【客室乗務員を目指す人へ】面接で気をつけるべきポイントの画像

【客室乗務員を目指す人へ】面接で気をつけるべきポイント

客室乗務員への第一歩を踏み出す関門の1つに、重要な面接が待ち構えています。面接を突破するために、多くの受験生は、今日からでも練習に励みたいと思っているのではないでしょうか。そのような多くの受験生に、面接のポイントをお伝えすることで、自信へと繋がっていく一助になればと思います。

はじめに

客室乗務員の面接は、僅か数秒の第一印象で決まると言われています。

面接室のドアを開けてから僅か数秒程度で、受験生の全てを把握できる訳ではありません。

しかし、航空会社の顔である客室乗務員にとって第一印象は、
次回もお客様に選んでいただける航空会社へと繋がっていく、とても重要な要素なのです。

その為、面接官に数秒で好印象を与えられる身だしなみや、
立ち居振る舞いを身に付ける必要があります。

また、ほとんどの航空会社は、英語面接が実施されます。

特に、外資系航空会社を志望される受験生は、ある程度の英語力が必要不可欠となります。

第一印象や英語力に磨きをかけて、是非とも面接を突破していきましょう。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

面接は第一印象が決め手となる

客室乗務員の面接は、第一印象がとても大切で、
面接突破の決め手となると言っても過言ではありません。

それだけ大事な第一印象だけに、
どのような点に気を付けていくべきなのかお伝えしていきたいと思います。

1つ目は「身だしなみ」

身だしなみには、ヘアスタイル、メイクならびに服装について、客室乗務員としての「清潔感」が求められます。

例えば、ヘアスタイルであれば、前髪が眉毛にかからず、
髪全体がシニョンでまとめられている。

メイクであれば、清潔感がある自然なメイクなど、好印象を与える清潔感を意識した身だしなみがカギとなります。

ヘアスタイル、メイクや服装には、
「こうでなければならない」という決まりはなく、清潔感ある自分を表現することが大切です。

2つ目は「立ち居振る舞い」

立ち居振る舞いとは、
入室時の笑顔と挨拶、表情、立ち方、歩き方、お辞儀の仕方、座り方があります。

ここで最も重要な場面は、面接の合否を決めると言っても過言ではない、
入室時の笑顔と挨拶です。

ドアをノックする前から笑顔の準備を行い、ドアを開けた瞬間、最高の笑顔と声色で挨拶を行い、
敬礼でお辞儀をします。

敬礼はお辞儀をする1つ1つの動きで静止させると、より丁寧な印象を与えます。

面接中においては、表情は常に明るい笑顔を絶やさないこと。

立ち方と歩き方は、背筋から足元までが一直線になることを意識して真っすぐに立ち、
歩いている時も真っすぐな姿勢を崩さないこと。

座り方は、音を立てずに椅子に座り、背筋を真っすぐにして背もたれに寄りかからないこと。

ここに挙げた気を付けるべき点について、
一日も早くマスターできるように練習を重ねる事が大切です。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

キャビンアテンダントに必要となる英語力とは

まず、先にお伝えしておくと、
面接では完璧な高い英語力を求めているとは言えません。

ある程度の英語力は必要ですが、英語の面接を突破する為の言い回しを繰り返し練習することで、
英語面接は突破することができます。

突破のカギは、英語の面接に「多く触れ、慣れること」です。
多くの航空会社は、英語力についてTOEIC600点以上を応募条件としています。

外資系航空会社の場合は、TOEIC700点~800点と国内航空会社と比較して高い英語力を求める会社もあります。

しかし、多少英語力に欠ける受験生でも、
客室乗務員に必要な危機管理能力やコミュニケーション能力に長けていれば採用される可能性があるのです。

このことから、必ずしも高い英語力が求められているのではなく、
ある程度の英語力があれば十分であることがお分かりいただけるかと思います。

ここまでの話で、英語を苦手としている受験生は、
少しは不安が和らいだのではないかと思いますが、気を抜かずに準備に取り掛かりましょう。

英語面接でよく聞かれる内容は、「自己紹介と自己PR」、「志望動機」です。

そして、面接官と楽しく話すことを常に心掛け、

面接官がイメージできるような具体的な話を織り交ぜること、
長々と話すのではなく簡潔に話を纏めて伝えることがポイントであり、
このポイントを抑えることで、面接官の印象により残りやすくなります。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

最後に

繰り返しとなりますが、客室乗務員の面接では、
何よりも僅か数秒の第一印象によって合否に影響を与えると言っても過言ではありません。

第一印象は、普段から気を付けていなければ突然印象が良くなるものではありません。

普段から友人など第三者から身だしなみや、立ち居振る舞いについて助言していただく、
メイク専門のプロからメイクの仕方についてご意見をいただくなどして、
日々自分に磨きをかけていきましょう。

英語面接では、試験対策として、練習を重ねることで突破は可能となります。

更に英語力を伸ばしたいと思う受験生は、実際に外国籍の方と会話を楽しむことができる環境に身を置いて、
英語を口に出すことが上達する秘訣であると信じています。

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社CAに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー