【高いの?】海外Webデザイナーの年収を調査してみました!

【高いの?】海外Webデザイナーの年収を調査してみました!

Webデザイナーの年収は低いとの噂ですが、海外Webデザイナーの年収はいくらくらいなのでしょうか?日本のWebデザイナーと比べるとやはり高いのでしょうか?平均年収を調査しました。それから海外勤務の日本人Webデザイナーの年収はどれほどなのでしょうか?まとめてみましたのでご覧ください。

4132

海外のWebデザイナーの年収はいくらなのか

Webデザイナーの年収

ネットの普及により、Webデザイナーの仕事の受注数は増加の傾向にあります。

そのためWebデザイナーを目指す人も増えてきて、今では人気の仕事の一つにもなっています。

また、Webデザイナーは知識とスキルとセンスがあれば未経験でも挑戦できるので、他の業界から転身する人も多い職業となっています。

そしてWebデザイナーの働き方は、普通の会社勤めだけでなく、在宅や独立してフリーランスで働くなど多様になっています。

しかし年収の話になると、残念ながら日本のWebデザイナーの年収は日本の平均年収と比べて高くはないのが現状です。

では、視点を海外に向けるとどうでしょうか。

Webデザイナーの仕事は、日本だけでなく世界中で必要とされています。

特に、欧米諸国では需要の高い仕事になっています。

技術の必要な専門職なので、国の垣根を越えて働く人も多くいます。

そして海外Webデザイナーの年収は、国にもよりますが一般的に日本より高いと言われています

働き方にしても、海外のWebデザイナーは労働時間が短く休みも多いイメージがあります。

実際はいったいどうなっているでしょうか。

そこで、海外Webデザイナーの年収について調査してみました。

海外Webデザイナーの年収は知っておいた方が良い


海外で働く予定がないから、海外のWebデザイナーの年収も自分には関係ない。

そう感じる人でも、海外のWebデザイナーの年収については知っておくべきです。

まず、Webデザイナーの仕事は、パソコン一つあれば、世界中で出来る仕事なので、海外で働くハードルは他の職種に比べてと低いと言えます。

そして、一般的に日本よりも高いと言われる海外のWebデザイナーの年収について知ることは、Webデザイナーとして働くなかで、年収をどうすれば上げられるかのヒントにもなるでしょう。
 

日本のWebデザイナーの年収と比べるべき

まず知っておきたいのが、日本のWebデザイナーの年収の現状です。

日本のWebデザイナーの年収は、デザインとコーディングが問題なく出来るレベルの人でだいたい300~400万円と言われています。

もちろん、スキルの低い人はもっと年収が低く、逆にスキル高い人ならば1000万円近く年収があがります。

この金額をどうとらえますか。

拘束時間の長さや専門職であることを考えると、安いと感じる人も多いのではないでしょうか。

海外のWebデザイナーの年収と比べてみると、日本のWebデザイナーの年収との違いがはっきりと見えてきます。

Webデザイナーは主に年齢が若い人が仕事をしている傾向にあります。

そこでJobQに来ていた30代のWebデザイナーの方の年収に関する質問を見てましょう。

Webデザイナーの30代の年収はどれくらいなんですか?

Webデザイナーになりたいと考えている専門生です。

今は、アニメの專門に通っているのですが、Webデザインを趣味でやっている程度なのですが、そのままWebデザイナーとして就職したいなと考えています。

結婚もしたいので、30歳くらいまでは仕事をしたいと考えていますが、年収次第や環境次第では仕事を続けるのも選択肢だなと考えています。

そこで質問ですが、Webデザイナーの30代の年収について教えてください

フリーランスなのかとか、様々な外的要因もあると思うのですが、そこも踏まえてくださると助かります。

仕事をどのフェーズで、どういうクライアントからの依頼を受けるかによります。

そして、ディレクション業務が中心なのか、デザイン中心なのか、システム組めるのか、コーダーとして仕事をするのか、によっても変わってきます。

webサイト数百万円で発注してくださるクライアントもあれば、数十万円のクライアントもあるので、どういうクライアントを掴むか、どういう人と組むかによって年収はかなり上下しますね。

友人でもともとフリーで仕事し、今は小さなweb制作会社をやっている人がいますが、朝から晩まで仕事して、フリー時代で500-800前後、現在は人を使って800前後かと思います。

転職市場での相場としてはディレクション含め一人前に仕事ができて、400-500前後が多いです。


30代のWebデザイナーの年収は以上のような結果となりました。

フリーランス時代で500〜800万円前後が通常だったということです。

それでは実際に海外のWebデザイナーの年収がいくらほどなのか見てみましょう。

【無料】IT転職で年収アップ80%実現のレバテックキャリア

レバテックキャリア」を利用した人は、市場価値の高さに気付き、希望年収を上げる人が続出しています。

事実、年収アップを実現80%実績を誇ります。



レバテックキャリアには、IT職種別に専門アドバイザーが多数在籍しているので安心してIT転職を進めることができます。
 

「市場価値の高さ」に気づけます。【登録は簡単30秒】
リンク先: https://career.levtech.jp/

平均年収から見る海外Webデザイナーの実態

では、実際には海外のWebデザイナーの年収は、どれくらいなのでしょうか。

海外のWebデザイナーの年収の実態について、需要の高い英語圏を中心に紹介したいと思います。
 

やっぱり高い海外Webデザイナーの年収

海外のWebデザイナーの年収は、アメリカで約780万円、カナダでは約580万円、物価の高いイギリスでは約420万円と言われています。

また、オーストラリアでは約670万円、そしてニュージーランドでは約590万円がWebデザイナーの平均的な年収です。

オーストラリアとニュージーランドの年収が少し高く感じるかもしれませんが、それはチップの文化のない国である事が理由となっています。

景気や物価の違いもありますし、休暇や労働時間も国によって変わるので、一概に年収の額だけで比べることはできません。

しかし、日本のWebデザイナーと比べると高額である事は一目瞭然です。一番年収の高いアメリカでは、日本のWebデザイナーの平均年収の、2倍以上になっています。
 

どうしてこんなに年収が高いのか?

同じWebデザイナーとして働いていて、どうしてこうも日本と海外で年収に違いが出るのかが気になると思います。

しかし、これはただ単に給与水準の違いによるものではありません。

そもそも、海外と日本ではWebデザイナーについて大きな認識の違いがあります。

日本のWebデザイナーは、Webのデザインと軽度なコーディングができる程度でもWebデザイナーとして働くことができます。

しかし海外のWebデザイナーは、デザインだけでなく全ての仕事を任されるため、Java ScriptといったプログラミングのスキルやSEOなど、Webに関するオールマイティーなスキルを必要とします。

つまり、海外のWebデザイナーは、日本に比べてより高いレベルの専門スキルが求められているのです。

海外勤務のWebデザイナーの年収は?


海外のWebデザイナーの年収が、日本と比べてはるかに高い事が分かったと思います。

そうなると日本を出て海外で働く日本人のWebデザイナーも出てきます。

そこで、海外で働く日本人のWebデザイナーの年収について紹介します。
 

日本人だけど海外勤務の人もいる

Webの発展している欧米諸国のみならず、最近では東南アジアでもWebデザイナーの仕事が増加しています。

また、日本企業の海外進出の影響で、諸外国に滞在する日本人向けのサイトの仕事も増えています。

そのような環境なので、高いスキルを持った日本人Webデザイナーが海外を目指すのは不思議ではありません。

実際に、海外で働く日本人Webデザイナーの数は増えてきています。

ただ、コミュニケーションの基本は英語となるので、Webデザイナーとしてのスキルの他に語学力も必要となります。

また、海外で働きたいと思っている人にとっては、Webデザイナーは専門職なので海外で働きやすい職業と言えます。
 

海外勤務のWebデザイナーの年収

では海外で働く日本人Webデザイナーの年収は、どれくらいになるのでしょう。

具体的な年収の金額は、働く国によっても変わりますが、働く国のWebデザイナーの年収の平均と同じくらいはもらえるでしょう。

日本人だからと言って、それが不利になることはありません。

むしろ、日本人のセンスや丁寧な仕事は海外において大きな武器になります。

海外では完全に実力主義なので、自分の努力次第で年収はどんどん上がります。

中には年収1000万円以上を稼ぐ人もいます

また、海外で働くメリットは、年収だけではありません。

有給休暇の消費率が世界的に見て低い日本に比べて、海外の国は休暇が多く、労働時間も短いのが一般的です。

さらに、生活にかかる費用も国によっては日本よりも安いため、年収以上の生活をすることができます。

海外Webデザイナーの年収まとめ

海外Webデザイナーの年収は、日本のWebデザイナーの年収よりも高く、国によっては日本の2倍以上の年収です。

しかし、海外のWebデザイナーはWeb制作に関する全般的な仕事を任されます。

そのため、Webデザインだけでなく、JavaScriptといったプログラミングのスキルなど、オールマイティーなWeb制作のスキルを求められます。

海外で働く日本人のWebデザイナーも多く、実力主義な世界なのでスキルとセンスを磨けば年収1000万円以上を稼ぐこともできます。

Webデザイナーの年収に関してもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▶︎ Webデザイナーの年収は低いの?高いの?【アップさせる方法】

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界の経験者から未経験者まで多くの転職実績があるtype転職エージェントIT

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す