスタントの悩みは尽きないようです。

美容師アシスタントで検索すると出でくるワードが辛い、長い、辞めたいなどが多く出てきます。

美容師アシスタント辞めたい時に抱える悩みと美容師アシスタント辞め方を下記にまとめてみました。
 

  • シャンプー以降のステップまでが長い 
    (大型店と個人店での違い▶︎分業されているため他の仕事が回ってこない。後輩が入ってこない。)
     
  • 手荒れが辛い 
    (薄手のグローブで解消できるケース有り)
     
  • 給料が安い        
    (スタイリストになるまでは厳しい現状)
     
  • 昇給できない不安と焦り  
    (試験をを受ける際にいかに自身と向き合うか)
     
  • 身体的ストレス      
    (長時間労働による疲労)

    美容師アシスタントが抱える悩みは沢山ありました。

    どの悩みも美容師アシスタントに共通のあるあるのようです。

美容師アシスタントが悩みから抜け出すには

今の環境が辛いけど美容師を続けたい方は、辞める前に自分らしく美容師を続けていける方向へ気持ちをフォーカスしてみると良いかもしれません。

美容師アシスタントが悩みから抜け出す対策は2つあります。

  • 同期や先輩に相談
  • 美容師アシスタント期は我慢
     

【同期や先輩に相談】

美容師を経験した人は、一度は辞めるべきか悩んだ経験がある人が多いです。

長時間の労働に加え、接客業で神経を使う仕事なので疲労がたまりやすく悩み生まれやすいのが経験者には理解してもらえます。

ですので、まずは相談してみましょう。

現状を把握してもらえる同期や先輩がいるならば、人に話すことで気持ちが軽くなるというメリットと同じ境遇の人がいる事で自己肯定感のアップにも繋がります。

信用できる先輩・恩師のような経験者であれば、現在立ちはだかる壁に対して乗り越えていくアドバイスを得られるでしょう。

その悩みは解消できるのか、どのように悩みを乗り越えれば良いのかを一緒に考えてもらうのが良いと言えます。

【美容師アシスタント期は我慢】

美容師のスタイリストは、アシスタントよりも離職率は低くなる傾向です。

美容師アシスタントの時期は、美容師のキャリアを積むための欠かせない時間なので、先輩スタイリストの仕事を見て覚え体に染み込ませることが大切です。

スタイリストになってから、蓄えてきた経験値を最大限に生かし活躍する美容師も沢山います。

辛く大変な時期ですが地道な努力と工夫でお客様から信頼される美容師スタイリストへと一歩近付くことができるはずです。

必須!カリキュラムが整っているサロンへ転職

労働条件や人間関係が悪く生活困難を感じたり、環境を変えることが難しい場合、転職も選択肢の一つです。

自己分析し、自身に合う働き方や価値観の近い会社を選び、美容師アシスタントのできる仕事内容が幅広い職場を選ぶことがおすすめです。

美容師アシスタント期が長い事が良い悪いは一概には言えませんが、成長のチャンスが多い会社への転職は大きな転機にもなります。

美容師アシスタント期に時間をかけすぎず、コンスタントに試験にコミットできるかが、今後の美容師人生を豊かにできる可能性が大きいと言えます。

その中でも育成プログラムがありカリキュラムが整っているサロン選びは必須です。

カリキュラムが整っていないと習得技術に漏れがあったり基本の施術方法を知らないままデビューすることにもなりかねません。

ご自身のなりたいスタイリスト像が実現できるサロン探しをされてみてはいかがでしょうか。

独学で苦手分野を克服

もし今いるサロンのカリキュラムに不備を感じる場合は、外部レッスンを受けることも良い技術の習得方法です。

各方面で部門別の講習など募集があったり、メーカーの参加者募集もあるのでディーラーに聞いてみると良い情報が得られます。

また、オンラインサロンや書籍や美容師専門の本から学ぶという事も自分の技術として身につけられる方法です。

下記は、カラーリングに特化したブリーチ技術のノウハウが詰まっています。

興味のある方はぜひご参考ください。

書籍:BOB 2021年11月号別冊付: 究極のカラーテクニック

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

美容師はお客様との信頼関係が築けて直接感謝の気持ちを受け取れる素敵な職業です。

今回は美容師アシスタント給料や転職、悩みの解決法など、まとめて解説いたしました。

ご参考になれば幸いです。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す