【ライター 資格】取っておくべき有利な資格とはの画像

【ライター 資格】取っておくべき有利な資格とは

ライターでも資格の必要性はあるのでしょうか。ライターである方もライターを目指す方も、ライターに有利な資格について気になりますよね。ライターに有利な資格とはどのような資格なのでしょうか。資格をもつメリットやおすすめの資格をご紹介いたします。

771

ライターの資格って必要?

最近では、多くのフリーランスが活躍していることで注目を浴びているライターという職業ですが、ライターになるための資格や条件というのは存在するのでしょうか。
 

ここでは、これからライターを目指している方や、ライターという職業について知りたい方に、ライターの資格と必要性やメリットなどについて紹介していきます。
 

この記事を読んで、ライターの資格を持つことで活躍できる場面が大きく広がるという事実を、あなたに知って頂けたら幸いです。
 

ライターになるのに資格は必要?

基本的に、ライターになるために必要な資格や条件は一切存在しないため、ライターとしての活動は誰にでも簡単に始めることができるのです。

 

ただし、これはライターとして仕事を確立できるという保証が、誰にでも約束されているという意味ではありません。
 

また、ライターとしての活動において、仕事を安定して獲得するには、次のような能力を身につける必要性も高いといえるでしょう。
 

  • クライアント(依頼主)の意図を把握する能力
  • 記事を作成するための情報を収集する能力
  • 情報の的確性や信憑性を判断する能力
  • 文章の表現や構成を理解する能力
  • 適切なニーズを探し出す能力


上記のような能力を身につけることによって、ライターとしての仕事を受注できる可能性も次第に高まるのです。
 

ライターとしての能力を、素早く的確に身につけるためにも、ライターの資格の必要性やメリットは充分に高いと考えられます。
 

強みとなるスキルや経験

ライターとしての仕事、その需要性を高めるためには、自身の強みとなるスキルや経験を持つことなども、1つの条件として浮かび上がってきます。
 

フリーランスやプロを問わず、ライターの中には自身のライティングスキルを証明するためだけでなく、ライターとしての能力や自身の経験を生かすために、特定のライティング資格を所持している方も多いのは事実といえるでしょう。
 

また、自身のスキルや経験を証明する以外にも、ライターが資格を持つことには、次のようなメリットも存在しているのです。

関連相談

ライターが資格を持っているメリット


ライターの資格は、一般的にはスキルの証明に役立つことが多いのも事実ですが、その他にも下記のようなメリットが存在していると考えられます。
 

  • 記事の信頼性の向上
  • 自分のジャンルを明確化
     

この2つのメリットについて、詳しく説明していきたいと思います。
 

記事の信頼性

資格を持つライターが記事を作成することで、その記事に対するクライアントからの信頼性は自然に向上します。
 

記事の信頼性が高いライターであれば、クライアントも案件を依頼しやすくなるからです。
 

ライターの記事の信頼性において、クライアントからの信頼を得られない原因には、2つの理由が存在します。

 

1つはライターとしての経験や実績が少ないことであり、もう1つはライターとして特別な資格を持っていないことなのです。
 

この2つの理由のうち、どちらか1つでも解消することができれば、クライアントに対する記事の信頼度は飛躍的に向上しますが、ライターとしての経験や実績は、一朝一夕で作れるほど簡単ではありません。
 

しかし、ライターの資格であれば、時間と努力だけですぐに取得できる可能性がとても高いのです。
 

ライターの資格を取って、まずは記事の信頼性を向上させること、それがクライアントに対しての信頼性を向上させる近道ともいえることでしょう。
 

自分ジャンルを明確にできる

豊富な経験や実績を持っていて、ライターとしての実力が充分にある場合でも、同じ実力のライターと比較された場合に、ライターの資格の有無によってクライアントからの信頼度も変化してしまいます。
 

ライターの持つ資格は、均衡した実力を持つライターに対しても、クライアントの信頼を勝ち取るための武器として扱うことができるのです。

 

また、ライターの持つ資格の種類によっては、自身のジャンルを明確化させる手段となるので、クライアントに対するアピールとしても有効に活用することができます。
 

クライアントが想定しているジャンルに、自身のジャンルがマッチしていることを、持っている資格によって明確に伝えることができれば、たとえ経験や実績が少ない場合であっても、クライアントの信頼を得られる可能性は高くなる場合もあるのです。

