【人事コンサルタントの資格とは】やりがいや激務かどうかも解説の画像

【人事コンサルタントの資格とは】やりがいや激務かどうかも解説

近年大きく就活や転職で人気を博しているのが「コンサルタント」です。皆さんも耳にしたり、実際にお世話になったりすることがあるのではないでしょうか。様々な知識と経験が求められるのがこの仕事です。今回は「人事コンサルタントの資格」について、仕事内容や年収・やりがいという観点から解説します。

人事コンサルタントとはどんな仕事なの?

ここでは人事コンサルタントの仕事内容について説明をします。
 

人事コンサルタントの仕事内容

人事コンサルタントは、企業からの依頼を受けて、主にその企業の人事制度に関する課題について助言やアドバイスを行う仕事です。

具体的にはクライアントである企業の、企業風土や文化に即した人事に関する制度や戦略を構築したり、経営統合などによる組織再編などを手がけたりします。

他にも、人事や組織についての支援や、問題・悩みなどの解決を行います。
 

人事コンサルタントの年収

人事コンサルタントの平均年収は、400~500万円程度といわれています。しかし実力主義的な色合いが濃い業界であるため、金額は能力や経験に大きく左右されます。

外資系だと初任給で500万円以上といった例もあり、十分な実力と実績があれば年収数千万も可能ですが、逆に能力が無いとみなされた場合には、大きく年収が下がってしまうリスクもあります。

なお仕事については複数のクライアントを同時に抱えることが多いため、場合によっては長時間の残業が必要となるなど、非常に忙しい仕事だと言えます。
 

関連相談

人事コンサルタントに資格は必要なの?


人事コンサルタントになる上で、必要になる資格について説明します。
 

必須となる資格はない

人事コンサルタントになるために、必須となる資格などはありません。仕事の内容は専門性の高いものですが、無資格のまま活動しているコンサルタントも存在しています。

また企業側も若い人材に対しては、資格よりも将来性や適正、実力などを重視して採用を行うことがあります。
 

社会保険労務士があると有利?

略して「社労士」「労務士」と呼ばれることが多い「社会保険労務士」という国家資格について解説します。

経営上の人事や労務(給料や労働環境など)、社会保険などに関するプロフェッショナルとして、それらの相談や指導を職業とすることを認める資格です。これら社労士が扱う知識は、人事コンサルタントの業務で必要となるものを含まれています。

しかしながら事務手続き等はコンサルタント業務では行わないため、社労士である必要はありません。

したがって、人事コンサルタント業務を行う上で直接的に有利に働くことはなく、労務や社会保険方面の知識を深めるために取得する、といった形が多いです。
 

資格よりも大切なものとは

社労士の資格は取得にも時間がかかるため、人事コンサルタントを目指す上では優先度はあまり高くありません。

それよりも、より重視される傾向が強い実務経験や年齢、英語力などに関して、優先するのが良いでしょう。これらは就職後も、人事コンサルタントとして活動する上で意識しなければならない大切な要素です。

なお実務経験に関しては、事業会社(コンサルティングファームではなく、営利目的の会社のことで、コンサルタントから見たクライアントにあたる、いわゆる一般的な会社)での人事経験も含まれます。そのため、人事部経験者は転職に有利になると言われています。

英語に関しては、グローバル案件に対応するために必要です。近年そういった案件が増えてきているため、かなり重視されています。

年齢に関しては一般的な企業と同様に、人事コンサルティングでも重視されています。同じ未経験の場合、より若いほうが採用の可能性が高まります。
 

関連相談

人事コンサルタントになる方法とは?


人事コンサルタントになる具体的な方法を解説します。
 

自分で人事コンサルタントと名乗る

手っ取り早く人事コンサルタントになる方法として、「人事コンサルタントを自称する」という方法があります。しかし結論から言って、未経験の方に対しては、このような手段はあまりおすすめできません。

コンサルタントは必要な資格などがなく、名乗ってしまえば誰もがコンサルタントとして活動できてしまいます。実際として極端な例ではありますが、有名な経済学者やマーケティング法則などに関する本の内容を、ただ受け売りしている程度でコンサルタントを名乗っている「自称コンサルタント」が存在しています。

そういった人たちの影響もあり、「コンサルタント」と聞いただけで胡散臭いイメージを持ってしまう経営者は多いです。安易に自称をして活動をすることで、知らずに自分の評判やコンサルティング業界の評判を悪くしている可能性があります。

もちろん実際にコンサルティングファームなどで実務経験があり、責任をもってコンサルティング業務を行うのであれば、フリーのコンサルタントとして活躍することに対して、何の問題もありません。
 

コンサルティング会社に就職する

やはり最もスタンダードかつ確実なのは、コンサルティングファームに就職することです。

新卒や第2新卒では、必ずしも経験が必要という訳ではありませんが、中途採用の場合は基本的に即戦力が求められます。そのため転職の場合は中途採用ではなく、未経験者の募集に応募することをおすすめします。

多くのコンサルティングファームでは人手が不足しているため、積極的に未経験の中途採用も行っているという事情があります。未経験採用であれば新卒などと同様、ポテンシャルで採用を決めることになります。

具体的には論理的思考力やコミュニケーション力など、コンサルティングを行う上で絶対に必要になる要素が重視されるため、従来の企業面接のような型にはまったものではなく、中身を重視した対策が必要になります。
 

関連相談

人事コンサルタントのやりがいは?激務なの?


人事コンサルタントとしての、仕事のやりがいなどについて説明します。
 

人事コンサルタントのやりがい

人事コンサルタントの仕事は、「人事のプロ」としての目線から、クライアントの人事制度の課題や問題点を浮き彫りにし、解決に向けたアドバイスや提案を行います。

それによってクライアントの組織が良い方向に改善され、従業員のやる気を引き出すことに繋がるなど、目に見える結果として現れた場合、やりがいに繋がる事が多いでしょう。

またその結果を受けて、クライアントの経営陣から感謝されることも充実感をもたらします。しっかりとした仕事を続け、良い結果を出していれば、やがてクライアントとの間に強い信頼関係が生まれます。

信頼や感謝といった感情は、自分の仕事が役に立っているということを実感させてくれます。それは大きな喜びとなり、やりがいとなるのです。

また精神的なものだけでなく、収入という形で結果が現れやすいのもコンサルタントの仕事です。

多くのコンサルティングファームでは、自分の実力や実績に応じた収入を得ることができます。確かな仕事は、大きな収入として返ってくるのです。
 

人事コンサルタントは激務になりやすい

人事コンサルタントは複数のクライアントを同時に抱えることが多く、調査やデータ分析など、どうしても時間をかけなければならない作業もあるため、朝から分刻みのスケジュールをこなすような激務になりがちです。

20代や30代など若さがある内は良くても、年をとって体力が落ちてきた時、同じように働くことができるかは考えるべき問題です。転職なども視野に入れるべきでしょう。

いずれにせよコンサルタントになる以上、そのような激務は覚悟しなければなりません。
 

関連相談

まとめ

人事コンサルタントの仕事や、関係する資格などについてまとめました。

一般的に漠然としたイメージしかないコンサルタントですが、その実態はクライアント企業の経営に関わる、非常に責任が重い仕事です。しかしその分、結果を出せば待遇や報酬としてリターンが期待できるという魅力もあります。

もし本気で人事コンサルタントの世界に足を踏み入れるつもりであれば、クライアントにどんな価値を提供するのかという意識、自分が果たすべき役割とは何なのかという自覚、そしてプロのコンサルタントとしての責任を忘れずに働く覚悟が必要になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

登録しておきたい無料ハイクラス転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
ビズリーチ 5

年収の高いハイクラス層が対象

キャリアカーバー 4.8

年収800万円以上の求人多数

リクルートエージェント 4.2

国内最大級の求人数


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら

・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・キャリアカーバー:https://careercarver.jp/
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

この記事に関連する転職相談

人事担当者が落とそうと思う応募者で身だしなみに特徴はありますか?

人事担当者として携わってる方々へ質問です。 応募者との選考で面接を行った際、 "こいつ絶対、すぐに落とすためにお祈りメールを送って不幸にさせたい" と思う応募者の特徴としてどういうことが挙げられますか? 身だしなみ、言動に着...

人事部の人が会社説明会に来た学生の情報を他人に見せても問題ないのですか?

人事の仕事に詳しい方教えて下さい。できれば大企業などのしっかりした会社の人事で知見のある方。 先日居酒屋で、どこかの会社の人事部の人が、自分の友人に会社説明会に来た大学生の名簿(名 前、大学名、学部名)を見せていました。 問題ない行動で...

未経験で総務や人事に転職することは難しいのでしょうか?

美容師4年→新規営業3ヶ月(退職済み)の 現在無職の24歳です。 どこのエージェントに行っても 薦められるのは営業・販売、接客・IT… 実務未経験ですが総務や人事で働きたいです。 もう諦めるしか他に無いんですか… 先が見えません、毎日がつら...

神奈川で事務・人事・総務への転職に強い転職エージェントはどこですか?

神奈川で面談可能な 事務、人事・総務案件に 強い転職エージェント教えて下さい 出来れば実体験も 未経験ですが、法人営業から バックオフィス目指しています

美容師経験者が美容室の事務や人事に転職することは難しいですか?

新卒から4年間、美容師をしていた者です 9月いっぱいで辞めて今は無職です。 現場で働くのは体調面(腰痛や手荒れ)で 退職をしたので、現場にはしばらく戻れません ですが美容室は好きで人のサポートをする 仕事に就きたいなと思い、美容室の本社の ...

美容師と営業職をした経歴では人事に転職することは難しいですか?

美容師を新卒から4年間経験し 今年に入り3ヶ月だけ法人営業しました。 100%飛込みだったのと、何より 上司が俗に言うパワハラで精神的に 追い込まれ辞めてしまい、現在無職です。 希望としては、未経験ですが人事職に 挑戦したいと思ってますが ...

第一志望だと嘘をつくことに罪悪感を感じるのですがどうすべきですか?

第二志望の企業の人事の方に、口頭で御社は第一志望だと嘘をつくのに罪悪感を感じます。どうしたらよいでしょうか。

ビジネス系のSNSで企業の人事とやりとりでのマナーはありますか?

質問です。 ビジネスSNS(wantedly,linkedinなど)で企業の人事とやりとりをする際のマナーはなんでしょうか。

内定後の人事の態度が苦手なのですがこの先大丈夫でしょうか?

4月から入社する会社の人事が、内定を承諾したとたん態度が威圧的になり、とてもコミュニケーションがとりにくいです。 しかも、入社手続き等の書類関係の連絡担当が統一されておらず、3人の人事から違う連絡がきたりします。 なんだか不安になって...

評判の良い大企業では人事と運営の印象は別物ですか?

世間からの評判も良く、そこそこ大企業の面接をうけたのですが、人事の印象が最悪でした…。2人中2人が約束の時間に遅れる、そのことについて説明もない、1人は居眠りをし始める、給与面について質問しても『上に聞かないと分からない』(言えないのであれば...

この記事に関連する記事

【懲戒処分と出勤停止】具体的な内容や法律上の扱いについて解説

会社の指示に従わなかった場合、懲戒処分を下されて自宅謹慎を言い渡されることもあります。その間はもちろん賃金が支払われないため、重い処分ということができます。この記事では、自宅謹...

懲戒処分でも昇進は可能か|具体的な内容や影響についても解説

会社のルールに従わなければ、もちろん「懲戒処分」という決断を下されてしまうことがあります。懲戒処分は従業員にとっても重いものであり、再就職が困難になってしまいます。しかし同じ会...

【出向は辛いのか】キャリアアップのためにつなげる方法を解説

テレビドラマなどで「出向」という言葉を耳にする機会があります。マイナスなイメージが強い言葉ですが、出向することで新しく得られるスキルもあるのが事実です。また、その人の能力という...

【栄転と左遷】実際に役立つお祝い文の書き方も含めて詳しく解説

会社での人事異動やそれに伴う転勤の際、お祝い文を送らなければいけないような状況になることもあります。しかし「栄転」と「左遷」を間違えてしまうことは、絶対に許されません。この記事...

【総務と人事】仕事内容の違いや必要なスキルを詳しくご紹介

総務部と人事部は、どの企業にも必ずある部署ですよね。人事部と総務部が合体した「人事総務部」があるという企業もあるでしょう。では、総務と人事の違いを正しく理解できているでしょうか...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー