• HOME
  • 就職
  • インテリアコーディネーターの就職先と選び方|求人状況も解説
インテリアコーディネーターの就職先と選び方|求人状況も解説

インテリアコーディネーターの就職先と選び方|求人状況も解説

クライアントの要望に応じて、空間の内装を提案していくインテリアコーディネーター。住宅を担当するイメージが強いですが、活躍の場はそれにとどまりません。今回はインテリアコーディネーターを目指す人に向け、就職先の選び方や求人状況について解説しました。

インテリアコーディネーターへの就職は難しい?

日本では、昔に比べてはるかにインテリアの選択肢が増えています。

インテリアの幅が広がったのは好ましいことですが、その分、何を選べばいいのかわからないという消費者も増加しています。

このため、住宅業界を中心にインテリアコーディネーターのニーズが高まっているのです。

こうした背景から、インテリアコーディネーターの求人数が決して少なくありません。

就職先を選ばなければ、就職できる可能性は十分にあると言えます。

ただし、中には実務経験を必要とする求人もあるため注意が必要です。

インテリアコーディネーターの就職先の選び方


インテリアコーディネーターの活躍の場は、住宅・商業施設・店舗・オフィス・公共施設など多岐に渡ります。

企業によって得意とする分野が異なり、理想とするコーディネートの方向性もそれぞれです。

そのため就職先を選ぶ際には、自分がどのような空間で、どのようなデザインのインテリアを手がけたいかという視点が大切です。

また、業界や企業によって働き方も異なりますので、自身の働き方に対する価値観に合うかどうかも就職先選びの基準になります。

インテリアコーディネーターの就職先


幅広く活躍するインテリアコーディネーターですが、多くは住宅関連業界やインテリア関連の商品を扱う企業で、専門家として働いています。

ここでは、インテリアコーディネーターの主な就職先をご紹介したいと思います。
 

1.住宅関連業界

インテリアコーディネーターの就職先として最も多いのが、ハウスメーカー・住宅系の不動産会社・工務店・内装施工会社・設計およびデザイン事務所などの住宅関連業界です。

中でもハウスメーカーの求人が多く、戸建住宅や住宅展示場・マンションショールームなどでインテリアのコーディネートを担当しています。

さらに、実際に住宅を購入する顧客の要望をヒアリングし、新居のインテリアをプロデュースするという場合もあります。

近年ではリフォームやリノベーションを専門とする不動産会社も増加,よりテーマ性を持ったインテリアへの需要も高まっており、インテリアコーディネーターにも新たなセンスや知識が求められているのです。

設計事務所・デザイン事務所に就職した場合、住宅以外の商業施設や公共施設のインテリアを担当する場合もあります。

こうしたパブリックな場所を手がけるにあたっては、広く好感を持ってもらえるインテリアを考える必要があります。
 

2.住宅設備を扱う企業

照明器具・家具・建材などを扱う住宅設備メーカーでも、多くのインテリアコーディネーターが活躍しています。

インテリアコーディネーターが担当するのは、ショールームのインテリアプロデュース、売り場を訪れた顧客のニーズに合った自社商品の提示、自社製品を用いたインテリアの提案などです。

自社製品の売上を伸ばすことが目標であるため、自社製品に関する深く正確な知識を有していることが求められます。
 

3.インテリア商品を扱う企業

インテリア商品を展示販売する、インテリアショップ・百貨店・雑貨店・ホームセンターなどでも、インテリアコーディネーターが多数活躍しています。

このような企業におけるインテリアコーディネーターの役割は、魅力のある売り場をプロデュースし、店舗売上を拡大することです。

まずは、顧客に「立ち寄ってみたい」「買ってみたい」と思わせるような商品展示を考えなければなりません。

店舗ごとに客層が異なるため、地域性やトレンドなどを常にチェックし、ターゲット層のニーズに合った提案をしていくことが求められます。

また、さまざまなメーカーの商品を取り扱うため、インテリア商品に関する幅広い知識が必要です。

インテリアコーディネーターへの就職で有利になる資格


インテリアコーディネーターになるために必須の資格はありませんが、活躍している人の多くが、公益社団法人インテリア産業協会主催の「インテリアコーディネーター」資格を取得しています。

この資格を持っていることで、顧客やクライアントの信頼を得ることもできるのです。

その名の通り、インテリアコーディネーターとして必要な基礎知識を備えていることを証明できる資格ですので、あらかじめ取得しておけば就職においても有利です。

他にも、二級建築士や宅地建物取引士といった建築・不動産系の資格も業務に直結するため、持っていると有利に働くでしょう。

インテリアコーディネーターの就職先での仕事


インテリアコーディネーターの役割は内装に関するアドバイスや提案をすることですが、就職先によって仕事内容は変わってきます。

続いては、インテリアコーディネーターが就職先で従事する仕事について、具体的にご紹介していきたいと思います。
 

1.依頼主の希望をヒアリングしプランを立てる

インテリアコーディネーターの仕事の基本となるのが、依頼主の希望を聞き取ることです。

インテリアコーディネーターは、自らがいいと思う商品を販売する仕事ではありません。

あくまでも、依頼主のニーズを把握して、最適なインテリアを提案することが求められます。

そのため、依頼主の希望するイメージ、家族構成や趣味、予算に至るまで細かくヒアリングし、ヒアリング結果を元にして、部屋のイメージやレイアウトなどを具体的なイメージに落とし込みます。

ニーズにあったプランを実現していくためには、プランニングの段階から依頼主との密なコミュニケーションが欠かせません。
 

2.必要に応じてインテリアの設計図を作る

インテリアコーディネーターは、必要に応じてインテリアの設計図も作ります。

プラン通りに家具や証明器具を配置できるのか、想定している素材が使えるのかなど、設計図で細かくチェックする必要があるのです。

また、インテリアコーディネーターは依頼主に対して、自らのプランをわかりやすくプレゼンする能力が求められます。

詳しい知識のない一般客にプランを理解してもらうには、視覚的なイメージで訴えるのが最も効果的です。

設計図を作っておけば、それを元にパース・模型などを製作し、よりわかりやすく依頼主に提案することが可能です。
 

3.商品発注や施工状況の確認・アフターフォローを行う

最終プランに合う素材や商品を選び、各ショップやメーカーに発注するのもインテリアコーディネーターの仕事です。

場合によっては、依頼主とともにショールームやショップに同行し、現物を確認してから発注することもあります。

その後、発注した商品がしっかり届いているかを確認し、施工状況や完成後状況をチェックすることも欠かせません。

引き渡してからも、実際に使っていて不具合がないかどうかを確認するなど、依頼主に対するアフターフォローを行います。

このように、インテリアプランニング・発注・施工・完成後のフォローに至るまで、依頼主の窓口となるのがインテリアコーディネーターです。

まとめ

インテリアコーディネーターは、住宅関連業界を中心に幅広く就職先があります。

ただ、就職先によって特色が異なるため、応募にあたっては「自身がどのような仕事をしたいのか」というビジョンを明確にしておきましょう。

以上、今回はインテリアコーディネーターの就職先や求人状況について解説しました。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

就活は顔ですか?

まだ内定をもらっていない大学4年生です。 もう今年の就職は諦めて来年リベンジすることに決めました。 とっくにメンタルはズタボロで、ここ最近は食欲もなくなってきています。 私は顔...

会社選びでは人間関係と年収のどちらを重要視しますか?

就職活動において、2社で迷っています。職種は両方とも同じです。 A) 年収が低いが、良い人が多い職場だとわかっている会社(インターン経験あり) B) 職場環境はわからないが、年収がA...

年収だけを重視して就職しない方がいいと言われたのですが本当ですか?

私はシングルマザーの家で育ち、高校時代から頑張ってバイトをしたお金で大学に進学し、誰に聞かれても恥ずかしくない大学に進学しました。 母は私がとても頑張ってくれたおかげで困ったことありません...

年収2000万の男性と結婚するにはどの企業に就職するのが良いですか?

私は今年大学4年生で就活中です。父の年収が2,000万円ほどあるので、私もそれくらい稼ぎのある男性と結婚したいと思っています。 ただ、経営者は浮気癖があるのでできればサラリーマンが良いです...

身だしなみが悪いだけで不採用になるのですか?

電車の時間に遅れそうなったので、面接の日に寝ぐせを直さずに行ってしまいました。 面接自体はいい感じだっと思っていのでショックです。 「身だしなみが悪い」だけで不採用になることはあるの...

大学を中退して就職するのと高学歴大学に行き直して就職するのとでは差がありますか?

日本にいる限り、大学中退した場合、就職するより(目的を明確することを前提として、)高学歴大学( 東大、京大、早慶 など)へ行き直した上で、 就活しない限り搾取されるばかりなのでしょうか? ...

仮想通貨でボロ儲けしたのですが、就職する必要はありますか?

去年の仮想通貨で4桁万円を手にしてしまった大学生です。 もうすぐ就職活動なのですが、就職しようか迷っています。 お金を使って自分で事業を始めるか、このまま就職するか、悩んでいます。 ...

就職氷河期世代を食いものにする採用をどう思いますか?

大手人材会社が、「就職氷河期世代」を大量採用すると聞いたのですが、内容がひどいものでした。 この記事には来春に300人採用して、そのうち200人を兵庫県淡路島に送るようです。 私はひ...

未だに内定が決まりません。もう諦めるべきなのでしょうか?

2019卒なのですが、まだ内定が決まりません。 今までずっと就職活動をしてきたのですが、もう諦めるべきでしょうか?とりあえず卒業して来年もう1度チャレンジするべきなのでしょうか? も...

何回も留年をしているのですが就活は不利ですか?

現在就職活動をしている短大2年の者です。 実際、各学年ごとに1年ずつ、計2回留年をしてします。 この場合でも、取ってくださる企業様は現実的に考えて あるのでしょうか。 また、留年理由はど...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す