関連相談

ライターが持っていると有利な資格



クライアントがライターを選別する視点は2つ、「経験や実績」と「資格の有無」です。
 

どちらも持っていない場合には、クライアントから仕事を任せられる可能性は低いと考えられますが、次のような「ライターに有利な資格」を持っていることで、クライアントの評価は格段に高くなるといえるでしょう。
 

  • Webライティング能力検定
  • Webデザイン系の資格
  • 文章読解・作成能力検定
     

この3つのライターに有利な資格について、詳しく紹介していきたいと思います。
 

Webライティング能力検定

日本WEBライティング協会が主催する、Webライティング能力検定を受けて合格することができれば、Webライティングに必要な技術を持っているという証明になります。
 

ライターのスキルを一番わかりやすく評価してくれる、ライターに有利な資格の1つです。
 

検定の合否は、次の6つの項目の合計得点により決定されます。
 

  • (12点満点)「国語」
  • (12点満点)「ウェブライティング基礎」
  • (16点満点)「コピーライティング、メールライティング」
  • (16点満点)「SEO」
  • (16点満点)「論理・法律、炎上対策」
  • (16点満点)「ミニ論文(200~300文字)」
     

合計で88点が満点となり、獲得した点数に応じて次のように1級から3級までが認定されます。

 

  • 1級:高度な仕事をこなせるスキルを持つという最高評価(80~88点)
  • 2級:一般的な仕事なら充分に通用するという普通評価 (70~79点)
  • 3級:一般的な仕事のボーダーラインという最低評価  (53~69点)
     

ただし、53点未満の場合は資格なし(不合格)で認定されません。
 

ライターとしてクライアントの注目を浴びるのは、最低でも2級の認定が必要といえます。
 

Webデザイン系の資格

ライターとして、雑誌や企業の広告などに携わる場合に必要なのが、Webデザイン系の資格になります。
 

取得することで、Webサイトに直接的に原稿を挙げる能力も身につけることができる、ライターに有利な資格です。

 

とくに有名なものが、「Webデザイナー検定」と呼ばれるもので、HTMLなどWebデザイン系の知識を身につけられるだけでなく、就職や転職など幅広い視野で活用できます。
 

文章読解・作成能力検定

ライターとして有利な資格であることも含めて、表現力や構成力といった記事作成の基本を重点的に学ぶことができます。

 

ライターの資格として評価されるだけではなく、すでに優れた文章力や語彙力を身につけているという有利な判断が、この資格を取得することによって得られるのです。
 

検定内容は、選択問題と文章の筆記問題で構成されており、認定の種類は2級、準2級、3級、4級の4種類に分かれていますが、ライティングスキルとしてクライアントに認められるためには、最低でも準2級の認定は必要と考えられます。

関連相談

ライターの養成講座


ライターになるために資格は必要ありませんが、一般的なライティングスキルを身につけることは、ライターとしての活動においては必須条件ともいえるでしょう。
 

また、ライターの資格を取得する際にも、すでにライティングスキルを身につけている状況である場合は、より有利に資格を取得することもできるのです。
 

ライターの資格よりも先に、ライティングスキルを身につけたいのであれば、ライターの養成講座に通うという選択も、おすすめできる1つの手段といえます。
 

体系的にスキルを身につけられる

ライターの養成講座に通うことで、ライターとして必要不可欠な知識を充分に学習する機会を得ることが可能になることでしょう。
 

一例として、大人数で受ける養成講座では、すでに成功しているライターや書籍出版の経験を持つライターの話を聞くことができます。
 

また、通信養成講座では自身の疑問をぶつけて回答を聞くこともできるので、このように異なった仕様の養成講座を同時期に受講する場合でも、得られた知識を自身の頭の中で体系的に整理して学習することができるのです。
 

どうやって講座を決める?

 ライターの養成講座に通うときは、次のような「自分の目的に沿ったスタンス」をよく考えてから、受講内容など熟知したうえで選択する必要があります。
 

  • 自分に足りていない知識を学習することを優先したい
  • 今後の仕事や生活に生かせる知識を習得したい
  • ライターとして記事の作成について勉強したい

たとえば、自身に足りていない知識が「SEO」だと感じた場合は、それを率先して学習できる講座を受講し、実践的に仕事をしながら学習したい場合は、クライアントに採用されやすい方法を優先して受講するなど、自分の目的に沿ったスタンスをつかんでから受講することがおすすめです。
 

仕事探しの場として活用することも?

ライターの養成講座は、ライターになるために通うことが目的であるため、講師が現役のプロライターであることも多く、ほとんどの場合が仕事をしながら講師として活躍しています。


現役のプロライターに認められることで、プロとしての道が開ける可能性も少なくはありません。

また、ライターの養成講座を受講する生徒も、ライター志願者や現役のライターである可能性が高いので、ライター同士の勧誘による仕事なども実際にはあるようです。

これらのことを踏まえると、ライターの養成講座は、ライターとしての仕事探しの場所としても活用することができるとも考えられます。

関連相談

Webライター向けの資格


ライターに有利な資格の中でも、とくにライターとしての活動に適している、ライター向けの資格も存在します。
 

ライター向けの資格を武器にして、クライアントから信頼を勝ち取ることも、ライターの資格の必要性やメリットともいえるのです。
 

クライアントの信頼を得るための近道としての、ライター向けの資格を3つ紹介していきましょう。
 

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、名前がWebライティング能力検定と酷似していますが、主催している団体はもとより、資格の内容や形式も全く違う完全に別の資格になります。
 

日本クラウドソーシング検定協会という団体が主催している、WEBライティング技能検定は誰でも気軽にWeb上で試験を受けられることで有名な資格でもあります。
 

試験は月に必ず1回行われ、試験料は税込で6,000円です。
 

また、試験の内容は記述問題と選択問題で構成されており、記述問題に関してはあらかじめ与えられたテーマに沿って、400文字のライティングを時間内に4回行うことになっています。
 

Webライティング能力検定と同じく、ライターにとってもクライアントにスキルを証明しやすい、ライターの活動に適した資格の1つです。
 

Webライティング能力検定のような認定の種類はなく、単純に合格と不合格のみで合否が分かれていますので、ライターを目指すときの最初の登竜門として取得する方が多いのではないでしょうか。
 

Webリテラシー試験

ライターとして、Webリテラシー試験の資格がない場合は、Web上のホームページなどに記事を納品することができないと判断され、クライアントから仕事を受ける範囲が狭くなってしまうのも現実です。
 

また、Webリテラシー試験の学習をすることで、広告やモバイルサービスなどにも特化した知識が身につき、本来的にクライアントが望んでいるテーマや構成を理解できるようになるため、コミュニケーションの円滑化を図ることもできるようになります。
 

WEBライティング技能検定と同じく、試験はWeb上で行えることや正解率が全体の70%を超えていれば合格できる点などを踏まえると、気軽に挑戦できるイメージが持てる資格ともいえます。
 

Webリテラシー試験の受験料は10,000円ですが、2年間という資格に対する有効期限があるので留意しておくことも大切です。
 

ビジネス著作権検定

ライターとして常に気をつけなくてはいけないのが、著作権や肖像権の問題です。
 

とくに著作権に対して誤った認識をしていた場合、問題が起きたときには自分だけの責任にとどまらず、クライアントにも被害を出してしまう可能性も高いといえます。
 

ビジネス著作権検定の学習をすることで、著作権に対する基本的な知識や、ビジネスシーンにおける著作権の認識を正確に理解できるため、認識不足による過ちを起こしてしま可能性が極めて低くなります。
 

文章読解・作成能力検定のように認定に種類があり、BASIC、初級、上級という3種類にあらかじめ区別されているので、自身でレベルを選択して受験する形にできます。

関連相談

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

今回ご紹介させて頂いたライターの資格は、時間と努力を惜しまなければ、誰でも取得できる資格であり、ライターの活動をするうえで活躍できる場面を飛躍的に広げることのできる、とても重要な資格であるということがお分かり頂けたことと思います。
 

最後まで読んで頂いたあなたに、ライターの資格を取得することの素晴らしさが、伝わっていたら幸いです。

この記事に関連する転職相談

就職活動において資格を持っていると有利ですか?

大学2年生ですが就活に不安を持っていまして、 資格は就活に影響を及ぼしますか。

マーケティングリサーチ会社に就職するのに有利な資格はなんですか?

マーケティングリサーチ会社への就職において取得すると良いと思われる資格を教えてください。

障害者枠の損保事務を受けるためにファイナンシャルプランナーの資格取得は有効ですか?

30代後半、10年前に統合失調症と診断され官公庁で障害者枠の事務のパートをしています。これまで正社員での就業は1年、あとは派遣社員で事務をしてきました。(途中、病気療養のため、3年ほどブランクがあり、復帰して現職です) 今回の仕事は期間限...

特別な資格やスキルを持っていないのと大企業で働くことができないですか?

就職活動で内定をもらうには資格やスキルが大事だなと周りの就活生を見ていて感じました 私自身は特に資格やスキルを持っていないですが面接を控えています。 このような状態の就活生はどのようにして企業にアピールすれば良いのですか? ご回答...

FP2級を取得しているから保険業界に就職しようと考えるのはやた方がいいですか?

現在、新卒で就職活動をしています。 FP2級を取得しているからといって、保険業界を受けようという安易な考えはやめた方がいいですか? そもそも、FP2級で有利になったりするのでしょうか?

大手商社で有利な資格や求められる人材はどんな感じですか?

三浪して慶應に入学が決まりました。大手商社への入社について質問です。 もっといた方がいい資格、どのような人材が望まれているか、学生時代にしとくべきか、 の三点を教えてください。

学習インストラクター1級の資格を活かせる仕事はなんですか?

資格取得している。生涯学習インストラクター1級の資格を活かせる仕事についてあるのでしょうか。

TOEIC725点とHSK(中国語)5級とTOPIK(韓国語)5級は就職活動では語学力のアピールポイントになりますか?

TOEIC725点に加えて、HSK(中国語)5級とTOPIK(韓国語)6級を持っているというのは一つのアピールポイントになりますか? 資格だけでなく、就活で語学力をアピールできる方法があれば教えて下さい!

20代で高度試験を受けるならどれがおすすめですか?

来年春の高度試験、どれを受験すべきでしょうか? 現在27歳で、基本情報までは学生時代に、応用情報は新卒1年目秋に、いずれも独学で合格済みです。 その後交互にネスペとセスペを受験していましたが、毎回午後2で落ちていました。 おそらく実務経験...

サイバーセキュリティのSIはCISSPの受験資格はありますか?

サイバーセキュリティ関係のSIですが、パートナー営業です CISSPの受験資格ってあるのでしょうか?

この記事に関連する記事

シンガーソングライターとは|仕事内容・年収・なり方・働き方など解説

シンガーソングライターについて解説します。歌手は提供された楽曲を歌い、ミュージシャンは様々な演奏を行うのに対し、シンガーソングライターは作詞作曲を自ら手がけ、歌を歌います。シン...

歯科衛生士|仕事内容や資格・就職や転職について詳しく解説

歯科医院で働くのは歯科医師だけではありません。虫歯や歯周病などを治療するのはもちろんのこと、その予防にも注目が集まっている今日、歯科衛生士の仕事は需要があるといえるでしょう。そ...

カメラマンとは|仕事内容・年収・なり方・資格・就職・転職・働き方を解説

カメラマンについて解説します。カメラマンは、広告、報道、ポスターなどに使う、写真を撮影する職種の方です。カメラマンの仕事内容は?カメラマンになるには?カメラマンに資格は必須?カ...

【コンサルタント】仕事内容や資格や年収などを総合的にご紹介

コンサルタントは、クライアントとなる企業の課題解決をする職業です。コンサルタントを目指す方は、仕事内容や資格、年収などについても気になると思います。そんな方に向けて、今回はコン...

スポーツインストラクターとは|仕事内容・年収・なり方を解説

スポーツが得意な人や好きな人、人に指導をする立場の仕事をしたいと考えている人のなかには、スポーツインストラクターの仕事に興味を持つ人も多いでしょう。今回の記事では、スポーツイン...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー