• HOME
  • 職種
  • 薬剤師とはどんな仕事?仕事内容や年収・将来性まで詳しく紹介!
薬剤師とはどんな仕事?仕事内容や年収・将来性まで詳しく紹介!

薬剤師とはどんな仕事?仕事内容や年収・将来性まで詳しく紹介!

薬剤師とは、自学でなれるというものではありません。薬学部を卒業して、その後に国家試験に合格して始めて薬剤師になる資格を取得することができるのです。しかもその大学は、これまでと違って6年間通学することになります。今回は、そんな厳しい環境を乗り越えなければならない薬剤師について、仕事内容の簡単な説明と、薬剤師に向いている人・向いていない人はどのような人なのかをご紹介していきます。

7054

薬剤師とは?どんな仕事?

薬剤師とは、薬局や病院などの医療機関で、処方箋に基づいて調剤を行う薬剤のプロフェッショナルです。

主には、患者さんに対する薬の服用説明や指導、医薬用医薬品や一般用医薬品の販売を行います。

薬局にて、病院でもらった処方箋通り薬を調剤してくれる人と言うのが最も想像しやすいでしょう。

実は、薬剤師の中には、一般的に想像できるものと違った公務員薬剤師や漢方薬剤師と言うものがあります。

公務員薬剤師とは、国や地方公共団体に所属をして働く薬剤師のことをを言います。

また、漢方薬剤師(漢方・生薬認定薬剤師)とは、漢方薬の専門知識を有した薬剤師のことを言います。

ここでは、皆さんが想像できる一般的な薬剤師について詳しく紹介していきまあす。

関連記事
▶︎ 大学三年生ですが、将来働く自分の仕事の見つけ方はありますか?
▶︎ 「やりたいこと」と「向いていること」どちらに重みづけて仕事を選ぶべきですか?

薬剤師の仕事内容



薬剤師の勤務先は薬局だけじゃない?

薬剤師の基本的な仕事内容は処方箋や法律に基づいた薬の調合や服薬指導、医薬品の販売や管理です。

上のグラフを見ると明らかですが、薬剤師の勤務先のほとんどは薬局です。

ただ、勤務先は他にも病院や大学、医療関係企業などさまざまです。

ここでは、勤務先別に薬剤師の仕事内容を紹介していきます。


薬剤師の仕事内容

薬剤師は医薬品のプロフェショナルですが、仕事内容は働く場所によって微妙に異なります。

働く場所ごとの仕事内容は下記の通りです。

薬局

  • 医療医薬品や一般医薬品(OTC医薬品)の販売と管理
  • 患者の、薬によるアレルギー歴などの管理
  • 病院の医師と連携をとる

病院や診療所

  • 調剤業務
  • 入院患者への服薬指導
  • 病院内にある全ての医薬品の管理
  • 医師に医薬品の情報を共有

大学

  • 大学病院における医薬品の管理
  • 医師やコメディカルからの問い合わせを受けるためのDI業務
  • 常に最新の情報を蓄積していくDI室の運営

医薬品関係企業

  • 新薬の説明や営業、プレゼン
  • 臨床開発部門での効き目や研究
  • 病院や診療所への訪問

行政機関

  • 医薬品、違法薬物などの行政指導
  • 感染症法や食品衛生法、薬事法に基づいた行政指導
  • 学校薬剤師、保健所薬剤師、自衛隊薬務官、麻薬取締官として配属

ドラッグストア

  • 一般用医薬品(OTC医薬品)の管理や相談
  • 接客やレジ打ちなどの店舗運営業務

上記からわかるように、薬剤師は働く場所によっては、医薬品に関わらない仕事もあるようです。

薬剤師の仕事内容について、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事
▶︎【勤務先別】薬剤師の仕事内容|ドラックストアや病院など職場ごとにご紹介

薬剤師になるには



薬剤師になるには国家試験が必要?

薬剤師になるためには国家資格である「薬剤師資格」が必要です。

薬剤師資格を取得するためには大学の薬学部か6年制の薬科大学へ卒業しなければなりません。

薬剤師資格は平成17年度までは4年制でしたが、平成18年度から6年制へ変更しています。

こうしたことから、薬剤師へなるためのハードルが上がったといえるでしょう。

4年制の大学に入った場合は、薬剤師資格が得られる2年制の大学院への進学が必要です。

薬剤師は、学校を卒業してから、薬剤師国家試験に合格して初めて薬剤師として就職できます。

薬剤師は、6年間学んだ後、国家試験を受験する必要があるため、非常に就職までの道のりが長い職種であるといえるでしょう。

関連記事
▶︎【超人気資格!】薬剤師になるにはどうしたらいいかをまとめた

薬剤師国家試験は難しい?

薬剤師試験の詳細は下記の通りです。

2020年に実施された試験内容のため、来年以降の受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
 

試験名 第105回薬剤師国家試験
試験日 2020年2月22日,23日
試験科目 必須問題試験・一般問題試験・実務
受験資格 6年制薬学課程を学校で修めること
出願料 6,800円
合格率 69.58%


参照:第105回薬剤師国家試験 厚生労働省
   合格率 過去の薬剤師国家試験の結果

薬剤師国家試験の合格率は約70%となっています。

合格率からして難易度は低いように思えますが、6年制の大学に通うことを考えると難易度は高いと言えるでしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事
▶︎【薬剤師になるには】中高生から社会人・主婦に分けて徹底解説します
▶︎【超人気資格!】薬剤師になるにはどうしたらいいかをまとめた

薬剤師に向いている人



薬剤師に向いている人物像として

  • 薬に親しんでいる
  • 集中力がある
  • 責任感がある
  • 人を助けたいという気持ちがある

といったことが挙げられます。

順を追ってみていきましょう。


薬に親しみがある

小さい頃に、自分がよく薬を服用していた、家族の誰かが薬によって助けられた、そんな経験をしている人は薬剤師の仕事に取り掛かりやすいです。

なぜなら、このような経験をしている人は薬に対して良い印象を持っています。

このような人は、他の人にもそのような経験をしてほしい、またその手助けをしたいと思うことができるからです。

このため、薬に親しみがある人は適性があると言えます。

薬剤師だけでなく、MRになる方法など気になる方にはこちらも読まれています
 

▶︎ 薬剤師からMRを目指すことは出来るのでしょうか?


MRも同じようなキャリアプランを辿ることになりますので、確認してみてください。


集中力がある

なぜ集中力が必要かというと、薬剤師の主な業務である調剤では、細かい分量を量り、医師の処方箋に基づいて計算するなど、集中力を必要とする場面が多いからです。

また、子供の薬を調剤する時は、量が少なくなり調剤が繊細化されるため、さらに集中力を使うことになります。

このように、薬剤師は集中力を使う仕事であるため、集中力がある人は向いていると言えるでしょう。


責任感がある

これはどの仕事においても言えますが、薬剤師においては、自身の処方によって患者さんの健康を左右させてしまいます。

そのため、知らないことについては確認したりなど、責任を持つことが必要です。

医師が処方した薬についても、少しでもわからないことがあれば、確認したりするなど自分の仕事に責任を感じることができる人は、適正があると言えます。


人を助けたいという気持ちがある

薬を調剤する際、説明や指導をすることがあり、これが薬の効果発揮に大きく関わることとなります。

このことを理解して、患者さんの体調を良くしてあげたいという気持ちをもって業務を行うことが、薬剤師にとって大事になるでしょう。

以上のことから、薬剤師には人への思いやりがある人は適性があると言えるでしょう。

 

薬剤師の給料・年収


薬剤師の年収は低い?男女差は?

薬剤師の平均年収は、男性が約529万円、女性が約488万円です。

また、dodaによると日本の平均年収は409万円となっています。

こうしたことから、薬剤師の年収は高いと言えるでしょう。

しかし、医者や歯医者と比べると低いことがわかります。

男性と女性で平均年収の差は他業種に比べると小さく、男女で賃金格差の小さな職種といえます。

薬剤師は供給過多といわれていますが、他業種と比べると年収の良い職業の1つといえます。

参照:平成30年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

関連記事
▶︎【薬剤師の平均年収は〇〇万円】給料相場と収入1000万を得る方法

薬剤師のやりがい



病院勤務の薬剤師のやりがいとして、

  • 患者に喜んでもらえる。
  • 最新医療や多くの薬剤に触れることができる。

といったことがあげられます。


患者に喜んでもらえる

これは薬剤師のやりがいを語る上で外す事の出来ない要素となります。

調剤を受ける患者は、どのような理由で処方箋を貰っていたとしても、何らかの不安や悩みを抱えていることは間違いありません。

そんな方々の不安をに対して寄り添い、薬を処方することによってその不安をなくすことが1番のやりがいでしょう。

それに対して、患者からお礼の言葉を直接かけてもらえるということは、薬剤師にとって大変大きな喜びとなります。

そうしたことは、毎日の職務をこなす上でのモチベーションにも繋がっています。


最新医療や多くも薬剤に触れることができる

最新医療や多くの薬剤に触れることができることも、病院に勤務する上でのやりがいになります。

病院勤務の場合、一般的な調剤薬局には用意されていないような珍しい薬を調剤する機会が多いです。

研究熱心な方や好奇心が旺盛な方にとっても、このことはやりがいにつながるのではないでしょうか。

実際に、少しでも早く薬剤師として一人前になりたいという願望を持つ方も積極的に病院勤務を選んでいる傾向にあります。

そのため、総合的なスキルを満遍なく伸ばせる事にやりがいを見出している薬剤師も多く存在します。

薬剤師の今後や将来性

薬剤師の数は多すぎる?

上のグラフを見ても分かるように、薬剤師の数は年々増えていることがわかります。

特に薬局に勤務する薬剤師の数は2002年以降急激に伸びていることがわかります。

こうしたことから、薬剤師の供給過多が生じると考えられます。

実際に、徳島県では人口10万人に対して234人の薬剤師が勤務しており、最も高い数値となっています。


薬剤師の就職先は?就職難?

薬剤師は、需要と供給でいうと供給過多の傾向にあるため、薬剤師としてどこに就職するかも重要です。

処方箋などの電子化がすすんだことにより、薬剤師の仕事の負担が減りました。

また、登録販売者という資格があれば、ドラッグストアなどで薬の販売ができるようになったため、薬剤師の求人は減りつつあります。

こうしたことから、薬剤師の仕事内容の1つであった「販売」が減少しつつることがわかります。

薬剤師の将来性について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事
▶︎薬剤師は将来性あり|AIに仕事を奪われないためのスキルとは

▶︎薬剤師の就職先と活動の流れ|失敗しないための方法も徹底解説

 

薬剤師に転職することはできる?


薬剤師の転職事情は?未経験からなれる?

薬剤師への転職は、学校へ通い薬剤師資格さえ取得すれば難しくないといわれています。

国家試験の2020年合格率は約70%であるため簡単な試験にも見えるかもしれません。

しかし、薬剤師資格を受験するためには最低でも6年間大学に通う必要があります。

薬剤師への転職は時間と費用を要するため簡単なものではないといえます。

ですが、薬剤師資格を取得していれば、結婚や妊娠などを機に職場から離れても再就職がしやすい職業といえます。

調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院などの様々な場所で歓迎されるでしょう。

参考:過去の薬剤師国家試験の結果

関連記事
▶︎【確認必須】薬剤師の転職を成功させるために必要な準備とアドバイス

薬剤師の転職におすすめの転職エージェント


マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師公式HP

マイナビ薬剤師とは、株式会社マイナビが運営する薬剤師のための転職エージェントです。

厚生労働大臣認可の転職支援サービスのため、費用が一切かからないのが特徴です。

さらに、職業紹介優良事業者として認定されているため、実績と信用のある転職エージェントだといえます。
 

マイナビ薬剤師の公式URL
https://pharma.mynavi.jp


ファルマスタッフ

ファルマスタッフ公式HP

非常に満足度の高い薬剤師専門の転職エージェントとして有名なファルマスタッフ。

全国15拠点を構えており、広範囲でサービスを提供しています。

地方在住の薬剤師の方はこちらのファルマスタッフを利用すると良いでしょう。
 

ファルマススタッフの公式HP
https://www.38-8931.com


ジョブデポ薬剤師



ジョブデポ薬剤師は、with Career株式会社が運営する薬剤師のための転職エージェントです。

全国各地の求人があり、その数は、およそ37,000件にもなります。そのため、自分に適した転職先を見つけることができるでしょう。

さらに、平日9時~21時まで相談ができるため、現在も仕事をしている薬剤師にとって利用しやすい転職エージェントだといえます。
 

ジョブデポ薬剤師の公式HP
https://nekozukiroad.org

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで、薬剤師の仕事内容・なるために必要なこと・将来性まで紹介してきました。

薬剤師になりたいと考えている方は転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

登録しておきたい完全無料の転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo 第二新卒の方
リクルートエージェント 30代以上の方
ビズリーチ 年収600万円以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す