ブリーダーへの転職は難しい?|志望動機・面接のポイントを解説

ブリーダーへの転職は難しい?|志望動機・面接のポイントを解説

皆さんはブリーダーへの転職を考えたことはありますか?動物が好きな人であれば好きを仕事にできるブリーダーに転職を考えることもあるのではないでしょうか。ペットを飼ったことがあれば、ブリーダーという仕事がいかに責任を問われるか分かります。今回はペット業界に欠かせないブリーダーへの転職のポイントを紹介します。

615

ブリーダーへの転職は難しい?

ブリーダーは犬や猫などの動物を世話し、繁殖させる専門家です。

ただ繁殖させればいいだけでなく、より健康で、性格や身体面の資質に優れた動物でなくてはなりません。

しかし実は、ブリーダーには必須の資格はありません。

そのため、未経験からでも転職は難しくないでしょう。

また近年はペットブームで、さまざまな動物が飼育されます。

ブリーダーの需要も高まっており、求人数なども増えています。

ブリーダーへの転職で注意すべき点

ブリーダーの画像⑴
ブリーダーへの転職自体は決して難しくありません。

しかし、未経験からいきなり一人前のブリーダーとして仕事をすることも当然できません。

未経験からブリーダーを目指す場合は、アルバイト・パート待遇の「アシスタント」や正社員であってもかなり低い待遇からスタートすることがほとんどです。

前職でキャリアを積んできた場合には、新卒相当にまで給料が下がることを覚悟する必要があります。

チャレンジするのであれば、よく検討したほうがいいでしょう。

ブリーダーへ転職するときの転職先

ブリーダーの画像⑵
多くのブリーダーは独立し、専用の建物や自宅などを用いて動物の繁殖を行っています。

しかし、未経験からいきな独立開業をするのは厳しいです。

ブリーダーに転職する場合は、ブリーディングを行う企業に勤めたり、トップブリーダーのアシスタントとしてキャリアを始めるケースが一般的です。

下積みを重ねて知識やノウハウを身につけ、将来的な独立を目指してキャリアを重ねるようにします。

ブリーダーへの転職で役に立つ職務経験

ブリーダーの画像⑶
ブリーダーへの転職に最も役立つ職務経験は、やはりペット業界で働いた経験です。

ペットショップの店員などであれば、動物への基本的な知識や世話やしつけの方法などについても身についているため、ブリーダーにも早めに適応できます。

またブリーダーは動物の世話のほかに、ペットショップや飼い主の問い合わせに答えたり、飼い方のアドバイスを行うこともあります。

そのため、接客業の経験や社会人として培ったコミュニケーション能力や一般的なマナーなども役立つでしょう。

ブリーダーへの転職で役に立つ資格

ブリーダーの画像⑷
先ほども紹介しましたが、ブリーダーになるためには必須の資格はありません。

しかしブリーダーは動物の生命を扱う、責任重大な仕事です。

そのため、動物に関する資格は取っておいたほうがいいでしょう。

例えば、動物看護師愛玩動物飼養管理士などです。

これらの資格を持っていれば、転職の際も有利に働きます。

また独立をするときには、第一種動物取扱業動物取扱責任者の資格が必要です。

ブリーダーへ転職する際の志望動機例文


では実際にブリーダーへ転職をするときの志望動機の例文を紹介していきます。

志望動機では、どうしてもブリーダーになりたいという熱意を伝えなくてはなりません。

ただなりたいというだけでなく、エピソードなどを交えた工夫が必要です。

実際の例文を見ていきましょう。
 

ブリーダーへ転職するときの志望動機例文①

私が貴社を志望したのは、よりよい動物を飼い主の元へ届けたいためです。
昨年貴社のブリーダーの方が育てた愛犬をドッグショーで拝見し、毛並みの美しさやおとなしい性格に深く感動しました。
そのため貴社を志望しています。 私も長く動物を飼っており、動物の管理の難しさやブリーダーがいかにきちんと動物を管理しているのかを実感しました。
ブリーダーとして責任を持って動物を世話したいと考えています。

この例文は「ドッグショーで志望先の動物を見る」という特別なエピソードを交えることで、ほかの人にない志望動機を書くことができています。

実際に行動することで企業側に熱意を伝えることが可能です。

使えるエピソードがあるかどうか、自分の思い出などを整理してみるといいでしょう。
 

ブリーダーへ転職するときの志望動機例文②

私は昔、犬を飼っていました。私が中学生のときにその犬が子犬を出産したことがきっかけでブリーダーという仕事を知りました。
子犬は知人などに引き取られましたが、顔も性格も分からない人からも連絡が来て、本当に預けていいか心配だったことを覚えています。
ブリーダーはペットショップなどを経由して、信頼のできる方に動物を託すことができる仕事です。
昔は動物を渡すときにペットショップの方のアドバイスをいただきましたが、今度は自分がブリーダーとして独立し、動物を求める人たちに動物を渡す手伝いをしていきたいと考えています。

独立開業したブリーダーのアシスタントとして仕事をするケースなどでは、将来的な独立を奨励していることもあります。

そこでは独立をアピールすることで、より強い熱意を示すこともできます。

独立を快く思わないところもありますが、ブリーダーとしてキャリアを積むのであれば独立は避けては通れません。

志望動機を考える段階から考慮しておくといいでしょう。

ブリーダーへ転職する際の面接のポイント

ブリーダーの画像⑹
ブリーダーになるための面接では、ブリーダーという仕事をよく理解しておくことが大切です。

動物の世話に休日はありません。

ブリーダーは毎日管理できるようシフト制を導入することが多く、休みも不規則になりがちです。

この点は理解して面接に盛り込むといい印象を与えます。

またブリーダーはペットショップや飼い主とのコミュニケーションが欠かせません。

そのため面接でも基本的なマナーやコミュニケーション能力は重要視されます。

ブリーダーへの転職に関するまとめ

今回はブリーダーの転職事情や、ブリーダーへ転職するための志望動機の例文や面接のポイントなどを紹介しました。

ブリーダーへ転職することは難しくありません。

しかし動物の生命を預かる仕事であるため、ゼロからキャリアを築くための強い意志が必要です。

ただ動物が好きというだけではなかなか続けられないかもしれません。

転職するだけでなく、続けていくことも考えて判断したほうがいいでしょう。

登録しておきたい完全無料の転職サービス

おすすめの転職エージェント

転職エージェント 対象
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
ビズリーチ 年収600万円以上の方
第二新卒エージェントneo 第二新卒の方
リクルートエージェント 30代以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・ハタラクティブ:

 https://hataractive.jp/
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す