【マーケティングリサーチとは】意味や手法など徹底解説の画像

【マーケティングリサーチとは】意味や手法など徹底解説

マーケティングリサーチという言葉を知っていても、具体的にマーケティングリサーチの意味のイメージができている人は少ないのではないでしょうか?近年ではマーケティングリサーチが企業活動の大きな要素になり、大きな意味を果たしています。ただ、実際にマーケティングリサーチに興味を持っている方でも、どんな意味なのか、マーケティングリサーチとはどのような仕事内容なのか、またマーケティングと何が違うのか色々疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?今回はマーケティングリサーチの意味や、その手法について解説します。

374

マーケティングリサーチとは?

マーケティングリサーチとは、企業が良質の商品・サービスを提供するために、消費者のニーズに沿った商品・サービスがどういったものかを調査することです。

商品・サービスの提供を受ける消費者からみれば、マーケティングリサーチによって、自らが望む商品やサービスを受けることができるようになりますし、企業側も売れない商品の開発による無駄なコストが掛からないというメリットがあります。

マーケティングリサーチは、このように企業側からアプローチし、消費者の要望を吸い上げるのが大きな特徴です。

ここでは、商品を売るうえで重要な位置を占める、マーケティングリサーチについて、一緒に見ていきたいと思います。

関連相談

マーケティングリサーチの手法とは

まず、具体的なマーケティングリサーチの手法としては、主に4つが挙げられます。

  • アンケート調査
  • 電話調査
  • 郵送調査
  • グループアンケート

ただ、調査に入る前にマーケティングリサーチの目的を明確にしておくことが大切です。

この点がぼやけてしまうと、これらの手法が有効的に作用しませんので、目的を頭に入れた上で調査を進めるようにしましょう。

以下で詳しく見てみましょう。

 

アンケート調査

複数の項目について、消費者から回答を収集する方法です。

近年では SNS やインターネットの普及により、手軽に調査できますが、手軽さゆえに回答が曖昧になる恐れがあります。

 

電話調査

消費者から電話で回答を収集する方法であり、電話代しか掛かりませんが、対象者が拒否することも多いのがデメリットといえます。

 

郵送調査

消費者にアンケート用紙を郵送し、回答を収集する方法です。

インターネットを利用しない層からの回答を得ることができますが、消費者にとっては、手間であるため、回収率は低くなります。

 

グループアンケート

消費者を集めて、回答を収集する方法です。

一度にたくさんの回答を得られますが、人に言えないことを調査する場合は不向きだといえます。

以上 これらの手法の中から目的に応じた調査方法を選択するようにしましょう。

関連相談

マーケティングリサーチ前に確認すべきこととは

マーケティングリサーチを行う前に確認すべきことが4つあります。

ただ闇雲にマーケティングリサーチを行うだけでは、不十分な結果しか手に入りません。

では確認すべき4つのこととは何でしょうか。


目的と目標の設定

まずは、マーケティングリサーチを行う前に目的を設定します。

何のためにマーケティングリサーチを行うのかという目的を明確にしないと、求めていた結果とは違った結果が出てしまう恐れがあるためです。

売り上げを上げるため、のような目的では漠然としすぎています。

商品Aの若年層への浸透しやすさを知りたい、などできるだけ具体的な目的を立てるようにしてください。

マーケティングリサーチの目的が明確になったら、次は目標を立てましょう。

マーケティングリサーチを、商品Aのシェア率を拡大して自社の強みを把握する、など調査目標を具体的に立てましょう。


現状把握

目標設定後、現状を把握します。

自社の強みや弱みなど、現時点で状態を細かく整理して後の経営方針を立てたり事業戦略に活かすことが可能になります。

マーケティングリサーチにおける現状把握は重要です。


仮説の設定

目標設定や現状把握の後は、それらをもとに仮説を立てます。

例えば商品Aの売上が悪いのは、などの仮説を複数立てることが大切であり、例を挙げると、その原因は、価格にあるのか、デザインにあるのか、といった感じです。

この仮説がマーケティングリサーチの選択肢になります。


費用と時間の把握

最後は、マーケティングリサーチにかけられる費用と時間の把握です。

マーケティングリサーチにかかる費用と時間は、その方法により異なることに注意してください。

また、費用と時間を見誤ると計画にも支障が出ることもある可能性があることも知っておかなければなりません。

関連相談

マーケティングリサーチは会社に依頼する方法もあるのか

マーケティングリサーチの手法は、先に紹介した4つに分類できますが、マーケティングリサーチ会社に依頼する方法もあります。

リサーチ会社は、マーケティングリサーチを主な業務にしています。

具体的には、マーケティングに関するデータの収集や分析、ターゲットの絞り込み、自社サービスの市場シェア、自社ブランドの市場評価、市場規模の把握などマーケティングに関する情報収集や分析がメインですが、時には、経営戦略に関するコンサルティングなども行います。

調査を依頼する場合、自社の人員や時間を取られることなくリサーチすることができ、プロであるため精度の高いマーケティングリサーチが行えますが、業者を選定する際は、どの範囲まで対応可能なのかもしっかりと見極めるようにしましょう。

関連相談

マーケティングリサーチャーとは

マーケティングリサーチ会社や自社において、実際に調査を実施する人をリサーチャーと呼びますが、業務は下記の6つに分けられます。

  • 営業活動
  • 調査企画
  • 調査の実施
  • 調査結果の入力/集計
  • 調査結果の分析/報告

上記の調査は、どのような方法で行うのでしょうか。

以下で詳しく見てみましょう。

 

営業活動

クライアントの課題を聞きだし、その解決に向けて的確な調査提案を行うのが主な活動内容です。

自社内でのリサーチャーに営業活動はありませんが、社内の課題を拾い上げるという重要な役割があります。

 

調査企画

調査を受注するとクライアントに調査プランを提示します。

その主な内容は次の通りです。

  • 調査スケジュール
  • 調査手法
  • 調査ボリューム
  • 調査内容
  • 分析レポートの形式
  • 費用の見積



調査の実施

調査企画内容に基づき、調査を実施します。

 

調査結果の入力・集計

消費者から回収した調査結果を入力・集計し、データ化します。

近年では調査にパソコン・タブレット・スマートフォンを使用して貰うことで、このステップの省力化が図られています。

 

調査結果の分析・報告

調査結果から分析を行い、データを裏付けるため、文献調査や有識者の意見も添えて、クライアントへ報告書を納品します。

クライアントの課題を探し出すところから、的確な解決案を提示するまで時間をかけて一緒に取り組んでいくのがリサーチャーの仕事といえます。

関連相談

マーケティングリサーチを仕事にするには

マーケティングリサーチは、企業の経営を左右するような重大な役目を担っていますので、人気の職種といえます。

ただ、募集自体がさほど多くはないため、競争率は高くなります。

では、実際に面接になった際、どういった志望動機が採用担当者の心に響くのでしょうか。

もし、学校でマーケティング戦略やマーケティングリサーチなどを学んでいたのなら、そのレポートを持参することも一つの方法ですし、「マーケティング・ビジネス実務検定」などマーケティング関連の資格を持っているのならば、取得した動機についてもアピールするようにしましょう。

また、マーケティング分野で注目されているデジタルマーケティングの解析ツールを扱った経験があれば、その点は大いにアピールしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はマーケティングリサーチについてご紹介しました。

マーケティングリサーチを実施することで、消費者目線に立った商品の開発やサービスを提供することができ、無駄なコストを削減しながら企業活動ができますし、消費者も企業が調査結果を商品やサービスに反映させることで、より良い商品やサービスを受け取ることができます。

また、マーケティングリサーチを実施せずに商品やサービスを開発するよりも、「売れない」「売れ残り」といったリスクも軽減することができます。

マーケティングリサーチは、消費者から正しい情報を得ることができる最も効果的な手段です。

情報量の多い今、消費者が商品やサービスを見極める目が厳しくなっています。

そのためにも、事前に商品やサービスに消費者のニーズを反映させることのできるマーケティングリサーチは重要です。

マーケティングリサーチの重要性をしっかりと認識して、あなたの会社でも有効的に活用してください。

本記事の初回公開日は2018年05月14日です。

この記事に関連する転職相談

マーケティング職で新卒採用の初任給が高い企業はどこですか?

マーケティング系の企業で新卒採用の初任給が高めで、風通しの良い企業を教えてください。

Fラン大学からリサーチ・市場分析の仕事にはなれないですか?

Fラン大学の二年生です。リサーチ・市場分析の仕事に就職したいのですが、やはり学歴で弾かれるのでしょうか?

修得単位が少ない場合はどんな理由を説明すると印象が良いですか?

慢性疾患により修得単位が少ない場合、「疾患を正直に明かす」「事故があった等別の理由を用意する」どちらの方が印象が良いでしょうか? 現在大学3年生で、地方の私立大学に在籍しております。希望職種はマーケティングリサーチャーで、企業の規模につ...

マーケティングから事務職に転職することは可能でしょうか?

30代からの職探し。 お付き合いしてる方との結婚話が出たので、結婚後のキャリア形成を考え忙しい前職(マーケティング)から妊娠・出産後も復帰しやすい事務職に職種変更の選択をしました。 しかし、 ・請求書対応などの細かい計算が苦手 ・女性...

外資IT業界でサポートプログラムマネージャーからマーケティングにキャリアチェンジしたいですのですがどのようなアプローチが良いでしょうか?

外資IT業界でサポートプログラムマネージャーからマーケティングにキャリアチェンジしたいですのですがどのようなアプローチが良いでしょうか?

コンサルタントにおけるマーケティングと戦略は紙一重ですか?

コンサルタントにおけるマーケティングと戦略は紙一重ですか?戦略はM&Aにも関わる機会はありますか?

公認会計士を挫折し、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか?

公認会計士を挫折し、休学留年して民間就活に切り替えた者です。 進路について再考した結果、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか…?やっぱり経理財務志望であるべきでしょうか。 ちなみに、マ...

PayPayのマーケティング戦略すごくないですか?

PayPayを使ってみて思ったんですけど、あの戦略はまさにヤフーとソフトバンクにしかできないことだなと思いました。 もちろん100億円というインパクトもあるのですが、それ以上に20%還元&10万円まで無料になる可能性があるというのは魅力的ですし、...

小さな会社でマーケティングをしています。予算も少なくできることが限られていて...

小さな会社でマーケティングをしています。予算も少なくできることが限られていてもっと戦略とか立てられるようになりたいんですけどキャリアアップするには何から手をつけたらいいですか?

CGM UGCの違いを教えてください!!

新い職場でCGM UGCという言葉を初めて聞きました。 自分で調べて見たのですが何が違うのかわかりません。 わかる人教えてください。

この記事に関連する記事

【キヤノンマーケティングの面接は?】転職前に知っておくべき情報をご紹介

今回は、キヤノンマーケティングの面接について詳しくご紹介いたします。キヤノンマーケティングの面接について、どのようなことが聞かれるのか、どのような雰囲気なのか、選考フローなどを...

【採用マーケティング】事例や手法について詳しくご紹介いたします

採用マーケティングという言葉を聞いたことはあるでしょうか。現在、有能な人材を採用しづらい「難採用時代」に突入しています。採用活動で目指す人材を効率的に集め、入社してもらうために...

【マーケティングの転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介

マーケティングへの転職を検討している方は多いでしょう。今回は、マーケティングへの転職にオススメの転職エージェントをご紹介します。今回はマーケティングへの転職エージェントを利用す...

詳しい解説で安心!SNSマーケティングの手法や効果をご紹介

皆さん、「SNSマーケティング」という用語をご存知でしょうか。現代ではSNSが主流になり、若者から年配の方までまで幅広く活用されています。情報の拡散が早く直的的な意見が顧客から集めら...

CGM?UGC?あいまいな状態で理解して使ったりしていませんか?

皆さんはCGMとUGCの違いについてしっかり理解できていますか。Webマーケティングの担当者になると知っていて当たり前の言葉ですが、初めて聞いた人だと違いがわかりずらいと思います。今回は...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー